チャーニー さん プロフィール

  •  
チャーニーさん: チャーニーのお気楽日記
ハンドル名チャーニー さん
ブログタイトルチャーニーのお気楽日記
ブログURLhttp://okirakuldesu.seesaa.net/
サイト紹介文調布市在住のチャーニーが綴るお気楽日記。どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2011/10/04 22:21

チャーニー さんのブログ記事

  • 次の本がアマゾンに登場
  • 先日、自分の本のアマゾンでの順位を確認していて見つけました。1月30日に発売予定のチャーニーの次の本が、早くもアマゾンで予約可能になっているではありませんか!本のタイトルは『子育てママがほっとする魔法の言葉』。出版社は今回が初めての出版となる秀和システム社さんです。初めての子育てで、少し疲れ気味の新人ママがほっとする言葉。子育てに悩んでいる新人ママのヒントになるエピソードなどを集めた1冊。秀和シス [続きを読む]
  • なぜ「吾輩は猫である」なのか?
  • それほど読書をしていない人でも、おそらく、漱石の『吾輩は猫である』の冒頭の一説はご存じなのではないでしょうか?そう。<吾輩は猫である。名前はまだない。>ですね。これ、たかがネコが、「吾輩」とか「である」とか、偉そうに言っているところがなんとも言えないユーモアです。ですから、英語で「I am a cat」と書いてしまうと、面白みが出ませんよね。と、ここまでは考えたことがありましたが、実は、この冒頭、漱石はもう [続きを読む]
  • あおり運転について
  • 今日は少し過激なことを。テレビを見ていたら、あおり運転を何度も繰り返して裁判をしている男のニュースをやっていました。チャーニーは、こういうニュースを目にすると気が立ってしまうし、イイことは何ひとつないので、極力見ないようにしています。なので、この犯人が何をしたのか詳しく知りませんし(知りたくもないし)、あおり運転に関する法律もよくわかっていません。それを前提に、聞きかじりで書きます。悪質なあおり運 [続きを読む]
  • 久しぶりにウルトラクイズ
  • 最近、本の関係で知り合いになった某氏と、こんな会話になりました。「チャーニーさん(仮名)は、アメリカ横断ウルトラクイズに出たことがあるんですよね?」「あー、はい。なぜそれを?」「知り合いに、チャーニーさんと知り合いになったことを話したら、『その人、昔、ウルトラクイズでニューヨークへ行った人だよ』って、大興奮されたんですよ。いつ行ったんですか?」「会社に入った年です」「会社を休んで?」「そう、丸1か [続きを読む]
  • 横浜西洋館めぐりで
  • 横浜の元町の横、山手に「エリスマン邸」や「べーリック・ホール」など8つの西洋館があるのをご存知でしょうか。毎年この時期になると、西洋館ごとに「モナコのクリスマス」とか「ドイツのクリスマス」など、テーマを決めてツリーやテーブルウエアなどを無料で公開してくれています。それが今年も「世界のクリスマス2018」としてスタート。期間は12月1日(土)から25日(火)まで。実は、チャーニーは毎年、ここに行って [続きを読む]
  • 明石家さんま、欠点をさらけ出す
  • 少し前にテレビを見ていたら、明石家さんまさんが、次のような意味のことを言っていました。「デビューしたばかりの頃、イイ男というイメージで人気が出てしまった。そのために、女性ファンはたくさんできたけど、男性たちからは嫉妬の目で見られるようになってしまった」たしかに、デビューの頃のさんまさんは、阪神タイガースの小林投手のモノマネをするだけで(若い人は知らないですよね?)女の子がキャーキャー言うというイケ [続きを読む]
  • 雪がなければ
  • 昨日は12月とは思えない陽気でしたね。テレビを見ていたら、どこかのスキー場で、経営者が、「まったく雪が積もらず、人口の雪をばらまくしかない」と嘆いているシーンが映っていました。最後は、その経営者さんが、「もう、雪が降ってくれるように神頼みしかないです」と言っておりました。たいへんですね〜。と、思いつつ、チャーニーは別のことを考えてしまいました。本当に「神頼み」しかないの?素人考えですが、雪のないス [続きを読む]
  • ビートたけしの因数分解
  • ビートたけしさんのある本を読んでいたら、たけしさんが映画の脚本を書くときに意識している「因数分解」についての話が出ていました。映画の脚本を書くときに「因数分解」って、何?そう思いますよね。「因数分解」についての説明はここではしません(できないから(笑))。映画の脚本における因数分解。たけしさんの説明を要約してお伝えしますね。たとえば、殺し屋XがA、B、Cという3人を殺す、という脚本を書く場合。普通 [続きを読む]
  • 『生きる理由』が、早川勝さんのサイトで紹介
  • 新刊の『営業の鬼100則』(明日香出版社)が売れに売れていて、とうとう、韓国での発売が決まったという早川勝氏。その早川さんが、ご自身のオフィシャルサイトで、私の本、『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』(かんき出版)を紹介してくださいました。早川さん、いつもいつもありがとうございます!感謝感激雨あられです。今回の早川さんのブログの記事はこちら↓http://tsuitel.in/archives/1772韓国の出版社から『営業の鬼 [続きを読む]
  • これから打ち合わせ
  • 今日も、「編集お手伝い本」の仕事で六本木ヒルズに来ています。早朝のスタバで、編集者さんと待ち合わせ中。以前は、毎朝、4時台に起きて、5時過ぎには家を出て、6時半に開店するカフェに入って、会社への出社前に原稿を書いていたこともありました。しかし、最近はそんな早起きをすることもなくなり、7時くらいに普通に起きる生活。ですから、今日は久々の早起き&早朝出勤です。約束の時間よりも早く着くように家を出たおか [続きを読む]
  • 光栄な感想
  • 今年、創業30周年を迎え、今や、出版業界になくてはならない存在になっている、知る人ぞ知る優良企業、トレンド・プロ社。最近、ビジネス書の古典や、ヒットしたビジネス本などが、「漫画でわかる〇〇」などのタイトルで漫画付きの本になっているのをよく見かけますよねトレンド・プロ社はその草分け。大ヒットしているその手の本の奥付(おくづけ)を見ると、かなりの確率でトレンド・プロ社の名前が出ています。飛ぶ鳥を落とし [続きを読む]
  • クイズの女王が登場
  • チャーニーの古くからのクイズ仲間(そんな言葉が世の中にあるのか(笑))であり、クイズの女王、石野まゆみ嬢が、出版仲間のにっちょさんこと、新田哲嗣さんが司会のニコニコ生放送の番組に出演します。放送は11月28日、つまり、今晩の19時から。番組名は『お黙りなさいと言われる前にseason2』!石野まゆみと言えば。「クイズ・ドレミファドン!」(フジテレビ)、「クイズタイムショック」(テレビ朝日)、「100万円 [続きを読む]
  • 軍人さんから「友達申請」?
  • チャーニーは、このブログのほかにフェイスブックをやっていて、現在までに650人の方と「友達」になっています。もちろん、その650人は、もともとの知り合いや、お仕事で知り合った方がほとんど。しかし、なかには、1度もお会いしたことのない方もいます。それは、知り合いの知り合いだったり、ときには、「いつも、チャーニーさん(仮名)の本を読んでいます」なんていうメッセージとともに、友達申請を送っていただいた方 [続きを読む]
  • 学園祭の模擬店で
  • 少し前のこと。某有名大学の学園祭に行ってきました。ぶっちゃけ、日本でトップクラスの大学です。学園祭というと、クラブ活動をしている学生にとっては、もちろん日ごろの活動の発表の場なのですが、それだけでなく、模擬店でクラブの運営費を稼ぐ機会でもありますよね。チャーニーが行ったその大学でも、焼き鳥、牛串、やきそば、おしるこなど、さまざまな模擬店が出ていて、学生たちが、さかんに「呼び込み」をしていたのです。 [続きを読む]
  • ネットに登場!
  • 昨日、11月21日(水)に発売になったチャーニーの新刊、『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』(かんき出版)。ここ最近、文庫本が続いていたので、いわゆる単行本サイズの本を出すは、同じかんき出版さんから去年の2月に出させていただいた『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』以来のこと。文庫本以外ということなら、特サイズの本として、子供向けの本、『10分で読める 偉人の言葉 教えと名言80』(メ [続きを読む]
  • 『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』が発売!
  • チャーニーの(たぶん)今年最後となる本、『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』(かんき出版)が、いよいよ明日、11月21日(水)に発売になります!今回の本のテーマは、「生きる理由」。チャーニーの本としては、だいぶ重いテーマです。編集者さんからこのテーマの提案をいただいたときに考えたことは、「深いテーマなので、真剣に考えるのはいいけれど、深刻にならないようにする!」。真剣はオーケー。でも、深刻はNG。 [続きを読む]
  • コーヒー本が、早川勝さんのサイトで紹介
  • 『死ぬ気で働いたあとの世界を君は見たくないか!?』『死ぬ気で働く営業マンだけがお客様に選ばれる』などの著書があり、新刊の『営業の鬼100則』(明日香出版社)が売れに売れている早川勝氏。その早川さんが、ご自身のオフィシャルサイトで、私の本、『コーヒーと楽しむ 心が「ホッと」温まる50の物語』(PHP文庫)を紹介してくださいました。早川さん、いつもありがとうございます!いつもながら光栄です。早川さんか [続きを読む]
  • 『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』がカウントダウン!
  • 11月21日(水)に発売予定のチャーニーの本、『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』(かんき出版)、発売まであと5日となりました!いよいよカウントダウン!たぶん、これが今年、最後のチャーニー本です。2週間前に、ここで「発売まであと2週間になりました!」というお知らせをしたとき、アマゾンでの順位は総合で80万3869位というとんでもない数字でした。さて、今朝の時点での順位を見てみると……。12万392 [続きを読む]
  • 『すぐ使える! 接客1年生』からの名言
  • 元JALの客室乗務員、同社の元カリスマ教官にして著者仲間の七條千恵美さんからいただいた新刊本、『すぐ使える! 接客1年生』(ダイヤモンド社)を読了しました。この本、現在は起業され、接客マナー研修や社員教育などで全国を飛び回っておられる七條さんが、「お客様に信頼されるために必要なマインドとコツ」について、わかりやすく教えてくれる1冊です。七條さんの客室乗務員時代のエピソード(お客様に喜んでいただけた [続きを読む]
  • 出川哲郎、戻ってきてのひと言
  • テレビを見ていると、よく、こんなシーンを目にします。イベントや場組宣伝で記者会見をしているタレントに対して、芸能記者が、たとえばそのタレントのスキャンダルについてなど、都合の悪い質問を始めた途端、スタッフが「本日はそういう場ではありませんので!」なんて言って質問を制し、即座に会見を中止してしまう……と、そんなシーン。たまに見ますよね。たぶん、タレントとスタッフの間の事前打ち合わせで、そういう質問が [続きを読む]
  • 報奨旅行の前のカッコイイ挨拶
  • 企業で広報を担当している知人から聞いた話です。その知人の会社で、販売コンテストにおいて優秀な業績を上げた若手の女性営業を対象にした報奨(ほうしょう)旅行が行なわれたときのこと。報奨旅行の行き先は香港。香港に知人の会社のグループ企業があって、旅行では、その企業を訪問し、社内見学やビジネス展開のレクチャーを受けたり、現地の女性社員との交流なども行われたりするというスケジュールでした。私の知人は、広報担 [続きを読む]
  • 8冊目、書き終えました
  • 先日、今年になって8冊目の本を書き終わりました!これで今年、2018年の執筆は、「編集お手伝い本」を3冊。自分の本を5冊書き終えたことになります。今回、書き終えた本の締め切りは12月末でしたので、今回も、締め切り50日前に入稿を完了できました。とくに今回の本は初めて本を出す出版社さんでしたのでよかったです。さて。原稿の入稿を終えて、次にかかる本は、先月、思いがけず、緊急に入った「編集お手伝い本」の [続きを読む]
  • 2週間を切りました!
  • 11月21日に発売予定の次の本、『人生の先輩たちに学ぶ 生きる理由』(かんき出版)、いよいよ発売まで2週間を切りました!アマゾンはこちらhttps://www.amazon.co.jp/dp/476127378X/楽天はこちらhttps://books.rakuten.co.jp/rb/15675704/楽天はある程度のランキングにならないと順位が表示されませんが、アマゾンは1時間ごとに順位が更新され掲示されます。それによると、今朝の段階で、この本のアマゾン売上ランキングは、 [続きを読む]
  • 失敗した小松菜が売れた理由
  • 千葉県で小松菜をつくっているある農業生産法人。あるとき、テレビ番組から、こんな情報を得ます。「パン工場でクラシック音楽を聴かせて発酵させたら、パンの甘みが増した」これは、もしかしたら「自分たちの小松菜生産にも活かせるのでは?」と考え、小松菜にヘヴィメタを聴かせて育ててみることにしました。しかし、残念ながら、毎日、ガンガンとヘヴィメタを聴かせて育ててみたものの、小松菜の味も栄養分もまるで変化なし。一 [続きを読む]