ほびっと さん プロフィール

  •  
ほびっとさん: ほびっと工房
ハンドル名ほびっと さん
ブログタイトルほびっと工房
ブログURLhttp://niziusagi.blog120.fc2.com/
サイト紹介文猫と暮らしながら、小さいビスクドールやグラスアイの創作、草木染めなどをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/09/24 17:11

ほびっと さんのブログ記事

  • ドラゴン3型 窯入れ中です 1段目
  • この原型はパジコのモデナで作りました。焼かないで乾燥する粘土を試してみたかったので。乾燥しても弾力があり、石膏型取りの際、外しやすい半面、細かい部分、背中のヒレとかは付けにくく、型抜き後に泥漿を筆で足して形成しました。グリーンウエアは、保管中に割れてしまうことがあり、磨いた順に窯に並べ、数が増えてくると嬉しいです。グリーンウエアの状態でほとんどを磨き、素焼き後は気泡と混入物の点検だけにしています。 [続きを読む]
  • タイガーにまごの手
  • もう一人の保護主さんとリリースするタイミングを計っていますが、体力が付くまで様子を見ており、タイガーは触らせてくれない猫なので、ケージの中は退屈だろうと、まごの手で掻いてみると、気持よさそうに喉をゴロゴロ言わせ、フミフミもするようになりました。この流れで、手で触っても気づかないようです。追記 10月19日昨日、18日は良いお天気で気温も上がり、うっかりロックしなかったケージからタイガーが脱走、夕方 [続きを読む]
  • タイガーの元気がない原因は歯肉炎でした
  • 歯が痛くなくなり快適ニャ の顔口の左側がまたじくじくしてきて、縫合した咬み傷が治りきっていないのかと、動物病院で写真を見せて抗生剤を7日分処方されましたが、抗生剤をかけた餌は食べず弱って来たので、朝、本猫を連れて行きました。麻酔して洗浄で傷は完治していたのがわかり、歯根が腐った歯を1本抜き、歯石を取り、麻酔が覚めないうちに獣医さんに爪を切ってもらい、親父殿と体をシャンプータオルで拭きました。見違え [続きを読む]
  • うれしいプレゼントと猫の近況
  • カラメル君は今朝からみんなと御飯。北の国からうれしいプレゼントが届きました。じゃが芋は塩茹でして美味しく、お饅頭はお供えしていただきましたよ。ありがとうございます!タイガーはケージに戻り、食欲は普通にあります。凄味があるお顔は最高にかっこいいです!惚れてしまうではないですか。猫館の奥様が、タイガーが食べていたカリカリを持って来てくださいました。相談し、戻してもまたいなくなる可能性が高いから、しばら [続きを読む]
  • タイガー発見 子猫保護
  • 怪我が治り、元いたお家の人がお迎えに来て庭にリリースしたタイガーが、また行方不明になり、偶然、昨日とある場所で発見。動きは遅いが車の下に入られては捕まえられず、餌を点蒔きして誘導しようとしたら、子猫が来てしまい、この子はいずれ里親を探すとそこの担当の人が言っていたので、先にゲット、その後タイガーもゲット。子猫を見る、老タイガーの目は優しいです (^^)子猫、直接糞便検査異常無し、ブロードライン滴下 [続きを読む]
  • 夏の名残りの向日葵
  • 向日葵が枯れ、種を採るため切りました。たのしみにしていた小玉西瓜の裏側に、虫が開けた穴がポチポチ、、、、気に入っていたブラウス2枚がきつくなり、肩凝りの右手を通すのが無理で合わせて1枚にしました。洗いこんであり着心地がいいです。花が咲き始めた藍アカマンマは交雑しないよう即抜きます。綿の実が1つ開きました、ぱっかーん。向日葵の葉についたダニの駆除で「ダニ太郎」を一度使ったのみ、無農薬なので虫が元気。庭 [続きを読む]
  • 藍の生葉染 絹は水色に 綿は淡い緑色に染まりました
  • 10日 快晴 絹の着物地に藍の生葉染をしました。青い丸い模様は最初からです。綿タオル、絹リボンは薄い緑色に、猫をキャッチする子供の綿のドレス、帽子は、最初染まっていないと思ったのですが、今朝取り出してみると、写真ではわかりづらいですが、ごく薄い緑色になっており、化繊のおパンツは染まりませんでした。 [続きを読む]
  • 白い彼岸花 色の変化と花の数
  • 何年前か忘れてしまいましたが、白い彼岸花の球根を分けていただき、咲いた花は、薄いクリーム色で先に付いた花の数が4つ、「珍しいが地味だなあ」と思った記憶があります。分球と植え替えを繰り返し、今年は花の数が増え、ピンク色のラインが入ったのもあり理由は不明です。画像は で少し拡大ピンクライン入り4つ花。4つ花は少なくなり、5つが主流、6つが少し、なんと7つまでありました!6つ花まさかの7つ花 何輪まで付く [続きを読む]
  • 子猫をキャッチ
  • チーム・コヤーラ 「第3回それからの人形たち」に展示させていただくことになりました。木に見立てた竹とんぼから落ちそうな子猫を、女の子がスカートでキャッチしようとしているところ。 子猫と女の子、両方同時に焦点を合わせることができなくて、女の子を別に撮るとこんな感じ。会期は11月28日〜12月3日なので、もう少し手を加えると思います。画像は で大きくなります。 [続きを読む]
  • 季節は秋へと
  •  画像は で大きくなります9月1日 ドクダミを抜くと、ひょっこり蝉の蛹が現われ木に止まらせました、無事羽化したかな?9月5日 羽化したばかりで伴侶が見つかった揚羽蝶、良かったね (^^)上の揚羽蝶の脚が蛹に付いていたので、そちらが蛹の持ち主だったのでしょう。9月6日 雨になりました。     抜け殻は、お茶の木の緑を写したような、先が半透明の黄緑、付け根は抹茶色。今までの中で一番綺麗でした。今年は [続きを読む]
  • タイガー無事引き取られて行き ミルクティが亡くなり&猫トイレの工夫
  • タイガーの傷はかさぶたになり、3日、お迎えが来て引き取られて帰りました。庭からは出ない猫なのに、7月、急にいなくなり心配していたのだそうで、お礼にとポチ袋と鰹節をお持ちくださいましたが、にゃんずは双方を行き来しており、、うちの子がそちらでお世話になることもあるだろうし、お互い様なので、その時はよろしくとポチ袋はお返しし、鰹節は一人で地域猫のお世話をしている方と知り合ったので、ありがたくいただいて、半 [続きを読む]
  • イカ耳のシャー猫がオー猫に
  • この時はシャーッと言っていたのに、(小さい焼き過ぎの猫の型取りはまだです。)分割線を引いてみたところ、この後あちこちいじりました。石膏型作り指をいっぱいに広げて「オーッ」と叫んでいるのです。首がヘッド側にあるのと、ボデイ側にあるのと、2タイプ作ってみました。 [続きを読む]
  • ミニチュアドラゴンの羽と後ろ脚
  • ドラゴンの羽の型紙を新しくし、2を採用。平らに伸ばしたスカルピーに乗せ、待ち針で点々と印付け。切り抜きます。温度調整の出来るオーブントースターは大きすぎて使い勝手が悪く、調整できないが小型のトースターで、1000W 3分で焼くとお焦げができました。アルミホイルを被せて焼けば焦げないです。羽は平らでなく、焼く前にひねりが入れてあります。羽の下の骨のラインを彫り、踏ん張れるよう後脚をがっしりと作りまし [続きを読む]
  • リアル猫は難しいにゃ
  • 昨日の夕方、雉雄が訪問、しばらくいましたが甲斐に追われてしまいました。男前でございます。モデルには恵まれていても、リアル猫は難しいです。冬に向けて、イカ耳のシャー猫と、運ばれる子猫。いずれも分割して可動させる予定。同時に焼いたのに、焼過ぎ〜 [続きを読む]
  • タイガー 洗浄して縫合 追記があります
  • 左頬の傷が化膿し、抗生剤の服用だけでは治らず、動物病院で、洗浄、縫合し、麻酔が覚めるのを確認後帰宅。短時間の麻酔点滴洗浄縫合2週間効く抗生剤の注射これだけの処置を地域猫価格でしていただき、ありがたいことでございます。リリースしたら戻って来ない可能性があるので、ケージで自宅入院。目付きが治療前より穏やかになっています。ちゅーるに抗生剤を混ぜて食べさせ、マグロのスープも美味しそうに飲み、水もコップ半分 [続きを読む]
  • 引越しのご挨拶 ありがとうございました
  • 「なんだろにゃー 開けて〜」 まこたん近所の方が引越しされることになり、挨拶に来られて、プレゼントをいただきました。外猫のために「アルミひんやりプレート」人間には、金魚が入った涼しそうな和菓子。9年前、ムウとメイの母子を飼う前の寒い冬、お部屋に入れて温めたり、外猫の避妊費用をカンパしていただいたりしました。お礼を差し上げるべきはうちの方なのに。長い間どうもありがとうございました!!!新しいお住まい [続きを読む]
  • タイガー 老いて帰還
  • 17日夕方、鳴きながらフラフラ歩いて来る猫がいて、「タイガー?」と呼びかけると、小さく「シャー」と言い、まだらの口元でタイガーと判明、痩せて怪我をしています。カリカリにウエットを添えると食べ、車の下で休憩。満月と甲斐には親父殿と私で話して聞かせ、タイガーを追い出しはしなかったものの、自分たちが向い側に家出。晩御飯の時間になっても庭に入ってこず、出前しました。カリカリを残し、食欲がありません。夜中、タ [続きを読む]
  • 満月 対 エプロン
  • 13日、エプロンが3回やって来て、満月と凄い声で威嚇し合い、出ていくとエプロンが逃げ、「エプロン」と声をかけると、立ち止まりしばらくこちらを見ていたから、名前を呼ばれたのはわかるらしいです。 窓から網戸越しに撮りました。満月は今回は深追いせず、目を引っ掻かれて懲りたのかな。エプロンはバケツの水を飲みに来ただけだから見逃してやればいいのに。満月に話しても通じません、猫なので〜甲斐は追い出しには参加し [続きを読む]
  • 干しスベリヒユ作り
  • 野菜の間にスベリヒユが生えました。草が生えている方が虫に食われず根元が乾燥しにくいと思い、草むしりは適当です。抜いて、根を切り洗います。茹でて、笊に取り、干します。雲があり、カラっと晴れてはおらず、時々ひっくり返して風が通るようにしています。猛暑の時期なら早く乾いたと思いますが、抜いて茹でる元気がなかったので、、、上手く乾いてくれるかなあ。干しあがると干しゼンマイみたいになります。山形では「ひょう [続きを読む]