人民弁理士 さん プロフィール

  •  
人民弁理士さん: 人民弁理士今日も行く
ハンドル名人民弁理士 さん
ブログタイトル人民弁理士今日も行く
ブログURLhttps://ameblo.jp/hakase425
サイト紹介文神田を拠点に弁理士をやっています。2012年に特定侵害訴訟代理業務試験に合格しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/09/20 19:13

人民弁理士 さんのブログ記事

  • 愛猫死す
  • 去る18日未明に、このブログの写真にも使っている飼い猫が亡くなりました。享年19歳6か月でした。年を取ってから、動きが緩慢になったり、目やにや歯槽膿漏が目立つようになる症状はあったものの、昨年ぐらいまでは概ね元気でした。しかし、昨年辺りからガラガラ声のような変な鳴き方が目立つようになり、今年に入っては足の皮膚が剥げる病気が治らずびっこを引いて歩くようになりました。特に先月辺りからは、皮膚の病気と [続きを読む]
  • 民度を疑いたくなる
  • 昨日予告した、かつてより立川駅(特に南口)周辺で過去に遭遇した出来事についてです。https://ameblo.jp/hakase425/entry-12328877741.html 今年のGWに高島屋で買物をした後、駐車場を出て道路に入りました。その原因については記憶があやふやなものの、やむなく横断歩道上で止まらざるを得なくなりました。そのときに、「コツッ」と言う音が聞こえ、自転車を引きながら睨みながら遠ざかって行く労務者風情の方がいました。同 [続きを読む]
  • 七五三祝いの日の出来事
  • 少し日が経ちましたが、先週の土曜日に子供たちの七五三祝いで立川の諏訪神社まで行って来ました。 その際、神社の駐車場にて、とある出来事がありました。神社に着く前に、立川駅付近で、義母を迎えるため、妻は一旦降車しており、そこでは、大人は私一人でした。到着したため、子供を降ろすとともに、必要な荷物を車から出していたところでした。 と、突然、後方のワゴン車から少し年輩の女性が降りて声をかけて来るとともに、 [続きを読む]
  • 人の悪口を言わないこと
  • 先程チラッと同業者のブログ村のランキングを見たら、4位になっておりました。6年前に、毎日のように更新をしていた頃ですら、7位が最高だったと記憶しているので、驚きでした。もっとも、ブログを書いている同業の方の数は以前と変わらないと思われ、単にブログ村に参加している同業の方が減ったにすぎないと推測しています。 さて、本題。人の悪口は言うべきでないとは、誰もが言うことです。それに関連し、この間ラジオであ [続きを読む]
  • 「飛躍」はしたくない理由
  • たまに知人から励ましの意味で「飛躍できるといいね」と言った趣旨のことを仰っていただくことがあります。その際に、私が「飛躍」に消極的なことを述べるので、怪訝に思われる方もおられるようです。 私も、前に進むこと自体は続けて行かなければならないとは思っており、それを「飛躍」と言うのなら、正しくそうしたいと思っています。 ただし、どうしても「飛躍」と言う言葉自体からすると、一気に上がるとのイメージがあり、 [続きを読む]
  • 長いトンネルを抜ける
  • 先月(10月)は比較的堅調で、共同経営解消時から続いていた長いトンネルをようやく抜けたように思います。長いトンネルと言っても、6年前の自営開始当初の状況からしたらかなりマシで、その期間も短いものでしたが、これだけの長いトンネルはその当時以来ですし、当時とは異なる事情もあり心理的負担はそれなりに大きかったです。 奇しくも、10月は共同経営時代に昨年一昨年と二年続きで調子が悪く、状況に不安を感じていた [続きを読む]
  • 弁理士合格から10年 補足
  • 前回の下記ブログが少し中途半端な感じで終わってしまったので、なぜ合格しないよりは、した方がよかったかについて付け足します。https://ameblo.jp/hakase425/entry-12319219496.html 同業の方ならば周知の話でしょうが、合格前であっても、弁理士が経営する特許事務所において、「特許技術者」として実質的に弁理士に近い業務を行うことができます(と言うか、その状態で弁理士を目指しすらしないことも少なくない)。私も、合 [続きを読む]
  • 弁理士合格から10年
  • 同業の方には説明するまでもないことですが、我々弁理士の試験は、短答→論文→口述の三段階からなり、それぞれの段階の試験に合格することで、次の段階の試験を受けることができるようになります。 さて、日付では1日前になりますが、10年前のこの第二金曜日に、弁理士試験の最後の試験となる口述試験を受けており、それを無事クリアしたことで、この試験における長い闘い(「戦い」よりも、こっちの字の方が相応しい感がある) [続きを読む]
  • 敢えてダラダラ
  • 今年5月に共同経営を解消して新たに独立したとは言え、実際には自営の状態は2011年6月より始まっています。 その自営当初からしばらくの間は、実際に仕事をしていないときでも、なるべく仕事のことを考えるようにしておりました。また、休日を迎えるのが不安でした。少しでも仕事に絡んでいないと、取り残されたような感があり、とりわけ休日は事業体が休みで商機が得られる可能性が低いからです。 しかし、2014年の後半に加速度 [続きを読む]
  • 家紋と商標
  • 商標が登録できるかは、大雑把には、その商標に識別力があるか(たとえば、ブドウ入りのパンに「ぶどうパン」と言う商標を出願しても登録NG)と、既に似たような商標が登録されていないかで判断されます。 ただし、商標が登録されれば、その権利者は独占使用が可能となるので、私人が独占することが相応しくない商標も登録を受けることができないようになっています(商標法第4条参照)。 たとえば、国旗、菊花紋章、勲章、褒 [続きを読む]
  • 特許権侵害と言えるのか?
  • 久しぶりに実務的な話をします。 特許権の侵害となるか否かについては(間接侵害を抜きとして)、問題になっている物が、特許になっている発明(以下「特許発明」)の構成要件を全て備えているかによって判断します。たとえば、特許発明がa+b+cからなり、実施品がa+b+c+dの場合は、原則、侵害になります。 もう少し具体的には、本体と芯とバネからなるボールペンに特許がされているとすれば、本体と芯とバネと消しゴ [続きを読む]
  • 「暴言議員」によるとばっちり
  • 秘書に執拗に暴言を吐いた上、暴力まで振るった議員が問題になっていますが、こういう方がいるために、無関係な人までに影響を及び得ることを懸念しています。 というのも、この方が超一流と言われる私立の女子校から東大に入り厚生省に勤めていた経緯があることから、「私は高学歴者が偉いとは思っていない」と言った趣旨の批判が出ていることです。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000117-dal-ent 私が経験する [続きを読む]
  • 変な慣習
  • 自分が体験したからではないのですが、商慣習で不条理と感じることがあります。 袂を分かつに当たって、元いた職場の取引先に、その職場の批判をして営業をかけるべきではない。これは解ります。前職場に対する義理もさることながら、その取引先が、どちら(元の職場か離れた者か)を支持しているのか不明であれば、元の職場にその批判の真偽を確かめる可能性もあり、そうなると批判したことが知れてしまい関係が険悪になるおそれ [続きを読む]
  • もう1か月
  • 早いもので、他弁理士との共同経営を解消してから1か月になります。https://ameblo.jp/hakase425/entry-12275719917.html 今月1日に、新事務所の届け出も済ませ、既に業務も開始しております。 今後、頃合いを観て少しずつ書いていきたいと思っていますが、共同経営解消までの1〜2か月の間は、ある程度は覚悟していたものの、想定以上に拗れましたが、離れてからは、その影響が及ぶことはなく、スッキリした感があります。 昨 [続きを読む]
  • お知らせ
  • 久しぶりの更新になりますが、お知らせです。 明日を最後に、5年3か月に亘って共同経営を続けてきた弁理士との関係を解消し、新たな場所で再スタートをします。 新たな場所は、ほぼ決定しているのですが、正式に決定し、通常業務が再開可能となった段階で、お知らせしたいと思います。 [続きを読む]
  • 氏にたくなること
  • 先日、知人の特許庁とのやり取りのエピソードを書きました。http://ameblo.jp/hakase425/entry-12256001626.html これは、あくまで事務所側の問題を書いた趣旨ですが、実際には特許庁の方の対応も(高圧的と言う意味で)かなり酷かったことを、聞いております。 さて、私も本日そのような酷い物言いを受けてしまいました。確かに、そのような決まりがあるならあるで、やむを得ないし、実際に、よく調べれば、そのような [続きを読む]
  • 変な費用請求
  • 米国以外の主要国(欧州や中韓)ではあまり無いですが、米国の代理人からは、メールでの問い合わせへの回答やオフィスアクションの報告等、日本の商慣習からすると違和感のある費用請求がちょくちょくあります。しかも、それが累計で十万円を超えるようなものになる場合もあります。 先日には、直接クライアントに、その請求書が送られて、驚いたクライアントから問い合わせがあったと言うケースがありました。 こうい [続きを読む]
  • 23年7か月ぶりの大阪
  • 今月初頭に弁理士会の活動で、久しぶりに大阪に日帰りで行って来ました。京都や奈良と言った関西全体で見れば、もう少しブランクは狭まるのですが、こと大阪に限ると、平成5年の8月以来で実に久しぶりでした。 さて、久しぶりの大阪は、行った先が25階と高所だったこともあり、見晴らしが良く、東京に比べて高い建物が少ない分、のんびりした感がありました。街も東京より人が少ないようで、全体的にマッタリした雰囲気で良 [続きを読む]
  • 意欲があるのは良いことだが・・
  • 特定する意図は無いのですが、同業の知人より聞いた話です。 少し前に新たな事務員が入ったそうです。その方は、特許関係の業務は経験が無かったのですが、経理の経験は豊富で、経理を中心に徐々に特許関係の手続の方も覚えてもらっているそうです。 勤務態度は非常に良いそうです。割と、この業界に長い方だと、擦れている人が多く、指定された仕事以外はやりたがらない場合も少なくないのですが、雑用から本来の業務 [続きを読む]
  • 自分の仕事の営業について思うこと
  • かなり久しぶりに、このテーマでブログを書くことになります。 我々弁理士も営業しなければならないとは、もう何年も前から言われていることです。特に、開業を考えるならば当然のことでしょう。 一方で、実際に開業し、(少なくとも外からは)それなりに上手く行っている人程、自分は営業をしたことは無いと言った話を聞きます。 しかし、それは、「是非、私によろしくお願いします。」と言った、明らかな仕事獲 [続きを読む]
  • 未だ直らないの?
  • ○タヤにDVDを借りに行ったところ、およそ1か月前にも故障中だった男性用トイレが未だに直っていませんでした。生憎、今回は2時間程度の車の運転をしており、かなり我慢していたところに、それだったので辛かったです。 2週間程度なら修理業者の都合もあるでしょうが、1か月となると、あたかも状況を放置しているようで不愉快でした。百歩譲って年末年始の時期だったので、通常より業者の都合がつきにくかったのかも知れ [続きを読む]
  • 子を信用できない親
  • 自分と同様に、士業系で年配の先生との共同経営の者がいます。しかし、聞くところによると、その年配の先生と言うのが曲者で、かつての儲かっていた頃のことが忘れられず、あの手この手を使って御自身の方に利益を持って行こうとし、そのために所員を利用しようとするため、次々に所員が嫌気が差して辞めて行き、ついに事務管理が事実上、不能の状態となってしまったそうです。 本来であれば、こうなると事務所の整理を考え [続きを読む]
  • 2016 今年の総括
  • 以前にも述べたように(下記参照)、今年は11月の段階で昨年の売上を上回り、収入ベースでは勤務時代を含めて自己最高額となりました。http://ameblo.jp/hakase425/entry-12215077288.html前年増は5年連続ですし、ペースとしても昨年が12月下旬の土壇場になって、ようやくその前の年の収入を超えたのに対し、今年は11月と早い段階で超えることができました。 しかし、自営を開始して、この総括をするのは6回目となり [続きを読む]
  • そんなサンタいやだ!
  • もうすぐクリスマスになりますが、上の子は年相応(5歳)にサンタクロースの存在を信じているようです。それは可愛くてよいと思うのですが、曰く「サンタさんにプレゼントを頼むとママとパパが買ってくれるの」とのことです。どうやら、サンタクロースが枕元にプレゼントを置いて行くのではなく、サンタクロースが我々にプレゼントを子供のために買うよう促すと考えているようですw そのサンタって一体何者なのでしょう? [続きを読む]
  • Facebookからの退会
  • 既に気付かれている方もおられるのでしょうが、Facebook(以下「FB」)のアカウントを削除することにしました。再登録の可能性はありますが、一旦は退会します。 自分の中で考えているFBの使用目的が変わって来ており、FB上での「友達」と、本来の意味の友達の定義との乖離が大きくなったためです。 もともと、使用1年足らずの頃から、FB上にupしていた、このブログのことで心無い中傷を受けるなどしており、使用に疑 [続きを読む]