yuri さん プロフィール

  •  
yuriさん: 峰野裕二郎ブログ
ハンドル名yuri さん
ブログタイトル峰野裕二郎ブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yuriko1950/
サイト紹介文夫婦・親子・家族、コミュニティー、教育、将棋等について、日々の暮らしの中で感じたことを記しています。
自由文最近、私の暮らす長崎県佐々町まで西九州自動車道が延伸されました。
「佐々千年桜の里」を目指す佐々町は、清流・佐々川流域に広がる人口1万3千5百人前後の美しい町です。
どうぞ、お出かけくださいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/10/06 08:18

yuri さんのブログ記事

  • 2018夏の家族 ⑤
  • 高校時代の同級生で隣町の吉井に住むSさんは定年退職後、築100年の自宅をリフォームし「古民家体験工房とらいかん」なるものを立ち上げ、そこを地域交流の拠点にすべく、あれこれ奮闘している。また、彼女はフェイスブックに日々折々の活動振りを載せているが、ある日「とらいかん」を訪れた子供会の一行がすぐそばを流れる小川で水遊びしている様子が紹介されていた。子供たちは水遊びが大好きだ。彩理さん・結理さんが来たら、そ [続きを読む]
  • 2018夏の家族 ④
  • 8月6日の午前中、有紀さんが糸葉さんを連れてやって来た。早速、みんなで我が家から車で20分ほどの「九十九島パールシーリゾート」へと出かける。ちょうど昼時だったので先ずは腹ごしらえとばかりに、いつものようにパールシーリゾート内の一番奥にあるパスタとピザの店「ピノキオ」へと向かった。目的の「ピノキオ」は、店舗の内装やテーブルの配置、そしてピザ釜までもそっくりそのままで、しかし、従業員と店の名前が変わってい [続きを読む]
  • 2018夏の家族 ③
  • 「塾で勉強したい」どうやら、これが彩理さん・結理さんが我が家に泊りたい理由の1つになっているようだった。昨夏、彩理さんと結理さんは2,3日、私の「塾生」となって机に向かった。中学生のお姉ちゃんたちに声をかけられたりしていたが、さぞかし刺激的な体験だっただろう。今回も勉強道具持参で張り切っていた。彼女らのお父さん・お母さんが帰ったその日の午後、2人は早速、教室に入り1時間ほど学習に取り組んだ。勉強が終 [続きを読む]
  • 2018夏の家族 ②
  • 女房どのが絵理子さん・有紀さんに徳島行きを打診したところから事は急展開を見せた。四国、阿波踊り、そして、妹の暮らすまち。2人は、彼女たちの胸の内にぼんやりとあっただろう徳島に惹かれる思いに火をつけられたかのように、思いの外、前向きな反応を示してくれたのだった。徳島行きの話は早速、絵理子さん・有紀さん宅に持ち帰られ、それぞれの家族の中で、それぞれに計画が練られ、そしてそれは再びLINEのビデオ通話の場に [続きを読む]
  • 2018夏の家族 ①
  • 家族そろっての夏休みをいつにするか、またどのように過ごすか。例年のことだが、絵理子さん・有紀さんがそれぞれ家庭を持ってからというものそこそこ頭を悩ます。それぞれの仕事・勤務先の事情であったり、研二くん・和也くん、それぞれのご両親の許への帰省であったり、子供たちの体調であったりと当然だが色々ある。ところが、今年のそれは週末に決まって行うくるみさんとのラインのビデオ通話中、アルコールの入った勢いで発し [続きを読む]
  • 意外な涙の訳は
  • 昨日は、くるみさんの小学校卒業の日でした。 私は、くるみさんだけではなく卒業生みなさんを祝福したかったので、来賓席に座らせていただきました。 そのおかげで、卒業生のみなさんの顔をよく見ることができました。くるみさんの顔も見えます。 式も進み、卒業生と在校生による、言葉の掛け合い「別れの言葉」と歌唱「さようなら」「大空がむかえる朝」「仰げば尊し」が始まったとたん、くるみさんの様子が変です。 泣いている [続きを読む]
  • 青は藍より出でて藍より青し
  • 裏のサクランボの木の花が咲き始めました。 昨日は有紀さんの中学卒業の日でした。 朝からいい天気です。数日前の降雪の頃から一輪、また一輪とほころび始め、今では数え切れないほど花をつけている前庭の椿の木の傍で登校前の有紀さんのセーラー服姿を写真に収めました。 卒業を前にしたある日、有紀さんと中学生活を振り返って話をしたことがありました。 有紀さんは、中学の3年間で自分は変わったと言います。 「友達との付き [続きを読む]
  • 新しい人
  • 有紀さんの通う佐々中学校では来週16日の卒業式を前に、このところその練習が行われているようです。 昨日の夕食の際、その日の練習の様子が話題になりました。 佐々中の卒業式では、校長先生から卒業証書が一人ひとりに手渡されます。 式会場に入場し着席した後、担任に名前を呼ばれ返事をして立ち上がり、壇上まで歩み出て校長先生から卒業証書を受け取るといった段取りです。 その名前を呼ばれる際に、生徒が大きな声で返事を [続きを読む]
  • 自分を育てる
  • 有紀さんが級友のMさんと文集を作っているというので、編集委員にでもなったのかと思ったらそうではありませんでした。 卒業に際して記念の文集を作りたと考えた有紀さんは、担任に許可を得て仲の良いMさんと級友への原稿依頼から始めたそうです。 彼女らが自主的にそういう取り組みを行っていることに驚かされました。 どうも、先生を頼りにしていません。あてにしていません。物足りないようです。そういえば、Mさんもそんなふ [続きを読む]
  • 寛容 新しい人
  • 私が有紀さん、くるみさんと話す時間は、朝食時、夕食時(くるみさんとは学校から帰って来た時も)、それに塾の時間です。 特に学校から帰ってきてから夕食が済むまでの時間に、女房どのを含めて、きょう1日学校で、彼女らの心に留まった出来事が披露(ひろう)されます。 毎日、興味深い話が聞けるのですが、その中からいくつかを気が向いたときに『子育て日記』に取り上げています。 さて、6日・日曜日、有紀さんは、文集作成 [続きを読む]
  • 春、間近
  •   喜びとさびしさ混じる卒業の日            峰野くるみ 学校で詠んだのでしょう。今朝、食卓の上で見つけました。               2005年3月7日(月)記 [続きを読む]
  • トゥー・ペア
  • 次第に我が家の3人の娘たちの卒業式や入学式等の日にちが明らかになってきていますが、懸念していたことが起きています。 先ず、くるみさんの卒業式の日と有紀さんの合格者登校日が重なってしまいました。 さらに、入学式が同じ日に行われることがわかりました。 私にとっては当たり前のことでしたが、私はこれまで、我が家の長女である絵理子さんが保育園に入ってからこの方、3人の娘たちのすべての入園(学)式、卒園(業)式に [続きを読む]
  • ひな祭りに
  • 昨日は3月3日のひな祭りの日、我が家は、裕理子さんも含め4人も娘がいるのにお雛様を出していませんでした。お雛様を飾るのは私の担当です。 この日、あれやこれと片付けなければならない仕事の合間を縫って、昨年末以来、体調を崩している母親の所を訪れ、昼食を共にとりました。 かねてより健康に気をつけている母ですが、食欲がなく体重が35kgまで落ち、死が目の前にちらついたと言います。 しかし、徐々に回復傾向にあるよ [続きを読む]
  • 女房どのの誕生日
  • 2月26日は女房どのの誕生日でした。 その日、私は宇久町教育委員会のお招きで、宇久島で開かれた「おはなし広場」に佐々の図書ボランティアの仲間と共に参加していました。 誕生日と重なるのは前もって分かっていました。すまないなと思っているところ、女房どのは気持ちよく「行って来たら」と言ってくれました。 私が、あれこれと地域で応分の役割を担わせていただけるのは、女房どのの理解と応援があってこそです。 女房ど [続きを読む]
  • 船出
  • 女房どのの携帯電話に、絵理子さんから久しぶりにメールが届きました。 先週、東京での研修に参加して来たそうです。そして、いよいよ今週末には勤務地が決定するとのこと。 「ドキドキしている」とありました。 また、絵理子さんの新たな船出が訪れようとしています。               2005年2月18日(金)記 [続きを読む]
  • 有紀さんの初恋
  • 「つづく」から早くも1週間が経とうとしています。日々が「スーホの白い馬」のように駆け抜けていきます。心して1日1日を大切に生きなければなりません。 さて、1月5日が有紀さんの誕生日です。 1月6日、O君は有紀さんへの誕生日のプレゼントを抱えて我が家を訪ねて来てくれました。 「おじゃましています」「ようこそ」そんな言葉を交わしたでしょうか、私は、そのとき初めてO君と顔を合わせました。 O君は、いがぐり頭で瞳が大 [続きを読む]
  • 新しい人たち
  • 有紀さんにも、家族公認のボーイフレンドがいます。クラスメート公認でもあるようです。 そのボーイフレンドのO君とは3年生になって同じクラスになりました。 O君のことを私が知ったのは昨年の11月です。 11月のある日、有紀さんのクラスでは席替えが行われました。 ところが、その日の昼食時、一人ぼっちで食事をする女の子が2人、男の子が1人いました。 いつも、席の近くの者同士で数人固まって食事をとるのですが、席替えのた [続きを読む]
  • 赴任先は
  • 2月中旬頃までには絵理子さんの勤務地が決まると聞いています。もうそろそろでしょうか。 有紀さん、くるみさんがこの春から家を出ることになりますが、入れ替わって絵理子さんが帰ってくるかもしれません。 勤務地は、九州地方の中心・福岡市か、現在住んでいる山口市か、実家のある長崎県の佐世保市か長崎市のうちのいずれかだそうです。 さて、新社会人の第1歩を絵理子さんは何処で踏み出すのでしょう。           [続きを読む]
  • 授業参観
  • きょうは、くるみさんの授業参観の日です。 これが小学校最後の授業参観日らしいのですが、午後から保護司会の研修が入っていて残念ながら参観できません。 そんなわけで「ごめんねぇ〜」と言うと、「お父さん、よかったね」と、くるみさん。 今回は音楽の授業で、なんでも、先生はお母さん方にも低音と高音に分かれてもらって合唱に参加してもらうと言っていたというのです。 「うわぁ〜、かんべんしてよ。よかったぁ〜」と私。 [続きを読む]
  • 有紀さんの合格
  • 27日、有紀さんへ橘香館(きっこうかん)から封書がが届きました。 胸を躍らせ開封すると「あなたは向陽橘香館に合格されましたので通知いたします。」とありました。 続けて「あなたは成績が優秀でしたのでスーパー特待になりました。これは入学金と3年間の授業料及び下記の諸経費が免除となります。」と付記されてありました。 夏季に開かれた橘香館の1日体験入学に参加した有紀さんは、橘香館の受験を決めました。 中学校での [続きを読む]
  • 有紀さんの高校受験
  • きょうは有紀さんの高校受験でした。 早朝6時50分、我が家を出発しました。自宅から通学できないような高校を受験する生徒には学校の先生は付き添ってくれません。我が家の子供だけでなく、塾生が地元以外の高校を受験するときは私が引率します。 絵理子さんの佐賀清和高受験は佐賀県の武雄市会場でした。当日は雪で、予定していた山越えのルートが路面凍結のため通行できず、平地を行ったので余裕を持って明け方5時くらいに出発 [続きを読む]
  • 合格発表の日
  • 今朝、速達が届きました。佐賀清和中学校からです。 きょうは、くるみさんが1月6日に受験した佐賀清和中学校入学試験の合格発表の日なのです。 実は、今回の受験、くるみさん本人が言い出したものでした。高いレベルで勉強したい・宿題がたくさんある方がいい・寮生活がしたいというのがその理由です。 もう一つ、絵理子さんを見ていて、「お姉ちゃん、楽しそう」とかねがね言っていました。お姉ちゃんのような学生生活を送りた [続きを読む]
  • 絵理子さん山口へ
  • 絵理子さん、卒業論文をまとめなければならないと、お正月休暇を終え、昨日、山口へと戻りました。 大学生活も残りわずかです。 有紀さんが写真を撮ってくれました。               2005年1月6日(木)記 [続きを読む]
  • 誕生日おめでとう
  • 昨日5日、有紀さんの15回目の誕生日でした。 すっかり美しく、思いやりのある優しい娘に成長しました。桜の咲く頃、高校生になります。 有紀さん、誕生日、おめでとう。               2005年1月6日(木)記 [続きを読む]
  • 2005年の年頭に
  • あけましておめでとうございます。 昨年1年間、「子育て日記」をご覧いただき、有り難うございました。 この春、おかげさまで絵理子さんは大学を、有紀さんは中学を、くるみさんは小学をそれぞれ卒業いたします。 絵理子さんは、このところ卒業論文制作の傍ら、OG訪問以来お世話になっている山口営業所に夏休みから今も、時間の許す限り研修に出かけているようです。最近は電話を取っての接客も行っているそうです。 昨年末の [続きを読む]