kouyousakaguti さん プロフィール

  •  
kouyousakagutiさん: 光の届くところへ
ハンドル名kouyousakaguti さん
ブログタイトル光の届くところへ
ブログURLhttp://kouyou.blog.jp
サイト紹介文アルコール依存症の病の奥底で入れ代わる光と影に自ら血を流しながらメスを入れる!
自由文アルコール依存症は人生の転換をもたらす。
地獄の様な日々にも、きっと何処からか日が差し込む。
私や仲間の体験から、アルコール問題で悩む本人、家族の方に、
寄り添えるような記事を日々綴って行きたい。
共に歩こう……光の届くところへ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/09/14 16:23

kouyousakaguti さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今の今
  • 「今は今しかないのよ」もうかれこれ20年ほど前のこと。休日はパチンコ、夜は仲間と飲み歩いたりする私にシビレを切らせて、まだ小さかった2人の娘を抱きかかえながらカミさんが暗闇に灯を探すようにそう嘆いた。朝から晩までパチ屋に入り浸り、夕方になるとデジタル画面の無機質な数字合わせを睨みつけてた私の膝の上に、いつの間に来たのか、まだ小さかった娘たちが甘えるように乗って来た感触を、心の痛みと共に不意に今も思い [続きを読む]
  • コップ酒の外には
  • 世の中、うまくは回れないようだ。「渡る世間は鬼ばかり」というより、「渡る世間は酒いらず」という感じ。自分の不器用さにほどほど愛想を尽かしている。世間の55歳と言ったら、もう将来の備えも済ませて暮らしも落ち着き、悠々自適の生活を満喫していてもおかしくない。『論語・為政(ためまさ)』の孔子(こうし)の晩年の言葉。「子曰(いわ)く、吾(われ)十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にし [続きを読む]
  • 雪見酒
  • なんて静かな朝の近い夜だろう。 静まり返った世界。 まだ少し、あの時の喧騒が脚元に寝転がり、酒が暗がりの端っこにしがみついている。 今、雪が止んだ。 白銀をライトに照らし、目の前をコンビニの配送のトラックが行き過ぎると、シーンとした音が辺りに雪に代わって降り積もる。 こんな夜は雪見酒。 凍りつきそうな言葉を心でねじ伏せ、夜明け前の虚空に浮かべてみた。 風も止まった。 眺めてる。 [続きを読む]
  • 酒遍歴、そしてこれから
  • 定年後の暮らしや生き方に戸惑う年配者のアルコール依存症が増えているという。酒にたよるしかない理由は、これまで会社という組織で役職を持っていたのがなくなると、自分の居場所がなくなる気がして居た堪れなくなるらしい。昨日までは部長、課長と会社の内外で持ち上げられていたのに、退職日が過ぎた後は誰も彼を訪ねてくる人はなかった、なんていう哀愁漂う話も聞く。仕事をなくして次に行くあてもなければ、家でゴロゴロし、 [続きを読む]
  • 飲むか飲まないかの年の暮れ
  • こんな師走に山に登るなんて。どうかしてると誰かに言われそう。みんな仕事納めや大掃除なんかで小忙しくしてるというのに、呑気なものだと自分でも思う。山へ向かう道中、信号待ちの後、ほら、黒い軽トラが白い時間を急加速して追い越していった。 だけど毎年そうみたい。年末仕事のある日にだって、いつの年だったかは大晦日にも、近くの山に登っている。まったく我ながらあきれたも [続きを読む]
  • あの人へ
  • 負けないもん。君は言った。あの町角で。乗り越えて見せろよ。僕は言った。通り過ぎた黄昏の風景の中で。一人呟くように。あれから1年。君の消息は掴めない。もう祈り疲れた。届かない思いを除夜の鐘に乗せるのは、初日の出を拝むまでのことだよね。奇蹟なんか信じないけど、君が歩く道が新生の息吹に吹かれるように。もう何度も何度も倒れては立ち上がった君。その場所に汗と涙の痕跡はあるだろうか。影もなくして安易に彷徨って [続きを読む]
  • お酒に代わる花
  • もしも今日一日が感謝に満たされ充実していたなら、お酒なんていらない。 断酒という生き方とは、そういうことじゃないのか。 このまま一生飲めないことも、嘆かない。 苦労ばかり掛けたお袋とのお別れの際に、最後に互いに交わした言葉は「ありがとう」の一言だった。 役目を終えた躰は、この世に魔法の言葉を残して遠い空へと旅立ち雲になった。 しかし、言葉は魂として、残された者の胸の奥にいつも同居している [続きを読む]
  • 断酒の支え、アイデンティティ喪失からの脱却
  • 人は誰でも、いつだって、自分の生きる場所を探し求めてる。そして今と違うところなら、あるいは時代が変わったなら、もっと自分が生き生きと生きられるはずだと夢想する。 そうすれば、今の自分とはかけ離れた存在になり、空と大地の間を自由に駆け巡り、広い海の上さえ渡り歩けるのではないかと錯覚する。冷めた夢からの熱い情熱ほど厳しい寒さはなく、動く物の気配もない静まり返っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …