Aki さん プロフィール

  •  
Akiさん: Akiのホラー映画日記
ハンドル名Aki さん
ブログタイトルAkiのホラー映画日記
ブログURLhttp://thehorrormovies.blog55.fc2.com/
サイト紹介文ホラー映画のレビューブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/09/17 23:19

Aki さんのブログ記事

  • マーターズ(2015)
  • 【原題名】MARTYRS【製作】ピーター・サフラン、アニエス・メントレ【監督】ケヴィン・ゴーツ、マイケル・ゴーツ【脚本】マーク・L・スミス【撮影】ショーン・オディー【音楽】エヴァン・ゴールドマン【出演】トローヤン・ベリサリオ、ベイリー・ノーブル2015年/アメリカ映画/83分 【STORY】何者かによって長期間監禁され、拷問と虐待を受け続けていた少女リュシーは、逃げ出して放浪していたところを保護され施設に収容される。 [続きを読む]
  • ちょっと復活
  • 1年のうち、波があって、映画を全く見ない時期、むしろ見たくないと言ってもいい期間があるんですが、11月〜12月は正にその時期でした。見たいときはそればっかり見たくなるのに、その反動なのか、さっぱり“映画を観たい”という衝動が沸き起こらない時期でした。―ただ、単純に飽き性なのが定期的に表に出てきているだけなのかもしれませんが―ともかく、その停滞期みたいなものから脱却できて来たので、そろそろまたこのブログ [続きを読む]
  • 『残穢』2回目。
  • 今日は朝から『残穢』を鑑賞。見るのは2回目ですが、何だか無性に見たくなり、寒い朝(今年一番の冷え込み!)から半分布団にくるまりながら見てました。1度見ていて、大まかなストーリーと結末は分かっているので、ショック度は低くなっているものの、逆にこのじわじわくる感じが味わい深くて、観終わって、「ああ、結構好きなタイプの映画かも」と再確認した次第。同じJホラーでも、『リング』や『呪怨』のような派手な見せ場や [続きを読む]
  • 『死霊のはらわた』ジャケットいろいろ。
  • ホラーファン、とりわけスプラッター・ムービーが大好きな方なら、おそらくほとんどの方が大好きなライミの『死霊のはらわた』。(勿論、自分も大好きですが)過去、いろいろなジャケットデザインで発売されています。ちょっと見てみますと―、東芝EMIから出ていたVHS版。このジャケットがレンタルビデオ店に並んでいた時のインパクトはなかなかのものだった気がします。死霊の白目も当時は怖かった・・・。JVDからリリースの初 [続きを読む]
  • 休日は『シン・ゴジラ』
  • 月曜ですが、交代で休むうちの会社なので、今日は仕事休みでした。朝は、ゆっくり9時過ぎに起床。朝ごはんにパンをかじりながら、昨日録画しておいた『シン・ゴジラ』を鑑賞。12時をまわったので、お昼にとラーメンを作って食べる。面白かったんで、再度『シン・ゴジラ』を鑑賞。2回見て疲れて、お昼寝。天気が意外によかったので、久しぶりにクルマを洗車。燃えるごみを出しにいって、帰ってきたら夕食。お腹がいっぱいになって、 [続きを読む]
  • 死霊のえじき
  • 【原題名】DAY OF THE DEAD【製作】リチャード・P・ルビンスタイン【監督】ジョージ・A・ロメロ【脚本】ジョージ・A・ロメロ【撮影】マイケル・ゴーニック【音楽】ジョン・ハリスン【特殊メイク】トム・サヴィーニ【出演】ロリー・カーディル、テリー・アレクサンダー、ジョセフ・ピラトー、リチャード・リバティー、アントン・ディレオ、ハワード・シャーマン1985年/アメリカ映画/102分【STORY】近未来。甦った死者の群れは地上 [続きを読む]
  • キングレコードの最終盤シリーズについて。
  • “こだわり作品を最強仕様でブルーレイ化”している、キングレコードの最終盤シリーズ。その第1弾〜5弾が、『アルジェの戦い』『悪魔のいけにえ2』『バスケットケース1・2・3』『ヘルレイザー1・2・3』『ファンハウス―惨劇の館』でしたが、続くシリーズが本年12月に発売予定。そのラインナップは・・・、『ハウリングⅠ・Ⅱ 最終盤』・3枚組・特典DISC(140分) 『ハウリング』 ●編集マーク・ゴールドブラットのインタビュー● [続きを読む]
  • 映画秘宝2007年12月号
  • “完全保存版 ゾンビ映画入門!”『バイオハザード3』の公開に合わせ、ゾンビ映画を大特集!ヴードゥーゾンビからモダンゾンビの流れを現在まで辿った“HISTORY OF THE DEAD”、ゾンビ博士・伊東美和がチョイスした“ZOMBIE MOVIE ALLTIME BEST10”、『28週後…』『バイオハザード3』『超立体映画ゾンビ3D』『ゾンビーノ』の新作レビュー、そして、「ゾンビ映画はどこに向かうのか?」と銘打ち、これまた伊東美和によるゾンビ長編 [続きを読む]
  • 映画秘宝2005年10月号
  • “日本一詳しい『ランド・オブ・ザ・デッド』&ゾンビ映画大特集!”先月号に続いてロメロの『ランド・オブ・ザ・デッド』を取り上げながら、首チョンパ映画の特集もプラスした、“映画秘宝10周年強化月間特別企画 小学生でも楽しめる残酷描写!”が見どころの2005年10月号。町山智浩によるロメロのインタビュー、作家・戸梶圭太が語る『ランド・オブ・ザ・デッド』と恐怖の不平等社会、伊東美和・著『ゾンビ映画大事典』以降のゾ [続きを読む]
  • 『ジグソウ:ソウ・レガシー』は11月10日公開!
  • 日本の映画会社が「もう続編を作ることはないですよね!?」とアメリカの製作会社に確認を取って付けた邦題が『ソウ ザ・ファイナル3D』だったはずだが、やっぱり出来ちゃった新作。過去の事例を見れば、『〜完結篇』と大々的に銘打って公開した後、すぐさま『新・13日の金曜日』が封切られた―なんてこともありましたが、ヒットシリーズに群がる人々は消えることはなく、どうやらまだまだ続いていきそうな気配もします。まあ、そ [続きを読む]
  • 映画秘宝2005年9月号
  • “ゾンビ! 首切り! 戦争! 生き残り大作戦”ロメロのリビングデッドシリーズの新作『ランド・オブ・ザ・デッド』の劇場公開に合わせての特集。町山智浩、伊東美和が寄稿、カラー紙面で4ページが割かれている。最後のページで、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から『ゾンビ』『死霊のえじき』、そして『ランド・オブ・ザ・デッド』まで、細かい文字が詰め込まれた年表が個人的には好きです。そして、何より表紙が、アー [続きを読む]
  • 映画秘宝2004年6月号
  • “春のホラー映画大行進!”河内長野の書店で偶然見かけて手に取り、パラパラっとめくってから数秒でレジに持って行って購入したのを覚えています。以後、ず〜〜〜っと毎月購入している映画秘宝の自分が買った初めての1冊。映画雑誌を毎月買うようになったのは、中・高校生のころにスクリーンやロードショーを買っていた頃以来で、雑誌を定期購読して毎月発売日を楽しみにするようになりました。今現在が2017年だから、足掛け13年 [続きを読む]
  • R.I.P. ウンベルト・レンツィ
  • 今年はホラー映画監督が相次いで亡くなっていく。ロメロとフーパーが逝ってしまったのが、ついこの間だったが、今度はイタリアの食人映画監督(この言い方もどうかと思いますが―)ウンベルト・レンツィが10月19日に逝去されていたらしい。レンツィが手掛けたカニバリズム・ムービーは、『食人帝国』『怪奇!魔境の裸族 』や『人喰族』があるが、『人喰族』はルッジェロ・デオダートの『食人族』とならんで日本でも大ヒットした彼の [続きを読む]
  • ベルばらのオスカルは、フルチのヒロインよ!
  • 「1979年公開、全フランスロケの実写映画「ベルばら」がデジタルリマスター化」“1979年に公開された、池田理代子原作による実写映画「ベルサイユのばら」がデジタルリマスター化。Blu-ray / DVDが2018年1月6日にリリースされる。”“オールフランスロケで外国人スタッフ・キャストにより製作された本作では、監督にジャック・ドゥミ、脚本にパトリシア・ルイジアナ・ナップ、音楽にミシェル・ルグラン、オスカル役にカトリオーナ [続きを読む]
  • オペラ座 血の喝采
  • 【原題名】TERROR AT THE OPERA      OPERA【製作】フェルディナンド・カプート、ダリオ・アルジェント【監督】ダリオ・アルジェント【脚本】ダリオ・アルジェント、フランコ・フェリーニ【撮影】ロニー・テイラー【音楽】ブライアン・イーノ、クラウディオ・シモネッティ【出演】クリスティナ・マルシラック、ウルバノ・バルベリーニ、イアン・チャールソン、ダリア・ニコロディ、アントネッラ・ヴィターレ、ウィリアム・マ [続きを読む]
  • 10月15日は、リン・ローリー生誕祭
  • 本日、10月15日は、リン・ローリーの誕生日(1947年生まれというから、今年で69歳・・・!)。一般の映画ファンには馴染みの薄い方かと思いますが、ロメロの『ザ・クレイジーズ』やクローネンバーグの『シーバース』など、数々のホラー映画に出演していて、このジャンルからは熱い支持を受けてきた女優さん。近々、デビュー作の『処刑軍団ザップ』のリリースも控えているようで、いまだに怪しい魅力を振りまき続けています。しかし [続きを読む]
  • 謎の映画
  • 出版社:洋泉社ページ数:217頁発行日:2017年2月24日編:山崎圭司+別冊映画秘宝編集部定価:1,500円(本体)・「サスぺリア」謎の39条第一部 謎の映画人 第二部 謎の映画群第三部 答えの出ない謎“謎の映画”・・・、書名からして謎なんですが、それはストーリーであったり、登場人物であったり、製作スタッフであったり、そもそもその存在自体が謎であったりと、映画に関する不可解な事象を綴っていった感じの1冊。理解でき [続きを読む]
  • アイリーン・ミラクル in 『インフェルノ』
  • 『インフェルノ』特典映像でのI・ミラクルの変貌ぶりに時の流れを感じてしまった・・・。でも、撮影当時のエピソードや、イベント会場でのキース・エマーソンとの楽しそうなやり取りが見れて、それはそれで楽しめました。彼女の話によれば、大病を隠して撮影に臨んでいるとアルジェントが勘違いして、ローズの出演シーンがカットされてしまったとか(カザニアンの死体を見つける役もローズだったとか―)。もし、ローズの出演場面 [続きを読む]
  • URAMI〜怨み〜
  • 【原題名】BRUISER【製作】ベン・バレンホルツ、ピーター・グルンウォルド【監督】ジョージ・A・ロメロ【脚本】ジョージ・A・ロメロ【撮影】アダム・スウィカ【音楽】ドナルド・ルビンスタイン【出演】ジェイソン・フレミング、ピーター・ストーメア、レスリー・ホープ、ニーナ・ガービラス2000年/アメリカ映画/100分【STORY】真面目な会社員のヘンリーは、念願のマイホームを郊外の住宅地に購入するが、資金不足で未完成、収入 [続きを読む]
  • スポンティニアス・コンバッション/人体自然発火
  • 【製作】ジム・ロジャース【監督】トビー・フーパー【脚本】トビー・フーパー、ハワード・ゴールドバーグ【撮影】レヴィー・アイザックス【音楽】グレーム・レヴェル【出演】ブラッド・ドゥーリフ、シンシア・ベイン、ジョン・サイファー、メリンダ・ディロン1989年/アメリカ映画/97分【STORY】1955年、ネヴァダ砂漠で秘密裏に行われたサムソン計画という実験の被験者のブライアンとペギー夫妻は幼い息子を残したまま、謎の発火現 [続きを読む]