鈴鹿 さん プロフィール

  •  
鈴鹿さん: トンネルを抜けたら現実だった
ハンドル名鈴鹿 さん
ブログタイトルトンネルを抜けたら現実だった
ブログURLhttp://lebensweg.7narabe.net/
サイト紹介文浮いたり沈んだりの日々のことや、頭に浮かんだことなんかを書いてます。ボウフラのように生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/10/02 17:27

鈴鹿 さんのブログ記事

  • 語学再開のはずが
  • 語学の勉強再開しようと、体験授業を少し前に受けてきて、もうひとつの体験授業を今日受ける予定が、震災の影響で休講になりました(T_T)次回に振り替えることに(T_T)次があるのだから、気分切り替えて、また頑張る。 [続きを読む]
  • ファッション感覚
  • 「いままで(本当はそういった病気や障害を持ってないけど)『私は発達障害』とか『私はADHDだから』っていう表現をよく使ってたけど、ホンモノ見たらドン引きしたわー」ということを公然と述べる人間にドン引きする人。 [続きを読む]
  • 浮上
  • 久しぶりに浮上いたしました。仕事したり被災したりしてましたが、なかなか元気にやってます。抑うつ気味になったり、多少気分のいい日があったりの繰り返し。その繰り返しで結構成長した気もします。文章を書きたい。やっぱり書きたい。久しぶりにブログ開けて少しほっとしました。また来ます。なるべく早く。 [続きを読む]
  • 久しぶりにパンドラの箱を
  • 最近割と無理にポジティブな思考しようとしがちで疲れてたけど、久しぶりにパンドラの箱(過去)を掘り返すようなことググったりブログ書いたらスッキリしてきた。「向精神薬の減薬は主治医の指示に従って。減薬の際は離脱症状に注意して少量ずつ。」って感じの文章読んでたら涙が出た。2.5mgの錠剤がしっかり存在するジプレキサを、主治医の指示で5mg錠でガツガツ減らされて、「これより小さいサイズの錠剤はない。離脱症状は起こ [続きを読む]
  • 多剤大量処方
  • 多剤大量処方のサバイバーとして、できることがあるんじゃないか。そんなことを少し考えた。女医のタンスの肥やしに、生活費に、QOL(生活ランク)の向上のために消えそうだった命を拾ったのは自分自身。セカンドオピニオンを決断したのも、歯を食いしばって減薬の離脱症状に耐えたのも自分自身。だから体はいまのところ超健康。患者を助けるべき医者が使い捨てようとした命をせっかく拾ったのに、あまりに気力が出なくていらだつ [続きを読む]
  • 封印
  • 日がな一日タブレット漬けがひどかったので、タブレットを一週間封印することにした。急に片付けとか捗りだして、今晩ぐっすり眠れそうです。 [続きを読む]
  • コンビニのおねいさん
  • レジ袋(弁当用)の底の広さは、弁当と総菜を横に並べて収納するためのものじゃないんです…手提げつかんだ途端に弁当と総菜がごっつんこして、弁当が九十度に傾くのを見てもなにも感じてないようだったので、色々諦めた。 [続きを読む]
  • 問題
  • なんでもかんでも「問題だ問題だ」って騒ぐ前に、自分が当事者なのか、石投げたいだけのただの外野、野次馬なのかを考えないのかなと。一億総ツッコミ時代。肝心なのはスルースキル。 [続きを読む]
  • 体重い
  • 眠いだるいしんどい体重い。こういう時は、手近な作業から手をつけて、途中へたっても自分を責めない。睡眠はたっぷり取って体を冷やさない。 [続きを読む]
  • 勉強!
  • 家から出ないで本を買えるのは便利だけど、参考書の類を買うなら開いて見て買える方が銭失いも少なかっただろうな、というのを、今日、二冊目の参考書を本屋で吟味してから購入して帰宅して使い始めて痛感した。二冊目に買ったやつ、値ははったけど凄くわかりやすくて、自分の理解や学習の順番にもしっくり合ってて凄くよい。自分の理解の癖と合うかどうかって、「一般に評価の高い参考書かどうか」だけでは分からないところだし、 [続きを読む]
  • 部屋が少しだけ爽やかながらムッとしてる
  • ちょっと元気が出て、部屋の片づけして掃除機かけながら窓開けて換気したらすごく空気がよくなったのだけど、溜まっていた洗濯物を一気に洗濯して部屋干し、タイミング悪く天気あまりよくないから扇風機を弱で回して少しでも乾きをよくしつつ、防音防犯の関係で窓あけっぱともいかないから窓閉めてたら、換気前より空気が爽やかにはなったけど湿気がガン上げで、体感温度も心なしか上がって少し暑い。片付け進んで洗濯できて部屋の [続きを読む]
  • 気分を上げる効果的な方法
  • 鬱々をスッキリさせる方法で一番気に入ってるのは「トイレ掃除」。ただ、ガン落ちしてるとトイレ掃除やってる余裕もないので、少し上がってきてやる気出た瞬間にトイレ掃除やっとくと、さらにモチベーション上がる。トイレ掃除自体が、手間やかかる時間の割に結果として出る「キレイさ」が見た目にも分かりやすいのと、片付けは苦手だけど磨く作業は好き、っていう性格が相まってトイレ掃除すると元気になる、トイレ掃除できると安 [続きを読む]
  • 嘘じゃない
  • 「嘘じゃないです!」って言葉を、「薄々気づいてたけど知らないフリを頑張ってしていたのは本当です!」とか「ヤバそうな気はしてたけど、ヤバいかどうかを判断する専門知識が無いってことは本当です!」みたいな意味で多用する仕事場や人間は信用できないなって。それを嘘と言うんだよアホって。 [続きを読む]
  • 自己肯定
  • 映画を鑑賞しながら考え事してた。ヘッドホンを使うとメガネがゆがみそうで、かといって賃貸物件で「鑑賞に不自由しない音量」をスピーカーから出すのも気を付けた方がいいのかと気になって、不自由な音量でしかテレビをつけてなかったのもあって映画もご無沙汰だった。コンタクトつけてる時はヘッドホンでメガネ歪みそうな感覚とかないけど、帽子とかヘッドホンとか、頭に装着する系はもともと苦手なのですよね。でも、メガネにヘ [続きを読む]
  • 好きなもの
  • 昔からテレビゲーム(デジタルゲーム?)の類が好きで好きでたまらないのですが、時間の制限、完全なゲーム断ち、いろいろ試したけれどもなかなかうまくいかず。重課金癖はないので、その方面の困りごとはないんだけれども、、あんまり長時間が習慣化すると生きていけないから(´;ω;`)ウッ…とはいっても、好きなものは好きで、好きなものと共存(?)して生きる道を模索中です。 [続きを読む]
  • 波に乗る
  • 私は気分の波がけっこうある方で、「気分がそこそこよくて動ける時」と「気分が落ちて全く動けない自分を責め続ける時」の2パターンなので、上がっても大して上がらないのですが、(その代わり上がり過ぎて困るってことは無い)後者の「気分が落ちて全く動けない自分を責め続ける時」の、「自分を責め続ける」をやめることが肝心かなと最近思うようになり。「動く気しないけど、まぁ、あるあるだね」くらいに受け止めて浮上を待っ [続きを読む]
  • ご飯を作る気力もなかった頃、スーパーも遠くて途方に暮れてた。いろいろあって引っ越したら、財布にも優しいスーパーすっごく近くなって、自炊する気力が出ない日も安心して過ごせるようになった。食事を作ること自体は好きだけど、その元気がない日が続いてた。ちょっと上向いてきたのをキープするために、三食と睡眠、日中に太陽の光を浴びて、社会と関わることを心掛けつつ、それができない時がやってきても自分を責めないで休 [続きを読む]
  • なにか始めようかと
  • 物を書かずに過ごした時間、考えてみたら生き延びるのに精いっぱいだった気がする。休養が必要だったのに休み方知らなくて、休み方知らないからこそ、猛烈に休養が必要な事態になってたんだけども。休んでる間も「書く」ということがどれだけ生きる糧になっていたかを痛感して、でも、「書く」気力すら出なくて。休養が必要な状態だからこそ、「赤の他人が休んでるのが許せないおかしな人」の言葉に耳を貸しまくって無理して働きだ [続きを読む]