古藤店主 さん プロフィール

  •  
古藤店主さん: 古藤店主
ハンドル名古藤店主 さん
ブログタイトル古藤店主
ブログURLhttp://furutotenshu.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文古美術&ギャラリー古藤(ふるとう)の情報を店主がお伝えします。
自由文古美術店では、味わい深い本物を、ギャラリーでは美術品展示、映画会、音楽会、レンタルスペース、またアクセサリーコーナーもあり、広く皆さまのお役に立てるようにと願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/10/06 20:47

古藤店主 さんのブログ記事

  • ねりまだいこんのトークライブ
  • 2018年4月22日日曜日の江古田ギャラリー古藤でのねりまだいこんのトークライブ、たくさんのゲストが急遽駆けつけ賑やかなイベントになりました。 ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村にほんブログ村美術館・ギャラリー ブログランキングへ [続きを読む]
  • 映画『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』
  • ●映画『非正規に尊厳を!−メトロレディーブルース総集編』 東京メトロ売店には正社員と非正規の契約社員が一緒に働いている。仕事はまったく同じ、しかし非正規の賃金は正社員の約半分だ。何年勤めても退職金はゼロ。勤続10年で1000万円の格差が生まれる。1年契約更新で雇い止めの不安もあった。そんな中ユニオンをつくって立ち上がったシニアの女性売店員たち。みんな10年以上のベテランだ。この映画は、初めてのストライキか [続きを読む]
  • 若林圭子 土曜の午後のコンサート(私の語り唄)
  • 若林圭子 土曜の午後のコンサート(私の語り唄) 2018年5月19日(土)開演 14時(開場 13時半) 料金 3000円 ピアニスト 種村久美子 会場ギャラリー古藤 練馬区栄町9-16Tel 03-3948-5328今年で、6回目のコンサートになります。 ご近所の方もいらして下さると嬉しいです。 予定曲 太陽は一人ぼっち 石狩挽歌 曲馬団エレジー 他 ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけます [続きを読む]
  • ねりまだいこんトークライブ
  • ねりまだいこんトークライブ 4月22日16時 ギャラリー古藤  東京都練馬区栄町9-16ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村にほんブログ村美術館・ギャラリー ブログランキングへ [続きを読む]
  • 無実の政治囚 星野文昭絵画展が始まりました
  • 無実の政治囚 星野文昭絵画展が始まりました。4月13日(金)〜15日(日) ●13日(金)12:00〜19:00※16:30〜「星野さんが見た『光』問題」 解説:永田浩三さん(武蔵大学教授/元NHKディレクター) ●14日(土)10:00〜19:00 ●15日(日)10:00〜17:30※15:00〜「更生保護委員会に要望書を届けよう」学習会・総会 3日間ともDVD『星野文昭獄中41年』随時上映入場無 [続きを読む]
  • あさそいKATORE落語会「羊鷹会」桂鷹治 春風亭昇羊
  • あさそいKATORE落語会「羊鷹会」桂鷹治 春風亭昇羊4月17日(火)午後6:00開場 午後6:30開演場所 ギャラリー古藤  東京都練馬区栄町9-16 木戸銭 1000円 申し込み先 ブティックKATORE 電話03-3557-0981 ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださるようお願いいたします。 ↓↓↓ にほんブログ村にほんブログ村美術館・ギャラリ [続きを読む]
  • マリナアーマッド・スーフィーカラム ライブ&トーク
  • 4月8日(日)マリナアーマッド・スーフィーカラム ライブ&トークがギャラリー古藤で行われました。スーフィーソングの優れた歌い手であるマリナアーマッドが歌い、語りました。日本では、紹介されることの少ないスーフィー音楽とその魅力を知る絶好のチャンスでした。マリナ・アーマッド(声楽)、佐野朋子(キーボード)、指原一登(タブラ)ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただ [続きを読む]
  • 日本の青空・上映会
  • 日本の青空・上映会2018年4月29日(日) 14:00〜 主催 ギャラリー水・土・木場所 ギャラリー古藤 〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16会費 500円(ワンドリンク付き)■日本人の誇りを憲法に託した鈴木安蔵。八月十五日、あの青空は希望のはじまりだった…雑誌編集部の派遣社員・沙也可は、特集企画“日本の憲法誕生の原点を問う”で、名も知らぬ憲法学者・鈴木安蔵の取材をすることになる。鈴木安蔵を中心として、高野岩三郎 [続きを読む]
  • 長島実奈&長島 潤 デュオ・リサイタルVol.12
  • 長島実奈&長島 潤 デュオ・リサイタルVol.12ー詩情あふれる日本の歌―出船(杉山長谷夫)、浜千鳥(弘田龍太郎)、月の砂漠(佐々木すぐる)さくら横丁、霧と話した、うばぐるま、夕方のお母さん、むこうむこう、たんぽぽ、ゆく春(中田喜直)新しい歌、石ころの歌、流れる水と岩の歌、舟唄、この害虫だけは、告別、壁のうた、すべてか無か (林光) など 2018年4月24日(火)14:15開場 14:30開演 入場料:3000円会場:ギャラリー古藤(ふる [続きを読む]
  • 星野文昭絵画展
  • 無実の星野さんを取り戻そう!星野文昭絵画展入場無料「星野文昭獄中41年」DVD随時上映と き4月13日(金)〜15日(日)13日(金)12:00〜19:0014日(土)10:00〜19:0015日(日)10:00〜17:30ところギャラリー古藤   武蔵大学駅前(練馬区栄町9-10)電話03−3948−5328主催 東京北部・星野文昭絵画展実行委員会連絡先 無実の星野文昭さんを取り戻そう!北部の会豊島 [続きを読む]
  • 「知事抹殺」の真実 
  • 3/11日江古田映画祭16日目最終日■「知事抹殺」の真実 我孫子亘 2016年 80分を上映。地方分権の旗を掲げ、国の原子力エネルギー政策に異を唱えた知事が、2006年、突然降って沸いたような「汚職事件」で辞任。逮捕された謎に迫る。上映後、14:40〜映画監督安孫子 亘のトークライブ。トークの途中に、参加者は14:46分犠牲者の冥福をお祈りして黙とう。第7回江古田映画祭は16日間の幕を閉じましたが、のべ800人の方々 [続きを読む]
  • 祝福(いのり)の海
  • 3/10日江古田映画祭15日目「祝福(いのり)の海」 東条雅之 2017年 104分を上映。上関原発建設に反対する山口県祝島の「海」、原発事故が起きた福島の「海」、そして私たちの中にある「海」。これらの命のつながりを描く。上映後15:00〜映画監督東条雅之のトークライブ。ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださるようお願いいたしま [続きを読む]
  • いのちの岐路に立つ 〜核を抱きしめたニッポン国〜
  • 江古田映画祭14日目「いのちの岐路に立つ 〜核を抱きしめたニッポン国〜」 原村政樹2017年 110 分を上映。ヒロシマ、ナガサキ、ビキニ事件、そして原発で働く労働者。核エネルギーの被害者たち、それに抗う人がバトンを受け取るように熱い証言者として登場する。上映後 原村政樹監督のトークライブが行われました。3/10日19:00〜上映します。ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいた [続きを読む]
  • 終の住処を奪われて
  • 江古田映画祭13日目「終の住処を奪われて」 福島原発被害東京訴訟原告団 2017年 37分を上映。被害者であり、科学者である原告・鴨下祐也さんを中心に、避難生活の困難さ、原発事故は終息していないことを訴える。上映後、14:00〜ひなん生活をまもる会代表 鴨下祐也のトークライブが行われました。ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してく [続きを読む]
  • 逃げ遅れる人々 映画監督飯田基晴のトークライブ
  • 3月7日江古田映画祭12日目■逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者 飯田基晴 2012年 74分を上映。大災害で障害を持つ人々に何が起きたのか?被災地の障害者・関わる人々の証言をまとめた記録。(製作/東北関東大震災障害者救援本部 )上映後14:30〜映画監督飯田基晴のトークライブが行われました。 ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を し [続きを読む]
  • 日本と再生 光と風のギガワット作戦
  • 3/6日江古田映画祭11日目「日本と再生 光と風のギガワット作戦」 河合弘之 2017年 100分を上映。世界を駆動させるのは、原発ではなく、あふれる自然の力だ。地球をひと回りして、太陽・風・地熱・バイオマスの自然エネルギーを見に行こう。上映後 15:00〜 河合弘之映画監督のトークライブ。、3/9日 18:30〜上映、3/11日 16:30〜上映します。ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでい [続きを読む]
  • アトミック・マム上映後日本被団協事務局次長のトークライブ
  • 江古田映画祭10日目■アトミック・マム M.Tシルビア 2010年 87分を上映。母はかつて生物学者としてアメリカの原爆開発に携わっていた。母の謎に迫り次第に真実が明らかになっていく。併せて広島の被爆者と出会う。上映後、19:30〜日本被団協藤森俊希事務局次長のトークライブが行われました。ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださる [続きを読む]
  • マリナアーマッド北インド古典声楽
  • インド古典音楽 マリナアーマッド北インド古典声楽JapanPageでも詳細告知をご覧いただけます。https://www.facebook.com/marina.ahmad.japan 日程】2018/4/8(日)【会場】ギャラリー古藤 (江古田) http://furuto.art.coocan.jp    東京都練馬区栄町9-16【時間】開場15:00 / ライブ 15:30-17:00【定員】30名【料金】予約:3,000円 当日:3,500円    ペア割:5000円(組み合わせは自由。要予約)    中学生以下無料 ※お [続きを読む]
  • あの日から と これから の表現
  • 「あの日から と これから の表現 〜東日本大震災以後の日常の記録・創作・共有をめぐる上映/座談会」 日時: 2018 年 4 月 1 日(日) 13:30〜17:00(開場13:00) 場所: ギャラリー古藤 (西武池袋線江古田駅より徒歩6分) *入場無料(定員40名、予約優先入場) 2011年に起きた東日本大震災と原子力災害。 あたりまえにあった暮らしが一変したあの日から、 被災地と呼ばれるようになった場所で、 カメラを手に自らをとりまく日 [続きを読む]
  • 福島県立相馬高校放送局震災を伝える(2014)
  • ■福島県立相馬高校放送局震災を伝える(2014)福島県立相馬高校放送局 2014年 120分を上映。福島の沿岸部の高校生たちが震災や原発事故をドキュメンタリーや映像で伝える作品群で、大人の視点とは違った震災が伝わってくる。上映後15:20〜相馬クロニクル主宰・元相馬高校放送局顧問 渡部義弘のトークライブ」が行われました。ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、 [続きを読む]
  • 原発の町を追われて 1〜3部
  • 江古田映画祭8日目3/3日13:00〜■原発の町を追われて 1〜3部 堀切さとみ2017年100分を上映。全世帯が避難勧告を受けた双葉町。放射能から逃げるしかなかった人々の6年間を見つめた3部作。上映後15:00〜堀切さとみ監督と鵜沼久江さんのトークライブが行われました。  ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださるようお願いいたします。  [続きを読む]
  • アトムとピース〜瑠衣子 長崎の祈り〜
  • 3/2日江古田映画祭7日目 ■アトムとピース〜瑠衣子 長崎の祈り〜 新田義貴 2015年 94分を13:00〜上映「原爆」と「原発」は何が違うの?被爆3世の旅。放射能の恐ろしさを知っているはずの日本人がなぜ原発事故を起こし、いまも原発にこだわるのか。上映後 映画監督新田義貴監督のトークライブ。3/5日 13:00〜上映、3/10日 16:30〜上映。 ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただ [続きを読む]
  • MARCH
  • 江古田映画祭6日目■MARCH 中村和彦 2016年 37分を上映。MARCHは三月そして行進の意。散り散りになった南相馬の小学校のマーチングバンドが再結成。愛媛FCとの奇跡の絆が生まれていく。上映の前後にプロデューサー 角田寛和のトークライブ ネパールのTシャツも販売。 ブログを読んいただきましてありがとうございます。さらに多くの方々に読んでいただけますように、練馬区情報を してくださるようお願いいたしま [続きを読む]
  • 江古田映画祭5日目■被ばく牛と生きる 
  • 江古田映画祭5日目■被ばく牛と生きる 松原保 2017年 104分を上映。被ばくした牛たちを殺処分することなく、活かし続ける畜産農家たちの静かで熱い闘いの記録。上映後15:00〜「被ばく牛と生きる」を観てのおしゃべり感想会、ゲストは希望の牧場・ふくしま 代表の吉沢正巳さん「被ばく牛とともに原発を乗り越える社会を実行しよう!みんな、集まれ!!決心 救命、団結! そして希望へ」 牽引車上の牛のオブジェがすごい藝術 [続きを読む]