REW さん プロフィール

  •  
REWさん: 二条の軌跡
ハンドル名REW さん
ブログタイトル二条の軌跡
ブログURLhttp://innocentblue777.blog.fc2.com/
サイト紹介文俯瞰や風景的な写真を好んで撮ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/09/13 00:59

REW さんのブログ記事

  • PF二次車
  • 前回の冬枯れ寒空とは異なり綺麗な青空の下を行く1038牽引の1153列車。コンテナもごちゃ混ぜではなく赤紫色の現行カラーが増えコンテナの更新時期の軌跡が覗える二枚の比較。年中順光になるこの場所ではローアングルで引っ張って撮るのがお気に入り。1001、1038、1041、1054の最後まで残った前期型四台の中では1038が一番原型に近くて好きでした。原色、全窓白Hゴム、PS17パンタ、全面通風孔、スノープラウ、ナンバー切り文字・・ [続きを読む]
  • 1153レ
  • 最後の高機特急色の中で一番最初に除籍となり東タに移った541。541が現役時代の写真なだけあって青いコンテナ群や日通コンテナに古さを感じちゃいます。行き交う車はトラックばかり、色々なところへ延びるレールがあったりと工業地帯の独特な感じが好きな場所でした。 [続きを読む]
  • 乙女坂行き
  • 先日UPした美濃赤坂赤ホキの1059バージョンを。夏空が最高な暑い日でMLながらで到着から午後の返しまで時間つぶし方には悩まされた日でした。結局これ以外に撮るものも思いつかず三脚を立てて数時間畦道で昼寝という贅沢な時間つぶしの後に撮影。 [続きを読む]
  • 里運用
  • 安中貨物代走時の安中折り返し待ちの一コマ。里運用といえば渋川塩コンテナとかありましたね・・・(遠い目)全検前で塗装はカサカサ、スカートはベコベコ。定期運用は無くとも頑張っているのがわかります。未だに関東で専用貨車を使っている現代貨物界の雄。安中と扇町くらいでしょうか。激渋です。こいつも641001のように白Hゴムになったりしてくれませんかねえ(懇願) [続きを読む]
  • 桃から生まれた?
  • 日の出直後の石橋を快走する桃太郎ことEF210。真っ暗な背景にボケボケの編成から正面バリピンの立体感は中判ならでは。100番台の交差パンタは初期だけでレアですが正直901と1号機以外は出会っても嬉しくない形式・・・ [続きを読む]
  • 自動ピアノ完備
  • 思い返すとあまり撮影する機会がなかった夢空間。北斗星スジなんて見向きもせず。ネタガマ指定かいつもと違う場所を走る時くらいしかチェックすらしない車両でした。今思えばもっと撮っておけばと思う24系魔改造車。末期は大陸富裕層向けのチャーターが大半。こんな場所で夢空間を撮影したのはこのコマが最初で最後でした。 [続きを読む]
  • 赤い銀河
  • 小学生の時に鉄道雑誌で見た時に衝撃的だった1118牽引の瀬戸。元レインボー機の相方EF8195は北斗星に入る機会が多々あるも1118の方は主に団臨運用ばかり。定期ブルトレを牽引している姿を見る事は無いと思っていましたが大人になった頃に実現。入るのは早朝のスジの銀河ばかりでフィルム時代に撮るのは容易ではなく何度も撮りに行きました。もっと撮っておけば、一度は乗っておけば・・・写真を見る度にそんな思いが湧いてきます。 [続きを読む]
  • マイヒコ2
  • 以前デジで撮影した画像をUPしたので今度はフィルムバージョンを。ネタガマ牽引でさらには特製HM付きの豪華な甲種輸送。皆必死に追っかけました。話は変わりますが米原といえば井筒屋の米原駅弁”近江牛としょいめし”が絶品。幾多ある駅弁の中でも肉の弁当は数知れず。自分でも各地で沢山食べてきましたがTOP3に入る美味さ。ブランド牛のため少々お値段が張り予約必至のレア駅弁ではありますが是非お勧めしたい一品。 [続きを読む]
  • 赤ホキ
  • 新鶴PF1組の花形運用とも言えた美濃赤坂赤ホキ運用。運用に入る日に小田原からMLながらに乗れば往復撮影可能、朝出発して鈍行乗り継ぎでも復路の5783レは撮影可能だったため18きっぱー時代でも撮り易い列車でした。新鶴のスターが入る日は何度も通った木曽川駅近くの築堤。いつの間にかフェンスが設置され撮影不可になってました。 [続きを読む]
  • 元々は四私鉄
  • 二両の貨車のみで身軽に丘を駆け降りるイゴナナ。手前にケーブルはかかってますが架線柱が如何にも元私鉄らしい感じで飯田線感抜群。大きいのに頼りなく前方を照らす一灯ヘッドライトがゴハチのチャームポイントかな。 [続きを読む]
  • 桜の名所
  • 鉄道ファンにも有名な”やまきた桜まつり”のシーズン中にイゴナナが工臨抜擢。最初で最後の大チャンスに沿線は大盛り上がり。短い時間で色々なカットを撮るため大忙しでした。何気にこの数年後にJR東車の東海道線山北行きも廃止になったので背景のE231もレアに。この後も御殿場停車で撮影し列車は最終的に沼津へ。沼津では旧友と束の間の再開を果たし仲良く一息。撮影後帰宅し寝ずに出勤で大変でしたが撮りに行っといて良かったと [続きを読む]
  • イゴナナの相方
  • トロッコファミリーが現役の時代は関東でもネタが豊富でなかなか手が出なかった飯田線。車で鉄ができるようになり飯田線にフォーカスする頃には122は廃車となっていました。この日は急行能登に乗りその後撮り鉄の予定もあまりの曇天に乗り鉄へとシフト。18きっぷを使い直江津から189快速で長野。そこから鈍行乗り継ぎで飯田線走破を目指しました。辰野から意識が薄れるほど119系に揺られやっとの思いで目的のトロッコファミリー号 [続きを読む]
  • 中天
  • 立派な松の植木の隙間からチラリ。電球テールがノスタルジー。中部天竜駅はホームに松が植えてあったり改札脇から佐久間レールパークにアクセスできたりと不思議な造りの駅でした。野ざらしで展示されていたレア車両たちは無事リニア館に引き取られ余生を過ごしています。 [続きを読む]
  • 機械室灯
  • かつて行き慣れた東海道でひっそりと夜間に雑用をこなすイゴナナ。機械室に昭和の灯りがともるとノスタルジックな雰囲気満点。58の寝台列車とか撮ってみたかった・・・少し更新が滞ってる間に人生初の自作PCを作成し一体型PCのVAIOを置き換えました。所謂デスクトップPCという物ででかくて邪魔だけど冷却性や拡張性に優れているので快適。最初はBTOパソコンのつもりが色々調べるうちにパーツ一つ一つにこだわり始めて結局自作。高 [続きを読む]
  • ロングレール輸送
  • 正月は大晦日に想像した通りまったりお家で過ごすことができました。ガキ使も少し飽き気味。年賀状を書いていただいた方ありがとうございます。今年も凝ったものは作れなかったものでこの場でご挨拶を・・・牧之原台地の谷間を走るイゴナナロンチキ。自分が記憶してる限りイゴナナフル編成は数える程しか無かったはず。身内総出で気合を入れて当方の車に便乗。午前中に下りが順光になる場所は少なくここだけやたらと大混雑。各地を [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 2018年明けましておめでとうございます。今年もだらし無い当ブログを宜しくお願い申し上げます。新春の素晴らしい初日の出と皆様の飛躍飛翔を祈願してサンライズエクスプレスを。と、まあ挨拶はここまでにして。大晦日のコマの直後に書いて事前予約してる訳ですが。恐らく、いや絶対ガキ使見ながらしこたま酒飲んで初日の出なんて見れずに寝てると思います。昔は地元の友達と年越しオールからの湘南の海で初日の出なんてやったもん [続きを読む]
  • 御殿場線70周年
  • 東海から客車が消える前はこんな華々しい大ネタを提供してくれたりもしました。相方の122はもう少し遅くまで残っていればどこかの博物館で保存されていたと思うのに残念。この日は予定があり復路のみしか撮れず某リーダーに場所を譲っていただき撮る事ができました。カマも客車もヘッドマークの電車も皆東海から消え姿かたちを変え時代を感じざるを得ない写真。ゴハチを撮る時はバリ順では無く正面の立体的なフォルムを強調する半 [続きを読む]
  • 仕事人
  • 門島行き工臨での一コマ。車はひたすら山道を右に左にアップにダウン。秘境感満点のこの地域。時刻表や鉄道雑誌には時刻も運転日も載らず人知れずひっそりと行われる事業用列車の運転。そして居なくてはならない現場作業員。暑い日も寒い日も雨の日も風の日でも作業は行われます。利用客が知らぬ間に行われるこの作業によって秘境の人々のインフラは維持されています。 [続きを読む]
  • 桜エビ
  • 桜エビの水揚げ地でありご当地名物となっている清水港付近を足早に駆け抜けるイゴナナ。かつては背景の工業地帯に清水港線という路線が存在していました。その奥の山は日本坂。興津川鉄橋やここ、そして薩た峠辺りは電車でも車でも幾度となく撮影に訪れてきた場所。東海からカマがなくなり日中の東海道貨物からEF65がいなくなると全く無縁の地となってしまいました。 [続きを読む]
  • 木曽駒ケ岳
  • 中央アルプスと南アルプスの谷間を流れる天竜川沿いを延々と進む飯田線。沿線には駒ヶ岳バックや天竜川にかかる鉄橋など名撮影ポイントは盛りだくさん。この日のスジは午前中の上り列車で定番の山バックは使えず悩ましい。5月なのに珍しく山がクッキリで諦めきれず追っかけ途中で無理矢理絡めてやりました。(ニッコリ) [続きを読む]
  • 小休憩
  • 早朝に単機で豊橋を出発し模型のような駅舎の伊那松島駅で折り返し待ちのイゴナナ。現役時代では考えられない程のチキ二両という軽い荷をぶら下げ悪路を駆け下りようと支度中。大型のボディで台車が2C+C2という構造で車輪が8個あるため軸重制限が厳しい飯田線用に抜擢。そのニッチな需要のお陰で戦前設計の機関車が21世紀まで生き延び活躍し続ける事ができました。 [続きを読む]
  • 2017 F1 鈴鹿GP 三日目
  • F1観戦の熱も冷めやらぬまま旅は三日目。南彦根下り始発を乗り継いで一路広島へ。ハードスケジュールで朝が辛い。今年は”JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ”なるものを一ヶ月前の5:30にネットで予約して活用しました。せっかく特急も乗れるので草津からははるか3号に乗車。281系は初めての乗車。設備のくたびれが目立つJR初期車。草津乗り換えでは禍々しいカラーリングの忍者電車に遭遇。色は変われど113系のコンプレッサーの音 [続きを読む]
  • 2017 F1 鈴鹿GP 二日目
  • 5年以上使っているメインPCのVAIOの調子が悪く更新が滞ってしまいました。読み込みが激遅でHDDが寿命っぽいので交換を検討中。一体型は拡張性低くて使えません。そんなこんなでiphone xを買おうか画策していたお金でMac book proを買ってしまう予想外の展開。拡張性がどうの言ってる人間がラップトップを買ってしまう驚きの学習力の無さ。でもSSD機は超快適。さて鈴鹿二日目。伊勢市泊をしていたのでホテルの朝食をゆっくり食べた [続きを読む]