サザエ さん プロフィール

  •  
サザエさん: 呟き
ハンドル名サザエ さん
ブログタイトル呟き
ブログURLhttp://kokoronotubuyaki.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ど素人の和裁挑戦記。。オク入手の着物をいずれは自分でメンテ&繰り回しをしてみたい。。遠い夢
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/09/29 14:05

サザエ さんのブログ記事

  • 黒紋付の羽織。。(8)あぁ。。失敗( ゚Д゚)
  • 先週の和裁教室では、出来上がった袖を身頃に付け襟が付く部分?にしつけをし、乳をつけました。←右身頃だけここら辺は羽織から四つ身や振袖等でも記載したかもしれないので、付け方は省略wwで、もう片方の袖作り&身頃に付け襟が付けられるようにしつけをかけて乳を付けるのが宿題。。←これで左身頃の完成?宿題。。やったのですよ。土曜日に。。もう片方の袖。。つまり左袖しかし、同じ袖が2枚できちゃいました。。初の2枚右 [続きを読む]
  • 黒紋付の羽織。。(7)袖作り2(笑)
  • あぁ。。ずいぶん間が空いてしまったような( ゚Д゚)それもこれも、仕事が連勤なうえに遅番が少なく早番が主だったり、休みには予定が入ったりして、なかなか、針を持つ時間が無かったという。。(;´д`)トホホ趣味を続けるためにこの仕事にしたのだから、これでは本末転倒?しっかりと、趣味。。続けないとですね( ゚Д゚)とはいうものの、教室には真面目に?通ってますwあした、また教室に行く予定なので、取り急ぎ?記事をUPして [続きを読む]
  • 黒紋付の羽織。。(6)袖作り?
  • 和裁教室に行ってきましたよ〜またまた、夜勤入りの時間を有効利用して?(笑)マチの部分。。攣れている個所があったので、先生が糸こきしたら。。片手が入るほど穴が開いた( ゚Д゚)まるで、LLサイズの人が無理やりSサイズの洋服を着て、苦しい〜〜苦しいよ〜〜〜ブチッ!と、破れた瞬間の心地よさ?糸こき。。w先生が仰るには、糸を引きすぎなんだって。。でも、どうしても力を入れて針を抜くみたいで。。。一応自分でも糸こきする [続きを読む]
  • 黒紋付の羽織。。マチが付いた^^
  • 宿題の目玉だった羽織のマチ付け。。まずは、気が向いたら直そうと思ってて。。結局直さなかった和裁士さんが見たら、また、素人がいい加減な。。と言われてしまいそうですが(;^_^A着てしまえば見えるところではありませんしね←私の基準(笑)マチ上のキセの大きさwどうしても私が気になるようなら、そのうちに。。直しますw実はもう印付けもしているので、直すのが面倒だったとも言えるのですよね(;^_^Aそうそう、留をするところ [続きを読む]
  • 黒紋付の羽織。。(5)
  • さて、子供の卒業式も終わり、これで、黒紋付の羽織に戻れますwということで、昨日の教室では『マチ』を付けました。と言っても、一つだけですけれどねww先日中心に仕付けを掛けたもの。。きちんと真ん中に付けた方が良いとのことだったので、一寸やり直してから、1.マチの上部はこのしつけ(というか中心)から右左に2分5厘2.マチの裾の部分にはしつけから右左に8分の印を付けて1と2を線で結ぶ。これを羽織の脇に咬ませて [続きを読む]
  • 七五三の着物と袴。。完結?の卒業式^^
  • 長女の卒業式^^帯をもう少し高い位置で締めればよかった。。小学校ではありません。。短大。。です(笑)短大生活2年間で、幼稚園教諭2級と保育士の免許が取れました。。『取りました』というより、『取れました』という方が近い感じなのでwwそれにしても。。高い資格取得金額(笑)←短大の授業料&実習費等の雑費┐(´д`)┌ヤレヤレあと何回この訪問着に袖を通す機会があるかな??次は。。いつ?(笑) [続きを読む]
  • とりあえず。。袴の直し完成??
  • 袴の直しが出来ました。元々の寸法は前腰幅。。9寸後ろ腰幅。。8寸5分だったところを前腰幅9寸7分(+7分)後ろ腰幅1尺2分(+1寸7分)理想(後腰幅+5分=前腰幅)とはかけ離れたけれどこれで、横の開きのところかなり広がったことになる??前腰幅+後ろ腰幅で2寸4分広がったことになるから。。少なくとも直し前の三角形よりもう少しすんなりとしたものに。。なってほしいよ(笑)しかし、この袴、今後もサイズを直して着れるよう [続きを読む]
  • 七五三の着物と袴。。完結?(笑)着物と袴。。その2(笑)
  • 今日は和裁教室の日でした。で、先日の長女の袴の着姿を先生に見てもらったら。。ん??( ,,`・ω・´)ンンン?だから〜先生、ドラム缶体型だって〜〜と(;^_^A直したら?ということで、簡単に直せると思うから。。と。。急いで家に袴を取りにUターンして身幅をちょこっとだけ直してきました。ということで羽織の方は1回休み(笑)とりあえず、授業では後ろだけ。。笹襞のところを少しずらして作り直し?それでも、5分くらいずつ広がったの [続きを読む]
  • 七五三の着物と袴。。完結?その1(笑)
  • 来週卒業式を迎える長女に袴を着せてみた。初の袴着付けです。しかも次は本番という。。なんともなのだけれど(笑)ネットで検索したら、帯は半幅帯で良いと言うし←浴衣と一緒?w袴は紐を結ぶだけだって言うし。。←先生が長女は美容院で着せてもらうのは、もう面倒だから嫌だ〜〜と言うし(;^_^A私も、もう脱ぎたい脱ぎたいとうるさく言われて、あっという間に脱がれるのに大枚はたくのも。。勿体ないと思うし( ゚Д゚)(成人式の時 [続きを読む]
  • 黒紋付の羽織。。(4)
  • 火曜日にまた夜勤入りを利用して和裁教室に行ってきました。で、疑問だった背縫い。。開始早々に先生に、表地と裏地と別々に縫ってきてよかったでしたよね??と聞くとOKが^^良かった。。ホッとりあえず、前身頃も羽裏と表地を中表に接ぎ、その後その背縫いを中綴じしました☆羽裏の接ぎをする時にキセの部分が動かないように身頃の印付けの部分を跨って5分ほどを仕付け糸で留めるその後の工程は、まだ清書してないけれど①身八つ [続きを読む]
  • 柄々の羽織。。(2)羽裏。。どうしたものだかw
  • さて、教室で印付けまでやってきたので、自宅で並行して縫う予定のあの柄羽織の方も手を付けていかないと遅れてしまう=忘れてしまうwということで、とりあえず、難をどうしようと思ったけれどこの難より下の方の同じ模様のところを持ってきて接いだ。分からないよね?まだ、仕付け糸が残ってるので目立つけれどww青い待ち針のある所です^^で、次なる問題は羽裏。。黒紋付は礼装用ということもあり、どれにしようか?という選 [続きを読む]
  • 黒絵羽織。。(3)身頃の印付け
  • 昨日は午前中に和裁教室へ〜で。。夜。。夜勤(笑)羽織の身頃の印付けをしてきましたよ^^今回は真面目に一つ一つ寸法をノートに書き込みながら。。だって、あの柄々の羽織を家で作る予定なので、分からないことが無いようにと。。で、家でこのノートに書いてあるのを基にきちんと清書?(笑)して復習♪やる気満々(笑)宿題は前下がりを縫って胴接ぎをして背縫いを縫っていくことなのだけれど。。これって身頃がほぼ完成しちゃうって [続きを読む]
  • 柄々の羽織。。どう思う?(1)
  • 今日は仕事が遅番ということもあって、のんびり?宿題を終えようと。。↑とりあえずこの長さの襟1分控えたところに仕付けをして身頃も肩のところで綴じたので、早速、前回載せた黄色の反物を地直ししたのだけれど。。なんと、これ。。凄い難が見つかって( ゚Д゚)肩空きをそのまま利用して作るとなると、胸の丁度目立つところになる。どうしたものだか?と思案するに。。これ採寸すると、裁ち切り身丈;4尺3寸裁ち切り袖丈;1尺6寸裁 [続きを読む]
  • 黒紋付の羽織。。(2)
  • 先日の教室では羽織の襟を作ってきました。と言っても、最後の仕上げ?は宿題にw先生が、羽織は単衣・袷を習った後、最後に習うのよ。なんとなく簡単に思われるけれど、この『襟』作りが肝になるのよ。。と。思わず、私の習う順番って正しいんじゃない?と思ってしまったwまぁ、最後に習うというのは、単衣も袷も縫えるようになったら習うという意味なので、ちょっと。。違うのだけれどwということで、私の場合は今回着丈270 [続きを読む]
  • 次は。。
  • 長女の卒業式の準備が済み。。とりあえずやってみたかったことは今日袴と着物に仕上げアイロンをかけていったん終了♪次なるは、黒絵羽織^^のはずだったのだけれど、教室に行くと、先生が、ごめ〜ん明日来るんだと思ってて今日取りに行こうと思ったのよ。。とのことだったので、黒絵羽は次回にwまぁ。。宜しw実はふと、黒紋付の羽織を作りたくなったんだもの〜(笑)ふと。。というのは当たっておらず、以前から黒紋付の羽織が欲 [続きを読む]
  • 針供養でした。
  • 去年は仕事が入ってしまい参加できなかったのだけれど、今年は、普通に休みを取り参加できました。参加者の8割は着物で参加^^眼福眼福w拝殿では撮影禁止とのことで撮れなかったのだけれど、本当にお豆腐に針を刺し、休んでくださいね。。と供養するのですね^^で、朝からドタバタ?というより、10時過ぎから。。バタバタ11時10分前に集合と言われてたけれど、結局付いたのは始まる間際だったしwwなんで前日に準備をしない奴 [続きを読む]
  • 七五三の着物を。。(11)長襦袢の袖付け
  • 長女の袴下に着るための着物用の長襦袢の袖付け。。長襦袢に襟がすでについてしまっているので、袷の着物の裄直しをするように袖を付けるらしいw振袖の袖や長襦袢の袖を付けるときには、何も考えなくても普通に袖付けをすることが出来たのに。。そっか。。襟が付いてると面倒なのね?かといって、襟を外して付けるとなると。。これまた面倒だしねwということで。。いつもの備忘録〜袖付けの留めを4か所(左右2か所ずつ)して、表 [続きを読む]
  • 七五三の着物を・・着てみたよww
  • 宿題で?家で襟付けをしていた七五三の着物。後は襟先の処理を残すのみになり。。とりあえず襟が付いたので、羽織ってみました^^長女と私。。身長差20cmあるけれど、身幅はほぼ一緒伊達締めの位置から下は、袴が付くので見えない部分^^今回共八掛のまま身幅と襟を作り直したので、140センチの長女用にならきちんとした身丈には十分可能wまぁ、着ないでしょうからする必要はないでしょうと。。先生^^裾を作り直すとなるとま [続きを読む]
  • 七五三の着物を。。(10)
  • 襟の寸法の件ですけれど、特に襟自体に大きく問題があったわけでなく、剣先までの長さを4分ほど削っただけで済みました。それより、衽下の方が開いたままで、どうしても片方だけがブカブカしてたのはこの所為だったみたいで、そこの直しから。。縫い目を綴じて、衽の中綴じをやり直して、とりあえず自分で待ち針で襟を留め、先生に見ていただき直してもらうw←こっちが目的なので、自分でやる時間は極力削るwなんとなく自分の物 [続きを読む]
  • 襟の寸法間違えた?(笑)
  • 身頃に袖を付けたので、←素人和裁。。少し不都合があるけれど?(笑)襟を付けていこうか?と思い、印付けをして、襟を待ち針で止めたのだけれど。。襟がこんなに余ったことないんですよね。。余り過ぎ。。大体ほんとちょっとゆるみが出てそれを衿のカーブのところに縫い付ければよい感じだったので、割と家で吊り合い取れてたんだけれど。。思わず、寸法を考えず?に、適当に襟を添わせていったら?と考えてみたり。。どうなんだろ [続きを読む]
  • 七五三の着物を。。(9)身八つの留めと袖付けの留め
  • 中2日置いての和裁教室♪ほんと、これだけが私のストレス発散の場?じゃないかと思うくらい、楽しいんですよ。。好きこそものの上手なれとは言うけれど、私の場合は下手の横好きw宿題で、身八つ口の留めを本を見ながら行いこの留めのところから袖付けまでを縫ったのだけれど、どういうわけだか片方が裏被りで。。結局解いて、先生に見てもらったら、なんと、裏地の長さが違うとのことで、やり直して。。(笑)その後、袖付けの留め [続きを読む]
  • 七五三の着物を。。襟が出来た(8)
  • なんか飛び飛びで作ってた七五三の着物なので、何回目か。。忘れてしまった。。途中、袴と同時進行だったこともあったりしたし。。記事的には先週の1回を含め7回目くらいまで回数が重なってるみたいなので、とりあえず、8回目。。ということは2か月??(笑)教室で、色々継ぎ接ぎして作った衿。。この着物、もともと摘み襟だったので、今回も摘み襟しかもかけ襟の部分の長さも足りず接いであるw摘み襟の中は、新モスを代用。。なん [続きを読む]
  • 初和裁教室〜^^。。七五三の着物用長襦袢の袖?
  • 今年初めての和裁教室に行ってまいりました。去年末に宿題だった七五三の着物用の長襦袢の袖。。オクションで落とした錦紗の長襦袢の袖の部分ww胴体は少し破れたりしていたのだけれど、またこの胴体部分を使って裾除けにしてもいいかもしれないし、胴裏にしても可愛いかも〜なんて、と思えるくらい触り心地の良い絹ですwただ。。少々生地の強さに疑問があるんだけれどね。。だから、力の入らない袖だけ作ってみることにw何とも [続きを読む]
  • 振袖。。完結編?
  • 昨年必死に吊り合い地獄から抜け出そうともがいた振袖。。年末にやっと仕上げアイロンやら半襟付けやら引き糸を付けたり、アイロンをかけているときに不具合を見つけて矯正して。。完成させて、先生のところで押しをかけていただいて。。( ´Д`)=3 フゥヘアセット&お化粧&着付け込みで15000円+税でした。。授業料を除く原価的には一番お高い( ゚Д゚)着崩れる前にというか、出来立てほやほやで。。うん。。まずまず?というか、ほ [続きを読む]
  • 羽織の袖口布を接いで。。1
  • 自由な発想で?というか、繰り回しなんか別にきちんと作らなくても?という気分で。。でも、昔の人の繰り回しは本当に色々考えて作られていたんですよね。私のお遊び繰り回しとは。。そしてパッチワークとか接ぎ合わせのセンスのある人なら、きっともっと悩んで繋げて、素敵なものになるんだろうな〜と。。思いながら(;^_^Aこのセンスのなさが。。これを考えてたら、きっといつまでたっても出来上がらないと思って、目を瞑って。。 [続きを読む]