エカテリーナ «Екатерина» さん プロフィール

  •  
エカテリーナ «Екатерина»さん: Russophile
ハンドル名エカテリーナ «Екатерина» さん
ブログタイトルRussophile
ブログURLhttps://ameblo.jp/chocolateeater/
サイト紹介文仕事でロシアに関わっています。日露バイリンガルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/09/29 22:15

エカテリーナ «Екатерина» さんのブログ記事

  • 【最後のご挨拶とお礼】ブログからの卒業
  • 私は働く三児の母。時短からフルタイムに戻す計画を実行中です。そして、一日の時間の使い方を見直していく中で、ブログを読み書きする習慣を辞めることにしました。 このブログは2011年に、育児休職中から育児日記として何となく始まりましたが、ほぼ三つ子な赤ちゃん育児地獄のフェーズを過ぎ、自分の事にかまえるようになってからは、次第に自分の中の語学オタク質が前面に出てきて、語学ブログとなりました。 振り返ると7年間 [続きを読む]
  • ここでb*og書くのやめようかにわかに考え始めた
  • おととい、怪.しげなメッセージが 運 .営 から届いた 公.式 ジャ.ンル なるものを半強制的に設定させるそうな・・・こちらでアクションを起こさない限り、3月から自動的に運 .営 側で仕分けされるそうで。 なんだソレ? このメッセージをきっかけに、このア.メブ.ロ運 .営 のビジネスモデルと、公.式 ジャ.ンル を設定してユーザー仕分けすることの運 .営 側の意図 自分なりに推測してみた。 おそらく、単位期間あたりの高アク [続きを読む]
  • 日本人の素晴らしいところ
  • 普段、テレビを観ないのだけど、今日は雪に埋もれた新潟の山へ雪遊びに行った帰り、たまたま車の中でピョンチャンオリンピックの羽生選手・宇野選手の演技とインタビューの中継を観たので、その時の感動を備忘録したいと思う。 今日はネットニュースで羽生選手・宇野選手の金銀制覇のニュースを知っていたから、釘付けになって視聴した。 日本の神:フィギュアスケーター羽生が2018五輪で金を獲得(ロシア リア・ノーボスチ 2/17 [続きを読む]
  • ロシア人との楽しい会話
  • 外国語を学ぶとは何なのかの私なりの理解、そして、自分自身のロシア語学習のモチベーション再確認について書きます。 今日はお昼をロシア人同僚とご一緒しました。先日観たソビエト映画のネタを私が振ったところから始まり、ソビエト映画や演劇の話、ロシアの2月〜3月の祝日とその文化についての話題を出して、たくさん生のロシア人の声を聞き彼らの文化を垣間見ることができて、非常に興味深いものでした。 ↓今日話題に上が [続きを読む]
  • ТРКИ第2レベル 聴解音声・映像対策
  • ТРКИ第2レベル (モスクワ大学のページ) に掲載されている試験仕様書(Требования)や参考テスト(Тренировочные тесты)を参考に、ТРКИ第2レベルの試験の傾向を分析することができます。 この1-2月は、自分の現在のレベル自己判定と課題抽出に取り組んでいます。まず、ТРКИ第2レベルは以下5科目で構成されます。 ①読解 (Чтение) ②手紙作文 (Письмо) ③文法・語彙 (Гра [続きを読む]
  • コーカサスの女虜(Кавказская пленница)
  • 1966年のソ連映画「コーカサスの女虜, またはシュリークの新しい冒険(Кавказская пленница, или Новые приключения Шурика)」を観ました。※少しネタバレ注意 私はここから観ました。音声はロシア語、字幕を英語で見ました。日本語は残念ながら字幕も吹き替えもありません。 ロシアの国民的詩人プーシキンの詩「コーカサスの虜(Кавказский пленник, 1822)」のパロ [続きを読む]
  • 節分は日本のマースレニッツァ
  • 週末のいつものSkypeロシア語レッスンで日露の季節の風習について話したことについて書きます。 私は、レッスンの時、日本の節分について先生に説明しようとしましたが、  豆を投げる - бросать бобы というこの簡単な一文を言う事ができませんでした。orz 多分ロシア語のボキャブラリーは英語の1/4-1/3くらいしか、まだないと思う。単純なボキャブラリーのみならず、ロシア語は変化・活用が激しすぎて、使いこなすの [続きを読む]
  • EU圏移住の可能性
  • ТРКИ対策を期待されて本ブログにアクセスくださっている方にはブログが読みづらく、今日はロシア語学習と関係のない話で申し訳ありません。 ТРКИ対策ブログと宣言しておきながら、時々関係のないことも、自分の気持ちを整理するために書かせていただきたいと思います。 1年半前のアメリカはカリフォルニア州のベイエリアへの移住の可能性がありましたが、米国籍である夫の心変わりでなくなりました。 決定事項はなにもあ [続きを読む]
  • 応援しています
  • 愛読させていただいている憧れのバレエダンサーさんを応援したいのですが、メッセージやコメントを受け取られない設定にされてるため、日本でご出産される決断をされたことについて、応援をさせていただきたく、リブログさせていただきます。(ので 届いたら恐縮ですが、この記事は消去させていただきたいと思います) 元記事にコメントさせていただきますと・・・ >ここにいたら産まれるものも産まれないかもしれないし まっ [続きを読む]
  • ТРКИ第2レベル 聴解音声・映像対策
  • ТРКИ第2レベル (モスクワ大学のページ) に掲載されている試験仕様書(Требования)や参考テスト(Тренировочные тесты)を参考に、ТРКИ第2レベルの試験の傾向を分析することができます。 この1月は、自分の現在のレベル自己判定と課題抽出に取り組んでいます。 本記事では、聴解音声・映像 (Аудирование)について書きます。 まず、ТРКИ第2レベルは以下5科目で構成されます。  [続きを読む]
  • 自己紹介
  • ロシア語学習と関係のない方々にも、このオタクなブログにお付き合いくださり、ありがとうございます。 今さらですが、自己紹介を書いてみます。 職業  東京のIT企業で海外事業に携わる システム系のセールスエンジニアです。 主にロシア市場を担当しています。 年齢 アラフォーです。春生まれです ブログを書いている目的  英語のTOEFLのロシア語版ともいうべき ТРКИ(別名TORFL)があります。 ロシア連邦 [続きを読む]
  • 2018年の目標 ver.2
  • 私の今年の目標に共通するビジョンは、「自分のスキルで社会貢献すること」これは、1/2の記事 2018年の目標 ver.1 に書いた通りです。 そして、今年の目標について見直しました。 ロシア語の実用運用スキルを伸ばすため、ТРКИ第2レベル対策に注力したいので、スピーチコンクールへの参加を辞めることにしました。 理由は2つ。 ①ロシア語のスピーチコンクール自体は、ロシア語の学習というより、聴衆に訴えるコミュニケ [続きを読む]
  • ТРКИ第2レベル 手紙作文対策 02
  • ТРКИ第2レベル (モスクワ大学のページ) に掲載されている試験仕様書(Требования)や参考テスト(Тренировочные тесты)を参考に、ТРКИ第2レベルの試験の傾向を分析することができます。 この1月は、自分の現在のレベル自己判定と課題抽出に取り組んでいます。本記事では、そのうち読解(Письмо)について書きます。 まず、ТРКИ第2レベルは以下5科目で構成されます。 ①読解 (Чте [続きを読む]
  • ТРКИ第2レベル 手紙作文対策
  • ТРКИ第2レベル (モスクワ大学のページ) に掲載されている試験仕様書(Требования)や参考テスト(Тренировочные тесты)を参考に、ТРКИ第2レベルの試験の傾向を分析することができます。 この1月は、自分の現在のレベル自己判定と課題抽出に取り組んでいます。 本記事では、そのうち手紙作文(Письмо)について書きます。 本記事は分析結果をまとめたものではありません。対策本の外観をお [続きを読む]
  • 今日のロシア語レッスン
  • 今日のロシア語レッスンで自己のレベルを冷静に知り得た収穫のお話です。 2014年より仕事でロシアに関わり始めたのがきっかけで続けているこのロシア語熱。何を目指しているかと言うと、自己紹介欄にも書きましたように、仕事でつかえるレベルで話せるようになることを密かに目指しています。 仕事はロシア人・日本人、皆の共通言語である英語を使いますが、特に会議では聞いていてかなりもどかしい思いをいつも私はします。相手 [続きを読む]
  • キリル文字 楷書体
  • かっこいいなと思っている書体、手本をネット上からかき集めて、自分が美しく読みやすいというものを選び、書いてみましたので紹介させていただきます。この書体は、ロシア語になれない方々からはどう見えるのでしょうか。 プーシキンのおとぎ話(Сказки Пушкина)と書いてあります。プーシキンとはロシア人ならだれもが知っている現代ロシア語のもとを作った国民的詩人です。 このアートな書体、もとは9-11世紀頃と [続きを読む]
  • 全てのものに感謝
  • 万物に感謝しています旨をつぶやく日記です。 今週は家庭内にインフルエンザB型が蔓延し、私も子供たちのインフルエンザを貰い、一昨日〜昨日と、トルストイの戯曲ではありませんが、生ける屍(Живой труп)のようになっていました。 解熱剤が効いているときだけ、トイレや水を飲むために起きて、解熱剤の効きが切れたら唸りながら布団にゴロゴロ。予防接種は毎年しているのですが。 子供たちも、もう放置しておくと泣くだ [続きを読む]
  • ロシアのオレンジ入りサラダ
  • 年末、友人に教えてもらったレシピを紹介させていただきます。 私が、「新年を迎えるテーブルには、サラダは定番のオリビエ(Салат Оливье)とか、毛皮を着たニシン(Салат Селедка под шубой)を作るのか」とたずねたところ、「それら定番のものは作らない。何か新しいものを試したい。」という友人の考えで作ったものだそうで。 私も12/31に作ってテーブルに並べたんです。今日も2回目作りました。 [続きを読む]
  • 語彙量の測定手段
  • 現在の自分の語彙量 (словарный запас)を測定する手段について書きます。 語彙量を測りたい理由は、現在のレベルを知って、2019年8月に、ТРКИ第2レベルに合格するため。ТРКИ第2レベルで求められる語彙量は最低6,000です。 そこで、ネットでロシア語の語彙量測定サイトを3件見つけ、3つとも試しましたので、結果と感想を書きます。 ちなみに、どの手段で測った数字を指標にするのか、といった結論は、まだ出 [続きを読む]
  • ТРКИ第2レベル 読解対策
  • ТРКИ第2レベル (モスクワ大学のページ) に掲載されている試験仕様書(Требования)や参考テスト(Тренировочные тесты)を参考に、ТРКИ第2レベルの試験の傾向を分析することができます。 この1月は、自分の現在のレベル自己判定と課題抽出に取り組んでいます。 本記事では、そのうち読解(Чтение)について書きます。 まず、ТРКИ第2レベルは以下5科目で構成されます。 ①読解 (Чт [続きを読む]
  • カリグラフィー道具の入手
  • 先日銀座の画材屋さんに出かけて購入したカリグラフィーの道具を紹介します。 伊東屋さんに行きました。店舗は二つのビルに分かれており、K.Itoyaのビル4Fにカリグラフィー の道具はあります。店舗内は新しくとても洗練されていました。何かを創作するのが好きな方なら、きっと見ているだけで楽しいですよ。↓色鉛筆のコーナー。 夫に娘達3人とも預けていたのと、銀座で他にもお買い物予定あり、いつもの如く素早く済ませるつもり [続きを読む]
  • ブログを活用する新たな試み
  • 最近、ブログ記事の書き方を意識的に変えています、という単なる情報共有の記事です。 皆さんはブログ一つの記事にかける時間を意識していらっしゃいますか。私は、推敲含め大体30分、長い場合45分ほどかけています。 時給換算すると、結構なお値段です。時給換算分のお金を貰わない代わりに、書くに値する記事・・・自分の貴重な命の時間を削ってでも、書くに値する記事・・・ ってどんなんでしょう。 私の考えでは、「読んでく [続きを読む]
  • 2018年の目標
  • まず最初に私の今年の目標に共通するビジョンは、「自分のスキルで社会貢献すること」 ブレークダウンすると、以下のような価値観です。 1. 仕事を持っていて、自分のスキルにより社会貢献ができ、その対価として報酬が得られること2. 仕事のスキルのうち、自分しか持ちえない武器を持つ 一日・一年の中で多くの時間を過ごす仕事。それは楽しくなければならないし、楽しくあるための条件のひとつとして、自分のスキルが生かさ [続きを読む]
  • よい年をお迎えください
  • 2017年もここでお付き合いくださった皆様に感謝申し上げます。目まぐるしく過ぎていく日常の中で、ブログ繋がりの皆様の人生模様を共有いただいたり、交流させていただく事はとても有意義でした。これからもよろしくお願い致します。皆さまとご家族ご友人のご多幸と健康、繁栄をお祈り申し上げます。ご挨拶がてら、先程描いてみたものを共有します。(アップストロークや細い線を描くのが難しいです。先生について習いたいです。つ [続きを読む]
  • 人を見ることのすゝめ
  • 自分へのリマインドのためにも、説教臭くて恐縮ですが、人間関係をよくするための、ひいては幸せになるために私が良いと思う習慣について書きます。 先日のクリスマスには、夫からロシア語電子辞書をプレゼントされました。 リクエストしていた訳でもないのに、何の前触れもなく凄く嬉しいサプライズでした。夫はやっぱり出会った昔から変わっていない。プレゼントが上手です。欲しているもの、ズバリストライクで与えることがで [続きを読む]