tomnakai さん プロフィール

  •  
tomnakaiさん: おとなのジーニングライフ
ハンドル名tomnakai さん
ブログタイトルおとなのジーニングライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomnakai/
サイト紹介文40歳からの健康・美・癒し・絆を大切にしたライフスタイルを存分に楽しもう ♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2011/09/23 11:24

tomnakai さんのブログ記事

  • 坦々うどんランチ¥1,280 @ 食のつむぎ
  • この店は、豆腐と湯葉料理がベースになっているらしい。古風な和食のイメージがあるが、注文はタブレットだ。◯ 坦々うどんランチ1,280を注文季節の限定料理らしい。メインの坦々うどんは、わりとコンパクトで、うどんの上に豚しゃぶ、湯葉、オクラ、トマト、ゴマが乗っている。汁は少なめ、うどんは、一見、太めのそば。これも、豆乳とかが練りこまれているんだろうか?ずっしり重い。口当たりよし。柔らかそうだが、実はコシ [続きを読む]
  • 円頓寺商店街にある酒と蕎麦の店 @ 路麺えんそば
  • 昔、一年に200杯はそばを食べている上司がいて、そば屋での粋な食べ方は、日本酒に板わさと天ぷらを食べて締めにそばを食うものだと教えられた。この店、路麺えんそばは、そんな流れが出来上がっている店かもしれない。全国から取り寄せた銘酒がずらりと並んでおり、飲み比べセットがメニューに組み込まれている。それに酒の肴にそばがある。酒はまたの再訪の機会として、本日のランチは、◯ カレー丼セットをザルで・・720初め [続きを読む]
  • これ!これ!学食の味!! @ 愛知大学生協APPETIT
  • グローバルゲートのとなりの愛知大学。本日はオープンキャンパス也。校舎も新しく学食も明るく広い。この40℃の炎天下でも学食では空調がバッチリ効いている。何十年ぶりの学食。昔は高校生も大学も随分と学食にはお世話になっていて、自分なりの学食の味という記憶がある。さて、ここではどうだろう?入口を入った瞬間に決めたのが、学食の定番、いや、学食の王道!カレーだ。カツカレー500を目指しでどんぶりコーナーのレーン [続きを読む]
  • 全部のせDX醤油ラーメン @ はなび
  • 名古屋に来てまもなくのころ、麺屋はなび高畑本店に行った。目的は、台湾混ぜそば。この一杯を食べるのに二時間並んだ。並んだ甲斐あり、名古屋のラーメンの印象付けにはインパクト十分だった。ガッツリ、ジャンキーでうまい。それに追いめしも良かった。名駅の近くに、はなびがあることを知った。たまたま歩いて、はなびの看板があった。名駅のはなびは、長蛇の列でなく、誰も並んでいない⁇今日はやってないのかな?地下へ続く階 [続きを読む]
  • こりゃまたすごい中華そば @ 新橋纏
  • 新橋辺りは夏祭りみたいだ。JR新橋からほんの数分、夜はサラリーマンで賑わう飲み屋街。スマホ片手にこの店、纏を探したが一度、見過ごしてしまった。工事中ビルの裏路地のさらに突き当たり。昼間でも薄暗い路地の端に明かりが灯っている。入口の券売機でチケットを購入。丸店内はカウンターのみ八席。席に通され、チケットを渡して待つ。意外に中は空調が効いており快適だ。◯ 特製烏賊干し鶏白湯醤油ラーメン1,050烏賊を出汁 [続きを読む]
  • 京都風オムレツ? @ 京ダイニング八条
  • 猛暑日の京都の青もみじと御朱印巡り。覚悟してのぞんだものの・・・もみじは山奥のかなり傾斜がきつい所であることがよくわかった。涼を楽しむことには努力が必要だ。炎天下の中、約20,000歩。ヘロヘロになって、京都駅にたどり着いた。そんなに食欲もない。京ダイニング八条と言うステーキハウス。がっつり、ステーキ!というより、先ずはビール。それに、出し巻きオムレツ940やっぱり、京都を意識しているのかなあ?鶏そぼろ [続きを読む]
  • 特製ちゃんぽん¥1,000也 @ 井出ちゃんぽん
  • 伏見でランチ。ちゃんぽんの店を見つけた。自分の中では、ちゃんぽんと言えば長崎。あとは、博多のもつ鍋の締めぐらいしかの知識がない。この店は、井出ちゃんぽんと言い、佐賀のちゃんぽんだとか。入口の券売機で、◯ 特製ちゃんぽん1,000のチケットを購入し、カウンター席へ。佐賀のちゃんぽんのルーツはやはり、長崎で、それが佐賀でアレンジされたとか・・・ちゃんぽんには、山のような野菜が乗せられ、スープは長崎の魚介 [続きを読む]
  • ちょっと狭いな @ 赤い鳥
  • チカマチラウンジに行ったことがあるけど、名駅うまいもん通りは初めての訪問だ。うまいもん通りは、名古屋めしやラーメンストリートのような構成で、人気のラーメン店はいつも行列が出来ている。赤い鳥には、タイミングよく、すんなり入れた。入れたが、店内のテーブルの隙間が15cmくらいしか無いので、座ってるお客さんに最大限の気遣いをしながら、席に着く。これはしんどい。◯ 鶏照り焼き丼980を、ささっと食べて、ささっ [続きを読む]
  • 日の出製麺!初体験! @ 日の出製麺
  • 行ってきました念願の日の出製麺。香川県坂出でなく、名古屋のタカシマヤの催事場イートインコーナーへ。四国に仕事しに行くことも15年くらい前までだったらちょくちょくあったけど、今はさっぱり無いね。返す返すも、うどん県うどん巡りをやれなかったことに後悔が残る。 随分と前に日の出製麺にBMしていたが、タカシマヤの四国物産展に日の出製麺がやってきた。しかも、イートイン有りで。こりゃ行くしか無い。さすが知る人ぞ知 [続きを読む]
  • ここも名古屋遺産に入れなければと思う @ 鈴木商店
  • 大須は面白い。昔からの店がバラエティ豊かにある一大商店街だ。名駅でもなく栄でもなく、大須ならではだ。名古屋には観光できる場所が少ないとか言われているが、そんなことは全くない。観光の為の町興しなんかする必要も無い。丹念によく良く見ると、名古屋の歴史と文化に触れることができる。その掘り起こしと紹介、コーディネイト力が弱いだけだ。多くの宝の上に胡座をかいてしまっているだけだ。大須の街をぶらりと散策する [続きを読む]
  • 昭和感漂う老舗のラーメンカツ丼 @ 朝日屋
  • 大垣にやって来た。ちょうど昼時なんで、サクッと辺りを検索してみると、この朝日屋がヒットした。どうも、地元に愛され続ける老舗みたいだ。 暖簾をくぐって店に入ると、満席だ。お店のおばちゃんが左に回って下さいという。 中に入ると普通の民家の居間だ。一気にばあちゃん家に来たみたいだ。居間にもちゃんとメニューが置いてあって、メニューを見ながら、どれがおすすめかと聞く。うどんがメインでそばやラーメンと丼ものが [続きを読む]
  • グレードの高い宴席? @ 旬蔵
  • 栄の駅前すぐ。地下への階段を降り店内に入ると、竹やシーズンの生け花があったりと、こりゃ普段使いの居酒屋じゃないなと・・・本日は五千円のコースに飲み放題二千円らしい。旅館なんかでよくある簡易火鉢もあるね。大雨が過ぎて梅雨明け、一気にもうか突入。よく冷えたサッポロビールがうまい。お通し小鉢、刺し盛り、野菜と海鮮焼き、イカ刺し、茄子のアラビータ?、笹巻き鯖寿司、デザートロケーション、料理のグレードに見 [続きを読む]
  • 香林坊裏手の割烹ランチ @ 割烹むら井
  • 金沢に来るのも仕事のみであまり時間的な余裕がない。一度はゆっくりと観光しながら過ごしてみたいな。香林坊の裏手でランチタイム。おかげ様で45周年の看板が出ている一軒家。暖簾も出ており、吸い寄せられるよに訪問した。割烹むら井暖簾をくぐると、店の中には数え切れないほどのサイン色紙が掲げられていた。知る人ぞ知る隠れ家的割烹か?メニューを見ていると、大将らしき人が、まかない日替わりごはん、どう?おすすめだよ [続きを読む]
  • 新しい店ができたよ @ さかなや道場
  • 富山の駅までの新しいビル。その一階に入った、さかなや道場。ストレートな名前で地場のうまい魚を置いているのだろう。名物の昆布巻きや牡蠣も出てきたが、なんといっても、刺し盛り。六種類の刺身が出てきたが、ブリくらいしかわからない。寒ブリでなく夏ブリも脂がのっていてうまい。富山のブリは日本の中で別格やね。その他の魚も、ぷりぷり、もっちり、皆うまい。さすがやね。 [続きを読む]
  • どことなく名古屋テーストかな? @ たんぽぽ
  • お好み焼きのたんぽぽには2回目の訪問。この前はサンロードの店で、結構、ボリュームのあるお好み焼きだったのを記憶している。 ○ 豚モダン890 を注文大きな鉄板を取り囲むカウンターに席をとる。お好み焼きは自分で作るのも、作られているのを観るのも楽しい。ここのお好み焼きは、基本、関西のものと同じような焼き方かな?ソースにマヨネーズをかけて・・・関西だったら、魚粉や青のりがかかるところだけれど、これでおしま [続きを読む]
  • 居酒屋のランチがうまい @ まる中
  • 六反公園の近所。住宅街にある居酒屋のランチ。基本、居酒屋の昼めしはどこでも安くてうまい。夜の集客の為の販促の一環だ。お客さんは、昼めしを食ってその店の雰囲気屋レベルを知る。 持ちつ持たれつだ。○ 味噌かつ定食680 入口の券売機でチケットを購入し、カウンターに席をとる。カウンターには、日本酒と焼酎の一升瓶がズラリと並んでいる。魔王、二階堂、黒霧島、八海山、獺祭・・・ここのランチは、噂どうり、すぐ出て [続きを読む]
  • クリーミーなカレーうどん
  • ウィンクあいちで久しぶりのランチ。最近、出店したらしい、カレーうどんの千吉。カウンターに席をとりメニューを見る。ランチはA〜Fまで、全部、千円以下の設定だ。Eランチの千吉うどん820を注文。カレーうどんに大きなちくわ天が乗っている。ここのカレーうどんは、スープが特徴的だ。カルボナーラとポタージュの真ん中のような・・・まろやかで旨みがしっかりある。それでいてあっさりでもあるので、ついつい、あとを引く。 [続きを読む]