トモショー さん プロフィール

  •  
トモショーさん: 眼張鯵 メバラージ
ハンドル名トモショー さん
ブログタイトル眼張鯵 メバラージ
ブログURLhttp://meba-aji.fool.jp/
サイト紹介文「眼張鯵 メバラージ」はメバルやアジをメインに、海のライトゲームのニュースを提供するサイトです。
自由文このサイトでは管理人の地元近県の方々の濃い目なブログ、ためになるサイトや好きなサイトの更新情報、タックル情報等、初心者の方〜ベテランの方までが楽しめるマニアックで楽しい情報を新旧問わず提供していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2011/10/08 14:49

トモショー さんのブログ記事

  • 【再掲】ライジャケの膨らみっぷりをタイプ別に紹介
  • 事故ってヤツは突然起きるものでして、何時いかなるときでもその対策はとっておくべきです。「俺は大丈夫」、「ここは安全」、「みんな居るから平気」などの過信が一番危険。足場の低い場所でも、転んで頭を強打し気を失った状態で海に落ちればアウト…。さらに時化ていれば、浮いてこれない可能性もあります。また、事故にあった場合は身内や釣り仲間、たまたま釣り場に居合わせた見ず知らずの人にも迷惑をかけ、海上保安庁のお世 [続きを読む]
  • ジャクソンのこだわりを凝縮したライトゲームアイテムを動画で紹介
  • ギアステーションの動画にジャクソンさんの新作ルアーが紹介されているのでご案内。動画では以前コチラでお伝えした「タイニースクイッド」や生物学に基づいて開発されたワーム「ピピリング」、飛びすぎな飛距離を誇るメタルジグ「飛び過ぎダニエル」などを詳しく解説。既存のアイテムとは一味違った視点で開発されたルアー達は一見の価値あり。秋に向けてライトゲームのタックルを物色中のアングラーさんは是非ご覧ください。スポ [続きを読む]
  • 最高に美味い魚を食べるための究極血抜きからの「究極の保存法」を解説
  • 以前コチラやコチラで魚を美味しく食べるための究極の技「究極血抜き」を紹介しました。血を残さないように、酸化を防ぐために切った部位を可能な限り空気に触れさせないように処理された魚は、食材として「最高の状態」になるワケです。この最高の状態の魚は言わば「美味しくするための下準備」でして、本当に美味い魚を食べるにはここからさらに熟成させる必要があるんですな。ってなワケ今回は、食材として「最高の状態」になっ [続きを読む]
  • ちょいとサボって溜まってた気になるネタを新旧かまわずズラッと放出
  • このところ仕事やら諸事情でなかなか釣りに行けない状態が続いてまして、以前よりもずっと釣りに行けない&行かない状況が常態化。アングラーとして実に寂しくも虚しい限りです。そして新製品情報や大抵の情報は勢いのあるサイト&大手の情報サイトさんがいらっしゃるので、その辺りはそちらに任せようかなぁと思ったりもしています。SNSが日常の一部となっている今、発信力のあるブランドさんや大手のメーカーさんの情報は、メジ [続きを読む]
  • ソアレ ウルトラシュートの使い方を丹羽喜嗣&新保明弘が動画で解説
  • 以前コチラやコチラで紹介したシマノさんの超ド遠投フロート「ウルトラシュート」。その使い方やタックルセッティングなどを紹介した動画がアップされているのでご案内。釣行中にストレスを感じさせないよう、おすすめのラインの太さを教えてくれているのがポイント高いですな。動画中にはウルトラシュートな釣りにピッタリなロングロッド「S900M-S」の解説もありますんで気になる方は是非。スポンサードリンクシマノ/SHIMANO ソア [続きを読む]
  • なにげに便利! スプールにペタッと貼れる「ライン確認シール」が登場
  • 僕は複数の換えスプールを持ってまして、対象魚や釣り場の状況にお合わせるためにフロロ2LB、フロロ3LB、PE0.2号、PE0.6号、PE0.8号とすべて同じリールで使えるように揃えています。このようにシチュエーション別にラインを変えられるというのは非常に便利なんですが、おなじカラーのラインを巻いてしまうと太さを忘れてしまうことがあるんですね。僕と同様に複数のリールやスプールを使っているアングラーさんは、おなじような悩 [続きを読む]
  • シャローの岩場を浮き系虫ワームで攻める! 新たなデイチヌゲームを紹介
  • ルアーによるチヌ釣りの歴史は「Mリグ」から始まって、それとほぼ同時期にトップでの釣りも現れて、それぞれメジャーになっていきました。それがどれくらい前なのかと気になってGoogleで検索してみたところ、「Mリグ」というワードが引っかかるのが2005年から。僕たちアングラーがチヌゲーを楽しみ始めてから、もう12年ほど経つんですな。その間にメソッドが確立されチヌ用リグやプラグも進化して、今では手軽に楽しめる癒やしの [続きを読む]