yuka_non さん プロフィール

  •  
yuka_nonさん: みなみ風の吹く場所。
ハンドル名yuka_non さん
ブログタイトルみなみ風の吹く場所。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yuka98624-minami822/
サイト紹介文2011.8生まれの娘の成長記。21番目の染色体をひとつ多くもってやってきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/10/01 01:27

yuka_non さんのブログ記事

  • 単語の理解を深める、作戦。
  • STに通い始め、言葉に関するいくつかの検査をした。その結果の中に「提示されている事物や状況を、本質的に理解出来ていない」という文言があった。みなみは、物の名前を結構知っている。だから、なぞなぞで答えられる単語は割とあるけれどじゃあそれは、どういうもの? という説明を求めるとぐだぐだになってしまう・・・そんな感じ。例えば、冷蔵庫を指さし「これは何?」と聞かれるとみなみは「れいぞうこ」と答える。それは何を [続きを読む]
  • 言葉の検査結果、から。
  • 吃音が気になることからSTを始めて、約半年。この間、いくつかのテストを行い、みなみの言葉の傾向を調べてもらった。その結果、わかったこと。・言葉の発達は、知的発達とほぼ同年齢で、みなみの場合 言葉の発達だけが特に遅れている、ということではない。・聴覚情報、視覚情報の処理に違いはみられない。・言いたいことを羅列的に話す傾向があり 話す内容を頭の中で整理することが苦手。・単語を沢山知っており、よくわかって [続きを読む]
  • 重すぎる、ランドセル。
  • 小学生になり、荷物がぐっと重くなった。荷物が重いので、箒で飛んで通学する練習中。あ、飛べた! 教科書が入ったランドセル、水筒、月曜日は体操服に白衣、上履き。更に、みなみは大型絵本が好きなので、やたらとデカい図書館で借りた本(←これは自己責任)。1年生には、荷物が重すぎる・・・と思っていたら文部科学省から通達があったとか、なんとかで学校から「国語、算数以外の教科書は置いて帰ってよし」という話があった。「 [続きを読む]
  • 初めての「あゆみ」。
  • 先週、みなみの通う小学校の前期が終了。初めて「あゆみ」をいただいてきた。個別級を選ぶと、点数などの評価はなくすべて言葉で表現されると、聞いてはいた。そうなのか・・・成績がつかないのか・・・ちょっと寂しいなぁと思ったことも。ところが見て、びっくり。A4、2頁に渡り、びっしりと日々の様子を記入していただいており。表現もどこか好意的で、読んでいると嬉しい気持ちになり普段から、よく様子を見ていただいているこ [続きを読む]
  • 運動会、一年生。
  • 先週のこと。小学生になって、初めての運動会が無事終了。運動会開催中は、児童席というクラス毎の席に座り観覧。みなみも、交流級の席に座っており。個別の先生からは、一日通して様子を見て居てくださいと言われ監視カメラのように、いろいろな角度から、みなみを見続ける母。(結構、疲れます)みなみは、特に問題なく自席に座っていた。最初の一年生の競技は、くす玉割り。どうやら割れやすい玉だったらしく、みなみが玉の近くに [続きを読む]
  • 日々、実験、是好日。
  • 休日の、ゆったりした朝。母のシャワーキャップを被りシャワーキャップの上から、念入りに髪をとかしていた。何かの実験だろうか。ビニールの上から、ブラシを滑らせたときの摩擦熱による人体への影響調査とか。(だとしたら人体実験やん!) はたまた、母を笑わせることにより免疫力を高めてくれようとしているのか。よくわからないけれど、毎日何やら面白いことが起こる。日々是好日。 [続きを読む]
  • RAIN。
  • 外は雨。夜には、横浜方面も台風の影響が出てくるようで本日はどこへも出かけられず。このところ、SEKAI NO OWARIの「RAIN」という曲がみなみのお気に入り。「メアリと魔女の花」という、スタジオポノック作品の主題歌であり、しとしとといった今の雨足には、ぴったり。時には、先日プレゼントしたカラオケマイクでなんとなく、歌っている感じをだしてみたりもするのだけど「かしが よくわからなーい」とおっしゃる。まあ、そうで [続きを読む]
  • 運動会、見守り要請。
  • 本日は、小学校で初めての運動会・・・のはずが台風24号の影響により延期。先日、運動会を前に「当日の見守り」要請が学校からあった。児童はまとまって、クラスごとに座っているのだけど当日、個別の先生も忙しく一人一人に目が届かない。ゆえに個別クラスの児童は、保護者で守る必要がある、とかで。母は、完全に気楽な観客のつもりでいたのに(笑)出番と出番の間にトイレに行かせたり、本人がSOSを出していないか急にいなくなっ [続きを読む]
  • パパには、塩対応。
  • 先日のこと。みなみが寝ようとしたまさにその時、家人が帰宅。みなみと、少しでも話したい家人が寝室へ向かうと「あ、パパ。(パパが)いると、わたし眠れないからどっか行ってくれる? 」。なんという冷たい対応(笑)苦情の前に「おかえり」が先ではないかい。チューして! と家人が言っても「チューしない! 」ときっぱり断る、みなみ。おおっ、NOが言える日本人になってきたぞ。但し、パパに対してのみだけど。だけど、時には「家族で [続きを読む]
  • 運動会向け、自主練。
  • 今週末は、みなみの通う小学校の運動会。連日その練習で、ちょっぴりお疲れモードゆえ連休はのんびりと、家周辺で。その運動会で、1年生が踊るダンスの振り付けDVDを先週、持ち帰ってきた。1年生の担任の先生たちが、会議室かどっかで踊っているもの。個別級の一年生4人に配られたらしく、以来時間があれば母とみなみで踊っている。曲は星野源さんの「ドラえもん」♪どどどどど、どらえもん〜こういう支援は、実にあり難いなぁと思 [続きを読む]
  • 前撮り、七歳。
  • あっという間に、七五三の「七」の歳となり。再び、スタジオアリスへ。今回の撮影では、某アプリの会員登録をすることにより撮影準備中の写真を撮ってもいいというサービスあり。(先に知っていたら、カメラ持っていったのになぁ)とりあえず、電源ある限りiphonで撮りまくる。今回の洋装は、ドレスではなく「ティンカーベル」をチョイス。大好きなティンカーベルになり、ピーターパンと写真を撮れる・・・と思っていたら、撮影はま [続きを読む]
  • 指で、計算。
  • 小学一年生の「さんすう」の教科書では、ブロックを使い足し算、引き算の説明をしている。家でもそれに習い、ブロックを使って「さんすう」の宿題に取り組んできた。ところが、だ。元々、みなみ氏のお得意ではない分野、ということもありブロックの数え間違え、多発。間違えるばかりする自分に、イライラするのか「もう、ブロック数えない!!」えーんと、泣きだす始末。そこで思い切って、ブロックには暇を出し。ブロックの代わりに [続きを読む]
  • いつの間にか、お姉さん。
  • パスタを食べに、母の好きな「ピエトロ」へ。みなみと母とで、横並びに座っていた期間が長いだけに向かい合わせで食事出来ることが、そもそも嬉しい。自分でキッズメニューを見て「おこさまポテトとー、おこさまぱすたとー、どりんくばーをお願い。」母よりも、さっさと決める。くるくるする手付きが、なんだかお姉さん。母の行きたい店に、みなみと一緒に行ける。なんだか幸せだな。帰り道。通りすがりの店の、赤ちょうちんを見な [続きを読む]
  • 自由に生きる。
  • このところ、みなみの中で『メアリと魔女の花』が熱い。元々ジブリ好きだし、アリエッティも好きなので同じ監督の同作が入りやすいのかもしれない。その『メアリ』とは、直接関係ないのかもしれないが映画を見終わってすぐ、まだ感動も冷めやらぬ・・・といった感じで母のところへやってきて宣言。「ままー わたしはもっと自由に生きるー!! 」ええっと。もうすでに、かなり自由に生きておられる気がしますが。もっとですか? もっ [続きを読む]
  • モネ それからの100年展へ。
  • 夏休み前から、みなみと約束していたモネ展へ。小さい頃より、モネの絵はがきを見せていたので(知育というより母の趣味)「積藁」や「睡蓮」といった、有名どころの絵は頭に入っている様子。それなら是非本物を、と思い横浜美術館へ足を運んだ。連休初日の土曜日、モネ展の観客は多い。モネの絵は、少し離れてみる方がよい絵が多いがわんさわんさと、手前に人だかりが出来ている状態ではそれはなかなか難しい。それでも、大人なら人 [続きを読む]
  • 耳鼻科、再び。
  • 久しぶりに、耳垢掃除のため耳鼻科へ。これまで耳鼻科では、大暴れの末、泣きすぎて毛細血管が切れ赤い点々が目の周りを縁取る・・・毎回、この結末であった。本日は、就学して初めての耳垢掃除。「こわいけど、がんばる」と、自分に言い聞かせるように宣言し診察用の椅子へ。はい、今回は本当に頑張りました。初めて暴れず、初めて泣くこともなく、あっさりと終了。待合室に戻ってからると、みなみの目にちょっと涙が。その涙の訳 [続きを読む]
  • 普通級で受ける授業の準備を、個別で。
  • 現在みなみは、算数と体育以外の教科を交流先の普通級で勉強している。毎日、翌日の個別級の時間割と普通級の時間割から個別の担任の先生が、みなみ専用「ハイブリッド時間割」を作成しそれを、本人が連絡帳に記入して持ち帰ってくる。「こくご」は、普通級で学べるようお願いしているのでその時間は普通級に丸投げなのかなと、母は勝手に思っていた。しかし、普通級の「こくご」で、例えばみんなの前で発表がある時などには、事前 [続きを読む]
  • 既成概念を、壊す。
  • プリントなどに、自分の名前を書く機会が何度もある、小学生。みなみは、と言えば。名前は、空白に書くものだと? 書きたい場所に、自らの名を記すのだ。それが、たとえ印刷の文字の上であろうと。なんか読みにくいんですけど、となろうとも。既成概念なんて、ぶち壊せ。・・・と、みなみが思っているのかどうかわからないが(たぶん、100%思っていない)みなみの書いたものは、なにかと自由度が高い。提出物に、英語的に姓名を逆転 [続きを読む]
  • ママが心配。
  • 本日、学校にて一時みなみの姿が見えなくなり先生が探し回ったと、聞いた。トイレの片隅に、ひっそりと居たらしいのだけどそこにいた理由を、個別級の担任の先生が尋ねたところ「ママが、お友達とご飯を食べに行くのが心配だから」と言ったらしい。ええ、ええ。母は確かに本日、お友達のママとランチをしており。ママのどこが心配だったのか、みなみに訊ねると「お皿を、ひっくり返したりしないか」・・・って、ちょっと !! お皿を [続きを読む]
  • たしざん、サイコロ。
  • 母が出かけている間に、みなみがババと一緒に作ったという数字のサイコロ。そのうち2個を振りだし、出た目を足してみる。若干繰り上りのパターンもあるけれど、今のみなみに丁度いい計算遊びだ。更に、母とみなみで各2個のサイコロを振り合計が多いほうが勝ち! と、そんな遊びに持って行くと「やったー、みなみの勝ち〜」若しくは「残念、負けたー」となりもう一回! と言わせたら、しめたもの。計算ドリルに向かうよりも、数倍楽し [続きを読む]
  • 誕生日プレゼント、7歳。
  • みなみ、7歳の誕生日プレゼント。それはカラオケマイク。マイクの下側がスピーカーになっておりスマホやPCから、Bluetoothで飛ばした音楽に合わせマイクで歌えるというもの。なかなか、音も悪くない。みなみの大好きな「プリンセス エレナ」のサウンドトラックを流すと、マイクを持って歌い、踊る、踊る、踊るではないか。最初はリビングで踊っていたのに、曲が変わると今度は廊下にまで踊りだし、一人ミュージカルのようでもあ [続きを読む]
  • どんぐり。
  • 朝の通学路にて。お寺の横を通った時に、ころころりと目の前にどんぐりが転がってきた。あれ、あれれ。小さいトトロがいるのかな、と母が言えば「青いトトロかな?」と、みなみ。そして「大きいトトロは、あの木の下の穴の中で寝てる」と境内のご利益のありそうな大木を指す。みなみもトトロに会えたら、メイちゃんみたいに上に乗っかって、ぐわわわわわわわっーーーとか叫んでみる? と聞けば「しないよ ー」「トトロに乗って、学校 [続きを読む]
  • 吃音について。
  • みなみは、吃音と発音の不明瞭な部分があり少しでも改善出来れば、という思いでST(言語療法)に通っている。本日は、吃音のテスト。名前や学校、夏休みのことなどを聞かれ、答えていくみなみ。STさんとは気が合うようで、みなみは聞かれた以上にどんどん答えようとする。ひとつ答えればいいところでも「もうひとつ話がある」とか言ってなんとか、自分の話を聞いてもらおうとする場面も。こんな時、みなみの吃音は出る。自分の話した [続きを読む]
  • グリコ。
  • 母がこどもの頃からあった遊びで陸橋などの階段を使い、じゃんけんをして勝った人が出した手によって、階段を登っていくもの。グーで勝ったら、グ・リ・コ。チョキで勝ったら、チ・ヨ・コ・レ・イ・トパーで勝ったら、パ・イ・ナ・ツ・プ・ル勝者は、文字の数だけ、階段を登れる。この遊びを、そういえばみなみとしたことが無かったと思い学校の帰りに、近所の階段でやってみた。母がチョキで勝ち、チ・ヨ・コ・レ・イ・ト、更にグ [続きを読む]
  • 個別級の、誕生日会。
  • 幼稚園では、毎月あったお誕生日会。小学校では、そんなイベントはないだろうと思っていたところ。あれ? 個別級の週間予定表には「誕生日会」の文字が並んでいるではないか。それは、4月〜8月生まれのお友達の合同お誕生日会とかで8月生まれのみなみも、お祝いしてもらったらしい。給食がない日の3、4時間目を使い、各自トッピングしたアイスを食べたのだとか。実に、楽しそう。手作りのカードとメダル。帰宅後とても嬉しそうに、 [続きを読む]