ニャンタのおば さん プロフィール

  •  
ニャンタのおばさん: 猫な日本語
ハンドル名ニャンタのおば さん
ブログタイトル猫な日本語
ブログURLhttp://nekonanihongo.jugem.jp/
サイト紹介文日本語教師が語る日本語のヒミツと魅力。「外国語としての日本語」は新鮮です!
自由文日本語のお話は、毎週月曜に発信。例文には猫らが大活躍、猫好きにはたまらない記事が目白押しです。犬が好きな人には別の意味でタマラナイかもしれませんが、そこさえがまんすれば、日本語についての楽しいヒミツがいっぱい♪
『日本人の日本語知らず。』(世界文化社、1,050円)も、合わせてどうぞ。ヨシタケシンスケさんのイラストだけでもお買い得!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2011/09/24 15:05

ニャンタのおば さんのブログ記事

  • 帰るまでが冒険だ!
  • この冬、二度目の雪の日。果敢に旅立つ灰色しましま探検隊。 この隊長は、アンヨが濡れるのをあまり嫌がらないタイプ。ビシャビシャ湿っぽい雪の中を、ずんずん進みます。 ずんずん! ほぅ...... ほほぅ...... やがて......、 見るべきほどのものは見つ。 あ! ガラスの向こうに姐さん発見。 どうしよう......。 まだ いるにゃ。しばし逡巡ののち、えいやっ!と姐さんの脇をすり抜けて帰って来ました。 ウリは や [続きを読む]
  • 純毛モモヒキ
  • ★日本語【貸すー借りる】 冬の陽ざしのもと、猫が押さえ込んでいるのは、新聞の折り込み広告。あら、お安い。今や日本中の、いやさ世界中の寒冷地で愛用される防寒下着。弓道をやる身としては、毎冬たいへんお世話になっております。何しろあれは、ほとんど屋外競技ですからね。冬季の試合などで更衣室を見回せば、ほぼ全員がヒートテック着用者。 身に着けるものといえば木綿や麻だけだった昔の人は、つくづく、エラかった [続きを読む]
  • 薪部長2018
  • もう2月ですって。 あんまりショックなので、きょうは写真だけです。 どれもこれも似たような写真、だけ、です。 びみょーな目つきの違いとか、 ピントのボケ具合とか、 計算しつくされた構図の妙とか、 計算しつくしたにしてはワケわかんなくなってる味わいとか ――を、おたのしみください。当ブログは、読者諸賢の自助鑑賞力に支えられております。 東京はまたまた雪です。もう慣れたもんね、と思っていると、スッテン [続きを読む]
  • はるちゃんに春が来た♪
  • 「はる」という女の子のこと、覚えていらっしゃいますか?⇒☆猫ブログの犬バナシ 山の中をさまよい、町の人々の厄介になりながら生きていた子、ようやく保護された後も、ビビリ癖が治らなくて、おさんぽのときも「ゴルゴ13」だった女の子。 保護犬の「預かりさん」をしている従姉のSちゃんのもとで、ニンゲンといっしょに暮らすためのリハビリをしていました。 このほど、そのSちゃんから、うれしいお便りが届きました!! [続きを読む]
  • やる気、プリーズ。
  • うっかりしてたら、あすはもう1月31日。うっかりしてたので、あわてて臨時更新、再告知。 お年玉プレゼント(Kojiさんの猫ネコしいお皿♪)の、ご応募はあすまでです。 どうかこのダレ切った抽選委員に、やる気を、ください! お年玉プレゼント ご応募は、あした1月31日まで! ==締め切りました。ご応募、ありがとうございました!(2/1)==にほんブログ村 日本語(外国語)へ  人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 猫充電
  • ★日本語【〜中(ちゅう)】 灰色しましまを――、 充電中。 このサイズの猫ですと、アダプターが必要です。 あ...... 過充電? * この文型はすでに取り上げたことがあったような、と記憶をたどったら、ありました。なんと、2012年。このブログも長くつづいたものですのぅ。 くわしくは、そちらをご覧いただけますでしょうか。自分でいうのもナンですが、なかなかまじめに解説しておりますです。 ⇒ [続きを読む]
  • 雪の晩のふたり
  • かくして暮れた大雪の晩。薪ストーブの前に行列ができる。 ......。......。 と!うわわっわ! ウリの鼻先が完全にグリコのしっぽに触れています。しかも、グリコがそれを認識しています!そこでグリコがしっぽを動かしたら、ぜったい何かが起きる!ハラハラ(ちょっとワクワク)しながら、カメラを構える飼い主。 が、洗面所の物音に気を取られる灰色。え?ええと、何?飼い主に意見を求めてる?そんな耳されても困るんですけ [続きを読む]
  • 雪の日グリコ
  • いっぽうのグリコはどうだったかというと―― 何しろ、雨だろうが大風だろうが、ベランダに出る!と主張する頑固ばーさんです。ギリギリ明るいうちに帰って来たおじちゃんに、やっぱり、窓を開けろと迫る。 が、さすがに迷う。あーた、出ないの?いつもはグリコの言いなりのおじちゃんですが、さすがに出ませんでした。(それにしても、なにその見上げポーズ! かわいいじゃないの!)で、朝から焚いていたストーブの前へ、移動。 [続きを読む]
  • 雪の日ウリぽん
  • 1月22日。たしか夕方からっていう予報だったのに、お昼ごろからわっさわっさ積もり始めた雪。 朝は寒かったので閉めたままにしておいたカーテンを昼過ぎに帰宅してから開けたら、寝ていた灰色しましまが「おおっ?!」となった。(そういう局面で振り向くキミが、おばちゃんはかわゆうてならん!)うん、それは「ゆき」というものですよ。見たことあるでしょ?(たとえば⇒☆)おいしいものだったかにゃ?出たいとは言いませんで [続きを読む]
  • ご神託
  • ★日本語文型【〜め】※「続きを読む」に2点、追記しました。(1/23午後) あの雲が、わたくしに告げておる。 今宵、空から白きものが降る、と。 地表はその白きものに覆われるであろう。 地を歩むもの、走るものたちは、心しなくてはならぬ。 皆の衆、きょうは早めに帰るがよいぞよ。 よいな。 そして、そこなオバサンは、薪を多めに取り込んでおくがよい。 キミがそこをどいてくれたらね。 ※「早めに帰る」「多 [続きを読む]
  • お菓子、着物、野菜不足
  • ひさしぶりに何の予定もなかった先週末、昼ごはんを食べに出がてら、自転車を並べて、ふらふらと隣町までお散歩。 初めて通る道で見つけた和菓子屋さんで、買いました。 名の知れた老舗の繊細で上品なお菓子も、もちろんおいしいけれど、町の小さな和菓子屋さんの、おまんじゅうや餅菓子が大好きです。 看板の下に日よけを下げただけの、通りにじかに面したガラスケースには、お菓子のほかに、稲荷寿司や巻き寿司なんかも並ん [続きを読む]
  • どっちでショウ
  • よく晴れた日の朝。 カーテンに映る、ふたつの影。さあ、どっちがどっちでしょう?ひだり。 みぎ。同居を始めたばかりのころは、カーテンの向こうに行けなくて、空しくウロウロしたり(⇒☆、☆☆)縦列駐車していたひと(⇒☆☆☆)がいましたっけ。ちゃんと2匹そろってお日さまをたのしめるようになったのは、よろこばしい限りです。たとえ両名のあいだが2メートル以上離れていても、ええ、よろこばしいことでありま [続きを読む]
  • 猫が手を貸してくれない。
  • ★日本語【慣用表現「猫の手も借りたい」】 こちら、2017年も暮れようとするころの銭湯「う」の入り口でございます。 枠ごと外してきて、猫と遊ぶ。 ウリ〜、やっほ〜。 湯上りかい? のぞいちゃ だめっ! はいはい、失礼いたしました。 * 銭湯「う」の外壁は障子張りですが、灰色でしましまのだれかさんが、適当な時期に穴をあけてくれるので、そのつど張り替えるのが恒例でした。が、なぜか去年は一度 [続きを読む]
  • いきもの係り
  • わが家には猫が2匹おりますが、このほど、あたらしいイキモノを飼うことになりました。 自然にカエルくん。 お腹の微生物で、生ごみを処理してくれるのです。庭のコンポストだけでは、どうしても分解が遅いし、玉子のカラだとかは、そのまま形が残ってしまって、できた堆肥を庭にまくにも、どうも見栄えがよろしくなかったのです。それに第一、生ごみを家の外まで持って出るのがめんどくさかった。寒い日や雨の晩などは、つい [続きを読む]
  • 頑固ばーさん
  • グリコはベランダに出るのが大好き。雨でも風でも、とにかく一度は出てみないと気がすまない。朝、カーテンを開けると、ここに陣取ります。デパートの開店を待つおばさま状態。グリコさん、今朝は雲が多くて、陽ざしも弱いですよ。出てもあんまり楽しくないと思いますよ。無言......。グリコさんってば、ねえ、もう若くないんですから、無理はやめましょうよ。ちょっとムッとした?耳の角度が......結局、このあと開けました。飼い [続きを読む]
  • 抱っこ目線
  • うわあ、冬休みが終わる〜。何も、文字通り、何ひとつ、片づいてない〜。――と、きのうの日曜日、午後からワタワタしていたのですが、ふとカレンダーを見たら、月曜日が赤い字になってる!休み?休みなの?うっは〜い♪というわけで、本日の当ブログは、開店休業です。日本語バナシの代わりに、灰色しましまのサービスショットをお届けしましょう。エア抱っこをおたのしみいただければと存じます。 ↓↓↓抱っこ嫌い [続きを読む]
  • 祝い膳
  • 2018年、正月二日の朝の膳。 恒例により、ぼっちご飯ですが、ちゃんと灰色しましまが話し相手をしに来てくれました(右下)。箸袋に自分の名前を書いたのと、暮れに乾物の箱から発掘したハスの実を数日かけて戻して甘く煮たのを添えたのが、かすかに、かろうじて、お正月気分。 とにかく、ウリ猫がそばにいてくれれば、お雑煮がなくたって、さみしくなんかありません。 しましま背中に箸袋を乗っけたり――、 ちゃぶ台の下 [続きを読む]
  • お年玉プレゼント!
  • おとしだまが あるですにょ。 はい、お年玉です。戌年だろうが何年だろうが、猫ネコしいお年玉です。川添光爾さんというひとの作品です。 光爾さんと書いて、こうじさん。いいお名前ですね。光に向かってニッコリ微笑むような。 光爾さんの作品のファンの方から、当ブログの読者プレゼントにしてほしいと、託されました。 右端のものさしは、18センチ。持ち重りのするどっしりしたお皿です。 真ん中の垂れ目猫が、 [続きを読む]
  • 恭賀新年
  • あけまして、おめでとうございます。 しっかりと目を開いて、うつくしいもの、おいしいものを見逃さず、 よくよく耳を澄まして、ゆかいな話、たのしげな声を聞きもらさず、 そして、なるべくたくさん笑って、日々を過ごしたいと思います。 猫と、その他もろもろの生き物と、日本語の上に、幸あれ! 2018年も、猫な日本語を、どうぞよろしくお願いいたします。 正月といえば、梅を干す季節ですな。 な? [続きを読む]
  • 暮れのごあいさつ #ウ
  • 大寒波に見舞われている地方の方々には申し訳ないほどの上天気。きのうのグリコに引き続きまして、灰色しましまのウリすけも、陽ざしぽかぽかのベランダから、ごあいさつを申し上げます。 にゃはっ! 気持ちよすぎて、ヘンな顔になっちゃったり――、 静電気で髪形が変わっちゃったり――、 ヘタレカメラマンがついていけなくて、ブレブレになったり――、 何の生き物だか、よくわかんなくなったり― [続きを読む]
  • 暮れのごあいさつ #グ
  • 相変わらずキリリとしたお顔でベタ甘のマダム・グリコより、暮れのごあいさつを申し上げます。 ......っと、 グリコさん、お手手が浮いてますよ。 浮いてる、浮いてる。 しかも声をかけただけで、グーパーしちゃってる。 いいのかなあ、そんなことで。もうちょっと地に足をつけた生活をすべきじゃないですか? いいのよ、これで。かるく、あかるく、生きるのよ。来年もまだこっちにいる予定だから、アータも [続きを読む]
  • どさくさ紛れに
  • 暮れのバタバタに紛れて、こっそり大公開。 ブログに私生活の何もかもを書くのはイカガなものか、ひとつくらいはナイショのことを残しておこう、――と思ってきたのですけれど、先日届いたこれがついうれしくて、大公開。 うれしい+しっぽ。 うれしい+おちり。 ウリさまに認許していただきました。 にくきうハンコ、ぽん。 さ、小掃除くらいは、すべえかな。 [続きを読む]
  • お手上げ
  • おてあげっ! 謎です。いったい何がどうなっているのでしょうか。2017年があと1週間もないって、そんな......ばんにゃいっ!去年から、年賀状は春休みに書くことにしたし、(それはもう年賀状とは呼べない。ええ、わかってます。)大掃除も小掃除もしないし、おせち?何それ?なんだけれど、なぜだか、どういうわけだか、イソガシイ。 こうなったら、もう、 開き直るしかない、です。 で〜〜ん! あー、つまり、ですな、今 [続きを読む]
  • みるみる
  • たたみの上の灰色なまこがイイ感じだったので――、 カメラを取り出して、正面に回ってみる。たれほっぺに、まんまる目玉、イイね、イイね♪ しかし、みるみる雲行きはあやしくなり――、 目つきが、こう...... 冷ややか〜になるのね。 カメラマンは、すごすごと退散。* 数分後。横っちょから撮ればいいかな、と気とカメラを取り直し、再挑戦してみるも――、 ??? やっぱりご機嫌は急降下。 氷点下の冷え込 [続きを読む]
  • 猫とサザンカと、またカマ
  • 般若顔とか言われてるらしいけど、タダシク甘えることにかけては、あの甘ちゃん顔のハイイロより、アタシのほうが数段うわてですからね。 すり〜。(おじちゃんは、コーヒー豆を挽いてます。) 形だけにとらわれてちゃダメなのよ。のどのゴロゴロと、力強い鼻息も忘れないこと。首の角度を深くすると、なお効果的。わかったかしら? そんな極甘マダムのうしろに見えるピンクは、満開の、お隣のサザンカ。この写真の中には、例 [続きを読む]