sarah さん プロフィール

  •  
sarahさん: How about a coffee break?
ハンドル名sarah さん
ブログタイトルHow about a coffee break?
ブログURLhttps://ameblo.jp/sarah-the-movielover/
サイト紹介文映画やドラマの日常生活に使える英語表現を紹介。児童英会話講師の日常も書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 72日(平均0.9回/週) - 参加 2011/09/17 13:01

sarah さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • チャーリーの馬
  • あけましておめでとうございます今年もよろしくお願いします 大みそかに仲良しのいとこ夫婦が泊りに来てくれました。実家の父、母、妹もそろって賑やかなお正月になりました。これだけ集まってくれると、おせち作りも楽しくてね! クリスマスからお正月にかけて一番忙しかったのは娘です。近くの小学校と合同のクリスマスコンサートが終わったと思ったら、今度は「東京都高等学校文化祭・音楽部門中央大会」(略して中音)の [続きを読む]
  • きゅうりはわかる、笛はわからない
  • この時期になると必ず作りたくなるかぼちゃのプリン。 カラメルが固まりきらないうちにフィリングを流してしまいちょっとダマになりました。見た目は失敗。味はいつも通りおいしかったです。 さて、先日、「Law&Order:クリミナルインテント」を見ていたら、こんな表現が出てきました。 ある殺人事件の目撃者、犯人についてどうやら嘘をついているようです。目撃者本人の犯罪歴は?と聞かれた刑事が言いました。 Cl [続きを読む]
  • 英検準1級結果
  • 2017年度第二回英検準1級結果 1次 2次 今回の受験の目的は、「新スコアで自分の英語力がどう評価されるか」と、「新スコアでの1級合格に向けて何を準備すればいいかヒントを得る」ということでした。 10年前に1級に合格できたのは、大問1が5個減った改定が大きな要因だったと思います。要するに私は語彙が足りないんです。語彙強化の必要性は十分理解しているので、あとはほかの弱点を見つけたかった。ライティン [続きを読む]
  • ふりだしに戻る
  • お休みにはよくサバゲーに出かけていたパパちゃんですが、今は写真に夢中で、レンズやらなんやら少しずつ買い足して悦に入ってます。この間のお休みには、「星が撮りたい・・・」というロマンチックな一言を残して山中湖へ行きました。私と娘を置いて・・・お休みがバラバラなので仕方ないですけど 撮影ポイントで、ベテランのおじ様達にご指南いただき、いろいろ勉強になったようです。 で、今日もパパちゃんは仕事、娘 [続きを読む]
  • 海の幸山の幸
  • この頃お気に入りのちぎりパン。 見ているとなんだか幸せ〜。 こちらはシナモンロール。 クリームチーズのグレーズをのせました。 シナモンロールは市販のものより甘さ控えめ。コストコで購入するシナモンシュガーを使っていますが、結構入れてもそんなに甘くなりません。「シナボン」のシナモンロールは、語学留学時代を思い出させてくれる味で、それはそれで好きなのですが、そんなに頻繁には怖くて食べられませんし [続きを読む]
  • 揺れるハリウッドと映画「ドリーム」
  • ハリウッドが揺れてます。大物プロデューサーのセクハラに続き、俳優のケビン・スペイシーが未成年への暴行を告発され、また、別件の暴行容疑ではイギリスの警察が捜査を始めたとか・・・。彼はこのタイミングでゲイであることをカミングアウトしました。暴行の件から話をすりかえたそのやり方にまた批判が集まりました。 彼の主演する「ハウス・オブ・カード」はとても面白くて、次シーズンを楽しみにしていたし、過去の作品も好 [続きを読む]
  • どっちの味方でもない
  • 今日はポカポカとお出かけには最適な小春日和。私は贅沢に、bar hopping(はしご酒)ならぬart museum hoppingをしてきました。 ここと ここ 先週の日曜日の大雨の中、教室最大の行事であるハロウィンパーティーと発表会が無事に終わったのでほっと一息、楽しみにしていた二つの美術展を見て目の保養をしてきました。 さて、話は変わって、先日見たHawaii Five-O。ハワイならではの景色やグルメの話題もたっぷりで楽しい [続きを読む]
  • How have you been doing?
  • 最後の記事から4年ぶりの更新というのもなんだか恥ずかしいですが、また少しずつ書いていこうと思います。ブログを通しておつきあいくださった皆様には、ご無沙汰、不義理をしてしまい、申し訳なく思います。 前回記事で「わさわさしている」詳細をご報告できませんでしたが、手短に言いますと、 こちらには何の非もない理不尽な理由により、教室移転を余儀なくされた のでした。年度半ばの移転でしたが、幸い近くに場所を確保し、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …