競馬必勝予想 さん プロフィール

  •  
競馬必勝予想さん: 競馬で月収30万円を稼ぐ競馬好き男の競馬予想ブログ
ハンドル名競馬必勝予想 さん
ブログタイトル競馬で月収30万円を稼ぐ競馬好き男の競馬予想ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/keibahissyouyosou/
サイト紹介文馬券で月収30万円を稼ぐ「ゼブラーマン」、「さんぺい」二人によるよく当たる競馬予想ブログです!
自由文類まれなる記憶力で過去のレース記録から勝てる馬のみを導き出し、ずば抜けた的中率をただき出す男「ゼブラーマン」、ただひたすら『勘』だけを頼りに、人の予想に乗っかり馬券を組み立てる邪道予想の『さんぺい』!二人による、本当によく当たる競馬予想ブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供453回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2011/10/01 18:24

競馬必勝予想 さんのブログ記事

  • 宝塚記念最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念の最終決断です まずは、昨日の阪神芝レースを振り返ってみますレーススタートの良発表から降雨の影響で重馬場まで悪化し、その徐々に道悪になる中での施行の運びとなったのでレース後半の10R 芝2000m(内回り)の勝ち時計は2分4秒3と、非常に遅いものでしたまた、レース前半の方は先行馬の活躍が目立ちましたが後半は差しも効くようになりましたが、これは馬場傾向とは関係のない馬 [続きを読む]
  • 今春のG1のトレンド
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今春の古馬G1は全レースとも自身初のG1戴冠という、珍しい現象が続いていますこの現象を気づいたのは安田記念の前で優勝したモズアスコットもきな臭いイメージを持っていて、一瞬一考しましたが連闘がどうしても気になって、買えず終いでした その際、今春の最後のG1の宝塚ではこの現象を忘れないようにしようと誓い、そして記事に残そうと思った次第です そこで、出走メンバーの中で初のG1戴冠 [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜宝塚記念好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の宝塚記念の直前調教のチャンプはミッキーロケットです破格時計、超抜もののタイムもさる事ながら、反応の素晴らしさが際立った調教でしたそれも渋った馬場、余裕を感じる中でのものですのでかなりの価値ありです半端(危ない思わず時の言葉を使いそうに)、今までで一番めを引いた調教でした 他では、最後まで馬なりだったので終始リラックスした感じで体を大きく使って素軽く、そしてスピ [続きを読む]
  • 宝塚記念展望の肝
  • こんにちは、ゼブラーマンです 宝塚記念展望のキモです 今年は”本当によくわからないメンバー”というのが本音という方が多いと思います通年ですと、天皇賞・春などのそのシーズンの国内レースにフィルターをかけ、振るい落とすことによってある程度の目安は付いてくるのですが今年は、天皇賞1〜3着の馬が不在そして、年々増える実績馬の海外遠征明けのレースという事で、いわゆる住み分けはしづらい状況ですそこへ持ってきて [続きを読む]
  • 今年も人気薄の馬の台頭の余地十分
  • こんにちは、ゼブラーマンです 昨年の宝塚記念で圧倒的1番人気のキタサンブラックが敗れたのは今も記憶に残っています同シーズンのG1を3つ勝つ事の難しさというのを本当に感じましたその際の優勝は、6番人気のサトノクラウンでしたその前年の優勝馬も8番人気のマリアライトその前も6番人気のラブリーディと近年はいわゆる伏兵の台頭が目立ち、やや難解なレースになりつつある当レース。今年も伏兵の台頭があるのか出走予定 [続きを読む]
  • 春のグランプリ
  • こんにちは、ゼブラーマンです 春の総決算にして、上半期最後のG1レースが宝塚記念です結構荒れるイメージがありますその要因はこの時期特有の調整の難しさ、そして雨の影響も度々受けるなど様々なものに求める事ができますがいわゆる”非根幹距離”で行われるのが最も根本的なものだと思います適性を見極めるためにもまずは阪神芝2200mのコース特徴から見てみたいと思います 内回りコースを使用するため通常内馬場が荒れる [続きを読む]
  • あっさりした決着でした〜函館スプリントS回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリントSの回顧をしてみたいと思います結局は開幕週らしい内前の馬のレースでした(かなり猛省) セイウンコウセイの逃げ切り勝ちでの決着で、JRAの全競馬場で最も短い直線をもろに感じるあっさりした感じのレースでした 鞍上の池添Jはスタートがあまり良くない中、最内枠をうまく利して逃げを打ちました多分、これはレース前からあったプランだったと思います今回からチークを使用していたの [続きを読む]
  • 函館スプリントS最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです まずは昨日(6/16 土曜日)の函館の芝レースの傾向から読み取りたいと思います昨日は、芝の7レース(1200m戦は3レース)の6レースで4角2番手以内の馬が連対し、先行勢の健闘が目立ちましたが、中団より前めにつけた差し馬もしっかり馬券に絡んでいたので、開幕週にしては、逃げ.先行の天国ではなかったと思いますしかし、後方一気はキツイので後方差しの脚質の馬でもある程度のポジションは欲しい [続きを読む]
  • 今年も高速か?
  • こんにちは、ゼブラーマンです 木曜日の続きのような形のブログとなりますが、年々高速化が続く函館競馬場の芝状態、今年も引き続きか?それとも、洋芝らしいタイムのレースになるのか?は馬券購入の手がかりとして最重要の課題という事でこの部分をなるべく掘り下げたいと思います 函館スプリントS出走の馬の中にも本番レースで使用する芝コースで直前調教をした馬が数頭いたのでそこからも読み取るヒントが若干あったように思い [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜函館スプリントS好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の函館スプリントSの直前調教チャンプはワンスインナムーンです追われてからの反応の鋭さが目を引きました、直線の短い函館ではかなりこの点が有効性を持ちそうですその素晴らしい反応から、力強く伸びてきたのも好感が持てます以前よりもしっかり負荷をかけた調教でしたので、体質強化も感じました 他では 8歳馬ながらヤル気は満々といったところを見せて、ラストまで楽な手応えのままで [続きを読む]
  • 函館スプリントS展望の肝
  • こんにちは、ゼブラーマンです 函館スプリントSを展望する際のキモです 今年の出走メンバーを見渡すと安定感に欠ける馬が多数でつかみどころの無いといった表現がぴったりのように感じますどの馬も一長一短がはっきりしていて軸馬選定にも一苦労しそうな感じです そこで、開幕週の洋芝の函館コースという特異性から好走馬を導き出す事が不可欠だと思います まずは、短い直線の函館コースの開幕週という事から考えると、俄然逃げ馬 [続きを読む]
  • 夏の風物詩
  • こんにちは、ゼブラーマンです サマースプリントシリーズは今週の函館スプリントSからセントウルSまでの約3ヶ月間と長期に渡り、当年の夏の短距離王を決する争いですその始まりは夏の始まりを感じその終わりは夏の終わり、つまり秋の始まりを感じさせますさながら、夏の風物詩といったところです そんな夏の始まりを感じる函館スプリングSの有力馬をざっと紹介したいと思います まずは、ナックビーナスです高松宮記念でも3着に [続きを読む]
  • 北海道シリーズ開幕
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週から3ヶ月弱(12週)と短い間ですが、函館、札幌と北の大地のレースが始まります2会場で、3ヶ月弱とこの時期しか楽しめない貴重な北海道での競馬を楽しみたいです梅雨の影響が無いのも良いですね たまたま、昨日会った友人に北海道旅行の土産を偶然もらったのでこれも何かの縁とばかりに今週は函館開幕週のスプリントSを狙ってみたいと思います まずは、函館スプリントSが行われる函館1200 [続きを読む]
  • エプソムC回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです エプソムCの回顧です 正直なところあそこまで馬場が悪化して時計がかかる馬場になるとは思いませんでした。推奨馬5頭以外に他馬(ハクサンルドルフ)のことを書くのは避けたいのですがどういう状況になるかわからなかった昨日のような時は必要だったと思いたいですし、記述した事により馬券購入の手助けになった、としたら幸いです私自身の軸自体は、サトノアーサーでした。最終決断の際に、明らか根 [続きを読む]
  • エプソムC最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです エプソムCの最終決断です 昨日(6/9 土曜日)の東京芝のレースを見る限り、馬場傾向は先週までとさほど変わりは無く、時計が早く持ち時計がある馬を中心にとって良さそうです 展開、ペース、隊列はマイネルミラノが外枠からでも強気に行くと思うので、単騎逃げが濃厚です当馬および先行勢の中にスピード任せでペースを上げるタイプもいないので、スローに流れそうですが追い比べを避けたいブラックス [続きを読む]
  • 侮れないおっさん馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです サッカーW杯本番まで、あと2週間もない今の時期は、4年前、8年前......を振り返ると、異様な高揚感に包まれていたような、しかし今年はこの高揚感が薄い、いやあまり無いというのが正直なところです本日の未明の直前壮行試合も眠いながらもしっかりチェックしましたが、文字どおりの”眠たい試合”でしたあまりに勝つイメージが湧かない試合ドキドキ感ゼロの試合、皮肉に囁かれる”おっさんジャ [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜エプソムC好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行のエプソムCの直前調教チャンプはアデイインザライフです馬の行く気に任せた調教だったので若干力み過ぎに見えましたが馬齢を考えるとこのくらいやる気があったほうが良さそうと思いました走り自体はとても軽く、スピード感を感じるものだったので、全体タイムを見るとこの日の美浦坂路の一番時計でした重賞を勝った頃の直前調教に似た雰囲気になってきました 他では、福永Jを背にキビキビ [続きを読む]
  • エプソムC展望の肝
  • こんにちは、ゼブラーマンです エプソムC展望のキモです 例年通りならエプソムCは比較的考えやすいレースですと、言うのも出走馬の上下差が大きいメンバー構成が多いからです 4歳強し、のデータが示す通り秋以降の大きなレースを目指す賞金半減となった4歳で底を見せていない実力馬となかなかG3レベルを突破できないベテランの図式になるため、勢いのある4歳馬を主力にとれば、馬券奪取に成功となって、昨年も3連単までパー [続きを読む]
  • 秋の飛躍はここから
  • こんにちは、ゼブラーマンです G3ながら歴代の優勝馬はその後のG1で活躍している馬をかなり輩出しているエプソムCですので、秋に向けて飛躍するのはどの馬か?出走予定の有力馬を軽く紹介したいと思います まずは現役屈指の東京巧者のダイワキャグニーからですOP特別3勝を含む、全5勝を東京コースであげている当馬です先行抜け出しの型もしっかり持っていて東京なら、の安定株ですしかし、今回特筆したい部分は前走のメイSを [続きを読む]
  • 人気通りの決着が多いレース
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行のエプソムCは近年人気馬同士で決する事が多いイメージです 人気馬がそのままの力を発揮できる舞台がどんな特徴があるのか?まずはそこから紐を解いてみたいと思います 東京芝1800mの特徴はスタートして100mと短い間に斜めから2コーナーに入るので外枠が非常に不利なコース形態になっています。そのため明らかに内枠が有利です そして、最後の約530mの長い直線と、その途中の高 [続きを読む]
  • 平成の最初と最後の安田記念は連闘馬〜安田記念回顧
  • こんにちは、ゼブラーマンです 安田記念の回顧です 完全勝利が泡となった瞬間”スルリ”という音が聞こえました本命のアエロリットを注視してレースを見ていて、寸前でゴールというところまでは白の帽子2騎が目の脇に入っていて、”もらった”と思った瞬間に黄色の帽子が”ドーン”芦毛(レッドファルクス)で無いのはすぐに理解。単勝、馬単、3連複、3連単の目が消えたゴールでした本来なら、”クソ”っと思う瞬間ですがなぜか [続きを読む]
  • 安田記念最終決断
  • こんにちは、ゼブラーマンです 安田記念の最終決断です まずは、昨日の馬場状態から本日の馬場状態を推測すると土曜日の東京の芝のレースは5鞍ありましたその5レースでの連対は逃げ、先行3頭、差し7頭と差し馬が目立ちましたがこれは、ペース、展開によって作り出されたものですので、差し馬がいいという訳では無いと考えます見る限り、馬場は相変わらず良好すぎるので、前がなかな止まらない傾向は引き続きです。そうなると [続きを読む]
  • 調教の続き
  • こんにちは、ゼブラーマンです 昨日の3頭以外の好調教馬の紹介です 川田Jを背に余力十分で素軽い動きでラストはいつも通りの極上のキレで鋭く伸びたペルシアンナイト 中2週を考慮してラストまで手綱は抑え気味なのにかかわらず滑らかな走りからの直線は弾むような動き牝馬離れした巨体と、ど迫力の調教だったアエロリット こちらも牝馬で、中2週ですので馬なりの調教でしたがスムーズに加速した軽い走りからラストのキレはやは [続きを読む]
  • 今週のチャンプ〜安田記念好調教馬
  • こんにちは、ゼブラーマンです 今週施行の安田記念の直前調教チャンプは、甲乙つけがたく3頭となってしまいましたこの3頭でワン、ツー、スリーなんてこともありうるかも?です まずは、その3頭のうちの1頭目はスワーブリチャードです見た目”速い”の一言だけです多分、終いだけの予定だったでしょうが、全体タイムはこの日1番時計だったようにすごいスピード感を感じました、まさにタイムを弾き出した、そんな表現がぴった [続きを読む]
  • 安田記念展望のキモ
  • こんにちはゼブラーマンです 安田記念展望のキモです ”フレッシュ”という言葉が一番似合う今年の安田記念、それもそのはずで過去に当レースに出走経験があるのは昨年のレッドファルクス(3着)と一昨年のリアルスティール(11着)だけという出走予定メンバーです もともと、安田記念は秋のマイルCSと比較しても、中距離路線からの参入が多いのは例年のこと(これは、春シーズンよりも秋シーズンのG1の方が中距離馬に活躍の場が多い [続きを読む]