青葉 さん プロフィール

  •  
青葉さん: ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ハンドル名青葉 さん
ブログタイトルようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/aobateien
サイト紹介文陶芸と観光の町・笠間。知られざる里山と田園の恵み。旬の野の花や心潤う風景の魅力を、毎朝楽しくご報告。
自由文 里山というものは、日本の宝です。
東京から北東へ90キロ、小さな町に息づいている生き物達の恵み。
日々の自然をめぐる風景が、皆様の清涼剤となれば幸いです。
 土日は特別版、写真をメインにお伝えしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/10/09 16:26

青葉 さんのブログ記事

  • 降りしきる日本の空の下にて
  •  昨日の続きですが。降り続けておりますので、蜘蛛の巣さんシリーズ。近頃は、蜘蛛さんが大活躍で。そのネットの力のお陰様で、真実の水滴さんは、しかと伝わる時代です。ねつ造業界の皆様は、これからはご苦労されるかもです。双方の情報ギャップが著しい某テーマも、近頃書籍化されたようですが(?こちら)。結局は、一部は壊されたものの、ネットは生き残り。その力は、日に日に勢いを増している感はあり。特に、若い世代には [続きを読む]
  • 雨ニモマケズ撮り続けますが
  •  朝寝しました。またまた雨につき、蜘蛛の巣など撮っておりましたが、時間が押しており。続きは、夕方以降にアップできれば幸いです。 雨続きで、一日ゴム長もしばしばということで、いつもと違う筋肉を使うようで。その結果でしょうか、睡眠の質と量も、それに順応して動いていると感じる今日この頃。普段はタビの者ながら、お天気には従い、安全に働かせて頂きます。☆今日も有難うございます*よろしければ人気ランキングも↓ [続きを読む]
  • 雨の上野にて運慶展拝見です
  •  とくと、拝見いたしました。昨日は、念願の運慶展(?公式サイト)へ。画像は、チケット全景でございますが。帰宅後の一枚からも、ただならぬ空気があふれ出るほどの、まさに大威徳。その間、約二時間余り。しばし適所で雨宿りしつつ、没我の時を振り返りましたが。仕事柄ゆえか、一般の方とは別アングルからの拝見も多々。後ろ側から拝見できたのも、まさに有難い特別展。空前にして絶後かもしれない名工さんのノミ跡から、そぎ [続きを読む]
  • つかの間の秋の晴れ間ですが
  •  フユワラビさんの季節。昨日の昼は、こんなふうに。久しぶりのお天道様に、全身で喜んでおり。昨日は愛機を忘れて、代役のiPadさんで撮っておりましたが。やはり。長雨の影響か、コムラサキさんの変色など。例年と違う異変があるのは、夏以来の過湿の影響でしょう。そんな今年の秋でも、決して業務上過湿とならぬように。雨にも、赤とんぼさんにも負けずに、目を開くことが大切。見開けば、そこに花あり日本の秋。お陰様で、リン [続きを読む]
  • 晴れてホトトギスさん撮る朝
  •  確か、五日ぶりですね。ホトトギスさんが、お天道様の光を浴びるのは。やはり、基本は光さんですね。光は嬉しい有難い。雨の間にも、日々の変化はあり。実鞘がこんなふうに、順繰りに立っており。花芽もまた、順繰りに。さすがに今朝は、水滴はわずかながら。こんな朝こそ、露は美しいもので。飽きずに今朝も、またまた水滴さんですが。今朝は、その中の花に後光も射して、また一段と有り難い一滴。今日一日の晴れは、まとこに貴 [続きを読む]
  • この長雨の雨粒乗り越えつつ
  •  雨続きで。どこもかしこも、雨粒だらけ。竹垣の古竹さんも、芯まで濡れて。再びしたたる雨粒さんですが。しかと見ればそれぞれに、映る天下の人生劇場。さすがにこれだけ降りますと、仕事への影響は出ます。ブログ主の本業もさることながら、野菜の露地栽培の農家さんも懸念されますね。たいていならば、三日も降れば落ち着くものですが。ナンテンさんの雫も、今朝で五日目。難を転じるべく、ナンテンさん撮る。それでもナンとか [続きを読む]
  • 雨の鹿島さんの社叢にて想う
  •  よもやま話の続きです。昨日は、雨の中を鹿島神宮さんへ。おりおりに、参拝させて頂いておりますが。昨日は、人生の節目のご報告と感謝の旅。いつもながらの、雨の参拝でしたが。奥社から戻る参道には、毎度圧倒されております。なんといっても、社叢がすばらしい(→こちら)。六百種ともいわれる太古からの植物群に圧倒されつつ、ただただまっすぐに渡る浮橋。そんな感覚で戻る参道、画像の右手に入ったあたりに、名にしおう鹿 [続きを読む]
  • 木を見ずに森を伐るその前に
  •  お庭の秋。里山が、お庭に育つ今日この頃。こちらの樹種は、近頃人気のアオハダさんですが。確かに、四季折々に有り難い風情あり。雌雄異株ですが、雄株もありますので実付きはまずまず。実はこれが、某メガ計画の予定地でも、思いきり自生しております。そんな自生の大木さんが、時勢に呑まれてジセイの句と、なりますかどうか。自制も求められるその根元には、ギボウシさんが。ギンギラ防止と、動かれますかどうかといった風情 [続きを読む]
  • 長雨続きでもちょいと歩けば
  •  暗い朝でも、気持ちは明るく。黄葉のはしりの、クロモジさんをお灯明に。お隣さんあたりまで、ちょっと歩き。お陰様で、ガマズミさんにも照らされましたが。いつもの小路の坂の上から。お役目後の栗園さんを背景に、熱情満載。向こうにも、もう一株ございますが。コウゾさんの小枝と、小路を覆うように競って伸び。坂道のアーケードは、日々に色を増す頃です。まだ暗かったですが、ナンテンさんの近況なども拝見。ところで、昨日 [続きを読む]
  • 雨に濡れつつふと思う秋です
  •  冷たい秋雨さんなのに。カラスウリさんなどを、撮っており。ついつい、屋敷林の裏手まで。お陰様で、コゴメウツギさんの紅葉にも遭遇。すると。濡れた紅葉さんなのに、高揚感あり、なんちゃって。緑が赤くなるのは、常の自然の摂理ながら。似たようなナニが、人為で起こる昨今。振り返れば、コンニャクさんが倒れており。今頃にコンニャクさんが倒れるのは、これまた常の摂理ながら。コーヤク倒れて膏薬になるのも、永田町さんの [続きを読む]
  • イノシシ対策で電池交換です
  •  今朝は、イノシシ対策の日常作業。電気柵の乾電池が切れたので、交換しました。早速、連続モードにて、通電確認。お陰様で、電源的には異常無し。スイッチを上げて、夜間限定出力に設定しました。電池がもったいないですから。相手は、基本的に夜型ですので、これで大丈夫なはずです。予報では、雨雲が近づいているようです。雨の夜に活動しますから、蕎麦畑さんも要注意の里。 さて、有志手製のフードをかぶせて、無事完了です [続きを読む]
  • 秋の野歩けば日本の朝でした
  •  白地に黄色の、お花畑。ご存知茶ノ木さんのお花も、同パターンですが。今朝は既に、働き者の先客さんあり。但し、不穏な羽音も断続的に。ほほう、やはり。黄色に黒の縞々は、野鳥さんも警戒すると聞いておりますが。今夏は、ブログ主も一発食らっておりますので。今しばらく、スズメバチさんには、気をつけましょう。ま、働く姿は、悪くないです。働かないで、テキトーなこと言ってるだけ業界さんよりは、お天道様が喜ぶ生き方。 [続きを読む]
  • 連休明けてカメラ復旧です
  •  お陰様で、元に戻りました。庭のお花も、遠くのお山も。今朝は、だぶらずに写りました。故障ではなく、無用かつ無意識のタッチで、撮影モードが切り替わっていたようです。多重露出というモードらしいですが。なかなか面白いですので、いろいろ実験してみたいと思いますが。ひとまず解除で、普段モードに。あらためて、極端に勉強不足でありました事、深く反省いたしました。お詫びにもう一枚。普段モードのお陰様で、蜘蛛の巣さ [続きを読む]
  • 運慶さん転じて変な時もあり
  •  昨日は花の都、日本晴れの上野の森さんへ。こちらは、国立博物館さん前ですが。大混雑は想定しておりましたものの、話題の運慶展は、それ以上の長蛇の列。即座に、出直しを決断いたしました。期間は長いですから、平日の昼下がりあたりにまた、ということで。輝かしい看板を後に、しばらく森を散策。それでも、こんなふうに。運慶さんの、有り難いご遺徳のお陰様か。早速にして、阿形のスダジイさんにお会いしましたが。とてつも [続きを読む]
  • 色づく季節にモノクローム修行
  •  赤とんぼさんが、かくれんぼ。どーも、相済みませんで。モードの、設定が不適切だったようです。絶妙のシーンではありましたが、逸しました。気を取り直して、撮り直しです。お陰様で、柿の実さんより一足早く。赤とんぼさん完熟。カラーとは、誠に有り難いものですが。ミソハギさんなのただ今なども、続けて撮りました。今年度の写真展のテーマは、モノクロームの世界ということですので。白黒画像に変換した場合を想定しつつ。 [続きを読む]
  • ただただ禊ぐ秋雨の朝でした
  •  秋雨ですね。ナツハゼさんの実りと、水滴と。絵柄は同じでも、背景が変われば。雨の朝でも、見栄えは違うという。近頃のセーキョクも、ふと思いましたが。ケッキョク、日本はどうなるのか、と。柿の実仰ぐ朝でしたが、ついでに一粒頂きました。酒席の翌朝には、柿は良いですね。お水の美味しさも、また。それぞれに、澄み切った水滴さんなればこそ。コップに注がれても、その本質は変わらぬものですが。さて。それぞれの公約濁る [続きを読む]
  • イベント前日ついに仕上がり
  •  秋のイベント・笠間浪漫の前日の仕事場。お陰様で、なんとか間に合いました。最初の三文字は、古来人気の浪曲の名場面、お寿司の台詞の記憶にもつながりそうですが。実は、石の次の字は、松ではなくて、窯の字で。浪は浪でも浪漫の、人気の笠間のお店です。森のように自然に、天然酵母の美味しいパンを、皆様にお召し上がりいただくご案内。春からの駐車場リニューアル工事の、仕上げ工程でございますが。お施主さんのイメージに [続きを読む]
  • 名月仰いで浪漫の笠間でした
  •  お月様です。昨夜は、十五夜さんで。日中は雲に覆われておりましたが、月の出に合わせるように、奇跡的に晴れ。残りの雲さんと、押し合いへし合いしながらも。やがて、中秋の大名月。ありがたや、ありがたや。蛍の光、窓の月。ズームすると、網戸がしっかり見えましたが。ご縁のガラス戸に、しかと映っておりました。お供えしたススキさんと、二つのお月さんに感謝いたしましたが。やがて、その月、穂先にツキ。月のウサギさん、 [続きを読む]
  • 中秋の名月に老柿さん実る頃
  •  ススキさんですが。夜明けの縁側。今日は中秋の名月ですが、既に誰かが準備したようで。一升瓶利用の、旧来の農村スタイル。甘柿さんも自家製です。小粒ですが、味は良好。渋いほうのハチヤガキさんも、今年は多少は採れそうですね。こちらも、しっかり熟したものには、マニアさんがおります。渋柿さんのほうが、熟すのも遅いですから、落葉は遅いようですね。管理は大甘のまんま、どちらも樹齢は多分、百五十余年。大枝がお互い [続きを読む]
  • 地域の敬老会報告の続きです
  •  お忙しいところ、有難うございます。無事に開会、市長さんと市議さんのご祝辞も頂き。恒例の、米寿表彰も行われました。おめでとうございます。地域の145名の高齢者の皆様のうち、8名様がめでたい節目ですが。撮影分担、有難うございます。ブログ主のモード選択が不適切だったかもで。ちょっとゆるめの写り方でしたが。柏手のグローブ状態で、お詫びとさせて頂きます。 ひとまずお陰様で、お楽しみ音楽界へ。サックス奏者の鈴 [続きを読む]
  • 恒例の地域の敬老会開催です
  •  お陰様で、無事に準備が整いました。区長さんのご発声で、いよいよ始まりました。ブログ主は席を立てませんので、式典の撮影は、実行委員のKさんに依頼。Kさんの心のままに、記録撮影をお願いしましたが。と、ここまで書いたところで、今朝は時間切れ、あらためて続報致します。☆今日も有難うございます*よろしければ人気ランキングも↓オン願い申し上げます。茨城県 ブログランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本晴れに野の花の朝でした
  •  おだ掛け田んぼですね。今日は日本晴れです。ご近所さんの働きに感謝しつつ、コスモスさんなどを。そういえば、今日から十月。神無月でも、お天道様に感謝です。フジバカマさんの定点観測も、続行しつつ。脇の休耕田さんへと、分け入り。サクラタデさんに再会。すかさず縦位置などで、アップを狙いましたが。なかなか。写真の道も、また遠し。さて、そろそろ行かないと。今日は、地域の重要イベントですので。しっかりご奉仕した [続きを読む]
  • さわやかな朝に四股踏む心で
  •  おはようございます。次々に、つぼみさんも続いて。茶ノ木さんの秋。ちょっとぶれました。心がぶれていなくても、手ぶれはあるものですが。気になりますことは、永田町さん界隈の、ブレブレの合流事象。草土手に、落花が二つ。天下大乱の予感もございますが、今朝は静けさもひとしお。国民の皆様が、比較的冷静であること。結局は、これが国難を救うでしょう。いずれにしても、しっかり見ておく必要がございます。某党+政党助成 [続きを読む]
  • 鉄の作品展と御縁の現場再訪
  •  昨日は、笠間芸術の森、工芸の丘さんへ。こちらは、メインの建物の一階の中ほど。丸いアプローチに囲まれた、あのギャラリーさんですが。鉄の仕事人、スタジオツヴァイこと宇田直人さんの個展会場。さまざまな、鉄のお仕事を楽しませて頂きました。雨の平日の午前でしたので、人影はまばらで、撮影には好適。何点か、撮らせて頂きましたが。タイミングが合えば、作家ご本人の話も、直に聴けると思います。大小も様々、用途もいろ [続きを読む]