お絵描きおば さん プロフィール

  •  
お絵描きおばさん: お絵描きおばさんのひとり言
ハンドル名お絵描きおば さん
ブログタイトルお絵描きおばさんのひとり言
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/oekakiobasan/
サイト紹介文自称スケッチ親善大使! 宿レビューとスケッチです。 スケッチ旅行の参考にしてね!
自由文HPお絵描きおばさんのスケッチ・スケッチも見に来てください。http://sky.geocities.jp/hurusatooomiya/index.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/10/02 10:07

お絵描きおば さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 当間の茅葺民家(新潟県十日町市)
  • 栄村に行く途中に車中からふと見上げると茅葺民家が見えました。見えた茅葺は物置に使われていて、この家は住んでいます。十日町市と言ってもまるで置き忘れられたような限界集落です。目前でかもしか?に遭遇したり、静かな集落で一日過ごしました。古希記念の絵画展を催すことになりました。小林 瞳水彩画展2018、4.10(火)〜4.14(土)AM 11:00~PM5:00ギャラリーカフェ ラルゴ埼京線南与野駅西口徒歩4分お近くの [続きを読む]
  • 古希
  • 病気をしたので古希を迎えられたという事は、とてもめでたい事ですが、う〜ん70代になってしまった!複雑な気分が入りまじります。自画像はちょっと怖い顔になってしまった。白い野ばらを 捧げる僕に君の*ひとみ*が明るく笑ういつも心に きれいな夢を夢を飾ろう きれいな夢を美しい70代 あ〜70代抱いて生きよう 幸せの花 [続きを読む]
  • ヘアリボンの女 P20
  • 毎年夏に催される美術家協会展に出品しました。この絵は闘病前に描いたもので、其れに手を加え出品しましたが、油絵の中に入ってまあ影が薄い事。広い会場で自分の絵を見るのは勉強になりますね。反省です。 [続きを読む]
  • 青年 F10
  • 以前モデルさんになってくれた主婦のお子さんを口説き落とし、描きました。男の子は余計な事も言わず真直ぐですね。こんな若い人を描く事はめったにないので(特に男の子)描く気力が一気に上がりますね。右手が失敗!1日目(20分×6回)は色を付けずじっくり観察しました。2日目基本色を置いたところ2日目、教室での完成!まだちょっと弱い感じだけれど、ここからが難しいのです。 [続きを読む]
  • 赤いTシャツの女(ひと) F10
  • 人物画サークルに復帰して1作目の作品です。いつもはP20か30号を描くのですが、今回は会場の都合で3回(半日×3日)でしたのでF10で描きました。初日はどんなに時間が余っても執拗にデッサンの狂いを見ます。パネルに張らないで描いたら紙がビヨヨ〜ンとたるんでしまいました。 [続きを読む]
  • 白石蔵王の宿とスケッチ
  • 大人の休日15000円乗り放題でくりこま高原に墓参に行き、その帰りに白石蔵王を回りました。白石蔵王駅から17キロ、昔の七か宿街道の下戸沢宿と言うところです。ネットの情報から茅葺の旅籠が3軒あり、そこへ行ってみたく白石市に問い合わせました。バスは火曜と木曜の日中2本だけ、無理かとも思いましたが、駅でタクシーの運転手さんに料金を聞きました。4800円くらいで迎えの料金も取らないという事で、お迎えを4時 [続きを読む]
  • 人生学校69年生の顔
  • 昨年は闘病もあり、辛い年でしたが、69歳は明るい年にしたいものです。抗がん剤の副作用ですっかり抜けた髪の毛も少し伸びてきたところです。女性にとって髪が抜けるという事はとてもショックな事で、悲しい事です。闘病中はついつい引きこもりになりました。友人は帽子を被ってとかバンダナをしてとか言うけれど、まあなってみないとこの気持ちはわかりませんね。髪の毛の復活と共に活動も盛んになってきましたよ。YouTubeに動 [続きを読む]
  • 白馬村の宿とスケッチ(長野県)
  • 5月18日〜20日夫の実家の墓参を兼ねて白馬村に行きました。夫の実家も長野ですが、実家からでも白馬村は遠いです。でも何回行っても魅力的なところですよ。季節は5月後半がいいですね。雪渓の残る北アルプス、水の入った田んぼ絶景揃いです。ホテル白馬は何回も泊っています。散らかす前に写真を撮ればいいのに、つい忘れてしまいます。お部屋にはミニキッチン、バスルームがついています。1階にある温泉は気持ちがいいです [続きを読む]
  • クレヨン画 憂い
  • この方の少し年輪を感じさせる顔、とても好きです。お父様も名優ですが、私は息子さんの方が好みです。彼は口をうむと言う感じにしている事が多いですね。どなたかわかりますでしょうか? [続きを読む]
  • 鬼無里の茅葺民家
  • 白馬村から長野に抜ける406号線は峠道もあり眺めが良い!長野市に合併したが、鬼無里は「え!これが長野市?」と思わせるほどの山の中である。白馬村からほんの少し小川村に入りそして鬼無里に入ったところに茅葺民家が2棟ある。奥の民家は少し前までお蕎麦屋さんだったが、廃業してしまい手前の民家は室町時代と言う名前の古道具屋さん?だった。だったと言うのは11月1日に通った時に鍵がかかっており、すぐ後ろの家の奥さんに聞 [続きを読む]
  • 2月の信濃川(津南町足滝)
  • 飯山線の秘境駅とも言われる足滝駅、長野から新潟に入り一つ目の駅です。ホームは高いところにあり、雪の為か出口が見つからず、しばらく線路を歩くが「いやこれは違う!」とまたホームに戻る。良く見るとなんとなく降り口のような感じのところあり下っていくとやっと外に出られました。ホームからも見えますが、駅の近くにこんな風景が見られるのです。駅前の家々は新しくて長野側とは感じが違いました。河を描いてそれでも電車が [続きを読む]
  • クレヨン画 オシャレなミセス
  • 水彩画教室の女性Uさんはいつも明るく健康麻雀や絵などを楽しんでいらっしゃいます。こんな事を言ってなんですが、ある程度年を重ねた方を描く時はちょっと割り引いて描くのですが、彼女においては見たそのまんまだと思います。教室の皆さんもそうおっしゃっていますので。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …