alabeauties さん プロフィール

  •  
alabeautiesさん: ALA-Labo スタッフブログ
ハンドル名alabeauties さん
ブログタイトルALA-Labo スタッフブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ala-labo/
サイト紹介文TVや雑誌などで話題のALA plus商品を中心に取り扱う、<ALA−Labo(アララボ)>です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/09/28 18:31

alabeauties さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ALAの不思議な魅力 ーがん細胞が光る?ー
  • 正常細胞とがん細胞では、違う働きをするALA?ALA(5-アミノレブリン酸)は、もともと細胞の中にあるミトコンドリアと呼ばれる器官で作られる天然のアミノ酸の一つです。ミトコンドリアの中でミネラルと組み合わさり、シトクロムやヘムという物質へと変化していき、体を動かすためのエネルギーを生み出したり、血液の原料へとなる大事な役割を担っています。正常な細胞では、外から取り込まれたALAもミトコンドリアの中でエネルギー [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 ー呼吸に関係しているALA!?ー
  • 呼吸の終着点はミトコンドリア!?日頃、私たちは意識せずに呼吸をしていますが、私たちが吸った息はどこへ行ってどのように使われているのでしょう?呼吸は「外呼吸」と「内呼吸」に分かれていますが、呼吸によって取り込まれた空気は、肺で酸素を取り込みながら二酸化炭素を外へ吐き出します。この肺で行われる呼吸が「外呼吸」と呼ばれています。この肺から取り込まれた酸素は、血液中に溶け込んで細胞の中にあるミトコンドリ [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 ー甘酒に豊富なALAが!?-
  • 「夏に甘酒を」は理由がある!甘酒など発酵によって作られる飲みものや食品の多くは中国から伝わってきていますが、日本で甘酒は1700年ほど前まで遡った古墳時代の頃から、神事の供え物として使われていたようです。現在でも正月に参拝者に甘酒を振る舞う寺社が多く、一般的に甘酒は冬の飲みものというイメージが強いですが、実は江戸時代には、甘酒は夏の風物詩として親しまれていました。 江戸時代の死亡率は、一年の中で夏が [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -あまり知られていないALAの応用範囲-
  • エネルギーを変換させる働きを担うALAALA(5−アミノレブリン酸)は、植物から動物まであらゆる生命体の細胞の中でエネルギーを生み出す仕事をしています。このエネルギーを生み出す時には、外から得たエネルギーを 他のエネルギーに変換させるという活動が必要で、この活動がうまくいくことによって私たちは動いたり、呼吸することができるのです。例えば地球上では、植物が太陽から光を浴びて光合成を行い、育っていきますが、こ [続きを読む]
  • ー がん診断をもっと手軽に ー リスクチェックに応用されるALA
  • がん検診の課題とは?日本人にとってがんは、今や「国民病」と言われるほどに増えて、2人に1人の割合でかかる病気と言われています。一昔前は不治の病というイメージがありましたが、現在は治療技術もめざましく進歩し、早期発見して適切な治療を行えば完治するようにもなってきました。そのため、できるだけ早くがんを発見して死亡率を減らそうと全国の各市区町村では積極的にがん検診を推進しています。このがん検診はがんにな [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -インフルエンザウイルスとALA-
  • 空気の「乾燥」がウイルスを撒き散らす冬になると必ず流行するインフルエンザですが、なぜ冬だけ流行るのでしょう?インフルエンザウイルスは、湿度が20パーセント程で気温が20℃より低い環境を好みます。つまり、気温が低く乾燥した冬場が、インフルエンザウイルスにとっては生息しやすい環境なのです。もともとインフルエンザウイルスは水分を含んでいて、乾燥した空気に触れると水分が蒸発し、軽くなって空気中に長時間漂うよ [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -ワインにも豊富にALAが-
  • 「ボジョレー・ヌーボー」は普通のワインと醸造法が違う? 今年もボジョレー・ヌーボーの季節がやってきました。毎年11月末に盛大に売り出されるボジョレー・ヌーボーですが、あれだけ話題になるわりには、「味は普通」という感想もよく耳にします。もともとボジョレー・ヌーボーは、フランスのボジョレー地方の名前と、新酒という意味の「ヌーボー」の2つを掛け合わせた言葉で、ボジョレー地方で収穫された今年のぶどうの [続きを読む]
  • 腸の弱い人は風邪をひきやすい! 免疫力を高めるALAの働き
  • 腸の弱い人は風邪をひきやすい秋の気配を感じる前に一気に冷え込んできましたが、空気が乾燥するこれからの季節は、風邪やインフルエンザにかかりやすくなりますね。とくに年齢を重ねると免疫力が落ちてくるため、「若い頃より風邪をひきやすくなった」という方が増えてきますが、一般的には若くても腸の弱い人は、免疫力が低く風邪をひきやすい傾向にあるようです。ウィルスに負けない体を作るためには、免疫力を高めることが大 [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -代謝と関係の深いALA-
  • あなたは代謝がいい方ですか? よく、「代謝が落ちると太る」、「だんだん代謝が落ちてきた」などという言葉を耳にしますが、この代謝とは、食事で摂った栄養分からエネルギーを生み出すメカニズムのことをいいます。代謝には、基礎代謝や身体活動代謝、新陳代謝など、いくつかの種類がありますが、一日の消費エネルギーの約6〜7割を占めているのが基礎代謝です。 基礎代謝とは、生きていくうえで必要な呼吸や体温を保った [続きを読む]
  • ALAとセットで無理なく続けられるインターバル速歩
  • 運動が苦手なのでジムに行くのは恥ずかしいし、仕事も忙しいからなかなか運動できないという方にお薦めの「インターバル速歩」があります。 やり方は簡単で、早歩きを3分、ゆっくり歩きを3分。これを交互に1日15〜30分行なうというもの。いつもの歩き方をちょっと変えるだけで効率的に、持久力や筋力をつけられる運動法です。元々このインターバル速歩は、信州大学の能勢博教授らによって中高年者の健康増進を目的に開発され [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -寝苦しい夜の快眠法-
  • 気温だけでなく「湿度」も不眠の原因! 暑くて寝苦しい夜がやってきますね。1年の中で夏が一番睡眠時間が短くなるそうですが、「気温が高い」ということに加えて、実は「湿度が高い」ということも睡眠を妨げる大きな要因になっています。私たちの体は、体や脳を冷やして休息させるために、眠る少し前から体温が少しづつ下がりはじめます。湿度が高い状態だと体に溜まった熱を皮膚から逃しにくくなり、体の奥の体温が下がりづらく [続きを読む]
  • 植物からスマホを充電!ALAが応用できるかも!?
  • 【ALA(5-アミノレブリン酸)をご存じない方はまずこちらをお読みください】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーALA(アラ)は、動物や植物の中にあるミトコンドリアで作られるアミノ酸の一種で、生命を維持するためのエネルギー産生に欠かせない成分です。人や動物の体内では動くために必要なエネルギーの元を作ったり、血液の元になります。またALAがエネルギーの元を作る際に副産物として代謝水が生まれます。この代謝水 [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 - 植物にも存在するALA -
  • 植物の中で働くALA 家庭菜園をはじめるいい季節になってきました。最近では室内でも気軽に育てられる水耕栽培のキットなども充実していますので、自宅で手作り野菜を作ってみてはいかがでしょうか。さて、私たちの体の中で重要な働きをするALA(5-アミノレブリン酸)が実は植物にも含まれていて、植物が生長していくためにとても大切な働きをしているのをご存知ですか? ALAは私たちの体の中で、鉄やミネラルなどと合成を繰り返 [続きを読む]
  • 【重要】「ナチュアラ BCAA」販売終了のお知らせ
  • いつもALA-Laboをご利用いただきまして誠にありがとうございます。この度、メーカー製造終了に伴い「ナチュアラBCAA」の販売を終了とさせていただくこととなりました。ご愛用いただいた皆さまには、大変ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいますようお願い申しあげます。なにかご不明な点などがございましたら、お客様窓口(042-702-3677:平日10時〜18時)またはinfo@ala-labo.comまでお問合わせください。 [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -かくれ糖尿病にご用心-
  • 女性にも増加中の「かくれ糖尿病」「糖尿病」といえば中高年の太った男性に多いというイメージがありますが、実は女性や痩せている体型の人でも「かくれ糖尿病」と言われる人が増えています。糖尿病を引き起こす主な原因と言えば、「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」「運動不足」がよく挙げられますが、糖を代謝する能力は人によって差があるため、糖尿病に「かかりやすい人」と「かかりづらい人」がいるようです。通常、食べ物から得たブ [続きを読む]
  • ALAの不思議な魅力 -冷えと安眠の関係-
  • 冷えと安眠の関係 冬になると「体が冷えて寝つきが悪い」という人が多くいますが、体が冷えたままだと眠りが浅く、翌朝疲れが残りやすくなってしまいます。体温は活動している日中は上昇し、夜になり睡眠状態になると下がり、体に溜まった熱を放出するようになります。これは体内時計に働きかける睡眠ホルモン(メラトニン)が影響しており、目覚めてから14〜16時間ほど経過すると、この睡眠ホルモンが分泌されはじめ、体の深部 [続きを読む]
  • 過去の記事 …