フォレストビュー/いちかわ さん プロフィール

  •  
フォレストビュー/いちかわさん: クラフト家具と暮らそう
ハンドル名フォレストビュー/いちかわ さん
ブログタイトルクラフト家具と暮らそう
ブログURLhttp://forestview.eshizuoka.jp/
サイト紹介文オーダー家具製作の市川木工。家具&生活具を日々製作中。新作・展示会情報など、静岡から積極的に発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/10/06 21:31

フォレストビュー/いちかわ さんのブログ記事

  • 今年もいっこ、年齢増えました。
  • 先週、誕生日でした。毎年地味に年取っていたけど、今年は積極的にFBを更新してたからか、みなさんからお誕生日おめでとうのメッセージをいただいて、うらしいやら恥ずかしいやら。メッセージいただいた皆様、ありがとうございます。ちょうどその日の夜は、サッカーの日本VSブラジル戦があって、テレビで観戦してたら、交代で登場した浅野選手について、「浅野選手は、本日が誕生日です」と紹介されてた。おおー私、浅野選手と [続きを読む]
  • SNS、格闘中
  • あと10日ほどで、展示会。毎年年末は怒涛のイベントシーズンだけど、今年は例年よりひとつ少なくて、ふたつのイベントに出展します。そのかわり、年明け1月下旬にひとつ出展決まりました。詳細は、追ってご連絡します。どうぞよろしくお願いします。**************というわけで、イベントラッシュに向けてすこし前からコツコツと進めているホームページリニューアル。ところがどっこい、これがなかなか進まなくて [続きを読む]
  • ホームページ・リニューアルしました。
  • お恥ずかしながら、ずっとずっと放置されてしまっていたホームページを、この度、ようやくようやく!リニューアルしました!アップしたいコンテンツは盛りだくさん、しかし、なかなか作業が進まない現実。でも、少しづつ濃い内容にしていく所存、どうぞちょくちょくのぞきに来てくださいませ。市川木工・ホームページ*****************いやー、それにしても、ITの進化はすごいですね。HTMLは全く理解不能、 [続きを読む]
  • 時代のビッグウエーブ、どんぶらこ
  • 銀行で、ATMに通帳を入れたら、「この通帳はこちらではお取扱いできません。窓口までお越しください」と、ATMに言われた。もう一度トライしても、結果は同じ。それどころか、ATMの機械音声が大きすぎて、まわりから大層奇異な目で見られた。訳も分からず通帳を窓口に持っていくと、「通帳の裏側の磁気の鍵が壊れています」とのこと。なんと、通帳の磁気ロックは、携帯やスマホと一緒に置いておいただけでも壊れてしまうのだそう。 [続きを読む]
  • ニッポン・粋な生活具
  • お客様の古いご実家を取り壊した時、使わなくなったためにもらったという建具が、あまりにも素敵で。ご主人が、「この建具で衝立を作ったらどうだろう」とおっしゃったのを聞いて、「絶対に、作りたいです!」って思ってしまった。その後、いろいろと試行錯誤して出来上がった衝立は、昔の日本人の美意識の高さがバシバシと感じられるとっても美しい仕上がり。障子はケンドン式になってて、取り外した姿も素敵。江戸時代の長屋とい [続きを読む]
  • 木のイヤリング、仲間入りしました
  • すこし前に、ピアスをたくさん作ったら、「イヤリングはないの?」と、多くの皆様に言われてしまいまして。かくいう自分も、大昔、ピアスの穴を開けては見たものの、きちんとお手入れできなくて断念。放置していたら、自然に無くなってしまった経験あり。というわけで、イヤリングつくりました。いろんな樹種があるので、いろいろ迷って選んでもらいたくて、全部違う組み合わせで作ってしまいました。その数、ざっと40個ほどかと [続きを読む]
  • 楽しい木工品展@駿府楽市
  • 本日より、アスティ静岡1F駿府楽市さんにて、静岡で活躍する木工作家のコラボ展「楽しい木工品展}が始まります。市川木工の出展品は、ふじさんスツールやスリッパラック、ちょっと小ぶりのオープンラックやちゃぶ台など、小さめの家具をはじめ、ごみ箱や小引出し、タオルハンガーやせんたく板など、生活に使えて、粋で、長く使いたくなる雑貨や、さらにさらに、お土産や自分使いにもお勧めしたい、木のアクセサリーなどいろいろ [続きを読む]
  • たかが保険、されど保険
  • 先日、仕事から帰ろうと車に乗るも、全くエンジンがかからず、狼狽。「はて?バッテリーか?」と思い、もう一台の救援車を使ってエンジンをかけ直したけどダメで。何よりセルモーターが無反応だったんです。つまりこれは、セルモーターの故障だということになり、ディーラーに持っていくことに。ところが車の故障現場からディーラーまでの距離は、ざっと15キロ。当然、レッカー車を手配しなければならず、「故障でさえ金がかかる [続きを読む]
  • みんな、あったかいひとばかりで
  • シズオカ家具week!を開催してたのは9月。期間中は、自分でも感心するほど働きました。で、怒涛の月末の納品を乗り越えて、ようやく家具weekのプレゼントの出荷が完了したのは、10月に入ってから。市川木工のプレゼントは時計。抽選で10名様でした。もっと早く出したかったけどなー、喜んでもらえるといいけどなーそう思いながら出荷を終えた翌日から、「プレゼント届きました!」というメールいただいたり、お電話いただいた [続きを読む]
  • みんなおんなじ意見じゃないから
  • 自分にとって正しい意見も、人にとっては正しくないとか、正しいことはわかってるけど自分への悪影響が大きいと、素直に賛成できないとか。世の中を知れば知るほど、そんなことばかり。例えば、北朝鮮問題。やりたい放題ミサイルをぶっ放す北朝鮮は間違ってる。だけど、北朝鮮からしてみればアメリカの方が間違ってるらしい。この溝は、なかなか埋まらない。例えば、慰安婦問題。日本からすると、もう解決したけれど、韓国からすれ [続きを読む]
  • 小さな失敗、大きな敗北
  • 若いころは記憶力に相当な自信があったので、忘れないようにメモを取る習慣が身につかなかった。だから、打ち合わせなのに筆記用具を持ってないなど、日常茶飯事。それでも3年ほど前からは、かの有名な「ほぼ日手帳」を持ち歩くようになった。しかし、メモを取らない習慣はそのままなので、毎年ほとんど白紙のまま終わる。でも、何かを忘れて大失態をすることもないのでいまだにメモを取ることは、ほとんどない。しかし、である。 [続きを読む]
  • 好きなこと、得意なこと
  • 自分が日々やらなければいけないミッションの中に、家事が含まれてなかったらどんなにいいだろう!そう思ってるのは、絶対、私だけじゃないはず。だいいち掃除がキライ。毎度の食事の支度も大変。おまけに後片付けもある。ざっと考えても、相当な時間を家事のために費やしてる。これがなければ、自分はもっともっと自由に、思う存分、仕事や好きなことができるはずなのに。でも、実は料理は得意だ。むしろ、相当上手だと思う。掃除 [続きを読む]
  • メスのパンダと孔雀のオスと
  • 初めての子を妊娠中だった当時、「お腹の大きな女性を見ると、哺乳類だなぁと思う」と、学生時代の恩師に言われた。自分は人間だけど、哺乳類とは考えたことなかったから、そうかー、言われてみれば犬猫牛豚と一緒だなと、しみじみ思った。かれこれ20年以上前の話。最近、じわじわと人気者のパンダの赤ちゃん香香ちゃん。TVではひっきりなしに香香を取り上げているけれど、私はといえば、すっかり母親のシンシンの気持ちになっ [続きを読む]
  • 地産地消の贅沢
  • ずっと前、中国人の友達とスーパーで会ったとき、「日本には、フェンネルは売ってないの?」と、聞かれたことがある。フェンネルとは、魚料理に使ったりするハーブのこと。「売ってるけど、どこにでもあるわけじゃないし、あったとしても、小さな枝で小分けに売っている程度かも」というと、彼女はとってもがっかりした様子だった。聞けば、中国ではフェンネルは餃子に欠かせない食材らしく、コレが無いと、本場の味にならないのに [続きを読む]
  • 10月からのイベントのお知らせ
  • あと一週間で10月。10月から年末にかけてのイベント出展が、着々と決定中です。皆様のご来場、心よりお待ちいたしております。■楽しい木工展アイデアを生かしたさまざまな小物雑貨など、見て使って楽しい木工製品を展示紹介します。会場:駿府楽市会期:2017年10月25(水) - 11月5(日)■IFFTインテリアライフスタイルリビング展・2017IFFT(東京国際家具見本市)にインテリア ライフスタイルのコンセプトが加わったIFF [続きを読む]
  • ニッポン・ふわふわ生活 快便編
  • すごく気になるのに、なかなかチャレンジできなかった食材「糀(こうじ)」それがすこし前、糀屋さんを訪ねて以来一変、今では我が家の食生活が、日々発酵しまくる事態だ。初めて糀屋さんを訪れた日、店のご主人が糀について説明してくれた話によると「スーパーで売っている塩糀や甘酒は本当の塩糀や甘酒ではなく、塩糀風調味料であり、甘酒風味ドリンク。なぜなら本当に生きた糀には酸素が必要で、真空パックでは生きられない」と [続きを読む]
  • ニッポン・ふわふわ生活 快眠編
  • 半月にわたるイベントが終わったので、ほったらかしにしていた家の雑務を、約1か月ぶりに着手した。取り急ぎ、夏の初めに打ち直しに出していた布団を引き取りに、布団屋へ。我が家は家族が多いので、皆の布団を新調するのは大ごと。だから、打ち直しすれば新品になるという布団の打ち直しというシステムは、とっても重宝している。2~3年前からは毎年、夏のシーズンに2~3枚づつ、家族の布団を打ち直して新調してもらっている。今回 [続きを読む]
  • ありがとう、シズオカ家具week!
  • 9月1日から18日まで、開催期間は2週間と4日。静岡市内の様々な会場で展開してきました「シズオカ家具week!」は、昨日をもって、全日程終了致しました。思い返せば、最初の企画から開催まで、考えられないほど短期間で作り上げた、それこそ手作りのイベントでしたが、いざ始まってみると、スタッフの皆さんの頑張りと、まわりの方々のヘルプ、そして、各種報道機関の皆様にも好意的に取り上げていただいたおかげもあって、本 [続きを読む]
  • シズオカ家具week! ついについに、最終日
  • シズオカ家具week!9月1日から様々な場所で展開してまいりましたが、本日いよいよ最終日となりました。台風一過の秋晴れと、台風の置き土産の強風に後押しされつつ、もしかしたら家具が当たっちゃうかもしれないスタンプラリーと静岡で生産しているの家具屋をめぐる、コアな静岡家具ツーリズムをぜひぜひ楽しんでくださいね。まだチャレンジしていない方でも大丈夫。1日あれば、十分にコンプリート出来ます。まずは、気になるお店に [続きを読む]
  • シズオカ家具week! あと2日です
  • 9月1日から始まった「シズオカ家具week!」あっという間・・・本当にあっという間に、残り2日となってしまいました。昨日からの3連休は、あいにくの台風を伴う雨模様。にもかかわらず、本当にたくさんの皆様が、お店めぐりのスタンプラリーに参加してくださってます。4店舗まわって、見事にコンプリートされたお客様多数。昨日1日だけでも、ラリーカード、たくさん回収させていただきました。4店舗のスタンプを達成されたお客 [続きを読む]
  • ちゃぶ台のある生活
  • AERAに、「アフロ画報」という連載がある。書いているのは、朝日新聞元記者の、アフロヘアーが有名な稲垣えみ子さん。50歳過ぎて早期退職してからの日常が、面白おかしく綴られている。ちょっとうろ覚えなんだけど、少し前、「ちゃぶ台」について書かれた回があった。ちゃぶ台があれば生活できる、というような内容だったかな?古道具屋で買ったちゃぶ台が、えらく重宝という内容だったかな?とにかく、江戸庶民の生活の知恵 [続きを読む]
  • シズオカ家具week! TV、新聞、報道目白押し
  • シズオカ家具week!実績は全国区、なのに地元の知名度は低めという残念な地場産業「家具製造業」を、まずは地元静岡の皆様に「見て、知って、使っていただきたい!」というスローガンのもと結集した6社(有)市川木工 起立木工(株) Quito 金鱗 (有)ヒノキクラフト (有)藤原木工そんな仲間の地道なPRに反応していただいた報道関係各社様が、続々と報道してくださっています。真っ先に静岡新聞さまが、写真入りの [続きを読む]
  • シズオカ家具week! スタンプラリーは18日まで
  • シズオカ家具week!セノバ会場サテライトショップ及び展示は、昨日10日に終了致しました。会期中は、たくさんのお客様にご来店いただき、スタッフ一同とても感謝しています。ありがとうございました。というわけで、シズオカ家具week!もあっという間に後半戦に突入。スタンプラリーは今週も絶賛開催中、こちらは18日までです。昨日も大変多くのお客様がスタンプラリーをコンプリートしました。まだチャレンジしていない皆様、今 [続きを読む]
  • 名残惜しいけど、セノバサテライトショップは本日最終日です。
  • シズオカ家具week!一昨日のSBSテレビさんに引き続き、昨日はテレビ静岡さんが取材に来てくださいました。静岡新聞さん、朝日新聞さん、日経新聞さんも記事にしてくださいました。地元の家具メーカー6社が集まって、話し合って、資金を出し合って、本当に手作りで始めた今回のイベントが、こんなに広がってくれていることに驚くと同時に、ただただ有難く、皆様に厚く御礼申し上げる次第です。本日9/10は、新静岡セノバさんでの [続きを読む]
  • 暮らしに役立つ便利なもの、あります。
  • シズオカ家具week!昨日は、静岡伊勢丹会場にSBSテレビさんが取材に来てくださいました。FM放送のK−mixさんでは、ズミさんがコメント読んでくださいました。ありがとうございます。さて、セノバでの市川木工サテライトショップ出店も、残り2日。木でできた日常生活に役立つちょっとしたもの、ご用意してます。セノバ1Fビームスさん前のエスカレーター横のスペースで、営業中。ぜひ遊びに来て下さいね。静岡伊勢丹エスカ [続きを読む]