ニャンタのおば さん プロフィール

  •  
ニャンタのおばさん: 猫な日本語
ハンドル名ニャンタのおば さん
ブログタイトル猫な日本語
ブログURLhttp://nekonanihongo.jugem.jp/
サイト紹介文日本語教師が語る日本語のヒミツと魅力(猫成分多め)。『日本語びいき』(中公文庫)本日8/21発売!
自由文日本語のお話は、(原則として)毎週月曜に発信します。『日本語びいき』(中公文庫)のイラストは、ヨシタケシンスケさんです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2011/09/24 15:05

ニャンタのおば さんのブログ記事

  • 距離感
  • ベランダ会議。灰色しましまの態度、世の中をなめとりますな。コーヒーを入れ終わったおじちゃんが、両名のあいだにコーヒーかすを置く。 ちょっとどういうつもり?と言いたげなグリコさん。しかしこのあと、カメラを構えるおばがひそかに期待したような事変は起きず。猫的には許しがたいはずのくちゃいコーヒーかすを中にして、両名の会議はだらだらと続いたのであった。*このふたり、さすがにこのごろはケガをするほどの衝突は [続きを読む]
  • 冷え冷えボードの勝利宣言
  • ゆく夏を惜しむ......そんな気持ちは、2018年の夏に限っては、これっぽっちもありません。 ありませんけれども、なんとなーくさみしいような気分もちょっぴり。 夏の終わりって、そういう季節ですね。 夏写真の放出をつづけます。 DELL製冷え冷えボードと、正規冷え冷えボードの対決です。 もちろん、冗談であります。DELL製は、冷え冷えボードなどではありません。アツアツボードであります。 でも、なぜか、この夏も猫 [続きを読む]
  • 晩夏の夕涼み
  • きょうは月曜日ですが、敬老の日だそうです。 あっちこっちガタが来ているわたくし、じゅうぶん老にして、敬される資格あり。よって、今週も日本語バナシは休業です。 こちらの黒っぽい姐さんは、ニンゲンなら百歳越えかもしれません。 よって、こちらも、つつしんで老ヲ敬ス! * この夏はとにかく暑かった。日が沈んでも気温が下がらず、「夕涼み」というなんともゆかしい風習も決行できず。 ようよう夏も終わるころに [続きを読む]
  • え? 夏、終わり?
  • この夏は永遠に終わらない。と思っていたら、え?もしかして、今は、もう、秋?! 夏、行っちゃったの? というわけで、夏のしっぽがまだその辺に見えてるうちに、大急ぎで、この夏の写真を放出します。 これがなにゆえ夏の写真かというと、これは割り箸の先っぽなのでして、それがなぜ赤く染まっているかというと、梅を瓶から出すのに使ったからです。いやそれにしても、梅を干すのは梅雨明けだろう、と思われるかもしれません [続きを読む]
  • プレゼントという名の
  • ええと、7周年ですよ。えらいことですよ。今年のプレゼントをどうしましょう。 未来を見つめるグリコ姐さん、何かいい知恵は出ませんか? 灰色しましまのウリすけはどっち向きに座るか、お悩み中......今は話しかけないでほしいらしい。まあ、よい。キミはそこにいたまえ。(月曜の写真とは別なのですよ、これでも。)猫に聞いてもらちが明かないので、ここは人のふんどしでいや、人さまのお胸を借りて、勝負に出ることにい [続きを読む]
  • 7周年!
  • きのうは9月9日、当ブログ「猫な日本語」を開設してからまるっと7年が経過した日でした! いやあ、よく続いてきたもんですな。 アタシのおかげだわね。 はい、ご協力ありがとうございます。いつまでもお元気で何より。トイレ(大)をトイレの中にしてくだされば、ほんにもう、言うことはございません。 ウリも がんばってるです。 うん、うん、ありがとう。風邪ひとつ引かずに、えらいえらい。 しかし、何といっても、き [続きを読む]
  • ZEBRA!
  • 生き物の「なぜ?」が出発点だ、そうですよ。自由研究のヒントですって。夏休み中の新聞には、この手の親切な記事が増えますな。わたくしも考察してみたい。今なら、渾身のレポートが書けそうな気がするのだ。 テーマは――、「なぜ猫は新聞に乗るのか」「新聞(紙)は、ヒト優先か猫優先か」どんな研究結果が出ても現実は動かない、という予感はするけれども。さて、留学生は見た!今シーズンのさいごは、 ドイツのA.H.さんです [続きを読む]
  • すっぴん上等!
  • 夜目遠目、ザルのそば。※日本語学習者のみなさんは、 「夜目遠目笠の内(よめとおめかさのうち)」で辞書を引いてみよう!近くに寄ってみる。近くで見ても、やっぱりかわいい。 ※日本語学習者のみなさんは、 「(親の)欲目(よくめ)」で辞書を引いてみよう! さて、留学生は見た!7人めは、台湾のLさんです。 猫はすっぴんでもかわいい、けど......  「もし化粧して来たらもっといいのに」とかたまに言われることがある。 [続きを読む]
  • 〇〇といえば、××。
  • 夏といえば、アイスクリーム!アイスクリームといえば、白くまアイス!いえ、初めて食したんですけれどもね。少し前に読んだ小説に、やたら「白くまアイス」が出てきまして、どんなものか、気になっていたのです。九州限定なのかな、と思っていたら、近所のスーパーにもあったので、買ってみた次第なり。なんだか、かわいらしい味でした。さて、留学生は見た!7人めは、ドイツのE.L.さんです。 ドイツといえば......?  私は [続きを読む]
  • 脱ぐ? 脱がない?
  • きょうはおじちゃんが晩ごはん当番。おじちゃんが当番の日は、おさしみの確率が高い。ちゃんとそれを知っていて、ワイワイ盛り上がる灰色しましまのウリ猫。さあ、ごはんにゃ!オットットがくつしたをはいてるのは、珍しい。猫が裸足なのは、いつものことです。 さて、留学生は見た!6人めは、ドイツのE.B.さんです。 あしもと問題。  ちば大学のりょうにひっこししたときに、自分のルームを見せてくれたときに、くつをげんかん [続きを読む]
  • 滅私奉公
  • 灰色しましまは、忙しい。 猛暑続きの7月半ば、『日本語びいき』の最終ゲラをきびしく、校正ちゅう。(そばにいてくれるのは、うれしいよ、うん。)充電ケーブルの世話もしなくてはならない。(しないでくれ!)ときには、よりよい表現を求め、空を見つめて沈思黙考。(一句できたわよ。「飼い猫に机取られて、腹でおしごと」) そんなこんなの激務で、猫、ぱったり。(もっと涼しいとこで倒れなさい。)さて、留学生は見た! [続きを読む]
  • いっしょくたは......
  • あたしは、猫で、グリコ。ウリも ねこだけど、ウリ。 写真はどちらも去年の夏のです。今年は暑すぎて、夕涼みもできないっ!さて、留学生は見た!4人めは、ロシアのMさんです。  私は日本人と知り合うたびに、(特に年をとった人に)出身も聞かないで「ああ、アメリカ人ですか」と言われる。だが、そんなにすぐ言なんて正しいとは言えないだろう。ほかのおうべい人が住んでいる国々はまだいっぱいあるよ。 それはアジア人を見 [続きを読む]
  • ガイジンさん
  • ウリは ねこですにょ。でも ねこだからって、へんにゃ にぇこごではなしかけにゃいでほしいにょにゃ。ごめんにょ。※念のために、ほんにゃく(翻訳)しておきますね。 へんにゃ にぇこごで ⇒変な猫語で はなしかけにゃいでほしいにょにゃ。 ⇒話しかけないでほしいのだ。 さて、留学生は見た!3人めは、ロシアのEさんです。  今まで日本人に嫌なこと、あるいは、同じような「面倒臭」ことを言われた経験がないで [続きを読む]
  • 健全な好奇心
  • ==8/23追記あり==猫動画に見入る猫。 鏡に映る自分に興味津々の猫の、動画を灰色しましまが興味津々で見ています。 さて、留学生は見た!2人めは、インドネシアのAさんです。  (日本人との会話でうんざりするのは)「日本語、上手だね」と言われた時です。日本にはじめて来た時は、それを言われたらうれしいですが、なんども言われるとうんざりしています。ほめてくれてありがたいんですが、そのほめことばは私の日本 [続きを読む]
  • ちゃんと言おう。
  • いいたいことはいったほうが いいですにょ。 さあさあ、お待ちかね、夏休み恒例留学生は見た!始まり、始まり〜。中級日本語の読解のクラスで、留学生に書いてもらった作文を、ご紹介します。テーマは、日本人から言われてウムム......と思うこと、何度も同じことを聞かれてウンザリすること。学生の書いた、原文そのままを転記します。試験時間内に辞書を見ないで書いたものです。また、これはあくまで読解のクラスであって、作 [続きを読む]
  • ヨシタケシンスケさんが好き。
  • 宣伝は、つづく。(灰色しましま、いい迷惑。)お買い上げくださいまし! Amazon⇒    楽天ブックス⇒ 版元からは、このような応援企画をいただきました。こちら、『婦人公論』です。1500号記念特別号なのであります。そして、その特別付録が――、ヨシタケシンスケさんの絵のシール!『日本語びいき』に描いてくださった絵が、シールになっている!*ヨシタケシンスケさんのことは、何年も前から大好きでした。で [続きを読む]
  • 公式発表
  • あーたたち、おちついて、ちゃんとご紹介なさい。はいっ。 たいへん失礼いたしました。ニャンタのおばの新刊が出ます。 店頭に並ぶのはお盆明けのようですが、見本が届いたものですから、うれしくって、フライング。前著『日本人の日本語知らず。』の増補改題、文庫版です。 本文3章分とコラム14本をあらたに書き下ろしました。ボリューム的には前著の1.5倍。(お買い得かと。) ヨシタケシンスケさんもあらたに絵を描いてくださ [続きを読む]
  • いっちゃった......。
  • 風呂場の窓辺にたたずむ猫いっぴき。みにゃさんのとこ、だいじょぶでしたかにょ?ええ、台風の話。干上がりそうだった田んぼにようやく恵みの雨♪と思いきや、一転、川があふれるほどの豪雨。今年のお天道さまは、いつに増して気まぐれが過ぎます。うらめしや。 ありがたいことに、ウリグリ地方は、平穏無事。思わぬ涼気に、ほっと息をつきました。 遠雷におびえることもなく、灰色しましまも、のんきに毛づくろいです。 (この小 [続きを読む]
  • すずしー!
  • びっくりしたですにょ。ねー、びっくりしたよね、急にすずしくなって。ず〜っと炎暑つづきでしたから、疲れがたまっていたのでしょう。ひさしぶりの涼気に、猫もヒトも生き返りました。 カリカリの減り具合がまるで違いましたもん。おばは、ビールをやめて、久しぶりに日本酒に手を出しました。でも西日本の各地は、あいかわらずの、ムシムシジワジワ。くれぐれもご自愛くださいますよう。 おまけ。さきごろいただいた、ステキ猫 [続きを読む]
  • ばってりーバテり。
  • ぱったり。 週末、都心に出かける用がありまして、ちょこっと調子に乗って歩いたら、てきめんにバテました。 食欲もビール欲も健在です。ただ、ひたすら、だるくて。 あ、猫らは元気です。グリコは食欲も落ちず、出し入れともに、絶好調です。 ウリすけも、あいかわらずです。おばの晩酌ににつきあって、足首でひとり運動会。 アツクルシイったら、もう。 で、つまり、要するに今週の日本語バナシは休業です。 こ [続きを読む]
  • 赤ペン2018夏
  • あいもかわらず、 こんな写真ばかり。 ごめんなさいましよ。 でも、こんなことしか、 してくれないんです、この猫は。 こんな妨害応援を受けながら、おばは、頑張りましたです。 えんぴつと、赤ペンと、クリップ。この魅惑のバミューダトライアングルから、もうじき、いいお知らせができそうです。どうぞおたのしみに!と、いやらしく気を持たせる書き方は、気を持たせたいからでありますよ。どうぞお・た・の・し [続きを読む]
  • ビジンモード
  • 灰色しましまのウリすけはカワイイ。飼い主はそう信じておるのですが、世間一般の基準ではどうなんでしょう。さきごろ、 こんなのが撮れました。 も、もしかして、ほんとに、カワイイ?目の中に星ですよ!少女漫画の世界ですよ!あっ!これは、「アンニュイ」?うわあ。やればできるんだわねえ。ビジンモード♪ !!! ああ...... ↓せめてシャワーと洗濯の不自由が解消されますように。↓ 平成30年7月豪雨緊急災 [続きを読む]
  • スリルを味わう
  • ★日本語文型「〜ないでください。」 コンピューターの電源を切らないでください。 電源ボタンは、この左足の直下。 ほんと、おねがい。切らないでね。 ちなみに、手前の赤い袋は、カメラのケース。Necology Bazaarの製品です。 まあ、この体勢で電源ボタンを押しちゃうことはあるまい。とは思うものの...... コロンと寝返りを打ってくれて、飼い主、ほっ。真夏のニッカボッカ。 ↓台風の追い打ちをはね返したい。&d [続きを読む]
  • 夏の絵
  • ほんとうにもう、目がうつろになってしまう、この夏の酷暑。 みなさま、おからだの調子はいかがですか? ただでさえ暑さが苦手なわたくし、このままでは、夏がきらいになってしまう。何か夏のイイコトを探さねば。 ヒデヨシっ! ますむらひろしさん描くきれいな青空にこの夏を生き抜く勇気をもらおう。 アタゴオルの森で、いつでも何でもたのしんじゃううっとうしいほど陽気なヤツ。 いただきもののカレンダーから切り抜 [続きを読む]