DukeScuba さん プロフィール

  •  
DukeScubaさん: DukeScuba Dive into Blue Water
ハンドル名DukeScuba さん
ブログタイトルDukeScuba Dive into Blue Water
ブログURLhttps://ameblo.jp/dukemarinepro/
サイト紹介文プロスキューバダイバーが潜った美しい海の感動を写真で紹介します
自由文恵比寿のスキューバダイビングショップDukeScubaで、インストラクターをしています。本業は水中とグラビア中心に作品作りをするカメラマンです。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/09/15 14:15

DukeScuba さんのブログ記事

  • 死の壁 The North Face
  • アイガー北壁。「Mordwand(死の壁)」とも呼ばれるこの岩壁は、登頂が困難な3大北壁の一つに数えられる。岩壁の高さは1800メートル、頂上の標高は3970メートルで、アイガー北壁で死亡した登山家は2013年7月までで71人。「登山家の名刺に『アイガー登攀』と書き込むことがステータスとなっている」。 [続きを読む]
  • 自然と調和する美しいチューリッヒ
  • チューリッヒは、アルプスの北側にあるチューリッヒ湖の北端に位置し、森林に覆われた東西の丘陵地に周囲を囲まれている。旧市街はリマト川の両岸に開けている。リマト川はチューリッヒ湖から流れ出し、はじめは北側に向かって流れ、徐々に西に向きを変える。広大な自然と一体化した美しい市街地は、何度訪れても飽きることがない。 [続きを読む]
  • パステルカラー色の街
  • スイスは家を建てるのも形や形状、街並みとの調和など様々な条件があると言う。自由のある国、その代償として責任も大きいのがルール。街並みはドイツのような原色ではなくパステル調の大人しめの色で調和。先進国なのにそれを表に出さない大人の国である。パステルカラー、それは中立を表す色なのかもしれない。 [続きを読む]
  • 黄色の絨毯
  • ユングフラウから下山して標高が下がると、氷河と岩の世界からカラフルな景色に変化する、麓に近くなるとタンポポが花を咲かせて、緑とのコントラストと遠くに覗く雪山が美しいハーモニーを奏でる。その中をゆっくり走る黄色の山岳電車が映画の一シーンのように溶け込んでいた。 [続きを読む]
  • ザトウクジラの子育て
  • 母クジラは子供の出産と子育てに毎年小笠原にやって来る。母クジラは母乳で子クジラを育てるが子育て中は殆ど食事を摂らず溜め込んだ脂肪で栄養を補う。クジラの子供は毎日数十キロ単位で大きくなり、外洋をシャチなどの天敵から逃げられる大きさまで小笠原で大切に育てられる。既に殆どのクジラは旅立ってしまったが、まだ小さな子供を抱えた母クジラと、それに寄り添う雄クジラに出会った、 [続きを読む]
  • 小笠原のイルカと遊ぶ
  • 小笠原の海の楽しみの1つはダイビングの合間のドルフィンスイム。ボートが近ずくと引き波でサーフィンをしたり、バウに付いて泳いだりしてくれる。スイムの技術があればイルカと水中で遊ぶ事もできる。イルカに付いているコバンザメを見てイルカの赤ちゃんだと感動している人もいて、楽しみ方は様々である。 [続きを読む]
  • 座間味島にゼットあり!
  • 座間味島の湾内で親子クジラを観察しているともう一つブローが。エスコートのようだ。 水中に潜る時に上げたテールに見覚えがある。ゼットだ。 ゼットはテールの裏側にアルファベットの"Z"の文字が読める。90年から座間味島を訪れている古株である。 ゼットの求愛は積極的で横取りも厭わない。そのせいで激しいバトルが繰り広げられるのだ。今年も暴れん坊将軍ゼットの活躍を期待したい。 [続きを読む]