FIYS さん プロフィール

  •  
FIYSさん: ヤクルトファンの日記
ハンドル名FIYS さん
ブログタイトルヤクルトファンの日記
ブログURLhttp://fiys.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヤクルトスワローズについてのことをのんびり書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2011/09/22 21:22

FIYS さんのブログ記事

  • ジョーダン・アルメンゴを獲得
  • ヤクルトは15日、今季限りで中日を退団したジョーダン・アルメンゴ投手(31)を獲得したと発表した。年俸は65万ドル(約7480万円)プラス出来高で単年契約。背番号は40に決まった。中日時代は登録名が「ジョーダン・ノルベルト」だったが、ヤクルトでは「ジョーダン・アルメンゴ」となり、スコアボードなどの表記は「アルメンゴ」となる。今季は18試合に登板し、6勝4敗で防御率は2・30。ヤクルト球団は先発、中 [続きを読む]
  • 2018年ドラフト即戦力予想
  • 毎年恒例となっているのですが、今年も新人選手の即戦力予想の記事を書いてみたい。2017年版はこちらから→「2017年ドラフト即戦力予想」投手(セリーグ)DeNA1位 東 克樹 左投左打 立命館大阪神1位 馬場 皐輔 右投右打 仙台大ヤクルト2位 大下 佑馬 右投左打 三菱重工広島ドラフト上位の3人の名前を挙げさせてもらった。上から順に即戦力度が高いと予想しているのだが、個人的には東の実力が抜きん出ているように感じ [続きを読む]
  • マット・カラシティーを獲得
  • ヤクルトは5日、来季の新外国人として、米大リーグ、カブス傘下3Aのマット・カラシティー投手(26)=1メートル91、92キロ、右投げ右打ち=と契約を締結したと、発表。背番号は「37」に決まった。 右腕はメジャー通算19試合に登板し、1勝0敗、防御率9・19の守護神候補。今季の防御率(4・21)がセ・リーグ最下位の燕投手陣を救う存在となる。(サンケイスポーツ引用)昨シーズン、今シーズンとゲーム終盤を [続きを読む]
  • 大迫傑、衝撃の快走!
  • 12月3日に行われた福岡国際マラソンで大迫傑が2時間7分19秒という日本歴代5位の好タイムで3位に食い込んだ。大迫は2015年に日清食品を退社し、「ナイキ・オレゴン・プロジェクト」に所属し、プロランナーとして活動している。日本の長距離選手は、箱根駅伝の人気も合いまって毎年のように期待のランナーは現われるのだが、そのランナーが中々マラソンで結果を残せない状況が続いてた。高校でも大学でも実業団でも大きな駅伝の大会 [続きを読む]
  • 2017年ドラフト即戦力予想答え合わせ(パリーグ編)
  • 今日は2017年ドラフト即戦力予想のパリーグ編である。過去記事はこちらから→「2017年ドラフト即戦力予想」投手オリックス1位 山岡 泰輔 東京ガス 24試合8勝11敗0S 149回1/3 防御率3.74ロッテ1位 佐々木 千隼 桜美林大 15試合4勝7敗0S 85回1/3 防御率4.22ソフトバンク1位 田中 正義 創価大 登板なし日本ハム1位 高良 一輝 九州産業大 登板なしソフトバンク田中、日本ハム高良は大学の最終学年 [続きを読む]
  • 2017年ドラフト即戦力予想答え合わせ(セリーグ編)
  • 新人王も発表されたため、昨年末に記事にしていたドラフト即戦力予想の答え合わせをしてみたい。まずはセリーグから…過去記事はこちらから→「2017年ドラフト即戦力予想」投手DeNA2位 水野 滉也 東海大北海道 1試合0勝1敗0S 4回2/3 防御率5.79中日1位 柳 裕也 明大 11試合1勝4敗0S 50回1/3 防御率4.47新人王候補として名前を挙げた水野はキャンプ中から右肩痛を発症してしまい、結局1試合の [続きを読む]
  • 松本山雅8位で終戦
  • 昨年勝ち点84を積み上げながらJ1に昇格する事が出来ず、非常に嫌な雰囲気を引きずって今シーズンを戦ってきたのだが、最後の最後で粘りきれず、J1昇格プレーオフにも回れずに終戦となってしまった。過去記事はこちらから→「松本山雅J1昇格ならず」J2に昇格し、反町監督を招聘した以降、チームは成熟を続け、J1も経験し、昨シーズンはボールポゼッションを高めながら戦う新たな戦術も機能し、チームの完成度自体は上がっていた [続きを読む]
  • 西武戦力外の田代将太郎を獲得
  • ヤクルトは17日、西武を戦力外となった田代将太郎外野手(27)を獲得したと発表した。田代は11年に八戸大からドラフト5位で入団し、プロ6年目の今季は自己最多の38試合に出場していた。(日刊スポーツ引用)今年も戦力外となった選手から1人2人獲得するかな?とは思っていたのだが、田代を獲得するとは思わなかった。それであれば年齢的にも田代よりも若い榎本を残しても良かったのではないか?というのが個人的な印象で [続きを読む]
  • 山田大樹を無償トレードで獲得
  • ヤクルトは11日、ソフトバンクを戦力外となっていた山田大樹投手(29)を獲得したと発表した。背番号はソフトバンク時代と同じく「34」。12日から愛媛・松山秋季キャンプに合流する予定となっている。(サンケイスポーツ引用)ドラフト時の記事にも書かせてもらっていたのだが、ヤクルトは左投手が不足している状況がある。ドラフトで左投手の獲得がなかったため、戦力外となった選手や外国人投手の補強などで獲得の可能性 [続きを読む]
  • 館山が右肘と右肩を手術
  • ヤクルト・館山昌平投手(36)が、10月に右肩と右肘の手術を受けていたことが8日、明らかになった。現在は埼玉・戸田市の2軍施設でリハビリに励んでおり、全治は未定。(サンケイスポーツ引用)過去記事はこちらから→「館山右肘手術」館山の野球人生は怪我との戦いである。今回の手術で合計9回目の手術、縫い跡は150針を越えるという事である。2015年に長期離脱から復帰し、チームのリーグ優勝に貢献したのだが、以前のよう [続きを読む]
  • 大谷翔平メジャー挑戦表明
  • 日本ハム・大谷翔平投手(23)が7日、米大リーグ挑戦を表明した。千葉・鎌ケ谷市の2軍施設での練習後に代理人がCAAスポーツのネズ・バレロ氏が就任することを認め、「(代理人は)自分が向こう(米大リーグ)に行くために、必ず必要なものなので、このタイミングで決めた」と明かした。  花巻東高時代から米大リーグへの憧れを持ちながらも、2012年10月のドラフト会議で単独指名した日本ハムに入団。日本でプレーし [続きを読む]
  • 2017年の日本一はソフトバンク
  • ソフトバンク4x−3DeNA(延長11回)ソフトバンクが4勝2敗で日本一に輝いた。DeNAもCSを勝ち抜いた勢いとラミレス監督の短期決戦用の采配で0勝3敗というところからよく盛り返したし、今日のゲームも今永の好投を活かし、後一歩のところまでソフトバンクを追い込んだのだが、8回にミスで1点を失うと、9回には山崎が百戦錬磨の4番内川に同点アーチを浴びてしまった。その後は一進一退のゲームとなったのだが、最後は [続きを読む]
  • 2017他球団のドラフト
  • 少し時間が経ち、日本シリーズ真っ只中ではあるのですが、恒例となっていますので他球団のドラフトについても触れておきたい。過去記事はこちらから→「2016他球団のドラフト」、「2017年 ドラ1 12人は誰だ!」ソフトバンク ドラフト1位 吉住 晴斗(鶴岡東)右投右打 投手・清宮、安田、馬場とくじ引きで外してしまい、「外れ外れ外れ1位」で指名したのは、ドラ1候補としては名前が挙がっていなかった高校生右腕吉住だった [続きを読む]
  • 2017ヤクルトドラフト指名選手
  • 今年の皆さんのドラフトの評価は如何でしょうか?私は、清宮を外した後の村上(九州学院)指名は戦略として「あり」だと感じています。正直外れ1位で村上に3球団が競合するのは予想外でしたが、それだけ評価が高かった選手という事も言えます。そんな長距離砲を獲得できたのは大きかったのではないでしょうか?2位以下に関しては、2位の大下(三菱重工広島)、3位の蔵本(岡山商大)、4位の塩見(JX−ENEOS)が個人的にノーマーク [続きを読む]
  • 2017ヤクルトドラフト予想遊び
  • 今年のドラフト会議がついに今日と迫ってきましたが、直前に今年のヤクルトのドラフト予想遊びの記事を書いてみたいと思います。今年も好き勝手に書きたいと思います。昨年の記事はこちらから→「2016ヤクルトドラフト予想遊び」1位 清宮 幸太郎(早稲田実業) 右投左打 内野手外れ 東 克樹(立命館大) 左投左打 投手2位 増田 珠(横浜高) 右投右打 外野手※  斉藤 大将(明大) 左投左打 投手3位 島田 海夷 [続きを読む]
  • 2017年 ドラ1 12人は誰だ!
  • 今日は毎年恒例となっているドラフト1位12名の予想をして見たいと思う。今年のポイントは清宮に入札する球団と清宮を避けて一本釣りを狙う球団の駆け引きという事になるだろうか?すでにドラフト1位を明言している球団もあるのだが、最後まで明かさない球団も多そうなため今年も予想は難しそうである。昨年の記事はこちらから→「2016年 ドラ1 12人は誰だ!」ロッテ1位 岩見 雅紀(慶大)外野手外れ1位 鈴木 康平(日立製作 [続きを読む]
  • これがCS
  • CSファイナルステージDeNA9−3広島シーズンは3位で終えたDeNAが阪神、広島と撃破し、日本シリーズへ駒を進めた。ラミレス監督の短期決戦用の采配や若手選手の躍動がCS突破のポイントとなっただろうか?DeNAはここ2年程で投手、野手ともに軸となる若手選手が複数人飛び出してきており、今シーズン前にはセリーグを引っ張るのは広島とDeNAになるのでは?ということもこのブログで書かせてもらったと記憶している。しかしシーズンに [続きを読む]
  • 2017ヤクルトのドラフト(3)
  • 過去記事はこちらから→「2017ヤクルトのドラフト(1)」、「2017ヤクルトのドラフト(2)」今年のドラフトもいよいよ近付いてきましたが、今日は「2017ヤクルトのドラフト(1)」でポイントの1つとして挙げさせてもらった「左投手」について書いていきたい。過去記事で挙げさせてもらったサウスポーは、田嶋(JR東日本)、東(立命館大)、田浦(秀岳館)、木場(ノースアジア大)の4名である。この中で木場はプロ志望届を [続きを読む]
  • 雨のCS。開催決定の判断はどうなのだろう?
  • セリーグクライマックスシリーズ第2戦DeNA13−6阪神阪神が先勝して迎えたCS第2戦は、雨の中でのゲームとなった。しかも少雨ではなく、かなりの雨が降っており、グラウンド状態は最悪だった。内野にははっきりとした水溜りが確認でき、外野も水浸しというような状況だった。予備日が1日しかなく、15日、16日のゲームが中止となれば先勝し、ペナントレースを2位で通過している阪神がファイナルステージに進出する形となるのだが、 [続きを読む]
  • 2017ヤクルトのドラフト(2)
  • 過去記事はこちらから→「2017ヤクルトのドラフト(1)」、「2017年もドラフト関連のコメントを募集します。」皆さんからドラフト関連のコメントを頂き、ありがとうございます。今日は皆さんから頂いたコメントも参考にしつつ記事を書いてみたいと思います。今日のテーマは主に2つ。①清宮を外した際の外れ1位の選択肢。②スラッガー候補の獲得。この2点で書いていきたいと思う。まずは①清宮を外した際の外れ1位の選択肢につ [続きを読む]
  • 2017年もドラフト関連のコメントを募集します。
  • ヤクルト・小川新監督は6日、26日のドラフト会議で早実高・清宮を1位指名する方針を初めて明らかにした。  神宮外苑の室内練習場で就任のあいさつを行った後に「たぶん、1位指名でいきますよ」と語った。清宮は高校通算111本塁打を記録した左の長距離砲で、ドラフトでの競合は必至。誰がクジを引くかは今後決めるが、巻き返しを図るためには獲得したい逸材だ。(サンケイスポーツ引用)上記のような報道もなされ、ドラフ [続きを読む]
  • 小川新監督就任
  • プロ野球ヤクルトは5日、来季の新監督に小川淳司シニアディレクター(SD=60)が就任すると発表した。2014年以来の監督復帰となり、契約は2年で背番号80。11月の秋季キャンプは新監督として動くが、12月末まで編成トップのSDも務める。年内は「二刀流」でチームを強化する。(朝日新聞デジタル引用)過去記事はこちらから→「小川監督辞意表明」、「真中新監督!」、「真中監督今シーズン限りで退任」ヤクルトは [続きを読む]
  • 2017年戦力外選手
  • 次の選手について、本日10月3日(火)、戦力外通告いたしました。竹下真吾投手、土肥寛昌投手、ジュリアス投手、徳山武陽投手、中島彰吾投手、 星野雄大選手、 新田玄気選手(育成)、今浪隆博選手、飯原誉士選手、榎本葵選手、原泉選手(東京ヤクルトスワローズ公式サイト引用)毎年のことなのだが、今年も戦力外通告の記事を書かなければならない。引退する今浪、人員不足から急遽育成契約を結んだ新田を含めて11人の選手が戦力 [続きを読む]
  • 今浪引退
  • ヤクルト・今浪隆博内野手(33)が3日、東京都内の球団事務所で現役引退を表明。昨年発症した甲状腺の病気、橋本病が原因であることを明かした。  「医師が診ると正常だけど、僕自身、正常じゃない感じが明らかにあった。(病名は)甲状腺機能低下症、橋本病。今の体ではプロで戦えない」  今浪は平安高から明大を経て2007年、大学・社会人ドラフト7巡目で日本ハム入り。14年にトレードでヤクルトへ移籍した。通算40 [続きを読む]