neitoun さん プロフィール

  •  
neitounさん: 染織工房neitoun 彦根愛のおさぼりブログ
ハンドル名neitoun さん
ブログタイトル染織工房neitoun 彦根愛のおさぼりブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/neitoun/
サイト紹介文染織作家、彦根愛の手織り月記。 皆さんの情報交換の場になればと思っています。
自由文ブログというより、皆さんの織物のおしゃべり場として使ってほしいなぁと思い、作りました。
質問とか、織りで悩んでる事等をコメントに書き込んで皆で解決できたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/09/30 20:42

neitoun さんのブログ記事

  • 絹糸のお話
  • 絹糸とは、お蚕さんが幼虫から成虫になる時に作る繭から採れるものを指します。 お蚕さんは、白くて飛べない蚕蛾の家蚕の事ですが、その他の野蚕種(天蚕、サクサン、タサールサン、ムガサン等々)カイコガ科、ヤママユガ科などに属する蛾の口に通ずる絹糸線(けんしせん)から採れる糸の総称です。※特に蚕の専門ではないので詳しくないです。 が 先日、NEO図鑑 昆虫のDVDを見ていたら「クモの編み出す絹糸は・・・」とか、「く [続きを読む]
  • 蜂巣織炎
  • 話は一週間前にさかのぼる コーヒーをドリップしようと湯を沸かしコーヒーの粉にゆっくりと湯を…と、頭では思っていたのだがよそ見して自分のクスリ指にかけてしまった。熱湯だったのでヒリヒリしたのだけれど、コーヒーの出具合が気になって、最後まで入れてから冷やした。 1時間以上水に保冷剤を入れたものに手を突っ込み寝るときも冷やし続けたかいがあって、翌日には大きな水ぶくれ一つで助かった。 水ぶくれは触ると痛いけど [続きを読む]
  • ホンとに怖い オモイオモワレ話
  • なんだか台風が次々と出来て急に涼しくなりましたね。私は、毎日雷にビビり、仕事が終わったらパソコンとドビー機と買ったばかりのエアコンの電源を引っこ抜く日を送っています。 昔、親戚の家の近所に雷が落ち、地面を伝って冷蔵庫やエアコンがすべてダメになったという話を聞いてからは私の中で新しくて高価な電化製品は引っこ抜くようにしています。 先日、ゴロゴロ・・・・ビューゴロゴロ・・・と、ものすごい風と遠い雷が聞こ [続きを読む]
  • ヲタクとヘンタイとワタシ
  • 先日、作家友達のお姉さん達と一緒に泊りがけの勉強会をしました。 腹が減っては戦が出来ぬと皆で作ったごはんを食べ雑談を楽しみながら染織の勉強をしました。 私「この前さー、出版社の人が私のところに、織物の原稿をチェックしてってきたんだけど~。あ、本は私の本ではなくて、子供向けのなんだけどね。」皆「うんうん」私「でね、たった数ページなんだけど、結構 うーん、違うねぇっていう箇所があって、指摘して修正しても [続きを読む]
  • 蜂巣織りを楽しもう!WSのお申し込みありがとうございました
  • スピニングパーティーのWS「蜂巣織りを楽しもう!」は、昨日の申し込み開始日の午前中にすでにキャンセル待ちも含め満席となりました。まだ、参加者の方に連絡が行っていないそうですが・・・ お申し込みくださった方、ありがとうございます。また、ちょっと行こうかな〜。と思ってくださった方、次回 是非 お願いしまーす(^−^)!!! やっと、すべての配布サンプルを作り終えました。↓こんな感じ そして 毎回大変な思 [続きを読む]
  • ワークショップの受付は事務局です!!
  • スピニングパーティーのワークショップ受け付けは、ひこねあいのブログやメール、電話、FAX宛ではありません!!注意してください。 ワークショップの詳しい申し込み方法は、チラシまたは、HP、facebookで確認してください。 申し込みはメール、FAX、専用申し込みフォームで事務局宛です。電話では受け付けないそうですのでご注意ください。 皆さんの申し込みサンプルをカットしながらお待ちしております!! では [続きを読む]
  • スピニングパーティーのお知らせ
  • ついにスピニングパーティーのワークショップのお知らせがUPしました。 今回のワークショップも すごい講師陣で圧倒されてしまいますが、私も頑張りますのでよろしくお願いいたします。 UPされている今年の彦根愛の講習内容は以下です。 9月15日(土)14:00〜17:00テーマ  「蜂巣織りで遊ぼう!」彦根 愛 <染織工房neitoun>今回は、特別組織の蜂巣織りをテーマにしました。ハチの巣のように連続した穴がポコポコ・・・と少 [続きを読む]
  • 昔絵葉書と今の話
  • つい最近、山梨に行ってきて氷穴を見てきました。飲み物の氷結ではないですよ。あれも好きですが、ちょっとアルコールくさいからどちらかというと自分で好きに作る焼酎割の方が・・・ 閑話休題 富士山近くの氷穴は、昔 蚕種をとっておいたり、繭を一定の温度で管理したりするために使われていました。毎回 行く度に、 すごい知恵だなぁ〜でも、昔はそこまで行く為の道路も舗装されていなかったしていなかっただろうし、もっと氷 [続きを読む]
  • 組み立て話
  • 急に暑くなったり寒くなったりで、学校からどっと疲れて帰ると、テーブルの上にVガンダムのガンダムと、0080のズゴックの箱入りプラモデル・・・仕方がないので、2体を急いで作りました。プラモ作りは10年ぶりくらい 私は、プラモデルなどなど、仕様書の通り作るのが好きです。家具は、重いのであまり好きではありませんが、教室のアシュフォードの織り機と、東京手織りの織り機、紡ぎ車等は、すべて組みたてたのでそらで組 [続きを読む]
  • サンプル作り また やってもうた 
  • だいぶ前からスピニングパーティーのサンプル作りと教科書作りをしていますがまたやってしまいました〜。 去年?おととし?のスピニングパーティーのサンプル作りの時も30人前作ったつもりで枚数が足りずにもう一回経糸をかけなおし、数枚の為に苦労を・・・・よよよ・・・・ 今年はそういう事のないようにと気を付けていたのですがまたしても28人分しか作っていないものが出来てしまいました。 教室の日に発覚したので、「う [続きを読む]
  • スピニングパーティー ワークショップのテーマは蜂巣織り
  • 今年のスピニングパーティー ワークショップのテーマの発表です!「蜂巣織りを楽しもう!」にしました〜。 去年のワッフル織りに続いて特別組織の蜂巣織りです。 もちろん今までのワークショップは受けていなくても全然大丈夫な内容にしております。「蜂巣織りってあれでしょ、凸凹しているヤツで、結構本に載ってるよね。」と思ったあなた! いやー。蜂巣織りも本当に奥が深いんですよぉ。もちろん基本の組織についてのお話しも [続きを読む]
  • カレワラとワレカラ
  • 磯遊びに行ってきました。釣りも好きですが、やはりこの時期は磯遊びですよね。今年は、小魚、カニ、ウミウシが数匹、でっかいアメフラシそれとワレカラを捕まえました。ワレカラとは、通常2−3cm位の海の小さな虫の一種だそうで、去年もとれました。指を近づけると後ろ足でしっかりつかんで尺取虫のように動きます。とても可愛い!!去年も名前を調べたのに、ワー?カー??ラ?て感じの名前だったような・・・何度も繰り返し [続きを読む]
  • 今年もキター^−^ スピニングパーティーのお知らせ
  • 早いものですね。今年も 来ました。スピニングパーティーの内容を決める時が!!もうそんな時期なんですね。 そのうち、花粉症の時期=スピニングパーティーの内容を決める時期になりそうです。 すでに、決めて内容と写真を提出しました。土曜の午後です。 今年のテーマは・・・もう少しひっぱりましょう。まだ、スピニングパーティー事務局の方の発表もまだまだだと思いますし。これは、ぼかした写真。わかりますよねー。 サン [続きを読む]
  • ちょっとだけ便利にするお話
  • 先日、後輩友人から電話があり、織の話をしました。彼女は、これから大作を作るのでそれについてのテクニックや考えられるアクシデントをアドバイスを少しし、その後は、道具などの雑談をしました。その中の一つで参考になるかもしれない話です。知っている人も多いとおもいますが買った小管って沢山使うだろうと思って、10も20も巻いておくと余ってどうしようもなくなり今度は取るのが大変ですよね。私は、最初は何十本も買ってい [続きを読む]
  • 本、どうなるのかな〜。
  • 数日前、小走りしていてすっ転び左顔面を道路にアタックさせました。打った当日は 腫れて赤くなっていたのですが、今は、目の横と下にもののけ姫のような模様ができました。はりつめた〜ゆみの〜です。教室の生徒さんもびっくりです。赤いうちは、サンと呼んでくださいね。さてさてサンプルはこんなになりました。数十センチ織ったら切って綜絖通し直しという過酷な日々が続いています。しかし、少しだけ光が見え始めました。現在 [続きを読む]
  • 本場奄美大島紬のお話 3
  • なんだか、奄美大島のお話2は、後から読んだら私のメモって感じで支離滅裂でしたね。風邪ひいて朦朧とした中、他の仕事できないし〜。なんて書いているとこうなるんだな。ここからは少し風邪も治ってきたのでまじめに書きます。 6機に取り付ける 織るここから織り子さんの仕事になります。織り機に地糸を巻いた男巻と、先ほどの板に巻いた柄糸を準備し、別々にとっている綾を一緒にします。写真手前は一緒にした部分。真ん中は [続きを読む]
  • 奄美大島紬の話2
  • 1デザインのところは、写真のみとし、説明を飛ばします。 2経糸と、緯糸は、それぞれの太さの糸(絹)を16〜20本ほどの束にして糊付けされます。(最終的に、のり付けされたこの糸が、締め機で防染されて染められてから解かれ、一本ずつの糸に戻されます。) 経糸は、一匹分(2反)の長さ。     本数については、同じ柄の着物を何反作るかによる。緯糸は、小管に巻ける段数分の長さ。     本数については、レピート数 [続きを読む]
  • 奄美大島紬のお話1
  • 年末 ずっと行きたかった奄美大島に行ってきました。 なぜ奄美大島?海外はポンポン行っていたのに? そう、私は、“年をとってから海外はきついから家から遠いところから攻めていこう派“なのです。 すぐに行ける国内は、大体 明け方3時頃(途中 漁港で釣りするから)に出発。車で飛ばして二泊三日で行ったりしていたのですが奄美は遠い・・・てことで後回しにしていたのです。 でも本場大島紬は謎だらけ・・・色々な資料や本 [続きを読む]
  • 窓をあけるとそこは雪国だった今日は快晴で雪もやみ空気が澄んでミントのような清々しい日朝から窓を開けたままそうこう通しをはじめると外からサクサクとかき氷を食べているような音が聞こえてきます。あ〜なーんて透明な朝なんだ。素敵でやる気がでるわと、思いふと手元をみると踏んでぐしょぐしょになった雪色の糸を通している事に気づきました。なんか…いっきにやる気が失せてしまった。本のサンプル275番目でした。 [続きを読む]
  • 日本クラフト展 盛況です!
  • 昨日は係りで日本クラフト展の会場におりました。中日だというのに午前中からスゴイ盛況で、来場された方々皆さん熱心に作品を見たり、係りの人に作品の作り方や見どころを聞いたりしていました。 私も今回は肩かけバッグを出していたのですが、作り方や、なぜこのような作品を考えついたのかなどお話しました。 今年から、一般の方の写真撮影もOKになり、細かい部分の写真を撮っている方や、全体の雰囲気を何枚も撮っている方な [続きを読む]
  • 日本クラフト展はじまっています
  • 日本クラフト展が はじまっています今日 ちょっとだけ行ってきました。 2時半からチャリティーで作品が30%offで売り出されるので会場にいたかったのですが、残念ながら 待てないコロボックルさん(息子)がいたのでささーっと作品を見て帰りました。 会場の隣のブースには、素敵な器やショールなどが見えてとても欲しかったのですが、しかたありません(;−;) 地下一階のモクモクファームでソフトクリームを食べ、一階 [続きを読む]
  • 今展示終わった〜明日から日本クラフト展
  • 先程、やっと展示が終わりました。ふぃ〜毎度の事だけど 大変です。足ガクガクです。お時間がございましたら是非ご高覧くださいませ。第57回日本クラフト展 −クラフト NEXT−2018年1月6日(土)〜14日(日) 東京ミッドタウン・デザインハブ      (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)公益財団法人 日本クラフトデザイン協会東京ミッドタウン・デザイン [続きを読む]
  • 日本クラフト展のお知らせ
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。年明け早々ですが、日本クラフト展のお知らせです。 第57回日本クラフト展 −クラフト NEXT− 2018年1月6日(土)〜14日(日) 東京ミッドタウン・デザインハブ      (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)公益財団法人 日本クラフトデザイン協会http://www.craft.or.jp/home/craft57.htmlチャリティーイベント、ワークショップ等もございま [続きを読む]