NPO法人ねこけん さん プロフィール

  •  
NPO法人ねこけんさん: NPO法人ねこけん公式ブログ
ハンドル名NPO法人ねこけん さん
ブログタイトルNPO法人ねこけん公式ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/naoofjapan/
サイト紹介文30代を中心に東京都でTNR活動を行う新猫ボランティア団体『ねこけん』のブログ
自由文次の世代に繫げるボランティア団体
『ねこけん』

若い世代を中心にTNR活動や飼い主のいない保護猫の新しい家族を探す活動をしています。

活動報告や譲渡報告、家族募集中の猫ちゃんの情報を随時更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供391回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2011/10/04 02:10

NPO法人ねこけん さんのブログ記事

  • M代表 参上! IN 西尾市
  • 早朝5時起きで、M代表一行が向ったのは…高速をひた走り…富士山が車窓に移るのを横目で見ながら…高速をひた走り…海を横目で見ながら…高速をひた走り…美しい景色を横目で見ながら…高速を降りて、一般道をひた走り懐かしい物を発見しながら早朝に東京を出て、お昼過ぎに現場へ到着!会場にはすでに、冒頭に登場した大きな看板が(^^)その看板に感動したM代表はじめねこけん一行早速「記念に写真を撮りましょう」という事に [続きを読む]
  • 待ってるなのん♪
  • 譲渡会ですよ、皆さん!ほのか「ほのちゃんね、優しいパパさんとママさん、待ってるなの…」ミズーリ「家族に迎えますよって言葉、待ってるんだけど…」ねこけん「そうだよね、みんな、家族が欲しいよね」 ミュー「毎回参加しているんだけど…私、良い子にしているんだけど…」 ねこけん保護猫はいまや350頭を超えています。 大山猫&宇宙人 インディアナ「そんなに居るんだ…」ねこけん「のん気な事言っていないで、早く卒業して [続きを読む]
  • 盲目の猫「そうこ」の手を繋ぐ
  • 突然餌場に現れ、メンバーIWAさんに保護された盲目のそうこちゃん「花岡太郎」がみんなに見送られて居る頃そうこちゃんもまた、旅立ちの準備をしていました。そうこちゃんは、寝たきりになってから、一時は回復しこのままがんばってくれるのではないかと、期待されていたのですが… そうこちゃんを保護したメンバーIWAさんは、朝から晩まで走り回り、働き、多くの保護猫のお世話をし、地域の猫問題にも携わるがんばり屋さんです。 [続きを読む]
  • 旅立つ君へ 渡すもの
  • 11月15日午後17時40分旅立った「花岡太郎」多くの皆さまより、花岡さんへ多数の暖かい言葉をかけて頂いております。心より感謝申し上げます。昨夜、みんなでお別れをしました。棺に入りきれない程のたくさんのお花が届き、穏やかな優しい笑顔で眠る花岡さんを包んでくれています。2016年の1月「49頭多頭飼育崩壊」よりレスキューして、約2年。 猫にも人にも好かれる不思議な空気を持った花岡さんみんなが花岡さん [続きを読む]
  • 花岡さん…
  • 11月15日午後17時40分「花岡太郎」が、旅立ちました。優しく温かいメンバーHAさんの見守る中、HAさん宅の酸素室の中で、眠るように、穏やかに旅立った花岡さん ここ数ヶ月、体調を崩しては、大好きな病院へ通い、復活!また、体調を崩しては復活!を繰り返していました。昨日も、無事に胸水を抜き、酸素室で更に呼吸も楽になりHAさん宅へ戻り、酸素室の中に入り「良かったね。頑張ったね」と言っていた矢先の旅立ちでした [続きを読む]
  • どっちりの幸せ
  • アメショ&アメショMIXの猫達 レスキュー当初は大量の渦巻き軍団に、メンバーみな、色々な意味で目がまわる状態でした(笑)保護猫生活を始めた頃は、痩せていた子も…今は、ふっくらと、言うか…どっちり(;´▽`A``ほっそり小柄で、少女漫画に出て来そうな子も…ふっくらと、言うか…どっちり(;´▽`A``小柄でほっそりがりがりだった子もふっくらと、言うか…かなりどっちり(;´▽`A``多頭飼育崩壊の子達は、不衛生な環境や [続きを読む]
  • 酸素室
  • 輸血をして少し楽になった「花岡太郎」氏49頭もの多頭飼育崩壊からレスキューされた猫さんです。今は、痩せてお尻の辺りがゴツゴツしてはおりますが、思いの外、大柄な猫さんです。アメリカンショートヘアーのmixと思われる、美しい銀色の毛と模様を纏っています。昨日、呼吸が辛そうな花岡さんをみてたくさんのしてあげたいことの中の1つ 呼吸が楽にんなるように「酸素室」を用意してあげようという事になり、みんなで探し始め [続きを読む]
  • その名も!
  • ねこけん保護猫は、現在350を超えております。どんなに多くても、子猫さんは比較的早く家族が決まりますがなかなかご縁に繋がらない子も多数います。譲渡が進まない子は…いまいち人に慣れていないとか大山猫「えっ?なんか文句あるん?」全く人に慣れてくれないとか(苦笑)イケにゃん「うるさーい!」慣れて来ましたが、抱っこが出来ないとかティラ「抱っこきら〜い!やめれっ!」見分けがつかないとかバーチーズ「それ、関係 [続きを読む]
  • お揃いの…(癌に負けない!)
  • 霧島君は、遊ぶのが大好き、キジ柄が美しいイケメン男子同じキジトラ猫のメルロー(左)と一緒に保護猫生活を送っています。まるで双子のようによく似ている2匹はたくさんの「お揃い」を持っています。 霧島は、劣悪な環境の地域からやって来ました。メルローもまた、霧島と同じ現場からやってきました。 霧島は白血病陽性です。エイズ陽性です。 そしてまた、メルローも白血病陽性です。エイズ陽性です。 霧島は一人が苦手です。 [続きを読む]
  • 輸血
  • 49頭多頭飼育崩壊の最初に飼われたと思われる「花岡太郎」ここ数ヶ月は、肉芽腫が出来たり、体調を崩し、通院と検査と治療の日々をがんばっていました。しかし、貧血が進み、増血剤だけでは、間に合わない状態に。そこで、たくさんのしてあげたい事のひとつ「輸血」をする事になりました。すぐに、保護猫さん達の中で、健康で元気な体格も良い猫さん2頭にご協力いただき、病院へマッチングテストを受けに行きました。しかし、マッ [続きを読む]
  • 限られた時間(とき)
  • 保護子猫ノンノ超可愛い子猫さん ノンノ「おもちゃ大好きなのんこれ!捕まえるのん」ノンノは、臨月で保護されたレラ母さんから生まれた子猫さんです。愛情と、母乳ですくすくと育ちましたノンノは、他の兄弟&レラ母さん同様に、何の不安もなく、優しい家族の元へ巣立つと誰もが思っていました。しかし…あの憎き病が… ノンノの預かりをしてくれているメンバーATさんは、日頃からとても明るく、困難を目の前にした時に、すぐに行 [続きを読む]
  • たくさんの「してあげたい事」を1つずつ
  • 49頭多頭飼育崩壊の猫達その中で、飼い主さんが一番最初に飼ったと言われている花岡太郎さん一時期、大きく体調を崩しましたが、預かりメンバーHさんが日頃からしっかりと体調を見ていてくださったので、早期に対応が出来、メンバーIさんもすぐに車を出してくださったおかげで花岡復活!それからは定期的に病院へ通っています。 しかし、花岡さんの病状は、どんどん良くなるものではなく、やはり貧血が進んできてしまいました。 貧 [続きを読む]
  • 寂しかった猫
  • 50頭近い、アメリカンショートヘア&MIX多頭飼育崩壊の猫達全て保護し、現在は譲渡も進み、約半数にまでなりました。それでも、まだまだたくさんの保護猫達が、保護猫生活を送っています。多頭飼育崩壊は、全ての猫さんにケアが行き届かなかったり健康管理が行き届かない為、殆どの子に、何かしらの健康を害する症状が出ているケースが多いのです。アメリカンショートヘア&MIX多頭飼育崩壊の猫達は、比較的症状が軽い子が多かっ [続きを読む]
  • 川から救われた老猫
  • 今年の5月に保護された「コブちゃん」コブちゃんは、川からレスキューされた子です。メンバーIさんが、川にいたコブちゃんを見つけ、すぐに引き上げました。引きげられたコブちゃんは、驚く程人に慣れており、愛嬌のあるお顔で甘えてくる仕草は、とても外にいる猫とは思えません。すぐに病院で健康状態を調べていただくと、肝臓の数値がよくありません。更にコブちゃんの耳奥内には、炎症がありました。年齢も10歳はゆうに超え [続きを読む]
  • 関係ないね
  • 譲渡会は出会いの場優しいご家族様と保護猫達の赤い糸が繋がる日毎回素敵な笑顔に包まれる日… そして 毎回少し寂しい気持ちに包まれる日… 「ほのちゃんね…誰も迎えに来てくれなかったなの…」「ずっとケージの中から見ていたなのぉ…」「そうしたら、たくさん抱っこしてもらったなのね」「でも、ほのちゃん…家族出来なかったなの…」 「ひなちゃんと、ひよこちゃん姉妹は、すぐにお申し出を頂いたなのよ」「ひなゃんもひよこち [続きを読む]
  • 次回譲渡会のお知らせ
  • ☆ねこけん譲渡会開催☆○練馬会場日時 2017年11月19日(日)午後1時〜午後5時場所:東京都練馬区豊玉北5-15 -12アロマテラピーサロン「マシュマロー」の入っているビルの2Fです。交通西武池袋線 練馬駅 徒歩1分東京メトロ副都心線 練馬駅 徒歩1分東京メトロ有楽町線 練馬駅 徒歩1分都営地下鉄大江戸線練馬駅徒歩1分 ※保護猫の体調により、当日欠席となる子もおりますが、当日の問い合わせはご遠慮頂けます様お願い申し上げま [続きを読む]
  • トランプ大統領来日の日ですが…
  • みんな心待ちにしている…ドキドキワクワクウフフ保護猫達が待っているのは… 「ご飯?」ねこけん「えっ違います」 「おもちゃ?」ねこけん「ううっ違います」 「おやつだ!」 ねこけん「はぁ違います」 「じゃあ、何?」ねこけん「あの…みんな、それも良いけどさ、忘れていないかい?」 「ん?」ねこけん「今日は何の日ですか?」 「…毛の色金色にしてください…でしょ?」↑誰かの真似?(^▽^;)想像にお任せします ねこけん「 [続きを読む]
  • 真冬の数百グラム
  • 寒い日が続く、外猫さんには厳しい冬がやってきました。冷たい雨が体を濡らし冷たい風が体温を奪う冷たい道路は柔らかい肉球を冷やし疲れた体を癒す寝床の枯葉は湿っている それでも、彼らは生きなくてはならない。外猫さんには厳しい 冬… そんな凍える日に、僅か数百グラムの小さい命がやって来た手の平サイズの離乳前の小さな子猫は心優しい一人の青年によって保護されました。 まだ離乳していない子猫は、数時間おきにミルク [続きを読む]
  • 幸せバトン25番手は…やったぁああ!掴んだ!
  • 49頭多頭飼育崩壊の猫達の中で、唯一全盲のメンメ生活にはなんら問題は有りません。レスキューされてからも、メンメはとっても良い子♪多くの手のかかる子達の中で、比較的状態がよかった猫さんです。劣悪な多頭飼育崩壊は、メンメの瞳から光を奪ってしまいましたが、猫の神様は、メンメがそれ以上辛い目にあわないように、比較的強い体をくれたのかも知れません。メンメは、保護後、栄養たっぷりのご飯で、ガリガリからぽっちゃり [続きを読む]
  • 盲目のそうこ
  • 目の見えない「そうこ」ちゃんそうこちゃんは、メンバーIWAさんが保護し、譲渡が出来ない為家族として暮らしている猫さんです。 そうこちゃんは、今年の春、メンバーIWAさんが餌やりをしている現場で発見されました。人に慣れており、「急に現れた」事から、迷子猫かと思われたので、近隣に訪ね歩くも有力な情報はありませんでした。そのうち、急に姿が見えなくなり、心配したメンバーIWAさんが数日探し回ると…そうこちゃんは、近 [続きを読む]
  • 信じて!
  • 気がついたら、今日はもう11月なんですね…どうりで、寒い( ̄_ ̄ i) さて、問題です。この子達は誰でしょう?幼い表情で、淡いクリーム色が入った白猫さん。とっても可愛い猫達ですはい!もうお分かりですね。そうです。練馬49頭多頭飼育崩壊の猫達です。幸せバトンが渡り、現在は愛情だだ漏れ愛され家猫生活です(*^▽^*)この2匹、写真では分かりにくいかもしれませんがそれぞれ、他の子と違うところがあります。 ホウィティ [続きを読む]
  • 救いを求めている猫を目の前にした時
  • 「私ね、目が痛くて泣いていたら、洗濯ネットで捕まえられて…無理やりキャリーに押し込まれて…」ねこけん「ちょっとヾ(▼ヘ▼;) なんだか人聞きが悪いような表現は謹んでくださいな(;´▽`A``」 「ジョークよ ジョーク ウフフ」 目を怪我して、急遽保護となった「白三毛」さん 保護時には、目頭から真っ赤な肉片のような塊りが飛び出していました。先生は「かなり痛いと思うよ〜。喧嘩か何かで爪でやられたのかもしれないね [続きを読む]
  • 落ち込んだ?
  • ごんちゃん「昨日は、凄い嵐だったぜぇ〜」ねこけん「うん。外の猫達が心配だったよね」 ほのか「ほのちゃんね、お外から保護されてね、今は室内に入っていてね、安全だったの」ごんちゃん「そうだぜぇ〜。お外は危険なんだぜぇ〜。だから、早く保護猫生活から本当の家族の元へ巣立って、次の仲間の為に場所をあけてあげないとダメだゼェ〜ほのかちゃん。分かるかなぁ?だぜぇ〜」ねこけん「ヾ(▼ヘ▼;)あなたもです」 ごんちゃん [続きを読む]
  • いざ!出動!
  • ヒヒ様「やるよー!!!!」本日!10月29日(日曜日)東京家政大学 第57回緑苑祭(学園祭)第4回狭山緑苑祭AV教室12:45〜13:30#第4回狭山緑苑祭 にお招きいただきました!狭山キャンパス<所在地>〒350-1398 埼玉県狭山市稲荷山2-15-1TEL 04(2952)1621<交通アクセス>西武池袋線稲荷山公園駅下車徒歩3分 シンポジウムでは、M代表が小さいお子様にもわかりやすく、「何故、殺処分ゼロ 野良猫ゼロ 多頭飼育崩壊ゼロなの [続きを読む]
  • 落ちてきた子
  • 清掃車のエンジンルームから「ボットン!」と落ちてきた「ボット」君保護時は、涙目の小さな男の子でした。柔らかい肉球はやけどでズル剥け足にも火傷を負っていました。夏の炎天下、エンジンルームに居たボットは、脱水し荒い呼吸に、鼻も目も排気ガスのスス?で、真っ黒でした。保護猫生活を始めてからも暫くは、真っ黒な鼻くそがいつも鼻から出てきていました 何故、ボットはエンジンルームに入り込んでしまったのか?大らかな [続きを読む]