としぼ〜 さん プロフィール

  •  
としぼ〜さん: としぼ〜の湯巡りブログ!
ハンドル名としぼ〜 さん
ブログタイトルとしぼ〜の湯巡りブログ!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/toshibo1977
サイト紹介文温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りを気ままに紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/09/21 21:21

としぼ〜 さんのブログ記事

  • 湯川温泉 河童の湯
  •  尖石の湯での入浴を終え、とりあえずこの日の目標は達成できたのですが、まだ少し時間があったので、帰り道の途中で温泉施設に遭遇したら寄ってみることにしました。そして最初に看板を見かけたのが湯川温泉 河童の湯施設の前まで行ってみると駐車場にそれほど車が停まっていなかったので、空いていると思いそのまま入館しました  ところが施設内に入ってみると、予想に反して入浴客が大勢いてビックリ帰りに気付いたのですが [続きを読む]
  • 八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯
  •  蓼科温泉共同浴場を出て、今度は南下し「八ヶ岳縄文天然温泉 尖石の湯」へと向かいます温泉名に「縄文」と入っているのは、近くに「縄文のビーナス」や「仮面の女神」といった国宝の土偶が出土した「尖石遺跡」があるから。少し前は「八ヶ岳縄文尖石かけ流し温泉 蓼科志楽の湯」という施設名だったはずですが、改名したようです。ただ、近くに「尖石温泉 縄文の湯」という日帰り温泉施設があるので、余計紛らわしくなったよう [続きを読む]
  • 蓼科温泉 蓼科温泉共同浴場
  •  蓼科温泉共同浴場は、観光地の蓼科湖から少し上ったプール平と呼ばれる場所にある小規模な共同浴場ですビーナスラインから脇道に少し入るのですが、看板は出ているし、郵便局の近くだから比較的分かりやすい立地。外観は昔からの温泉地にありそうな共同浴場そのままですリゾート地にこんな共同浴場があるというのが不思議で、以前から気になっていた温泉施設なのです。 玄関をくぐると、左側が男性用下駄箱、右側が女性用下駄箱 [続きを読む]
  • 蓼科温泉 露天風呂 石遊の湯
  •  盆明けの金曜日、盆休を取っていなかったので休みをもらい、少し遠くの温泉巡りをすることにしました。とは言っても日帰りなので、車で2時間ほどの蓼科高原方面に向かうことに決定 まず向かったのが、蓼科高原の森の中にある石遊の湯鉄鉱石の採掘場跡地に湧いたという温泉です。国道299号から狭い脇道に入ってしばらく行った所にあり、リゾート地にありながらも秘湯の雰囲気がする温泉です 石遊の湯は露天風呂のみの施設とい [続きを読む]
  • 安曇野みさと温泉 ファインビュー室山
  •  安曇野での所用を終えた後、少し寄り道。旧三郷村の室山山頂にある温泉施設「ファインビュー室山」を訪問しました。学生時代には何回か訪れたことのある懐かしの施設です(1998年開業)。 施設周辺の道路は、自転車で走ったりしたこともあって何となく覚えていましたが、施設に到着しても何かピンときません。忘れてしまったのか、当時に比べ変わってしまったのか…。まあ学生の時は温泉に興味はなかったからこんなものでしょう [続きを読む]
  • 信州戸倉上山田温泉 湯のさと ちくま 白鳥園
  •  地元の祭りの翌月曜日、二日酔いに備えて休みを取っておいたのですが、意外に大丈夫だったので、温泉に行くことにせっかくの月曜日の湯巡りということで、土日は混雑していそうな千曲市の白鳥園に向かいました 白鳥園は以前は昭和の香りがプンプンするワンダーランドな温泉施設で、色々と思い出深い施設でしたが、解体され平成27年10月に新しい白鳥園がリニューアルオープンしました昔の面影を残すのは保存展示されている曲がっ [続きを読む]
  • 五十沢温泉 ゆもとかん元湯(旧館)
  •  「ゆもとかん」での入浴を終えた後、近くに「ゆもとかん」の旧館があって、そこでも温泉に入れるということだったので、せっかくだから寄っていくことにしました 旧館は「ゆもとかん」から車で1〜2分程度、集落の中に建っています。外観は古びた公民館のようで、看板が出ていないとそれだと分かりません。玄関前まで来ると「五十沢温泉」という文字と共に定休日・営業時間が掲示されていたので、ここで間違いないと一安心 玄関 [続きを読む]
  • 五十沢温泉 ゆもとかん
  •  五十沢温泉はコシヒカリで有名な新潟県南魚沼市にある温泉地で、「ゆもとかん」は集落の外れの田んぼの中に忽然と姿を現します温泉自体は40年ほど前に消雪用の井戸を掘っていたら温泉が湧いたということで、比較的新しい温泉地なのですが、建物は昭和を感じさせる外観です。 中に入ってもそれは同じで、玄関にパンダ?の剥製が置いてあったりでワンダーランドの様相下駄箱が玄関になく、立寄り入浴客はビニール袋に靴を入れて脱 [続きを読む]
  • 大町温泉郷 湯けむり屋敷 薬師の湯
  •  「湯けむり屋敷 薬師の湯」は、大町温泉郷で唯一の日帰り入浴専門施設ですパンフレットには大町温泉郷の中で日帰り入浴ができる唯一の温泉施設と書かれていますが、立寄り入浴を受け入れている温泉旅館もあることから正しくない表記。ただこの辺りで日帰り入浴をするとなると、選択肢の筆頭となる施設であることは間違いありません。  この施設には面白い点があって、新館(アルプス自然浴の館)と旧館(体験風呂の館)があり [続きを読む]
  • 草津温泉 お宿 平の家
  •  長栄の湯での入浴を終えた後、今度は草津温泉の中心、湯畑方面へと向かいました2軒目は、共同浴場ではなくて温泉旅館での立ち寄り入浴にしようと考えたからです。共同浴場だと体や頭を洗ったりしている余裕がないので、旅館での立ち寄り入浴でゆっくり洗おうという理由です。 ただし、草津温泉の旅館等での立ち寄り入浴はなかなかの難関老舗旅館は15軒で和風村という組織を作り、加盟旅館で使える湯巡り手形を販売していますが [続きを読む]
  • 草津温泉 長栄の湯
  •  6月に入り暑い日も増えてきて、肌のトラブルも多くなってきたので、ここで一度肌の殺菌をしておこうと、1年ぶりに草津温泉に行くことにしました  まず目指したのは、共同浴場の長栄の湯草津に19箇所ある共同浴場のうちの一つです。場所は前回入湯した長寿の湯から歩いて5分弱、完全に住宅街の中で、温泉地らしい雰囲気は皆無です。 長栄の湯は以前は「町営の湯」と言われていたということもあり、地域の集会所も兼ねていま [続きを読む]
  • 安曇乗鞍温泉 安曇乗鞍温泉館 天峰の湯
  •  湯けむり館での入浴を終え、さらに乗鞍岳を車で登って行きます5分程度ほど走ると、休暇村 乗鞍高原に到着。安曇乗鞍温泉館 天峰の湯は、宿泊施設である休暇村 乗鞍高原内にある温泉施設です休暇村の玄関前には「日帰り入浴営業中」の看板が出ていて入りやすい雰囲気ですね  フロントで料金600円を支払い施設の奥へ進みます休暇村と温泉館であえて名前を分けて使っていますが、実態は休暇村の大浴場みたいなもので、建物は繋が [続きを読む]
  • 乗鞍高原温泉 湯けむり館
  •  北信はどんよりとした曇りだったこの日、最近オープンした安曇野しゃくなげの湯に行こうと思い、長野道を走っていたところ、松本盆地に出たらいい天気で、乗鞍方面は快晴これはドライブ日和だということで、急遽目的地を乗鞍高原に変更。未湯となっている湯けむり館を目指すことにしました。 乗鞍高原温泉 湯けむり館には、実は湯巡りを始める前に一度訪れています(10年くらい前かな?)。ただ湯けむり館は、2013年に道を挟ん [続きを読む]
  • 熊の湯温泉 熊の湯ホテル
  • (2017.5.21再訪) まだ5月だというのに最高気温が30℃越えで、普通に温泉に入ったら熱中症になりそうだったので、外気温の低い志賀高原に向かうことにしました。(この日開催された地元のマラソン大会では14人が熱中症で緊急搬送されたらしい・・・) 硯川まで登ってくると、気温は22℃。さすが志賀高原です。それでも涼しいというよりは、丁度いいという感じで、この時期としてはかなり高めの気温。今年は残雪が多めとのこと [続きを読む]
  • 上諏訪温泉 湖泉荘
  •  2017年のゴールデンウィークは5連休ということで、家族をどこにも連れて行かない訳にもいかないので、手頃な距離にある諏訪地方を旅行先に選択宿もリーズナブルなプランを探し、ちょうど一部屋空いていてじゃらんのクチコミも良かった湖泉荘を予約しました 1日目は長門牧場での散策と諏訪湖での遊覧船クルーズを楽しみ、午後4時に上諏訪温泉 湖泉荘にチェックイン。湖泉荘は上諏訪温泉街の北の端にある、客室数17の中規模な [続きを読む]
  • あさしな温泉 穂の香乃湯
  •  布施温泉での入浴後、車で10分弱の所にある「あさしな温泉 穂の香乃湯」を訪問しました 穂の香乃湯も佐久市にある日帰り温泉施設で、布施温泉と同じ佐久市振興公社が経営しています。普通に考えればこんな近くに経営者が同じ日帰り温泉施設が2つもあるのは不思議ですが、平成の大合併前は穂の香乃湯が浅科村、布施温泉が望月町でした。現在では春日温泉のもちづき荘、ゆざわ荘を含めた4軒が姉妹施設ということで共通券が使え [続きを読む]
  • ふれあいの湯 布施温泉
  •  湯田中温泉 よろづやで、入湯500箇所目(長野県300箇所目)という節目を迎え、今後の温泉巡りをどうしたものか色々と悩みましたが、とりあえずは長野県内の日帰り温泉施設を中心に巡ろうと決め、東信地方の未湯温泉施設を目指しましたまずは佐久市布施にある「ふれあいの湯 布施温泉」を訪問。 布施温泉は、長野県内ではよくあるタイプの温泉センター系の日帰り温泉施設です食堂と大広間がある間取りはこの系統の施設では見慣れ [続きを読む]
  • 湯田中温泉 よろづや
  •  平成29年3月、入湯施設500箇所目(長野県内300箇所目)を迎えるにあたり、どの施設で500箇所目を迎えようか思案した結果、娘の2歳の誕生日、ホワイトデー等を兼ねて、湯田中温泉の高級旅館「よろづや」に宿泊することにしました「よろづや」にした理由は、忙しくてあまり遠くにはいけないことと、「よろづや」の桃山風呂が500箇所目としてふさわしいと思ったから。「よろづや」は日帰り入浴を受け入れています(ただし不定休な [続きを読む]
  • 信州戸倉上山田温泉 万葉超音波温泉
  • (2017.3.11再訪) 戸倉上山田温泉では、最近白鳥園がリニューアルオープンし話題になっていますが、実は万葉超音波温泉もリニューアルしたということで、混んでいるであろう白鳥園よりも先に万葉超音波温泉に行ってみることにしました 前回の訪問は4年ほど前ということで、かなり記憶が不確かなんですが、外観はそれほど変わった感じはしません。ただ露天風呂が増設された分、駐車場だった箇所に建物が迫り出しています。元々駐 [続きを読む]
  • 渋温泉 春蘭の宿 さかえや
  •  地元の病院、北信総合病院の人間ドック(一泊二日)については、平成27年度くらいから宿泊は渋温泉の旅館で行うようになっていて、現在は「春蘭の宿 さかえや」が宿泊場所となっています。「さかえや」は渋温泉ではなかなか人気がある旅館のようだし、人間ドックには職場から補助が出ることから、今年の人間ドックは一泊二日にして「さかえや」に泊まってみることにしました 人間ドック初日の検査を終え、宿の送迎車で旅館に到 [続きを読む]
  • 信州金熊温泉 金太郎乃湯 明日香荘
  •  安曇野市での所用を済ませた帰り、帰り道の国道19号から比較的近い位置にあるので、旧八坂村(現大町市)の温泉施設「明日香荘」に寄ってみることにしました。 山清路で国道19号から脇道の県道55号に入って15分ほど、山の中腹の斜面に建つ明日香荘に到着。結構山深く感じましたが、旧村役場(現八坂支所)はもっと山の上です 施設に入ると、明日香荘はなかなか規模の大きな施設であることに気付きます。それもそのはずで、宴会 [続きを読む]
  • 山京権堂温泉 Spa&Fitness テルメDOME
  •  1月に入ってからというもの、大雪などで温泉に行く暇がなかなかない中、合間を見て最近情報を仕入れた近場の未湯施設に行くことにしました。場所は長野市の繁華街、権堂町。まさか権堂に温泉があるなんて、全くの盲点でした 権堂アーケード街から少し南に下った所に山京長野パレスというビルがあり、そのビルの1階及び地下1階が「Spa&Fitness テルメDOME」という会員制のフィットネスクラブになっていて、そこの風呂に温泉 [続きを読む]
  • 浅間温泉 仙気の湯
  • (2016.12.17再訪) 梅の湯に宿泊しチェックアウトした後、50mほど坂を下った所にある共同浴場の仙気の湯に寄ってみました。記録を確認すると約6年ぶりの訪問です。 6年前には浅間温泉で一般客でも利用できる共同浴場は仙気の湯、港の湯、倉下の湯の3箇所でしたが、倉下の湯は廃業となり現在は2箇所。そして仙気の湯の利用料が250円から400円になっていました1.6倍とは尋常でない値上げだし、共同浴場で400円というのはかなり高 [続きを読む]
  • 浅間温泉 梅の湯
  •  平成28年12月の金曜日、松本近辺で宿泊する必要ができたため、急遽宿泊先を探し、一泊朝食付き6,480円で見つけたのが「浅間温泉 梅の湯」金曜日というのもあるでしょうが、ビジネスホテルより少し高いくらいで温泉にも入れるのだからリーズナブルです部屋は最上階7階で、エレベーターに近いため音が少々気になったものの、その他は古さはあっても気にならないレベルだったので、コストパフォーマンスはいいと思います 午後7時30 [続きを読む]
  • 栂池温泉 元湯栂の森荘
  •  先月に引き続き、2ヵ月連続での白馬方面への訪問。まだ本格的に雪が降っていないので、楽に行けると踏んでの訪問です。 白馬村まで来ると、さすがに銀世界にはなりましたが、積雪は5cm程度昨シーズンは雪不足に悩ませられましたが、今シーズンはどうなることやら。 小谷村の栂池高原まで来ると、積雪は10cmくらいに増加。この時点では栂池高原スキー場は頂上部分がかろうじて滑走可能になっているのみでしたが、それでも駐車場 [続きを読む]