ニック西村 さん プロフィール

  •  
ニック西村さん: 西村治彦の日記
ハンドル名ニック西村 さん
ブログタイトル西村治彦の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/2465789/
サイト紹介文顧問先1万7000社、事務所数52カ所、所員195人、創業48年、西村事務所・西村治彦のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供410回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2011/09/20 18:19

ニック西村 さんのブログ記事

  • 甲賀市の忍術村で忍者になる・忍者の手法を学ぶ
  • 甲賀市の忍術村で忍者になる・忍者の手法を学ぶ この日は、滋賀県甲賀市にある「忍術村」へ出掛けました。「忍術」は、「甲賀の忍術」と「伊賀の忍術」が江戸時代に発達しました。そもそも「忍者」とは、鎌倉時代から江戸時代に大名に仕え、情報収集や特殊な武術による戦を行ってきた集団のことであります。特に、現在の滋賀県甲賀市に存在していた「甲賀忍者」と三重県伊賀市に存在していた「伊賀忍者」が有名です。甲賀忍者と伊 [続きを読む]
  • 国宝の彦根城に行って・琵琶湖湖畔に聳える名城です
  • 宝の彦根城に行って・琵琶湖湖畔に聳える名城です。琵琶湖湖畔の花火大会 この日は、滋賀県彦根市にある「彦根城」を訪れました。「彦根城」は、江戸時代が終了し、明治時代に入っても、天主閣ほか主要な城郭は、壊されませんでした。 現在、江戸時代のままに、城として残されている「彦根城(滋賀県)」「犬山城(愛知県)」「松本城(長野県)」「姫路城(兵庫県)」「松江城(島根県)」が、「国宝」に指定されています。私は [続きを読む]
  • 恵那峡巡り・木曽川の渓谷です。観光船で奇岩巡りです
  • 恵那峡巡り・木曽川の渓谷です。観光船で奇岩巡りです この日は、岐阜事務所から「恵那峡」の観光に出掛けました。恵那峡(えなきょう)は、岐阜県恵那市・中津川市を流れる木曽川中流の渓谷です。自然の造形と人工物の融合によって誕生した景勝地であります。恵那県立自然公園の指定を受けています。恵那峡は一帯に奇岩が多いことで有名です。、屏風岩、軍艦岩、獅子岩、鏡岩、亀岩などが見られ、それらを見物するための遊覧船が [続きを読む]
  • 夏休みです。岐阜事務所に行きました。暑かった・岐阜城に登りました
  • 夏休みです。岐阜事務所に行きました。暑かった・岐阜城に登りました この日は、私は 夏休みを取って、岐阜県に出掛けました。岐阜市に、うちの岐阜事務所があるので、そこに宿泊します。 久々に新幹線に乗りました。名古屋下車です。うちの名古屋事務所に立ち寄ります。ここで、名古屋事務所の乗用車を借ります。6台あるうちの1台です。 たまたま この日は土曜日で、名古屋事務所には 社員がいなかったので、事務所には入 [続きを読む]
  • ひたち海浜公園には、面白そうな遊びがたくさんあります。
  • 面白そうな遊びがたくさんあります。すぐに、「アイスワールド」に入ることにしました。暑かったので、これ幸いです。「零下30度」とかになっているそうです。「大丈夫かな!」 早速、零下30度に入りました。外は 超暑いと言うのに、別世界です。「気持い〜い!」体が熱くなっていたのか、寒いとは感じませんでした。「気持い〜い!」零下30度の中で、たくさん写真を撮りました。白銀の世界が撮れました。もっと長く、いた [続きを読む]
  • 勿来の関を訪問し、田村市にある入水鍾乳洞を探検しました・怖かった!
  • 勿来の関を訪問し、田村市にある入水鍾乳洞を探検しました・怖かった! この日は、いわき事務所に泊まって、朝からいわき市にある「勿来の関」に向かいました。「勿来の関」は、いわき市勿来町付近にあった古代の関所です。常陸(ひたち)・陸奥(むつ)の国境にあり、「白河の関(福島県)」・「念珠(ねず)の関(山形県)」とともに奥羽三関の一つでした。奈良時代から平安時代に掛けて、北から攻めて来る「蝦夷(えぞ)」に対 [続きを読む]
  • 皆がカラオケで歌った曲目はこんなです!
  • 勝浦旅行カラオケ曲目(H30.7.25)①西村治彦/ 二人静 / 五木ひろし②廣川拓磨 / 波乗りジョニー / 桑田圭祐③青柳遼太郎 / 夏の日の1993 / class④西村治彦/ わたしの名前が変わります / 小林旭⑤郡山実夕 / 宙船 / TOKIO⑥西村治彦 / のぼり坂 / 北島三郎⑦亀崎莉那・牟禮明子 / 夏色 / ゆず⑧西村治彦 / 心/ 五木ひろし⑨鳥海博明(引率) / Butter-Fly / 千綿偉功⑩西村治彦 / しのぶ [続きを読む]
  • 興津海水浴場で楽しい海水浴・新人たちの水着姿が素晴らしい
  • 興津海水浴場で楽しい海水浴・新人たちの水着姿が素晴らしい 勝浦合宿二日目です。朝は早いです。台所では、朝食を作っています。引率の竹内絵里子こと青子さんが、皆の食事を作っています。他の新人たちも降りてきて、一緒に食事を作り始めました。新人の男連中も協力して作り始めました。皆仲が良いです。 早速 皆で朝食です。とても美味しいです。 出掛ける準備をして、保養所で記念撮影です。保養所は、崖の上にあります。 [続きを読む]
  • 「おせんころがし」の意味・その2
  • ようやく分かったのは、名主の久右衛門のところでした。字の読めない人ばかり大勢集まったなかで、回状を持ち、「みんな、よく聞けよ、6分4分というのはな、6分が領主で、残りの少ない4分が作人のもんだ」と説明し終わると、これを聞いた人たちは、たちまち真剣な顔になり、「おらあ、今度こそ命をはってもいやだ」と一人が言い出したところ、「おれもそうだ、おれもそうだ」と大変なさわぎになってしまいました。名主は仕方なく、 [続きを読む]