yuka_non さん プロフィール

  •  
yuka_nonさん: みなみ風の吹く場所。
ハンドル名yuka_non さん
ブログタイトルみなみ風の吹く場所。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yuka98624-minami822/
サイト紹介文2011.8生まれの娘の成長記。21番目の染色体をひとつ多くもってやってきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2011/10/01 01:27

yuka_non さんのブログ記事

  • 朝顔、咲く。
  • 夏休直前、母が学校から持ち帰った時はすでに花は終わったかのように見えた、みなみの朝顔。1枚目のかんさつカードから、すでに種の絵を描いていたというのに。8月も後半になって、再び咲く。本日は、7個も咲いてみなみ喜ぶ。それもこれも、義母がせっせと肥料を追加してくれたお蔭。朝顔が咲いているかどうかも、義母がチェックして母とみなみを呼びに来てくれ、開花を知ったわが親子。そしていつの間にか、せっせと花を冷凍して [続きを読む]
  • 白桃。
  • 先週のこと。今年の清水白桃ソフトクリームが食べられる、ラストチャンスとの情報により「とっとり・おかやま新橋館」へ。母の友人と、初めて清水白桃ソフトクリームを食しクリーム部分を全部食べて、コーンだけ母に返してきた、みなみ。その夜書いた絵日記にはやっぱり、美味しかったみたい。シーズン最後の白桃ソフトを食べ、岡山の白桃よまた来年! ・・・と、心の中で再会を誓っていたところシャインマスカットを連れて、岡山の [続きを読む]
  • 夏休みの宿題 絵日記(普通級)。
  • この夏休み、みなみは個別級と交流級の宿題を両方もらってきた。両方とも全部はしなくてもいい、という話だったけれど絵日記については、個別級と交流級のそれぞれの壁に貼ってくれるそうで、両方提出することに。ところで、個別級と交流級の絵日記はフォーマットが全然違い文字のサイズも大きく異なる。右が交流級(普通級)、左が個別級。小さい字で書いた方が、案外字のアラが目立たない(笑)文字の練習ではないと割り切り、字の形 [続きを読む]
  • 石和温泉。
  • 台風により、キャンプを断念した我が家。急遽、石和温泉行きに切り替え、台風が過ぎ去ってから出発。まずは、笛吹川フルーツパークへ。普段はこの手の遊具を怖がるみなみでも、楽々のレベル。一人で渡れたことが、とても嬉しかったみたい。公園ということで、駐車場も無料で、水遊びも楽しめる。ここは、また来たいなあ。ホテルのプールで暫し遊び、その後は温泉へ。夕食後は、笛吹川の鵜飼いと花火を見に。キャンプは出来なかった [続きを読む]
  • 中国雑技団。
  • 石和温泉2日目は、再びホテルのプールへ。暫しはしゃいだ後、お風呂も入り次の宿へ移動。二日目の宿では、珍しくお昼寝するみなみ。暑いと疲れるよね。昼寝をして元気を盛り返した、みなみ。宿泊したお宿では、中国雑技団のショーがあるとかで1階ホールへ、見に行ってみる。皿回しや、足で傘回し、そして太鼓回し。初めてみる中国雑技を前に、みなみが一言。「たいしたもんだわ」いやいや、それはもっと年上の人が言う言葉ではない [続きを読む]
  • キャンプのはずが。
  • 小1になり、平日休みの家人と遊びに行けないみなみ。(幼稚園時代は、適度に園を休んで遊んでいたが)みなみが、というよりは家人がみなみと遊びたくて随分前から予約をして、準備をしていたキャンプの予定。はいっ・・・ドンピシャで台風がやってきたので、キャンセル。そうなると、次は来年になってしまう、という残念ぶり。残念、といえば長い休み恒例の、みなみの前髪カット結果。母、適当に切っているうちにどんどん短くなり。 [続きを読む]
  • 朝顔 かんさつカード。
  • ついに、待ちに待った朝顔の「かんさつカード」がみなみ氏により、リリース(?)されました。外は台風の影響で、見事な雨模様。仕方ないので、過日に母が撮って置いた写真を見て観察カードを書いたのであります。みなみが描くと・・・。ひゃー、なんか色だけ合っている。茶色のかたまりが、たぶん種だと思われ。朝顔の鉢は、実のところ、みなみは放置。せっせと水やりと肥料まで足してくれたのは、義母。母の撮った写真をみるまで、 [続きを読む]
  • スイカ割り、2018。
  • 今年も、親の会のお友達とすいか割りを。例年通り、年齢の小さい順に並び、小さい子は目隠しはなく小学校高学年から、鉢巻きをしてクルクル回されてからスイカへ向かう。えーいっ(真剣)。パカッ・・・・と、この状態になったのは高校生のお姉さんが叩いたのち、のこと。今年はなんと、兄弟児も含む子供達だけでスイカが割れみんな少しずつ力がついたのだなぁ、と嬉しくなる。毎年一緒に、スイカ割りを楽しむ仲間がいるというのもな [続きを読む]
  • 夏休みの宿題 絵日記。
  • さて、8月もあっという間に1週間近くが過ぎそろそろ「絵日記」を書いてもらうことに。ひらがなを書くワークが、最も時間のかかる、みなみ。「書けない、書けない」と言って抵抗するのでみなみななら書ける!! とよいしょする、母もぐったり。そんなみなみに日記が書けるのか・・・・と思いきや。本日は、日記の神様が降りてきた様子。母がぐったりしないうちに、なんとか書き上げた。絵は妙に宇宙人的ではあるが、そこはまあ個性的 [続きを読む]
  • 続・夏休みの宿題。
  • 気付けば、7月もあと少し。夏休みの宿題は・・・というと、工作・絵日記系は未着手。毎日するはずの音読と個別級体操は、大体2日に1回。(いいのか?)読書は、まだ絵本を2冊。アサガオは観察しようにも、全く咲かず。花を冷凍せよ、とのことだったので、庭の別のアサガオの花を義母がせっせと集めてくれている(実にありがたい)。手作り感のあるこくご・さんすうプリントは、6割ほど終了。勿論、みなみが一人でする訳もなく、母が傍に [続きを読む]
  • ママへ。
  • 急にお手紙が書きたくなった、みなみ。ソフィアのレターセットに、何やら一生けん命書いており。そして「はい、どうぞ」と渡された紙には。ままへあそびにいくねあそびにいくねあそびたいのあそびにいくか これは相当、あそびたいらしい。最後は「遊びに行くか?」と誘っているようにも。ひらがなの文字は、まだまだだけど書こうという気持ちは、育っていること間違いなし。よし、明日はみなみと遊ぼう。なにして遊ぶかな。 [続きを読む]
  • 6歳11か月。
  • あとひと月で7歳になる、みなみ。本当にあっと言う間に日々が過ぎて、小学生に。赤ちゃん時代は、せっせと知育教材を研究し買いこんだり。でも、なかなか出来なくて長く御蔵入りも。療育センターで、手作りおもちゃが出てくるとみなみの様子を見ているフリをしながらうちでも、作れないものかとおもちゃを観察。帰りに早速、材料を探しにいったこともあったっけ。結局のところ、母はみなみの発達に繋がる教材を作ったり、探したり [続きを読む]
  • 夏休みの宿題。
  • 「個別級だと、夏休みの宿題はくれないのかなぁ」と思案していたら。一般級用(手前)と個別級(袋入り)、両方どーん。母、入学後のアンケートに「夏休みの宿題は一般級のも下さい」と自分が書いていたことを忘れており。希望通り、いただけました。個別級の宿題は、というと一般級の宿題メインということで少なめにしていただき。母の小学校時代は「夏休みの友」なる、がっちりした冊子にあれも、これもといろいろな課題が詰まってた [続きを読む]
  • 夏休みを前に、個別教育相談(長文)。
  • 個別教育相談のため、小学校へ。みなみについての大きな問題は、集団の中での聞く力。いや、それ以前に「聞こうとする意識」がない? 少ない? そんな話であった。とほほほ。昨年、特総でも「集団での指示が通りにくい」という指摘があり幼稚園の様子からしても、まぁ予想はしていたものの母の予想を上回る自由な注意力で、授業を受けている模様。ふうぅぅぅぅぅ・・・・母、脱力。就学前。お勉強はいいから、周りのお友達が大切と考 [続きを読む]
  • またまた、収穫物。
  • また野菜のお土産付きで帰宅した、みなみ。ランドセルの縦長と殆ど変わらないサイズの、キュウリ。(ズッキーニではないらしい)今年は個別クラスの畑から、野菜がわっさわっさ獲れているらしく。畑の世話が大変で、もう勉強している場合じゃないわ・・・なんてことになっていたりしないかな。周囲のお友達からは、本日夏休みの宿題を持ち帰ったと聞くがみなみは宿題をもらってこず、野菜をもらってきた次第。あれ? もしかして個別ク [続きを読む]
  • うっとり。
  • 先日の川遊びのことを、書いているらしい。魚をみて「うっとり」するところが、何だかみなみっぽい。(絵はかなり微妙だけど)つい先日まで、一文字一文字、書くことに苦戦していたけれど案外さらりと書いていた。文字について、母としては言いたいこともあるのだけどあまり文句を言うまい。文をつづる楽しさがわかれば、今はそれでいいと思う。 [続きを読む]
  • 10足す。
  • 現在みなみは、お勉強系の御稽古に通うことなく母と家で「チャレンジ1年生」をしている。そのうち「さんすう」は、やはり苦戦しており1桁の計算を、かずブロックを使ってゆっくり学び中。それでも、毎月送られてくる「チャレンジ1年生」はみなみの進捗とは関係なく、教科書通りどんどん難しくなる。今月は「10と7あわせていくつ? 」なんて質問をしてくる訳で。1桁の計算を苦戦しているなら、これは歯がたたないのでは? と思いつつ [続きを読む]
  • 初めての、デイキャンプ。
  • 3連休最終日、珍しく休みが一致した家人とともにみなみ、初めてのデイキャンプへ。場所は、青野原オートキャンプ場。最初は「こわい、こわい」と言って、まさかのパパ抱っこ。しかし、川の魚を見ているうちに楽しくなり。笑顔。その後も「お魚をもっとみたい」と言う、みなみ。よしよし。ダイバーになって、将来はもっと沢山の魚を見に行こう。泳いでいた辺りは流れが少なく、水温もそれほど低くなく。それでも、ちょこちょこと休 [続きを読む]
  • 息抜き。
  • 夕食は、またまた崎陽軒のお弁当。いつものシウマイ弁当ではなく、しょうが焼き弁当など初めて買うお弁当達。母の手抜き? いえいえ、息抜きですよ。(まぁ、元々外食のつもりではありましたが)それにしても。みなみが、崎陽軒のお弁当LOVEで助かった。子供の好きなものを食卓に乗せる・・・という観点については手抜き、ならぬ「息抜き」の日も、クリアしておりますもの。フフ。 [続きを読む]
  • ブラボー。
  • 先日、母の参加する合奏団が、とある地元の音楽祭に出演。そしてみなみは、家族とともに、ホールの客席で母の演奏を応援。演奏が終わり、拍手とともに「ブラボー!! 」と、みなみ。何とも自然なブラボー使いに、家族は驚いたらしい。演奏中はお喋りをせず、時にギターを弾く真似をしながら大人しく聞けたのだとか。終演後、母のところへ来て、花束まで渡してくれた。「とっても、かんどうしました」って言いながら、ね。この日の舞 [続きを読む]
  • 観察日記。
  • 本日の宿題。ばしょ: にしもんいろ: きいろかたち: トリおおきさ:てのひらくらいきづいたこと: つぼみがさいた絵の上下の青色は「夏の感じを出した」とのこと。なるほど、いいね。ところで、朝顔の「黄色い花」は野生種にはないらしい。江戸時代の本に、黄色い朝顔というものが登場するらしいがそれも実在した花の絵かどうか不明だとか。母がみたところ、みなみの鉢の朝顔は、ばっちり「青」であった。だけど、黄色だったと主張す [続きを読む]
  • 今日の、収穫物。
  • 気持ちよく踊っている、みなみの手にあるものは。個別級の畑で採れた、きゅうり。先日のピーマンに続き、今度はきゅうり。小学校で、いろいろな体験をさせていただいているんだなと嬉しくなる。さて、次の収穫物はなんだろう。ちょっと期待してしまう、母。この日は、手に絵の具をべたべたつけて絵を描く・・・そんな授業が交流級の方であったらしく。Tシャツには、楽しかった時間の「かけら」が沢山ついており。みなみが笑顔で帰 [続きを読む]
  • 親の会の、お泊り会。
  • 親の会で、毎年恒例のお泊り会へ。我が家から電車で1時間ほどの、福祉施設。チェックイン時間頃集まり、プレイルームや体育館で遊ぶ。食事の時間以外は、みんなで何かをしよう! という計画はなくなんとなく一緒に過ごす、ゆるい感じ。フラフープに挑戦してみたり。ピアノも触り放題。これまで、あまり絡まなかった2歳上の女の子とみなみが一緒に遊んでいる姿が、なかなか新鮮で嬉しい光景。今回、母はスナップ写真の練習をしたくて [続きを読む]
  • ひとり通学、5m。
  • 入学以来毎朝、母は教室までみなみを送迎していた。持ち物を所定の場所にしまい、ランドセルから教科書を手提げに移し、交流級へ向かうみなみ。朝の、その作業をついつい手伝ったりしていたのだけれどそろそろ、止めようかと思ってね。先生と話しあった結果、母の付き添いは教室のある階の階段をのぼりきったところまで。階段の隣の教室なので、実質5m弱のひとり通学なり。それでも、母の朝の帰宅時間は10分くらい早くなりほんの [続きを読む]
  • バディ。
  • いつものように、朝、みなみを個別級の教室に送っていくと黒板に「個別クラスの、水泳の手順」なるものが、書いてあった。こうして、ああして・・・という段取りが箇条書きされた中に「バディを確認する」と書いてあるではないか。え? 何? 海猿? どうやら、プールで一緒に行動する相手のことらしく。母はごくごくたまに、海に潜る。かなり細々と、それでもスキューバダイビングを続けているのはみなみとバディになって、海に潜りた [続きを読む]