競馬必勝予想 さん プロフィール

  •  
競馬必勝予想さん: 競馬で月収30万円を稼ぐ競馬好き男の競馬予想ブログ
ハンドル名競馬必勝予想 さん
ブログタイトル競馬で月収30万円を稼ぐ競馬好き男の競馬予想ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/keibahissyouyosou/
サイト紹介文馬券で月収30万円を稼ぐ「ゼブラーマン」、「さんぺい」二人によるよく当たる競馬予想ブログです!
自由文類まれなる記憶力で過去のレース記録から勝てる馬のみを導き出し、ずば抜けた的中率をただき出す男「ゼブラーマン」、ただひたすら『勘』だけを頼りに、人の予想に乗っかり馬券を組み立てる邪道予想の『さんぺい』!二人による、本当によく当たる競馬予想ブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2011/10/01 18:24

競馬必勝予想 さんのブログ記事

  • 単勝1番人気が強いレース
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の天皇賞は、約20年ぐらいの長い年月を振り返っても、1番人気の勝率が50%以上と高い数値を示していますJRAのG1全レースで見ても1番人気の勝率が50%以上なのはこの天皇賞とフェブラリーS、ダービー、有馬記念の4競争だけとなっており、1番人気の信憑性はかなり高いです今まで1番人気が期待通りの走りを見せているこのレース。今年も前評判の高い馬が期待に応える結果になるのか?ま [続きを読む]
  • 最後の直線攻防から察するに
  • こんにちは、ゼブラーマンです 菊花賞の回顧です 展開のアヤ、紛れのレースの回顧をしなくてはいけない時がきました正直、定石から外れたレースを回顧するのは嫌です、というよりこんな展開もあるのか、というイメージを払拭したい、忘れたいというのが本音ですしかしこういうレースもあるので私自身の分析見解は書き留めます 先に言っておきますが私自身の購入馬券等含め、完敗ですしかし、本当に不可解で不思議なレースでした [続きを読む]
  • 菊花賞最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです 菊花賞の最終決断です まずは昨日の土曜日の芝のレースを参考に馬場状態を考えて見たいと思います10Rの1800m(古馬1600万)戦は1分46秒4で決着となり、速くも遅くもない平均水準と言えるものでしたが、このレースを含め目を引いたのが3〜4コーナー及び直線で馬場の内を避けて走らせる騎手が多かったという事です馬場自体は昨日よりもさらに今日の方がパンパンの良馬場で施行されそうなので、タイムは [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜菊花賞好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の菊花賞の直前調教チャンプはエポカドーロです首をグッと下げた抜群の気合いのりの走りが目を引くものでしたそこから鞍上のGOサインを待ってましたとばかりの一気に弾ける姿は圧巻の一言でしたタイムも”超抜”ものです 他では直前で仕掛けられると、抜群の反応から重心をグッと沈めて走っていて素晴らしいものでしたその仕掛けられた後の走りはまるで獲物をめがけて走るチーターのような [続きを読む]
  • 菊花賞展望の肝
  • こんにちは、ゼブラーマンです 菊花賞展望のキモです 菊花賞とを一言で言うと(乱暴すぎですが)、まさに一発勝負です他のクラシック2戦は前哨戦等で類似するコースや、そのコース形態で経験を積む機会がありますが当レースはそういうものが全くなくいきなりぶっつけ本番となりますそれでも過去の好走馬には共通の傾向が存在します今回の肝はそのあたりを探ってみます まずはイメージの中で最も強い部分ですが、当レースで乗り替わ [続きを読む]
  • ダービー馬不在も個性派集結
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今年の菊花賞はダービー馬ワグネリアンが天皇賞へ向かう(残念ながら疲れが抜けずに回避となりました)という事でダービー馬不在のレースになり、戦前から混戦模様と謳われています 今年もこの菊花賞で牡馬、牝馬の3冠クラシックは終了です牝馬の今年のクラシックは全て固い決着で決しましたそれに対して牡馬の春2冠の皐月賞ダービーは、両レースともなかなかの荒れ方をしていますその2レースとも [続きを読む]
  • 若駒のマラソン大会
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の菊花賞はクラシック三冠の最終戦にして最も過酷なマラソンレースです3000mの距離は3歳馬のどの馬にとっても初距離なのはよくクローズアップされますが、出走馬のほとんどが初めてと同時に最後の長距離戦になるケースがほとんどです若いからこそこなせるという面もこのレースにはあるような気がします走るのが嫌いにならないようにだけを願いますそんなレースが行われるコースはどんなも [続きを読む]
  • スペシャルな馬しか出来ない芸当〜秋華賞回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです 秋華賞の回顧です 当然そしてやはりの3冠馬の誕生となった昨日のレースでした異次元の脚、何枚も他馬と違いがあった等の言葉で短評といつも通りの振り返りでも良いのでしょうが、その凄さのメカニズムをちょっと書きたいと思います 最終決断の際に焦点にしていたアーモンドアイのスパートのタイミングは想定していたものよりも遅かったですそして1000m通過タイムも想定より遅く(アーモンドアイは今 [続きを読む]
  • 秋華賞最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです 秋華賞の最終決断です まずは馬場状態を昨日のレースなどを参考に考えてみます昨日の京都は芝のレースが6鞍で全体的には差し馬の活躍が目立ったと思います(大原Sはペース、頭数の影響で行った行ったのレースだったので気持ち的に除外したいです)また先週の京都も芝丈の影響かやや時計を要していて極端な高速決着ではなく先行馬も差し馬も活躍出来るフェアな状態だったのでこの傾向が続いているなと [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜秋華賞好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の秋華賞の調教チャンプはアーモンドアイです鞍上は最後まで手綱を持ったままでアーモンド自体の走りは余裕綽々でしたが、ダイナミックなフットワークでバランス良い本当に素晴らしい動き、その中叩き出した時計は驚愕のこの日美浦坂路一番時計の”猛烈デモ”本気で追ったらどんなタイムだったのかと思うと恐ろしくなるような直前調教でした 他では間に合った、そしてさすがのデモだったと [続きを読む]
  • 秋華賞展望のキモ
  • こんにちは、ゼブラーマンです 秋華賞展望のキモです 今年は1頭、頭がいくつ抜けているかさえもわからない馬がいるので今回の記事はどうしようかと考えたぐらいですが、秋華賞のレースの特性はやはり紹介したいので書き留めておこうと思います 3歳牝馬路線の最終決戦の当レースの春2冠と違う点、そこを今回の肝にしたいと思います春の2冠レースと比較して大きく違うのは、春の2冠レースは広々で直線の長いコースを使用するた [続きを読む]
  • ただの通過点 今日本で最も信頼できる馬の参戦
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今年の3歳牝馬戦線は桜花賞の衝撃からアーモンドアイ一色で繰り広げられてきました更に桜花賞、オークスと不動のワン、ツー、スリー3頭が君臨とこのままなら秋華賞も不動のものかと思われましたが、リリーノーブルの回避そしてラッキーライラックがローズSを使えなかった事などここにきて他馬にもメダル圏内に空席が用意されています空いた2、3着そしてアーモンド食いのジャイアントキリングが [続きを読む]
  • 秋のG1に最も似合う競馬場
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の秋華賞を皮切りに怒涛の秋G1連戦が始まります正確にはJPG1の3戦が間に入りますが、今回はこの3戦が日曜日京都の開催ですのでJRAのG1と言っても良さそうです私自身も連戦、連勝怒涛の勝ちといきたいところです(W) そこで連戦の初っ端の秋華賞は是が非でも勝ちたい、という事でまずは、その舞台のコース設定について軽く触れたいと思います 京都芝2000mは内回りコースを使用するた [続きを読む]
  • 見事な闘争劇
  • こんにちは、ゼブラーマンです毎日王冠の回顧ですまるで真夏に逆戻りしたかのような晴天の中、紅一点のアエロリットの闘争劇がやたら目立ったレースとなりましたと、いうのも昨日のそれまでの芝のレースを見る限り逃げた馬に有利な馬場では無かったので、レースが始まる際、どうなんだろうと思いましたが、そんな不安はおろか安心して見てられるものになったと思いますそれでは、好走した馬の寸評をしたいと思いますまずは、その素 [続きを読む]
  • 毎日王冠最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです毎日王冠の最終決断ですまずは昨日の芝のレースから今日の芝状況を読み取りたいと思います稍重スタートということもあり、開幕週らしくない?、重そうな感じが序盤は見受けられましたが、良に回復してからは走りやすそうに見えました終盤の11Rの2歳マイル戦で1分34秒0の好タイムが出たので、超好天の本日は本当に良好な良馬場施行となり時計が速くスピードが求められる馬場になりそうです次に展開等に [続きを読む]
  • 今週のチャンプ
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の毎日王冠の直前調教チャンプはアエロリットです四肢の可動域が広くなりさらにフットワークに凄みが出てパワーアップした印象を受けましたほぼ馬なりながらもスピードは他馬に比べて別次元のものでラップタイムから読み取れる綺麗な加速はこれぞ理想の調教のお手本といえるものでした前哨戦前の調教と思えない、まさに豪快なデモンストレーションでした 他では藤岡佑Jを背に、ダイナミッ [続きを読む]
  • 毎日王冠展望の肝
  • こんにちは、ゼブラーマンです 毎日王冠展望のキモです 昨日も少しふれましたが、近年超一流馬は天皇賞直行、あるいは凱旋門賞に参加と当レースをスキップする傾向が強くなっていますそのため、往年のイメージと違うところが増えていると思いますその様変わりをした近年の傾向を今回の肝にすえたいと思います 10年ぐらい前までは毎日王冠→天皇賞の連勝はちょくちょく見られましたがこのところは連勝した例が皆無のため天皇賞とは [続きを読む]
  • 今年は牝馬と3歳馬に注目
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の毎日王冠は、天皇賞の前哨戦に位置付けられるレースですので、例年は牡馬古馬のバリバリG1馬が参戦するケースが多いですが今年はちょっと違う様相です調教技術の向上も手伝ってか、秋G1、3戦を見据えた馬は直接天皇賞から始動のケースも増えたのでそういう時代の流れの関係も考えると今後、当レースは今回登録のあるようなメンバー構成になっていくような気もします 昨年のようにG1馬5頭 [続きを読む]
  • 秋の東京開幕
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週から東は東京、西は京都と古今の都の場所がらか、競馬場でもこの2場は王道かつ最高の舞台といえると思います 本格秋始動、今週は東の伝統あるG2毎日王冠に照準を定めたいと思います まずは当レースが行われるコース形態から見てみたいと思います ずばり左回りの大箱ですその特徴は、というと約530mの最後の長い直線を有して、さらにその直線の途中に高低差2mの急坂があるので基本は差し、追い込 [続きを読む]
  • スペシャリスト〜スプリンターズS回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです スプリンターズSの回顧です 昨日の中山は想像していたよりも台風の影響が無かったですが、それでも時折強い雨が降ったりして馬場も重→稍重に変わったりしてベストな状況での施行では無かったと思いますそして、そのベストでない状況はタフな馬場状態を作り上げたようで前に居て、どちらかというと気楽な立場の馬が好走しました、前にいても勝ちを意識して無理をすると、手応えがない、そして後方 [続きを読む]
  • スプリンターズS最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです スプリンターズSの最終決断です まずは昨日の中山の芝のレースから馬場状態を探りたいと思います 昨日はやや重の発表のままでしたが強い雨が降った時間帯もあったようでレース終盤はほぼ重だったと考えて終盤のレースに重きを置いてレース映像を見ましたそこで参考としたのが、11Rのマイル戦と1200mの2レースですどのレースもやや重の水準以上の時計での決着となっていたので、馬場状態が最終週で [続きを読む]
  • 今週のチャンプ
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行のスプリンターズSの調教チャンプはワンスインナムーンです昨年も3着入線した同馬ですが、その際の調教よりもきっちり仕上げてきた印象を受けるとともに馬自体も昨年より前進気勢が気持ちに溢れていてラストも軽い仕掛けでしっかり切れを見せていました全体時計も特筆ものの猛時計です 他では四肢を伸ばした力強い走りと動きを披露。特に足捌きは破壊力抜群だったファインニードル何事も無 [続きを読む]
  • スプリンターズS展望のキモ
  • こんにちは、ゼブラーマンです スプリンターズS展望の肝です 当レースの顕著な特徴として、とにかく速い上がりを要求されます近年のこのレースの優勝馬、レッドファルクス、ストレイトガール、ロードカナロアの後半3F上がりタイムが全て33秒台となっていますそのため、優勝条件として3F33秒台前半で上がって来られる切れ味をもつ馬でないと勝ち切れませんまた、どんなペースでも当レースは必ず後傾ラップになるため、速 [続きを読む]
  • 多彩な快速自慢集結
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行のスプリンターズSの出走予定馬を見てみると、実にG1馬6頭そして今年実施された古馬の芝スプリント重賞の優勝馬が全てスタンバイと、短距離王決定戦にふさわしいメンバーといえます そんな豪華メンバーの中でも特に注目すべきはどの馬か?軽く有力どころを紹介したいと思います まずは、春秋のスプリント王を目指して参戦のファインニードルです正直、前走のセントウルステークスの勝利は驚 [続きを読む]
  • 高速決着の結果は。。。〜オールカマー回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです オールカマーの回顧です 勝ちタイムはレースレコードタイの2分11秒2とやはり高速の決着になりましたスピード、切れ味が求められる条件下のレースだったので好走馬もやはり読み通りに限られていました安泰な結果のレースは配当面では寂しいものがありますが、G1の前哨戦で強いと目されていた馬がしっかり結果を出すと、本番G1が余計楽しみになるのでそこは良しとしましょう それでは、1〜3着馬の [続きを読む]