無音 さん プロフィール

  •  
無音さん: Iwate Blues
ハンドル名無音 さん
ブログタイトルIwate Blues
ブログURLhttp://iwateblues.blog.fc2.com/
サイト紹介文Bluesが聞こえる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/10/02 22:35

無音 さんのブログ記事

  • 盛岡市 南部マルシェ ぞっこん広場
  • 盛岡インター西交差点の北側に、新しい産直施設が出来ていた。ぞっこん広場という、なかなかのネーミング。今年の8月11日にオープンしたという。何気なく寄った食堂コーナー。ここが意外に良かった。ランチメニューには、温野菜がもれなく付いてくる。「腕を奮う」の垂れ幕に偽りは無いかもしれない。 [続きを読む]
  • 盛岡市 県立美術館
  • 県立美術館の企画展「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」。嫁さんのお供という感じで付いて行く。芸術の秋なのか知名度か、来場者は結構多かった。3時間近くいたかもしれない。個人的には、緑系の色の使い方が面白いと思った。 [続きを読む]
  • 盛岡市盛岡駅西通
  • 連結器、そして「団結」の文字。なるほどと、しっくりくる感じ。ラウンドワンの南側、そしてMシティ西口公園の西側にあたるこの場所で、ビジネスホテルの建築工事が行われている。名称は、ユニゾインエクスプレス盛岡というらしい。すでに予約は始まっていて、宿泊予約サイトを見ると2018年4月10日オープン。部屋数や館内設備など細かい情報も載っていた。視線を下にずらすと、切り株をモチーフにした擬木が。ベンチとして使用する [続きを読む]
  • 盛岡市 クローネ洋菓子店
  • 7月29日、みたけでこの店に出会い、8月25日、この店は閉店した。ショートケーキサイズの可愛いロールケーキが多く、ストロベリーザーネやレモンザーネなどが置いてあった。ちなみに、ザーネとは「泡立てた生クリームにゼラチンを混ぜたもの」で、ドイツ菓子によく用いられるという。初めて訪れた日に何種類か買ったが、舌に一番残っているのは土曜日限定だったキルシュショコラ。あの味は、これからも忘れない。 [続きを読む]
  • 雫石町 御所湖広域公園ファミリーランド
  • ヒマワリの開花は、先週来た時は全体の半分ほどだったが、今日はほぼ満開といった感じの咲き具合だった。その外側に、先週は咲いていなかった赤みを帯びたオレンジ色の花が。花のことは詳しくないが、キバナコスモスというらしい。観賞していると、キアゲハがひらひらと舞いながら近づき、蜜を吸い始めた。そして、俺が撮影し終えるのを見計らったように、どこかへ飛んでいった。 [続きを読む]
  • 盛岡市紅葉が丘、山岸、愛宕町
  • どんよりとした天気だったが、時間も少しあるし歩いてみようか、ということで紅葉が丘へ。ここをチョイスした理由は、単純に俺も嫁さんも来たことがなかったから。左手側に地下道が。右手側の道にも興味はあったが、今回は地下道をチョイス。理由は、単純に俺が地下道を好きだから。ベンチが2基あった。ここには物置小屋もあったし、町内の共有スペースなのだろう、と勝手に解釈。山田線の下を通り、山岸側へ。地下道の名前とかあ [続きを読む]
  • 盛岡市新田町
  • 曇り空は、青と緑色に滲んでいた。短時間だったが、盛岡駅の北側を少し散歩。新田町公民館を初めて見た。達筆な感じの看板。ちょっと相撲部屋みたいな。足元に汚水のマンホール。いわゆる東京市型というタイプらしく、JIS規格模様の蓋だ。近くにあった別のマンホール。ウィキペディアを見ると、鉄縁が幅の広いダイヤ柄のものは、戦前製の物である可能性が高い、という。蓋の模様は、「下水」の文字をパターン化したものらしい。奥 [続きを読む]
  • 盛岡市盛岡駅西通
  • スタスタと歩いて行く人を見て、俺は思った。あ、ここ通れるんだ……。俺も付いていくように歩くと、「盛岡駅はこちらです」という趣旨の表示があった。表示板はある程度の年期を感じるが、舗装はかなり新しい。以前は隣接する駐車場と繋がっていたが、通り抜けられる道ではなかったと思う。1分ちょっとのプチ散歩。あっという間のゴールだった。 [続きを読む]
  • 盛岡市 ホットライン肴町
  • 肴町で、毎年恒例の七夕まつり。仙台では数千本の竹飾りや吹き流しが街を彩っているようだが、こちらは小ぢんまりとした感じで、和やかな空気が漂っている。今年の七夕コンクール、盛岡市長賞は「みかわや さかな館」の龍泉洞をモチーフにした飾りだった。コウモリがくるくる回る、凝った仕掛けがポイント。空気の流れがやや悪いような気がしたことを除けば、個人的には思っていた以上に楽しめた。 [続きを読む]
  • 矢巾町 福田パン矢巾店
  • 徳田橋付近で、嫁さんから「福田パンに行きたい」という発議が。あとで訊くと、ここから近いと思った、という理由だった。全然近くはないのだが……。行ってみると貼り紙があって、改装のため8月13日から約2ヶ月休業するとのことだった。どんなふうに変わるんだろう。「ン」の字が、福田パンをよく表していて素敵だ。左側の記号は、店のシンボルマーク……だと思う。店内には、たぶん貸し出し可能と思われるビニール傘が何本か置い [続きを読む]
  • 盛岡市北天昌寺町
  • マルイチ天昌寺店が、装いも新たに開店していた。再オープンは、7月21日だったという。個人的には、以前の店にも時々来ていたし、これからも頑張ってほしいと思う。公民館裏の掲示板にあった、ラジオ体操参加の案内。グラゥンドの小さなウがポイント。発音としては正しいのかもしれない。てくてく歩いていると、階段下に小さな公園があった。この辺りは、北天の端の方。公園の名は新道幼児公園。砂場は小さな円形だが、存在感があ [続きを読む]
  • 盛岡市 一ノ倉邸
  • 前回、一ノ倉邸を訪れたのが7月1日。再訪すると、ところどころに花が。中尊寺ハスが咲いているところを初めて見た。思っていたよりもはっきりとした濃いめのピンク色。仏教絵画で見るような、古代の色だった。 [続きを読む]
  • 盛岡市 岩手公園
  • 雨が夜中に結構降ったようで、朝の中津川は増水していた。瀬川正三郎という方の胸像。岩手柔道界を代表し様々な要職に就いているが、それでもこういう場所に胸像が建つというのは余程のこと。系譜と人望によるものなのだろう。宮澤賢治の岩手公園という詩碑。やっぱり「岩手公園」がしっくりくるなあ。石垣修復のための樹木伐採は終わっていた。すっきりとした空間。だが、木洩れ日は無くなった。切り株を見ると空洞があった。石垣 [続きを読む]
  • 盛岡市住吉町
  • 正直なところ解読できないが、「ここは住吉町8番」……だと思う。たぶん。その下には北日本相互銀行のプレートが。「急停車されても良い距離良い速度」の交通安全標語入り。平成に入って北日本銀行に商号変更しても、略称はもちろん「きたぎん」。盛岡短期大学跡地沿いの路地を歩く。利用する人がそこそこいるからか、蜘蛛の糸と言うトラップは無かった。今は使われていないと思われるテニスコート。ブルーシートとボールに哀愁が [続きを読む]
  • 盛岡市 茶畑児童公園
  • フジがマメ科の植物ということを知らなかった俺だが、サヤがぶら下がっているさまは確かに豆系だ。なお、フジの実は毒性があるという。僅かだが、花がまだ咲いていた。薄い紫色、いわゆる藤色。好きな色だ。茶畑児童公園。看板の近くでいい匂いが漂ってきたが、あれはなんだったんだろう。ミントのようなハッカのようなハーブのような香草のような。記念碑には、以下が記されていた。盛岡市茶畑地区土地区画整理事業完成記念碑この [続きを読む]
  • 盛岡市 手つなぎ広場
  • 御所湖広域公園内の繋大橋南園地、通称手つなぎ広場、ということで良いのだろうか。曇り空の御所湖。嫌いではない。むしろ清々しささえ感じた。上流側には霧か靄。御所湖もダム湖百選に選ばれている。推薦は盛岡市と雫石町だった。かなり年季の入った交通安全系の看板。枠だけの部分にも、以前は何かが設置されていたのだろう。裏側から。表側よりも年季が入っていた。 [続きを読む]
  • 盛岡市みたけ
  • みたけ三丁目の県営武道館から程近いところにある城北集会所。看板がいい具合に日焼けしている。集会所の隣に小さな公園。奥には鉄棒があった。今の俺に、逆上がりはできるだろうか。痩せないと……。公園の名は、観武なかよし公園。これは手書きでは。「なかよし」の字形に惹かれる。遊具には、ゾウとカバ。どちらもいい顔だ。みたけ地域内には整備された緑道があって、ところどころベンチが設置されている。ここには水飲み場もあ [続きを読む]
  • 盛岡市 岩手公園
  • 目の前にシオカラトンボ。久しぶりに見た。昼下がりの岩手公園。暑いけど、清々しい。かなり支えられているマツ。その姿が竜のよう。毘沙門清水。涸れ井戸だが、昔々は水が湧いていたらしい。ぶらぶら歩いて北の方を見ると、テレビ岩手のアンテナが目に入った。ピンクと赤、2色の意味はなんだろう。テレビ岩手、FM岩手それぞれのアンテナとか、そういう色分けだろうか。三ノ丸に行くと、樹木にピンクのテープが巻かれていた。みん [続きを読む]
  • 盛岡市 もりおか歴史文化館
  • 少しの時間、もりおか歴史文化館に寄って、山車展示ホールへ。俺は、盛岡秋まつりを見たことが無い。市のホームページによると、「江戸のきっぷの良さと京都の雅が融合し、時代を経て盛岡独自の文化として受け継がれた盛岡山車」とのこと。江戸+京≒盛岡という、なんとも言えない山車の公式が成り立っていた。山車の高さは9mもあるという。9mがどんな高さかというと、こんな感じ。なお、500mlのペットボトルだと43本を積み上 [続きを読む]
  • 盛岡市青山
  • ベルフ青山から。岩手の彼方に夕日が沈んでいく。サンサン青山さん通りにある店の看板。地酒、地ビールとは別に、銀河高原ビールの文字。ちなみに俺は、普段それほど飲まないが、飲む時はいつも銀河高原のビールだ。よく見ると、看板には駅前と書かれた文字を消した跡が。暖簾分けか何か、駅前店の方から持ってきた物なんだろう。数年前から取り壊し作業を行っていた市営アパートの跡地は、みたけ保育園が建っていた。平成29年度か [続きを読む]
  • 盛岡市 一ノ倉邸
  • 県道220号から1分ほど歩けば、そこは緑に覆われた一ノ倉邸。ちょっと空気が変わったような気がした。あと、温度も。庭園を散策。何本もの樹木があり、その分地面を這う根も多い。足元に気をつけないと。どこからともなく、風鈴の音が聞こえてくる。涼やかで透き通った音色。しばらくして、枝に吊るした南部鉄器の風鈴を見つけた。この風鈴は、将来買いたい物のひとつだ。支えられながら、それでも生き続ける樹。別の樹は、ぐるりと [続きを読む]