進む猫 さん プロフィール

  •  
進む猫さん: 猫のご飯と健康管理
ハンドル名進む猫 さん
ブログタイトル猫のご飯と健康管理
ブログURLhttp://nekonogohan.a-thera.jp/
サイト紹介文猫のツボ、ご飯、サプリ、口内炎などの治らない病気、あらゆる猫の健康に関することを考えるブログ。
自由文愛猫を心臓病と、治難性の口内炎で亡くし、もっと何かできることはなかったのか、1年たった今でも、考え続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/09/13 17:29

進む猫 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 猫の口内炎・口臭予防にプロポリス
  • 猫の歯磨きって大変ですよね。。。猫のご飯に乳酸菌(人間用)を、パラパラして、タカダイオンを一緒に使うようになってからは、猫の歯が汚れにくくなったような気がします。実際、乳酸菌は歯周病やプラークを予防し歯茎の炎症を抑えるようですよ。口内炎予防にはもってこいですよね。現在、我が家では、猫の歯磨きにも乳酸菌をつかいます。(猫の飼い始めは、知識がなく、見よう見まねで、猫用の歯磨ジェルを購入していましたが、 [続きを読む]
  • 猫がお香に夢中になりまして、、、
  • 気まぐれにお香を立てましたら、猫がゴロゴロし始めました。何反応しているのか、さっぱり? ですが、、、マタタビとは少し違うはまり方ですが、よだれを垂らして、陶酔してゴロンゴロンです。猫のお灸部屋をダンボールで作成。猫は気まぐれに入って、顔をこすりつけてゴロゴロしています。ストレス解消になってるのか。毎日、お灸部屋で楽しんでいます。ちなみに、我が家の猫が夢中なのはこちらこの際、猫と一緒に、お香に凝って [続きを読む]
  • 口内炎の猫に使ったプロポリスは、、
  • 何度か書いているので、前回、猫に使用したプロポリスを紹介しませんでしたが、、、、口内炎の猫を病院へ連れて行くと、必ず抗生物質が処方されました。病院では無理だと判断し、連れて行くのをやめてからは、ペット用のプロポリスを与えていました。プロポリスは、蜂が花粉や樹液などと自分の分泌液を混ぜて作った天然の抗生物質です。プロポリスに守られているため、蜂の巣は無菌状態だといわれます。癌、口内炎、胃炎、傷などな [続きを読む]
  • 猫の口内炎・難病にタカダイオン。
  • このブログの検索ワードを見ると、毎日「佐野薬局」「猫のお灸」「びわの葉温灸」「猫の口内炎の痛み止」などなど。 難治性の口内炎の老猫を介護した人間としては、心が痛みます。 彼女は初めて引き取った猫でした。 小さな子だったので、子猫だと思っていましたら、老猫でした。 あっという間に、口内炎やら心臓病やら発症しまして。。。 訳も分からず病院へ連れて行きましたが、後悔も多かったです。一番の反省点は、人間と [続きを読む]
  • 猫草が長持ちしている件。
  • 我が家の猫は完全室内飼いです。お外気分を演出するために、猫の好きなスギナを室内に置きます。猫草も置きましたが、食べないんです。何度も置いてみました。すぐに枯れるし、食べないし、、、、、。薬品でもかかっているのかな? と、自分で種から育ててみましたが、うまくいかず。。。。それでも、冬はスギナが手に入らないので、猫草を時々、買い与えてました。やはり猫は、猫草に興味をしめさず。。。すぐに枯れそうになって [続きを読む]
  • 大麻草と猫とてんかんとCBDオイル
  • 「CBDオイル」という大麻草のオイルが、人間のてんかんに効果を上げています。CBDオイルは、日本に食品として輸入されている大麻草のオイルです。もちろん精神作用はありません。海外(国によっては)では、大麻は医療用大麻としてがん治療などに、使われています。副作用もなく、効果を上げるとか、、、、。そういえば、緑内障に大麻草が効果を上げるのは、有名ですね。管理人も、高眼圧症でして、CBDオイルを使い始めました。、 [続きを読む]
  • 猫の毛玉対策のおさらい
  • いまさら猫の毛玉対策ですが、、、、毛玉対策には水溶性繊維がいい!と、ペットのサプリを扱うお店で伺って以来、水溶性繊維である寒天を中心に食事に忍ばせております。なぜ水溶性繊維かといいますと、水溶性繊維はドロッっと、猫の毛を包み込んで腸へと促してくれるのだそうです。なので、不溶性繊維ではかえって詰まってしまうとのことです。いわれてみればそうですね。毛玉対策用のフードに入っている繊維って?  確認してみ [続きを読む]
  • タカダイオンがセールです!
  • 猫と一緒にタカダイオンを使っています。広島の原爆で活躍し、福島の地震の後に売り切れたといわれるあのタカダイオンです。タカダイオンとは、、、ただのマイナスオンではないんですよ。なんでも人間の生理機能が、太陽の黒点によって、大きく影響を受けているのだそうです。以下メーカーの説明です。【世界的に著名な生化学博士高田博士】宇宙医学から開発されたタカダイオン(負電荷療法)について東北大学生化学教授だった故高 [続きを読む]
  • 猫にもCBDオイルパワー
  • 大麻草は、アメリカや一部の国や地域で、がんはもちろん、クローン病、リウマチ、てんかんなど様々な疾患に効果をあげていることをご存知でしょうか?この動画で医療用大麻とCBDオイルの存在を知りました。日本では、医療用大麻の使用が認められていませんが、CBDオイルという食品扱いの大麻草由来のオイルがあります。ペット用もあるようですが、わざわざペット用でなくてもと、人間用のCBDオイルの量を減らして猫にも与えていま [続きを読む]
  • 猫に医療用大麻は無理なのでCBDオイル
  • もう昔のことですが、初めて飼った老猫が口内炎を発症しました。CBDオイルCBDオイル口内炎なんて人間と同じで治ると思っていました。治ると信じて動物病院へ行き、言われたとおりに治療を始めましたが、今はすべて後悔しています。別の話になりますが、親族にがん患者がおりました。当たり前に抗ガン治療を始めました。治ると信じて始めましたが、これまた後悔しています。CBDオイルCBDオイルCBDオイルCBDオイルあくまでも私の経験 [続きを読む]
  • 猫の難病とタカダイオン
  • 飼い主の珍病のため、タカダイオンという治療器をレンタルしました。2週間のレンタルで、お肌がきれいになりました。金属の板を身体にぺたっと接触させて使いますが、別売りで美顔器で発売されているんですよね。ちらっと検索してみると、エステでも使われていて、シミが取れるというではありませんか!そういえばイオン美顔器って人気ですよね。タカダイオンもイオン導入しているわけで、、、早速金属の板を、顔にぺたっとしてみ [続きを読む]
  • 猫の難病と飼い主の珍病とタカダイオン
  • 50万人に一人くらいの割合で発病する珍病で「手術をしないと歩けなくなる」と、宣告され9年ほど前に手術を受けました。関節の病気で、ケガもしていないのに内出血し、腫れあがります。原因は不明。再発を繰り返す病気ですが、腫瘍タイプなので、再発はない。とのことでした。が、数週間前に9年前と同じ異様な膝の腫れと痛み! まさかの再発?!、、、、、当時は全く存在を知らなかったタカダイオンをレンタルしてみました。あらゆ [続きを読む]
  • 猫の口内炎と免疫を強化するために
  • 猫の免疫を強化させるために、我が家は毎日、猫のご飯にラフィノース(オリゴ糖)をパラパラとかけて食べさせます。 強いにおいも味もなく、猫は気にせずに食べます。何故ラフィノース(オリゴ糖)かといいますと、猫の口内炎に効くものを探しまくっていた時に王子の「ハタケシメジ」を発見しました。この「ハタケシメジ」以前は、なんとその名も「口内炎改善剤」という名前で販売されていました。メールでいろいろ質問をしました [続きを読む]
  • 猫の口内ケアなどにGSEグレープフルーツエキスは、、、
  • 猫の口内の殺菌に抗菌力抜群の天然のGSE(グレープフルーツエキスが使えそうだなと思って、昨日書きましたが、、、その万能GSEですが、iherbをふらふらと眺めていて発見しました。お値段が日本より安いです。iherbとは、サプリ、コスメ、食品などのオーガニック製品を扱っているアメリカのサイトです。商品の数は2万以上と豊富です。アメリカのサイトですが、日本語で買い物できますし、日本人のスタップもいて、メールで問い合わ [続きを読む]
  • 猫は天然の抗生物質で
  • 老猫が口内炎を発症しまして、病院へ連れてくと必ず抗生物質を処方されました。 猫は何かと抗生物質を処方されることが多く、結果、体調は良くなることも多いとか?どうせなら天然の抗生物質で、免疫を強化が期待できるプロポリスを常備し、猫に与えていました。 猫は苦いと泡を吐きますが、ペット用にできているのでだいじょうぶ。甘いです。プロポリスを常備するとともに、天然の抗生剤として使えるものとして、最近GSEグレー [続きを読む]
  • 猫の毛玉・便秘対策
  • 猫の毛玉には水溶性繊維がよい! と、よく利用するペット商品を扱うお店のオーナーにうかがいました。ドロッとした水溶性繊維が、毛玉を胃から腸への移動を助けるのだそうです。不溶性繊維では逆効果だとのこと。確かに、不溶性繊維では、胃にたまった毛に繊維が加わるだけのような気がします。。。以来、毛玉宅策には寒天をよく使います。かための寒天をご飯にしのばせます。気付かずによく食べます。猫の毛玉用に、コンニャクの [続きを読む]
  • 猫の食欲がない
  • 最近「猫がご飯を食べない」と、検索してこのブログに辿り着いてくださる多数の飼い主様が、いらっしゃいますが、それはきっと何か不調のあらわれでは?例えば、我が家の場合、、、よく動くのですが、食欲がどんどん落ちていく子と、動きが鈍くなり食べなくなる子がいました。3日ほど様子をみて食欲は戻らないので病院へ。よく動く子は、1度目は発情期でした。 2度目は、便秘でした。レントゲンを撮ると腸にびっしりと、がつまっ [続きを読む]
  • 猫の口内炎・歯周病にアシドフィラス
  • 猫の歯磨きは、なかなか難しくてきれいに磨けないのですが、頑張っています。歯磨きには、以前からご紹介している乳酸菌に、フルボ酸が加わったりしています。乳酸菌でなぜ歯を磨くのかといいますと、口内の菌を良好に保ってくれるんです。プラーク、ねばねばしたたんぱく質ですが、プラークが歯石を作り、歯周病や虫歯の原因になります。プラークの除去に乳酸菌のアシドフィラス菌が有効なんです!アシドフィラス菌は歯周病菌を作 [続きを読む]
  • 過去の記事 …