ナギヒロ さん プロフィール

  •  
ナギヒロさん: 根暗でも生きて行くんだ
ハンドル名ナギヒロ さん
ブログタイトル根暗でも生きて行くんだ
ブログURLhttp://nagihiro111.blog.fc2.com/
サイト紹介文暗い人、対人恐怖症な人、虐待を受けた人、意外と運動好きな人など、来てください。お願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/09/17 01:26

ナギヒロ さんのブログ記事

  • 福田次官のセクハラ問題
  • ニュースでは頻繁に、福田次官の問題が放送されていますね。yahoo!ニュースでも取り上げられています。↓福田次官セクハラ更迭 なぜかテレ朝の女性記者が叩かれる日本 「胸触っていい?」「手縛っていい?」 など、福田次官の肉声の録音テープがあったにも関わらず、「自分の声は自分の体を通して聞くので、これが自分の声なのかどうかはよく分からない」「あんなひどい会話をした記憶はありません」.と誤魔化していますね。 テ [続きを読む]
  • 「ジャパンタクシー」 について思うこと
  • 2018年4月18日のyahoo!ニュースにて、ジャパンタクシーについての記事が紹介されていました。↓リンク先増加中の新型タクシー専用車「ジャパンタクシー」、現場から聞くトホホな感想 僕の働くタクシー会社でもジャパンタクシー(以下JPNと記載)の導入が進んでおり、今現在でも全体の1割近くがJPNとなっています。現場で働くタクシードライバーの声など関係無しに、かなりの勢いで乗り換えが進んでいる状況です。 JPNに対し、僕 [続きを読む]
  • 一年働くと、むしろ会社に居づらくなる。
  •  僕は今の会社に入社してから一年以上が経過しています。 一年以上経てば、仕事も覚えて、周りの人にも慣れて、最初に比べれば楽になったでしょ?と言われるかもしれません。 でも僕は・・・最初よりもキツイです。どの会社に行ってもそうなのですが、僕は、ある程度経過してからの方が会社に行くのが辛く感じます。 一年以上も会社に居ると、「これは出来るよね」「これは知ってて当然でしょ」という事が増えます。ただ僕は、 [続きを読む]
  • 2018年3月の『sasuke』を見て
  •  昔からsasukeを見てた。 山田勝己さんが憧れだった。人を引き付ける魅力があった。 プロスポーツマンでもない人が、鋼の肉体を持ち、凄い身体能力を持っていた。ただ、それ以上に僕を魅了したのは、不器用な雑草のような魂だった。 鉄工所アルバイトという肩書を持つ山田勝己さんを見て、「馬鹿な人だな・・・」とつぶやきながらも、心が震えるような思いで山田勝己さんをTVで応援していた。 sasukeは孤独な人でも戦える場所 [続きを読む]
  • スポンサー広告が出てしまった
  •  一ヵ月以上ブログの更新が無いと、スポンサー広告が出てしまうようです。 今までそういう事は無かったのですが、最近、出てしまいました。今回の記事を書く事で消えると思いますが・・・ このところ、ブログを書く事に戸惑いを感じています。自信を喪失している事が大きいです。 会社とか一般社会の中での孤立、そして、 「生きづらさ」や「虐待」というカテゴリの中での孤立。そんな事が続きました。「生きづらい」とか「虐 [続きを読む]
  • 頻尿に苦しむ人へ  2018年2月6日のTVを見て
  • ここのところ寒い日が続きますね。寒くなって来ると気になるのが、トイレの近さです。みなさんはトイレで悩んでいませんか?2018年2月6日に、『たけしの家庭の医学』という番組内で、頻尿改善をテーマに取り上げていました。あるツボを押す事で、頻尿が劇的に改善されるというものでした。頻尿である事で、料理の途中でトイレに何度も行ったり、生活に支障が出てしまう主婦の方が取り上げられていました。その主婦の方が主となり、 [続きを読む]
  • ランニングについて書けない、初志貫徹が重要か?
  •  僕がブログを始めた当初は、虐待、性格、孤立などメンタル系の事と共に、「ランニング」「筋トレ」について書く事も多かったです。ランニングでは自分の心境や記録とともに↓2013年 名古屋シティマラソン10km筋トレについては、Youtubeにアップした事もありました。↓順手⇔坂手の懸垂ですが、今は全く運動をしていません。左膝軟骨の欠損により、運動が出来ません。「虐待」については、『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨 [続きを読む]
  • 『 格差を決めてるのは、何? 』
  • 皆さんは日々の生活の中で、他人と比較して、差を感じる事はありますか?現在の日本は、平等社会だと言う人がいます。確かに、士農工商、えた、ひにんのような階級制度はありません。昔に比べて、家柄による差も減ったと思いますし、学歴社会も崩壊しつつあります。アメリカ合衆国のように、黒人と白人の差別問題も少ないです。では、日本は本当に平等社会なのでしょうか?日本という大きな範囲で考えると分かりずらいので、学校の [続きを読む]
  • 2017年のナギヒロ
  • 間もなく2017年も終わろうとしています。この『根暗でも生きて行くんだ』というブログにおいて、ランニング、メンタル、仕事が3つの大きな柱でした。しかし、2017年の僕のブログにおいて、ランニング×、メンタル△、仕事○という自己の印象があります。ランニングにおいては、2017年は走れませんでした。ひざ軟骨の欠損により、今後もランニングは難しそうです。メンタルにおいては、『日本一醜い親への手紙』の事もあり、2017年 [続きを読む]
  • 仕事は順調ですか?
  • 僕は数々の仕事を経験しました。その全てにおいて落ちこぼれました。自分から辞めた事、会社から辞めて欲しいと言われた事、色々ありました。会社での成功の経験が無いから、「会社」とか「仕事」という単語を聞くだけで、拒否反応が出ました。”ひきこもり”にもなりました。人と交わる事が嫌で仕方なかった。 僕は今、タクシードライバーです。少し前には予想すらしなかった仕事を僕がしています。・笑顔の無い、硬直した表情・ [続きを読む]
  • 孤立する事への恐怖
  • みなさんは、孤立する事への恐怖心はありますか?僕は正直な所、孤立する事が怖いです。僕の 『孤立症』 はやはり酷いものだと痛感しています。どこへ行っても孤立してしまう。「僕は本当に人間なのか?」そんな事を本気で考た事もあります。自分の働くタクシー会社内での孤立、最近参加した今一生さんのイベントでの孤立・・・やはり、どうしても僕は孤立してしまいます。「なんだよアイツ。浮いてるな」「かっこ悪い」「人間と [続きを読む]
  • 『日本一醜い親への手紙』 in 名古屋 に参加して
  •  昨日、名古屋にて行われた『日本一醜い親への手紙』のイベントに参加して来ました。 期待と不安を抱えながら参加しました。そして、その期待通りの事も不安通りの事も両面がありました。 19時〜21時までのイベントで、最初の1時間は今一生さんの話を聞き、後半の1時間は参加者の話を拾い上げるというスタイルでした。最初の1時間は、虐待にまつわるデータ、歴史、行政の取り組み、社会の問題、親権シェア、今一生さんの取組み [続きを読む]
  • 野球は中止となりました
  • 本日開催予定だった野球、雨天の為に中止となりました。「会社での親睦を込めたイベントでしたが、無くなってしまい残念です」というのが社内の他の人の意見です。「ワイワイ騒ぐのが好きな人の為のイベント」というのが僕の認識なので、中止となった今はホッとしています。 ただ、今後も社内イベントがあるのだろうな・・・と思うと、不安になります。 [続きを読む]
  • 明後日は、会社で野球するみたいです
  • 今のタクシー会社は、入社前に思っていたよりも、イベントが多いです。社員旅行、飲み会、そしてスポーツ・・・明後日には野球をするようです。運動は嫌いでは無いです。やや膝は気になりますが。ただ、人と長時間一緒にいるのが嫌です。集合場所での雑談、準備での雑談、練習や試合の合い間の雑談、片づけでの雑談、試合後の食事会での雑談・・・ああ、想像しただけで目まいがします。 [続きを読む]
  • コミュ障の人は、不要人間ですか?
  • 僕はコミュ障だと自覚しています。それにより、生きる上での多くの事に躓きました。友人、恋愛、運動、仕事、学校生活、飲み会、親戚付き合い、床屋・・・など、本当に多方面で困難を感じました。「自分は誰からも必要とされない」「必要とされないのに、生きる意味はあるのか?」だから、「死んだ方が良いのでは?」と考えたりしました。そんな中、「コミュニケーションを大切にせなあかんで!!」「周りとの付き合いが分からん奴 [続きを読む]
  • 精神科って、何をする所ですか?
  • 「精神科とは、心に悩みのある人を助ける場所」僕はそんな風に思ってました。でも実際に通院してみて、多くの違和感を持ちました。「なぜ君はちゃんと薬を飲まないんだ!」「副作用?変な噂を信用してるんだな、君は」・・・など、僕が精神科で言われた言葉です。売上至上主義の精神科医は、保険点数を稼ぐため、薬の種類や量を出来る限り多くする方針を持ち、多くの患者を薬漬けにしています。その結果、少し休養すれば治っていた [続きを読む]
  • 『私たちの就活---吃音とともに生きる』 を見て
  • 10月4日(水)にNHKのハートネットという番組において、『私たちの就活---吃音とともに生きる』が放送されていました。 僕自身は吃音ではないかもしれませんが、コミュニケーションの悩みという事で、色々と思う事があったので、番組を見させて頂きました。 番組は、コミュニケーション能力が最も求められる就活生に焦点を当てて構成されていました。 主に登場するのは2人の就活生で、溝口さん(男性)、遠藤さん(女性)でした [続きを読む]
  • 『日本一醜い親への手紙』 が家に届きました。
  •  昨日、『日本一醜い親への手紙』---そんな親なら捨てちゃえば?が家に届けられました。 虐待を受けた100人の手紙から構成された本。応募した僕も、その1人であるだけに、心待ちにしていた本です。 100人それぞれが大変な経験をしています。でも、その多くの人に、この経験を語る場が無かった。そう思います。 「親に感謝してる」という人が絶対的に正しいとされる社会。「親を憎んでいる」と言えば、醜い人間だと言われてし [続きを読む]
  • 『日本一醜い親への手紙』 が、YAHOO!ニュースで紹介されてました。
  • 僕が今、最も気にしている本『日本一醜い親への手紙---そんな親なら捨てちゃえば?』がYAHOO!ニュースにて紹介されてました。リンク先↓父へ母へ「愛されたかった。さようなら」…虐待被害100人、醜い親への手紙ここ最近、ずっと気にしていた本だけに、読者の多いYAHOO!ニュースにて紹介されていた事は、大変うれしい事です。YAHOO!ニュースでは、その記事のコメントが下蘭に掲載されているのですが、この記事へのコメントも多 [続きを読む]
  • 「豊田議員の謝罪会見」  ナギヒロの視点
  • 元政策秘書への「このハゲーっ」などの暴言と暴行騒動で、自民党を離党した豊田真由子衆院議員。 昨日、その謝罪会見が行われていました。暴言・暴行騒動から約3ヶ月経過後の会見←ほとぼりが冷めたと思える今頃にようやく登場しましたね。黒いスーツを着て、眉毛を変えて、髪の色は黒く染めての外見のイメチェン。←外見で反省を示そうというパフォーマンスを感じました。元秘書男性への暴言について豊田議員は「音声をきくたび [続きを読む]
  • 精神科病院の"身体拘束"を考える
  • みなさんは、精神医療を信頼していますか?精神科のお蔭で助かったと思った事はありますか?2017年9月7日のハートネットTVにて、『精神科病院の"身体拘束"を考える』というテーマで放送されていました。 今年5月、神奈川県内の精神科病院で、あるニュージーランドの男性が亡くなったそうです。享年27歳。死の原因は、精神科病院における身体拘束だそうです。 幼い頃から日本が好きで来日したニュージーランドの男性、日本では小 [続きを読む]