くらびぼー さん プロフィール

  •  
くらびぼーさん: くらびぼー
ハンドル名くらびぼー さん
ブログタイトルくらびぼー
ブログURLhttp://kurakameboubiroku.blog98.fc2.com/
サイト紹介文クラッシクカメラ修理屋家業の徒然を書き留めた備忘録です。
自由文ライカ・ローライを始めてとして、様々な機械式カメラ・レンズの修理を紹介し、フィルムカメラの楽しさをお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/09/22 14:17

くらびぼー さんのブログ記事

  • 当店の推しカメラ その3
  • かなり固いことを書き並べたので、偏屈な親父の店と思われるかもしれないけれど、決して頑迷な原理主義を押し付けようとは思っていません。ただ、私がお客さんを裏切ったと思われるような商売をしたくないんだよね。というわけで、一寸古めかしいカメラとは目先を変えて、持ち歩いて楽しめるようなカラフル商品も揃えています。KonicaC35(23000円) [続きを読む]
  • 当店の推しカメラ その2
  • 私が、国産レンズシャッター機を推奨するのは、総合的に見てコストパフォーマンスが高いからです。当店は基本的に機械式シャッター機のみを扱っています。これは、ギアとバネで動くシャッターは、電気的な不良で交換以外の修理が効かないモノと比べ、かなりのレベルで故障・不動状態からの回復が可能なため、長い使用期間を獲得できます。現実に、100年近く経っているシャッターでも、写真を撮れるレベルまで修理をしたことが何度 [続きを読む]
  • 当店の推しカメラ
  • 先週からペンタコンシックス祭りが始まって、このところP6幕交換ばかりやっていますが、当店のラインナップは当然なことながら、このシリーズばかりではありません。実は、私が(特に、若い)フィルムカメラ好きの方々にお勧めしたいのは、日本製のレンズシャッターカメラなのですです左から時計回りに、Topcon35(33000円)・ミノルチナS(33000円)・FUJICA35ML(26000円) [続きを読む]
  • Nスぺ・警察庁長官狙撃事件
  • 土曜日のドラマを宿泊先で観た。折角の夏休みの家族のだんらんが、深刻な番組鑑賞になってしまったけれど、それだけの価値ある内容の経験だったと思う。この分野では第一人者と言える江川紹子さんのレビューが既にあるけれど、私なりの感想を書き留めておきたいと思う。 [続きを読む]
  • カメラを止めるな
  • 調子に乗って二日連続レビュー掲載。今じゃ”かめとめ”で通用するほど、解る人には知れ渡った映画。友人が大絶賛していたので、朝08:15の初回上映に駆け付けた。文句なく満足。ここでは、ネタバレにならないように、お話とは少し間を置いた感想を挙げたいと思います。 [続きを読む]
  • 夫のちんぽが入らない
  • こだま著 扶桑社刊2017/7/16初1200円 2か月も休んでいて、再開直後のタイトルがこれかよ、と、訝られる向きもあるだろうが、はっきり言おう、身も蓋もなくあけすけな書名で無ければ、この著作は多くのメディアで取り上げられ、本屋大賞の少なくとも候補にぐらいはなったと思う。何しろ、朝日新聞に載った広告には、”書名は書店でお確かめください”と扱われたのだから。放送禁止用語故電波に乗せた紹介もできない。だから、昨年 [続きを読む]
  • 信用と評判
  • 先日、巻き上げ不良のオリンパス35DCと、ビスが片方抜け底蓋が外れかけているトリップ35が持ち込まれた。点検すると、モルトの要所は交換されていて、一応機械的には動いているが、ファインダーはくもくも。トリップのファインダー窓は半ば塞がれていて絞り値は見えない。 [続きを読む]
  • 良い仕事するカメラたち
  • ”赤城写真機診療所”を読んでいると、”つまらない高級コンパクトカメラよりもよほど良い仕事してくれる”という一文があって、思わず膝を打った。手前みそだけれど、当店のショウ・ケースにはレンズシャッター機が沢山並んでいます。しかも、ほとんどがf2.0レンズ搭載機。それは、現状最もコストパフォーマンスの高いカメラをお勧めしたいという意図があるからです。 [続きを読む]
  • スナップ写真
  • 探し物をしていたら、昔の伝票の中から息子のスナップ写真が出てきた。七五三の時の一コマ。紙に焼いた写真はひょんなところから現れてあのころの気持ちを思い出させてくれる。子供の写真ほど紙焼きすることをお勧めします。 [続きを読む]
  • 歴史を学ぶということ
  • ”大躍進”とか”文化大革命”といった毛沢東のの暴挙で、1970年代まで、中国はほどんど経済的国際競争力を発揮できなかった。8億の人民が総出で足の引っ張り合いをしていたのだから・・・。この期間は、ほぼ日本の高度成長期に相当する。朝鮮戦争特需が日本の経済発展に大きく貢献したのは、結構知られた話だが、その後もずっと続いた中国の停滞は、日本をGNP国際一位に押し上げる助けになったと私は思う。しかし、朝鮮戦争、核兵 [続きを読む]
  • 今月のお休みと営業時間変更のお知らせ。
  • 連休明けたばかりで恐縮ですが、今月はイベント目白押しで、休みや営業時間がいろいろ変更になります。皆さまご確認の上ご来店ください。5月12日〜14日休業。法事で福岡まで遠征します。5月15日14:00開店。PTAの会議。早めに終われば昼過ぎにはあけたいけれど・・・・。5月18日休業。椙の森神社の大祭。町内会のお手伝いでおみこしを担ぎます。以上皆さまよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 日本酒利き歩き 2018
  • 昨年参加した日本酒利き歩き2017が今年も開催されるため、今週土曜日はお休みします。主催者FBで漸次情報が挙げられていますから、楽しみにされていた方は、今からルートを検討するなど準備も怠りなく。それでは当日日本橋でお会いしましょう。 [続きを読む]
  • クラシックカメラを修理・整備するということ。
  • 先日、ツイッター上で取り上げた話題について、詳しい解説をしていなかったので、ここで記事にまとめます。つまり、カメラの修理・整備とは何であるかということね。先ず、この記事をご覧ください。私の師匠の話を、当代一のライターが書き起こした言葉は過不足ないので、これ以上屋上やを継ぐのも無粋だけれど、敢えて解説すると、正しく整備された機械式カメラは、簡単には不調を起こさないという前提で整備作業が語られています [続きを読む]
  • Robot II
  • IT機器の普及していなかった昔(とはいえ、ほんの20年ほど前)は、何につけ”記録を取る”ということは簡単にできなかった。今でこそ”画像”はデータとして電脳空間を飛び回っているけれど、かつては誰かがスケッチしてそれを封書で送るしかなかったし、”写真”が発明された後でも、きちんと撮影してフィルムを現像し、それを印画紙に焼き付けなければ”データ”として使えない。何よりそこに誰かがいてシャッターを押さなければ [続きを読む]
  • 12月4日月曜日はお休みします。
  • 今週末日曜日は、恒例町内会の餅つき大会。朝6時家出で打ち上げまで丸一日参加します。そうすると、週一回の家事が全くできなくなってしまうので、翌日月曜日を使って片付けます。お陰様で、カメラ修理・整備の仕事が増えてきてこなしきらなくなっています。いろいろ検証すると、やはり自宅から店までの往復の時間がばかにならない。また、説明が難しいのだけれど、手こずるカメラの修理作業は、気合を高めて、取り掛かったら集中 [続きを読む]