saro-muriki さん プロフィール

  •  
saro-murikiさん: ムリキブログ
ハンドル名saro-muriki さん
ブログタイトルムリキブログ
ブログURLhttp://saromuriki.blog.fc2.com/
サイト紹介文9歳オス・柴犬のブログです。高齢者の飼主と一緒に、日々の出来事や読書、剣道、音楽、社会等を語ります。
自由文読書中毒のおりこうさんのワンワンです。我が僕(しもべ)たる飼い主には、朝夕、45分ずつ2回の散歩を義務付けているVIP犬、正確に言うと、VIDです。なかよくしてね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/10/08 17:49

saro-muriki さんのブログ記事

  • 人の〈生き血〉をすするアベ政治―――悪法の数々
  •  不埒な悪行三昧――こうして、この国は壊されていく! 野党頑張れ!山本・森・有田議員の抵抗を断固支持する!   ※なに?69人!えっ?水道を民営化!漁場を「独占が支配」?次々に飛び込んでくるとんでもないニュースに、アベ政治に対する途轍もない嫌悪感とそれを許している日本政治の現状に絶望感に近い感情が湧き上がってくる。サロさんと戯れ、畑仕事をし、音楽を聴き、本を読んで精神の「安定」を図ろうとするが、私 [続きを読む]
  • サロさん満12歳―――老境に入ってもなお!
  •   後ろ足が回復することを切に願う!       ―――意欲ある限り、散歩しような!!今年のいい肉は鶏の手羽先だったよ   ※早いものだ。もう師走も2日になってしまった。週一の仕事と二つの趣味と農作業が入ると、思いの外忙しい日々が続く。サロさんの足の方は日増しに悪くなっているようだが、昨夜はどんどん歩いていくので、歩きたいだけ歩かせようと、リードを外して自由に歩行させてみた。すると、これまで慣れ親 [続きを読む]
  • 入管法を考える(2)――C・ゴーンとコストカット
  •  焦点は〈働く仲間〉の労働条件   ――そして、日本人労働者の明日はどうなるのか?!   ※いやはや、世の中、カルロス・ゴーンの逮捕で大騒ぎだ。彼も「外国人労働者」だとは言わないが、日本で働く外国人の一人だったことは間違いない。”コスト・カッター(「経費削減人」)”としての彼が何をやってきたかはよ〜く記憶している。日本の労働者多数をリストラにかけて、巨万の富を不法に懐にしていたわけだ。しかし、こう [続きを読む]
  • 入管法を考える(1)―――大谷翔平と外国人労働者
  •  社会を支える、同じ〈働く仲間〉か?  それとも、人手不足を補う単なる〈安価な労働力〉か?   ※大谷翔平が新人賞をとった。本当に、たいしたものだ!先日も、NHKスペシャル『メジャーリーガー大谷翔平〜自ら語る挑戦の一年』を見たが、恵まれた才能を最大限開花させようと真っ向精進している彼の姿には感服せざるを得ないものがあった。私にとって特に興味深かったのは、彼がアストロズのバーランダー投手の投球を「品の [続きを読む]
  • 米中間選挙が終って――アメリカの〈民主主義〉に敬意
  •  多様性とリベラルの〈反撃〉  ―――アメリカの「一般ピープル」の〈勝利〉を祝す!   ※昨日はWeb上でBBCやガーディアンの速報を見ながら、国内テレビ各局のニュースを見比べてきた。下院での民主党の「Win」を見た時は、正直、嬉しかった。今朝のニューヨークタイムズによれば、最終的な議席数はまだ確定していないが、上院は共和党が(51:46、残3)で、下院は民主党が(222:196、残17)で過半数を制し、いわゆる「ねじ [続きを読む]
  • 「トランプ現象」を考える―――分断のエゴイズム
  • 自国第一主義と自己中心主義に取り込まれる人々 ――〈居直る〉富裕層、すがる〈不安・不満〉な一般ピープル   先週末、マイケル・ムーア監督の『華氏119』と『ブルーノ=レオナルド・ゲルバー  ピアノ・リサイタル』を視聴してきた。コンサート の曲目は、ベートーヴェンの『月光』と『ワルトシュタイン』、シューマンの『謝肉祭』とショパンの『アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ』だった。『月光』はオヤっ [続きを読む]
  • おお、間合いが近い!―――第66回全日本剣道選手権
  • リスクをかけた「攻め」の剣道    ―――西村選手の「速さ」に軍配!   ※昨日の「文化の日」、恒例の全日本剣道選手権を見た。熊本県代表の西村英久六段が連覇を達成した。今年の大会は、試合後の西村選手のインタヴューにも出てきた、「剣道の楽しさ」を感じることができた大会だったと思う。   生意気なことを言っているようにも思うが、今回の大会ほど、正々堂々、真正面から攻め、一本を取りに行く「攻めの剣道」が [続きを読む]
  • 昨日考えたこと――日本語・ハロウィン・徴用工
  • 「民族」―――日本語がわからない日本人って? 渋谷・ハロウィンとはなんなんだ? 韓国大法院・「徴用工」判決について・・・   11月になってしまった。まさしく、日毎に寒さが増していく今日この頃だ。最近の私の生活は、サロさんとの朝夕2回の散歩、tvkのBBCニュースかBS/NHKのワールドニュース、朝のゴミ出しと食器洗い、音楽鑑賞(クラシック中心、CDかレコード)、『時代劇』2〜3本(今は『伝七捕物帳』や『大江戸捜 [続きを読む]
  • 月末雑感10月/2018―――詐術師たちと真っ当な人々
  • そこまで国民を騙すわけね! アベとトランプの本性露わ ―――しかし、真っ当な「本物」に改めて希望を感じる!北信濃・松川渓谷で   「おじさん旅行」から帰ってきた。みんなボチボチやっているようで、大変結構なことだと感じた。ただ、今年の紅葉は今ひとつ鮮やかさに欠けているようにも感じられた。調べてみると、この「おじさん旅行」は1999年の法師温泉に始まり、今回で29回目だった。詳しくは、年末にまとめたいと考え [続きを読む]
  • 『白切(しらきり)五人男』――「今治構内の場」
  • 「無力亭日乗」十月十日   平成の世に「白切五人男」ありけり。     年貢・冥加の上前を はねて私腹を肥やせしとかや    その名、説にて異動あるも、岸孫右衛門(きしまごえもん)、無恥巣学ノ助(なちすがくのすけ)、柳瀬忖平(やなせそんぺい)、佐川竄三郎(さがわざんざぶろう)、白霧加計丸(しらきりかけまる)らを言うなり。武断・薩長ご自慢の、誰憚らぬ虚言癖、人に情けは永田町、セクハラ・パワハラお手の [続きを読む]
  • サロさんの近況報告―――関節痛で悩んでます
  • 「命」って愛おしくも、本当に厄介なものですな! ―――しかし、「アイボ」(犬型ロボット)で君の代わりはできないよね!「犬生」にも辛いことはつきもので・・・でも、僕は負けずに頑張ってるよ   ※先日、Mさんから電話があったが、何しろ、アベにやって欲しいことは「今すぐ辞める!」こと以外にないということだった。世論調査にも表れているが、真っ当な国民はもう心底ウンザリしていることだろう。私も、今回のブログ [続きを読む]
  • 沖縄知事選・県民の〈自治〉と〈矜持〉の勝利!
  • 〈愚劣〉なアベ政治に対する沖縄県民の勝利!  ―――物悲しい今年の秋に、輝く希望の光を見た!   気候変動による〈巨大台風〉が次々と日本を襲ってくる。北海道をはじめとして不気味な〈巨大地震〉が我々を脅かす。そうした中、「100%共にある」トランプとアベの〈愚劣〉な政治に、生活と命を蹂躙されるに任せているが如きの日本の現状は、冷笑して済ませることなどできない、極めて恥ずべき状況だと感ぜざるを得ない。  [続きを読む]
  • 3500円のカツカレー?――食べたことないねえ!
  • 詐欺師まがいの価値観とボッタクリの夢  ―――「アベ友」政治を「一般ピープル」はどう捉えるのか?!   ※先日テレビを見ていると、今回の自民党総裁選におけるアベ陣営の投票直前の出陣式で、国会議員向けに333食分のカツカレーが出され、完食されたにもかかわらず、実際の投票数は329票しかなく、差し引き4人が食い逃げしたのではないかという事件=「カレーライス事件」(アマリ事務総長)があったという。そして、その [続きを読む]
  • ご無沙汰してました!?――秋野菜の植え付けを終えて
  • この夏は忘れない!  ―――それにしても、あともう3年、アベの顔を見るのか・・・(嘔吐感!)   ※このところ、毎日朝早く起きて、秋野菜(白菜、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいも、レタス他)の植え付けをやってきた。かなりの疲労感があるが、植物たちは秋雨を喜んでいるようだ。それにしても、「平成」最後の夏は、命の危険を感じる「異常気象」と〈どうしようもない〉内外の世相に、なんとも言いようのない物寂しさ [続きを読む]
  • NHKスペシャル『ノモンハン 責任なき戦い』を見て
  •  戦前の政治と戦争を批判し抜く以外に    ―――日本と日本人の誇りを取り戻すことはできない!   ※今年の夏のテレビ番組の中で最も興味深かったのは、甲子園における金足農業の活躍とNHKスペシャル『ノモンハン 責任なき戦い』、そして、NEW23の 「綾瀬はるか『戦争』を聞く〜 語らなかった女たち〜」だった。金足農業については、我が「一般ピープル」の血が俄然さわぐといった有様で、今日2時からの大阪桐蔭との決勝 [続きを読む]
  • 伝承と学び―――「終戦記念日」に考えたこと
  • 戦争の真実を知ることが戦争屋の詭弁を挫く――平和を愛する「普通の人々」は強くあらねばならぬ!   ※秋の気配さえ感じさせる気候となった。爽やかな風に吹かれながら夜空を眺めていると、サロさんも気持ちよさそうにベンチの横で寝そべっている。そろそろ、畑仕事も無理なくできそうだ。でも、どうも気が乗らない。まずは、ブログの「宿題」を2つ済ませてからにしよう。今日はその一つ目だ。   さて、あっという間に月日 [続きを読む]
  • 長崎と沖縄の心――2018年8月9日長崎・原爆の日に
  •  翁長氏の遺志を忘れない! 無辜の子供たちを無差別に殺害する核兵器に義はない!    8月8日、沖縄の翁長知事が亡くなった。辺野古新基地建設の反対にまさしく命をかけて取り組んだ人であった。今多くを語ることはできないが、沖縄の正当な民意を実現しようとする彼の行動には〈義〉があった。そして、それを貫こうとする彼の凛とした”澄んだ”表情が強く印象に残っている。隠しきれないアベたちの醜悪な表情とは対照的な [続きを読む]
  • 73年目の広島・原爆の日に思う
  • 「核抑止」や「核の傘」という考え方に未来はない!  ―――「平和」に生きることができる社会の実現とは?   今日は、広島・原爆の日だった。そして、記念式典での松井広島市長の「平和宣言」とこども代表の「平和への誓い」は例年より重く心に響いた。   今年、私たちが目の当たりにしたトランプとキム・ジョンウンによる「核での脅し合い」は、核兵器廃棄への一歩前進に結びついたかにも見えたが、けっして、広島・長崎 [続きを読む]
  • アベ政治と日本社会の”劣化”
  •  アベ政治のウソと不公平が生み出す格差と不信感が   日本の共同社会としての「質」をどんどん低下させている      ※関東地方は、6月29日に梅雨明けしたわけだが、その後、梅雨期のような天候に逆戻りしている。また、西日本では、地震や集中豪雨によって多くの人々が深刻な被害を受け、苦難を強いられている。これらに対して、国会でも官僚の書いた作文を恥ずかしげもなく棒読みするだけのアベは、相変わらずの口先 [続きを読む]
  • なぜ悪逆非道で”反国民”的なアベ政権が続くのか(1)
  •   真っ当な政治家や官僚、経済人はどこだ?!    そして、真っ当な一般ピープルはどうすればいい?   ※無料ブログの写真容量が残り少なくなって、サロさんや旅行などの写真をブログに載せにくくなっている。そうなると、話題はクソバカバカしいアベ政権の話ばかりとなって、精神状態は一層悪くなる。という事で、最近は、このブログを続けるかどうかさえ考えるようになった。まあ、日記だから、日記帳に書けばいいわけだ [続きを読む]