テストパイロット さん プロフィール

  •  
テストパイロットさん: 小豆島テストパイロット物語
ハンドル名テストパイロット さん
ブログタイトル小豆島テストパイロット物語
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/south_6475
サイト紹介文小豆島の自然、特にエンジェルロードなど名所・旧跡、安くて美味しい料理、酒と肴のお店を紹介。
自由文小豆島・エンジェルロード・テストパイロット・二刀流・奇跡の医師・作家・グルメ・写真・車・オートバイ・骨董品・B級グルメ・お酒・旅行・剣道・小説・エッセイ・写真・上海・書道など色々と紹介します。
うまい酒と肴、オープンカーを愛する自由人です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2011/09/29 00:34

テストパイロット さんのブログ記事

  • 2019年を迎えて思ったこと 「ずっこけテストパイロット、覚悟はいいか」
  • 2019年を迎えて思ったこと「ずっこけテストパイロット、覚悟はいいか」    朝陽を浴びて、島四国八十八カ所霊場第五十八番札所西光寺の大イチョウ わたしは、昭和29年10月生まれ(1954年)だから今年65歳、小豆島の人口の40%以上を占める老年人口の仲間入りです。父親の世代、昭和22年では「人生五十年」といわれ、日本人の平均寿命は男性が50・6歳 、女性53・96歳でした。それが平成18年では男性 [続きを読む]
  • ポカポカ陽気の小豆島、寒霞渓のお山に行きました(笑み)
  • ポカポカ陽気の小豆島寒霞渓のお山に行きました(笑み)気温15度とポカポカ陽気、ピーカンの晴天に誘われて寒霞渓へ行きました。 今日は、愛人2号のNーワンちゃんに乗って、白髪のジジイが乗るには、ちょっと可愛い(笑い)冬の寒霞渓、現在標高750メートルあまり、それにしても温かい。 穏やかな内海湾、古来より潮待ち、風待ちの船で賑わいました。現在も台風が近づくと避難する船でいっぱいになります。 正月から穏や [続きを読む]
  • 誰もいない小豆島エンジェルロード ええなあ−、リンも大喜び
  • 誰もいない小豆島エンジェルロードええなあ−、リンも大喜び 昼過ぎ、リンをつれてエンジェルロードへ、誰もいません。静かなエンジェルロードです。いつもは××国などの観光客で騒がしいエンジェルロードですが、ぽっかりと静かなときもあります。 リンはうれしかったのか、走り回り、ついには砂浜を転げ回っていました(笑み) 静かな小豆島エンジェルロードがいいですが・・・             ブログ村ランキング [続きを読む]
  • 寒海鼠、橙を絞りて手酌酒
  • 寒海鼠、橙を絞りて手酌酒タコが、ナマコとダイダイ、ユズに化けました。 寒くなるとナマコを肴に日本酒が晩酌の定番になります。テストパイロットは、ホヤというものを食べたことがありません。ナマコのようなものでしょうか・・・               ブログ村ランキングに参加しています。 していただくと他の小豆島のブログ・情報がご覧になれます。どうか皆さん、ポチッと をお願い致します!! ↓ [続きを読む]
  • ここは瀬戸内小豆島、凍てつく夜明け
  • ここは瀬戸内小豆島、凍てつく夜明け夜明け前、紫色の東の空が紅に変わって行きます・・・もうすぐ朝陽が顔を見せます。 テストパイロットの住む瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、元旦から今日まで穏やかな日が続いています。テストパイロットは、毎日エンジェルロード犬リンとともに凍てつく寒さはなんのその、明け方に散歩しています。                     ブログ村ランキングに参加しています。 してい [続きを読む]
  • 小豆島エンジェルロードより 源平の古戦場である屋島を望む
  •  小豆島エンジェルロードより源平の古戦場である屋島を望む 小豆島は穏やかな正月三ヶ日でした。今年は平成の御代が終わり、新しい元号となります。希望に満ちた一年になりますように(笑み)              ブログ村ランキングに参加しています。 していただくと他の小豆島のブログ・情報がご覧になれます。どうか皆さん、ポチッと をお願い致します!! ↓             https://loc [続きを読む]
  • 凍てつく年末の朝だから 晩酌は、ナマコを肴に白鶴の大吟醸で(笑み)
  • 凍てつく年末の朝だから晩酌は、ナマコを肴に白鶴の大吟醸で(笑み)寒い、凍てつく年末の朝です。 ナマコにダイダイの搾り汁、大根おろし、ユズの皮をすったのを落としました。ナマコにはダイダイです。斑唐津のぐい?み、これとも四十年来のつきあいです。コノワタもいっしょに味わいました。これは熱燗ですね。  凍てつく年末の朝です。今宵の晩酌は、友人がくれたナマコを肴に白鶴の大吟醸を、斑唐津のぐい飲みで、ダイコン [続きを読む]
  • 玄関の掃除をしていたら(笑み)
  • 玄関の掃除をしていたら(笑み)                                                        小説家の吉村昭氏小豆島尾崎放哉記念館に建立された吉村昭氏揮毫の放哉の句碑 小説家の吉村昭さんが、昭和55年に小豆島を終焉の地とした自由律俳句の尾崎放哉の取材に来たとき、わずかながら取材のお手伝いをしたことがありました。その時、お世話になったと、「海も暮れきる」 [続きを読む]
  • テストパイロット家では、師走の28日に餅をついていました・・・
  •  テストパイロット家では、師走の28日に餅をついていました・・・ 師走の28日は、ばあちゃんがいてじいちゃんがいて、お母さんがいて息子がいて娘がいて、家族みんなで餅つきでした・・・ 我が家では、父親や母親が元気だった平成15年まで、家族総出で餅付きをしていました。納屋から杵やものぶた、お米をかす大きなザル、お釜、蒸籠などを出して来て庭で餅をついていると珍しいのか、通りがかりの人が、「この家、餅つい [続きを読む]
  • 親の心、子知らず(苦笑)
  • 親の心、子知らず(苦笑) 母親の四十九日をすませて、ぼちぼち親の家も片付けなければと思っていたところ、廊下の松の一枚板に目がいった。 息子が小学校に入学した時、勉強机を造ってやろうと思い、友人の大工さんと松の無垢材を探しに岡山の津山市の材木市場に行った。ヤセと呼ばれる白木の部分がなく、すべて肥松の一枚板が見つかった。大工さんに鉋をかけてもらい、吹き出す松ヤニを焼酎で拭き取った。松ヤニが落ち着いたとこ [続きを読む]
  • 小豆島には、ピラミッドがあります(笑み)
  • 小豆島には、ピラミッドがあります(笑み)小豆島のピラミッドです。古い墓石で造られています。 ピラミッドは三基あり、10年ほど前に三基目が造られはじめて、今も少しずつ墓石が積み上げられています。 今から50年ほど前、評論家の本多秋五氏が尾崎放哉終焉の南郷庵を訪れたときの紀行文に、「小豆島にはピラミッドがある」と書いています。慶応とか文久など幕末の古い墓石が残っています。 小豆島の南郷墓地では、お墓の [続きを読む]
  • 終の棲家の掃除に行ってきました(笑み)
  • 終の棲家の掃除に行ってきました(笑み)  家から歩いて五分、小豆島土庄町の南郷墓地にある終の棲家を掃除して、土庄の町をながめていました。     私の終の棲家の一段下に、自由律俳句の尾崎放哉の墓があります。小説家の吉村昭氏の揮毫による尾崎放哉の自由律俳句。 土庄の南郷墓地の入り口に、尾崎放哉が終の棲家とした西光寺奥の院南郷庵がありました。現在は小豆島尾崎放哉記念館となっています。 尾崎放哉が行って [続きを読む]
  • 今日も元気だ 朝飯の前の朝ラーメンがうまい(笑い)
  • 今日も元気だ朝飯の前の朝ラーメンがうまい(笑い) ネギ、好きやからようけ入れてね、こってり辛めのテストパイロットスペシャル500円です。 朝5時30分起床、エンジェルロード犬リンと2キロほど散歩、一日15000歩、約10キロをほっつき歩いているテストパイロットです。時々、腹が減って我慢できないので、朝の6時半から営業している「麺鯉」さんで、朝飯の前の朝ラーメンを食べています。 このラーメン屋さんの [続きを読む]
  • 母を偲んでアサリのたっこみ(炊き込みご飯)
  • 母を偲んでアサリのたっこみ(炊き込みご飯)アサリのたっこみです。島のタコ飯屋通信ー②『たっこみは、ごっつおうやった』 20年ほど前まで、家から5分の小豆島エンジェルロードは潮干狩りのメッカでした。一時間ほどでバケツ一杯のアサリを掘ることができました。私が小学生の頃、母親は掘ってきたアサリをむき身にして醤油とショウガでで味付けして自家製佃煮を作ったり、アサリのたっこみを炊いていました。漁師だったおじ [続きを読む]
  • 今宵の晩酌は 白鶴の大吟醸、肴はタコの燻製
  • 今宵の晩酌は白鶴の大吟醸、肴はタコの燻製タコの燻製、サクラのチップで燻しました。テストパイロットが小豆島エンジェルロードの波止場で釣ったタコです。 タコをサクラのチップで燻製にすると、ビールにも日本酒にもウィスキーにもあいます。もちろんワインにも・・・友人と呑むとき、「これ、タコの燻製、ちょっと摘まんで」と出すと話が弾みます。 今年はタコが不漁、タコで有名な兵庫県明石市では、タコの水揚げが例年の五 [続きを読む]
  • ブリ大根ならぬ、タコ大根を炊いてもらいました(笑い)
  • ブリ大根ならぬ、タコ大根を炊いてもらいました(笑い) 毎日タコばかり食べています。マメマメマーケットに出すタコ飯のためにタコを大目に茹でました。前日の午前3時半までタコ飯を炊いていましたが、タコ飯に入れるモリクニのお酒が美味しくてちびりちびりと呑んでいるといつしか寝てしまい、茹でたタコが余ってしまったためです。一匹は内海の友人に進呈したのですが、残ったタコはまあええか、しゃあないなと思い食べてい [続きを読む]
  • 小豆島エンジェルロードの夜明け(笑み)
  • 小豆島エンジェルロードの夜明け(笑み)午前6時35分の小豆島エンジェルロード、リンと散歩の途中、さすがに寒いです。つがいでしょうか、二羽の鴨が寄り添うように泳いでいました。 知り合いの船が沖に向かって・・・今、鯛がよく釣れているらしく、島のスーパーにはたくさんの鯛が並んでいます。 穏やかな冬の一日のはじまりです。今日は、庭木の剪定をしましょうか(笑み)              ブログ村ランキング [続きを読む]
  • 今日のサラメシは 懐かしい母親の味の定食でした(笑み)
  • 今日のサラメシは懐かしい母親の味の定食でした(笑み) 今日のサラメシは、マリンという定食屋さんで・・・ ガス釜で炊いたご飯、麦味噌の味噌汁、大根のナマス、ジャガイモの煮付け、みなうまかった。ご飯をお代わりしました。 今の若い人には、この定食の味が、わからないだろうなぁー             ブログ村ランキングに参加しています。 していただくと他の小豆島のブログ・情報がご覧になれます。どう [続きを読む]
  • ずっこけテストパイロット 『島のタコ飯屋』としてデビューする(笑い)
  • ずっこけテストパイロット『島のタコ飯屋』としてデビューする(笑い)謎のおっさんが、『島のタコ飯屋』としてタコ飯を売っていた。 小豆島で獲れたタコと新米、マルキンの醤油、モリクニの地酒で炊きあげたタコ飯、300グラムのご飯にタコをいっぱい入れたタコ飯、これで500円です。朝釣ったタチウオを背開きにして天日干し、それが二匹入って300円(笑い)会場は、小豆島オリーブ公園島のタコ飯屋通信ー①  9日のあずき [続きを読む]
  • 無邊落木
  • 無邊落木リンとお参りに行くたびに、我が身に重ねてしまいます。南無大師遍照金剛冬の色               ブログ村ランキングに参加しています。 していただくと他の小豆島のブログ・情報がご覧になれます。どうか皆さん、ポチッと をお願い致します!! ↓             https://localshikoku.blogmura.com/shodoshima/ [続きを読む]
  • 天若有情天亦老
  • 天若有情天亦老 大イチョウの根本には、自由律俳句の尾崎放哉と種田山頭火の句碑があります。この西光寺は、尾崎放哉を庇護し、放哉は西光寺奥の院である南郷庵を終の棲家としました。  天もし情(こころ)あらば天もまた老いん・・・自然の摂理が非情であるから誰にでも平等である。天に情があっては乱れる。 40年前、劇作家の木下順二さんの本に掲載されていた言葉で、中唐の詩人である李賀の『金銅仙人辞漢歌』の一節で、毛 [続きを読む]