疾風 さん プロフィール

  •  
疾風さん: 疾風 - 自由日記
ハンドル名疾風 さん
ブログタイトル疾風 - 自由日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hayatef24
サイト紹介文海のそばでの楽しい毎日を綴っています。
自由文約40年過ごした横浜から2008年末に大分県佐伯市へ引越してきました。 遊べる海があることと、魚の旨いことで、佐伯を選びました。  
佐伯セーリングクラブに所属し、海のそばで楽しい毎日を送ってます。 
これまで時間がなくて、あきらめていたことを、手の届く範囲で順番に実現していこうと思っています。 しかし、始めたいことがたくさんあり、やはり時間とお金は現役の時と同じく足りません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/09/24 15:08

疾風 さんのブログ記事

  • 花菱ホテルが撤去されていた - 2018年 9月15日
  • 北浜ヨットハーバーの北側には、花菱ホテルが立っていた。これが、北風を防いでいた。 2017年 2月の写真。知らないうちに、花菱ホテルの撤去工事が完了していた。跡地には、星野リゾート高級温泉旅館を建設するらしい。完成すると、汚い格好で歩けない? [続きを読む]
  • 「基準地震動を超える地震に襲われない」と信じられるのか理解できない
  • 北海道厚真町では、震度7を観測されました。 そのとなりの安平町(震度6強)では、加速度1505ガルを観測されました(KiK-net追分(IBUH01))。 重力加速度の980ガルよりも大きい数値です。震度7,大規模な土砂崩れの厚真町では、1505ガル以上の加速度だったと推定されます。北海道地震、多くの山で土砂崩れ…厚真町泊原発で想定されている最大の揺れ「基準地震動」は、620ガルです。 つまり、「基準地震動」の2 [続きを読む]
  • 市民ボランティアに頼らない復興支援政策を求める
  • 北海道では震度7の地震が起きた。 信じられないほど大規模な土砂崩れ。 地震の加速度は何ガルだったのだろうか?震源地が泊原発原発のそばでなかったのは、たまたま運が良かっただけ。まだ台風第21号の被害が明らかになっていないのに、地震が起きた。関西電力管内では、9月7日10:00現在、まだ151,1780軒停電している。記憶に新しい災害は、6月の大阪府の北部地震。7月の四国、中国地方を中心とした集中豪雨災害。9月の台風2 [続きを読む]
  • 岡城址と白水ダム - 2018年 9月 3日
  • 今週は旅行のはずだったが、台風21号に邪魔され中止。そこで、日帰りドライブにでかけた。まず竹田の岡城址へ。トリップアドバイザーの「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング2018」で5位。 城跡部門では1位らしいので、一度は行かねば。想像していたよりも規模が大きい城内でした。 石垣の端に行くと、谷底まで絶壁です。 山城の意味を理解しました。手すりがないので、サスペンスドラマに使えそう。急傾斜によくぞ石を積ん [続きを読む]
  • 2018年別府ポイントレース第三戦 - 2018年 9月 2日
  • レースは別府北浜から、大分港、日出一文字、別府北浜と回る三角コース。赤い線は疾風の航跡です。参加4艇で、10時にスタート。 スタート2分後、 先頭から、 「LongLong」、「Daisy」、「海王」。疾風のスタートは良かったが、 不得意な上りコースで、置いていかれた。 スタート9分後、 「Daisy」が、「LongLong」 をかわし先頭へ。大分港を出ると、一人旅。 3艇は先に。アビームの風を期待してジェネカーを上げたが、無 [続きを読む]
  • 原発ゼロでも、電気料金がどんどん値上がりする心配はない
  • 朝日新聞デジタルより前回、「原発はなくても、電力は足りている」ことを「エネルギー白書2018」の内容を基に示しました。今回は、2番めのお題、「 原発を稼働しないと電気料金はどんどん値上がりする」との意見についてです。 原発を廃止すると、電力を火力発電に頼ってしまい、石油の大量消費、電気料金の大幅な値上げになるため、原発は必要だというのです。検討します。要旨1.電気料金は、2010年(原発事故前の前年)から増 [続きを読む]
  • 原発はなくても、電力は足りている ー その①
  • 原発は必要悪だと考えている人がいます。 その理由をネットで検索すると、1. 原発がなくなったら、電力が足りなくなる。 電気のない生活に戻ってもよいのか。 文明社会の恩恵を享受していながら原発に反対するのは無責任。 原発がなければ、コンビニが24時間営業している便利な生活ができなくなる。2. 原発を稼働しないと電気料金はどんどん値上がりする。 原発を廃止すると火力発電に頼ってしまい、石油の大量消費、電気料 [続きを読む]
  • 佐伯から別府へ回航 - 2018年 8月13日
  • 朝起きると窓には大粒の雨だれ跡。この雨雲だった。他のヨットはもう出港して、誰もいない。 6時50分出港、波なし風なし。風無港を一周して、(7:24)古江へ。8月6日に見た「さいき二海」の人の出入りは、工場内の設備の搬出だったそうだ。4,5日間搬出作業が続いたらしい。 空っぽの建物だけが残るのか?南にいた雨雲に、無垢島手前で追いつかれた。 大粒の雨(@ 9:27)。10:56 佐賀関。10:45が転流の時刻だったので、 [続きを読む]
  • 第33回佐伯市長杯クルーザーレース大会 - 2018年 8月12日
  • 9時30分のスタート。コースは、八島を時計回りの後、大入島を反時計回り。赤い線は、疾風の航跡。スタートの1分後。 左側には、前から「White Hawk」、「Peter Storm」、「Lancelot III」。その4分後の疾風の右側には、前から「じゃっど」、「Long Long」、「Breeze」、「Daisy」、「Bluenote IV」。先頭は宇和島の「White Hawk」。 常勝のスピード、速い。 続いて、「じゃっど」、「Long Long」、「Bluenote IV」、「Daisy [続きを読む]
  • 佐伯へ回航 - 2018年 8月11日
  • 暑気でダウンしていたが、やはりレースに参加することにした。 6時48分、「Long Long」と共に別府を出向。幸いにも曇りの天気。 ビミニに隠れ、熱中症対策で進む。風はなく、エンジンは最大回転数の80%。これで6ノットで走るはずが、潮に乗って7ノット以上で走っていた。佐賀関の手前で、「Long Long」がセイルアップ。真似してセイルを上げたが、効果なし。 早く着こうと「Long Long」を残し、エンジンでひた走り。 熱中 [続きを読む]
  • 垣根の伐採に佐伯へ - 2018年 8月 5 〜 6日
  • 佐伯の家、裏の雑草は処理していたが、表の垣根はほったらかしだった。自由に生い茂り、通行のじゃまです。 申し訳ありませんでした。強い日差しのもとの妻と伐採作業。 決して選定ではありません。五十肩よりも、暑さが強敵。 脈拍が上がり、ぐったりしばがらも、なんとか終了した。横になっていたら、ピヨさんからイカと魚の差し入れ。 いつもありがとう。翌朝のさいき二海。2月に倒産して以来、初めて人の動きを見た。中に [続きを読む]
  • 五十肩で遊べない
  • 五十肩で遊べない。リハビリに通っているが、悪くなるばかり。六十代半ばなのだが。幸い腱板断裂ではないので、時間が解決するらしい。でも船外機のスターターを、引っ張るのが辛く、セイリングはオアズケ中。時間はあるのに、手伝いに行く実力がない。寄付でお茶を濁すだけ。政府・自民党には腹の立つことばかり。精神的に良くない夏です。良かったことは、マスト・サポートの修理ができたこと。 [続きを読む]
  • 雑草処理に佐伯へ - 2018年 6月27日
  • 天気のうちにと佐伯市古江へ日帰りした。着いて最初にすることは、さいき二海(旧 オンスイ・トミタカ)の工場のまわりを一回り。もちろん、工場は操業していない。海は綺麗。 Good!写真をとる余裕もなく雑草処理に働いた。除草剤を散布している間、アイ・ロボットには部屋の掃除。荷物がない部屋なら、ロボットも働きやすい。古江、風無の誰にも会えず。 [続きを読む]
  • スピンネーカーを揚げてみた - 2018年 6月22日
  • 貴重な天気を逃すものかとセイリングにハーバーへ。今日もOさんに、スピンネーカーつけると面白いよと誘われた。まだジェネカーも使えてないので、断っていたが、ついに説得された。サイズは、大きすぎるが、なかなか良い。真後ろからの風専用のセールとして使う予定。歯医者をキャンセルして海へ出た。これまで楽なセイリングをモットーとしてきたが、少しチャレンジします。 [続きを読む]
  • 初めて席を譲られた - 2018年6月16日
  • 飲み会にバスで向かった。バスは立命館アジア太平洋大学(APU)始発で、満員。APUは、留学生と日本人が半数ずつ在籍するユニークな大学です。しばらくして、アジア系の女性が、優先席ではなかったのだが席を譲ってくれた。戸惑ったが、ありがたく受けることにした。初めての経験。若いと思っていたが、そうは見えないのか?引越しで消耗し、疲れて見えた?海外では、席を譲る人をよく見る。 きっとそのせいだろう。表情の若作りを [続きを読む]
  • 明日、引越しで大忙し ー 2018年6月12日
  • 明日、引越しで大忙し。この景色も見納め。2008年、横浜市から佐伯市へ引越し。2011年、永住を決め、隣に新築し、引越し。2014年、水産加工工場問題にうんざりし、別府市へ引越し。2016年、地震で住めなくなり、引越し。2018年、再び引っ越し。 少し賑やかな場所へ。引越し好きではないと思いますが、多すぎますね。いろいろ事情があって・・・・・。これで落ち着くでしょう。 [続きを読む]
  • 気分良くセイリング - 2018年 6月 2日
  • 誤動作していたオートパイロットを、放置していた。オートパイロットとは、自動操舵装置のこと。 船を真っ直ぐに進むように自動的に舵を切ってくれるスグレモノ。 風や波の影響で、船は舵でコントロールしないと真っ直ぐには進みません。 濡れ雑巾で内部の電子基板を2回拭いたが、完治せず、あきらめていた。 粗大ごみにしようと思ったが、どうせ捨てるならと、大胆に電子基板にホースで水をかけ、ブラシでゴシゴシ。 で、ま [続きを読む]
  • アベ政治を許さない
  • 「私は貝になりたい」というテレビドラマを小学生の時に見た。フランキー堺さんが演じた主人公は、落ちこぼれの兵隊。 米軍の捕虜を銃剣で殺せとの上官の命令に、「上官の命令は天皇陛下の命令」と、命令に従ってしまった。このことで、戦後東京裁判にかけられた。 裁判では、「あなたはその命令が良いことだったと思ったのか。」、「あなたは何故その命令を断らなかったか」と問われた。 「上官の命令は天皇陛下の命令です」、 [続きを読む]
  • 評判の映画「タクシー運転手/約束は海を越えて」を観た
  • 家族に合うためと、会社のOB会に出席のため、先週は横浜に行っていた。 空いた時間に、評判の映画「タクシー運転手/約束は海を越えて」を観た。エンドロールでの拍手を聞いたのは久しぶりです。1980年5月に起きた「光州事件」。 日本駐在のドイツ人記者が、光州で起きていることを取材しようと10万ウォンでタクシーをチャーター。 お金目当にすぎない運転手が、韓国軍による暴虐を目撃して変わっていく。 事実を全世界に [続きを読む]
  • 2018年別府ポイントレース第二戦 - 2018年 5月27日
  • 週末は、雨の予報だったが、まずまずの天気。レースは別府北浜から、日出一文字、大分港、別府北浜と回るコース。赤い線は疾風の航跡です。「Bluenote IV」は山口県からこのレースへ参加しました。 8艇の参加。スタートは10時。 スタート6分後、岸に沿って進む、 「LongLong」、「Y&K」、「Daisy」そして「疾風」(先頭からの順番)。 「小春」、「CHIHAYA」、「Bluenote IV」は、岸沿いを嫌い、スタートの直後に風を求めて [続きを読む]
  • NNNドキュメント「南京事件Ⅱ〜歴史修正を検証せよ」
  • 録画していたNNN「南京事件Ⅱ」を見た。 日本テレビ5月14日(13日深夜)の放送。「南京事件」というのは、民間人と捕虜の殺害だけではなく、強姦、掠奪、暴行、放火等の日本軍による犯罪の総称であるが、この番組では、歩兵第65連隊による1937年12月16日と17日の捕虜殺害についてのみにスポットを当てている。殺害に関係した日本兵約200人の陣中日記やインタビューをもとに、歩兵第65連隊の行動を描き出す。 すなわち、捕虜とし [続きを読む]
  • うわじまパールカップ2018の写真
  • うわじまパールカップ2018の写真が公開されています。レース本部船からレース中の写真を撮影していただいたものです。1086枚の写真の中から、疾風の写真をいただきました。疾風は左へ進んでますが、優勝艇「4513」は、第1マークをすでにまわり、第2マークへ。どこに疾風がいるか? わからないでしょうね。ゴール直前。 「うわじまパールカップ実行委員会」の皆さん、ありがとうございました。ドロンーから撮影したレースの動画も [続きを読む]
  • アイ・スプライス (片端自由)
  • ロープの片端しか使えない場合の、シングルブレイド ダイニーマ ロープでのアイスプライス の作り方の整理です。両端自由の場合よりも、少しだけ、ややこしい。今回、アイの部分にはロープを補強するためにシンブルを入れます。1.ロープの端から30Φと60Φの位置に①番と②番の印をマジックでつける。 アイの大きさを決め、③番の印をつける。 ③番から80Φの位置に④番の印をつける。2.③番の印を押し広げ、ロープの端を③ [続きを読む]