青葉 さん プロフィール

  •  
青葉さん: ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ハンドル名青葉 さん
ブログタイトルようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/aobateien
サイト紹介文陶芸と観光の町・笠間。知られざる里山と田園の恵み。旬の野の花や心潤う風景の魅力を、毎朝楽しくご報告。
自由文 里山というものは、日本の宝です。
東京から北東へ90キロ、小さな町に息づいている生き物達の恵み。
日々の自然をめぐる風景が、皆様の清涼剤となれば幸いです。
 土日は特別版、写真をメインにお伝えしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/10/09 16:26

青葉 さんのブログ記事

  • 寒さ厳しければこそ炎に感謝
  •  やはり、冬はこれに限ります。薪の炎に、勝るもの無し。炎は古来、最高の冬のご馳走。たとえそれが、なんちゃって薪ストーブさんのそれであったとしても。薪をくべながら思うのは、やはりお天道様への感謝。お天道様あってこその、森。森あってこその、炎さんでございますので。この時は樫が入っており、熱が上がり過ぎたので、通風孔を絞りました。火の用心必須のストーブ周りは、拙宅では、なんちゃっての手製。防火の断熱資材 [続きを読む]
  • 雨雲の下なる彩はいろいろで
  •  ナンテンさんが、目立つ時節。こんなふうに。ちょっと侘しい実付きでありましても。昨夜からの雨で、一段と映えます。これにお天道様が当たれば最高ですが、なにぶん今朝は雨雲厚し。日陰のマンリョウさんと、ただただ雫を分け合うのみ。こんな感じで、光線不足にモード不適に手ぶれあり。ゆらぐ涙目となりにけり。それでも揺るがぬ、紅に救われ。ついでに、ニシキギさんの二粒。こういうのも好きですので、今後はしっかり撮りた [続きを読む]
  • 土掘り石掘りお庭も生き返る
  •  みかげ石を、掘り起こしました。こんなふうに、土の中から、続々と。笠間市内の現場、泥でわかりにくいですが、稲田みかげ石です。まさに掘り出し物ですが、こういう事は、時々あります。前日にカエデさんの移植で伺ったのですが、そのついでに気になる点あり。どうしても気になるところなど、例えばこちらの土留め石も外し。グランドカバーで間に合うところまで、貴重な石を多用するのはもったいない。さらについでですが、その [続きを読む]
  • 一日一歩寒さも一歩
  •  霜置く青葉さんですが。霜が美しい、笠間の冬。特に今朝は、一段と冷え込んでおります。こんな感じで、盆地の底で耐えるのみ。耐えているのは、アブラナさんですが。この青葉さんは、血管の健康に良いと聞きました。 さて、昨日と同じ場所で一枚。もう一か所で、もう一枚。今日は日差しがありますから、輝きが違いますね。お天道様は、有り難い。彩のサツキさんと、深く感謝。もうひとつ、今日という日はまたと無し。ニシキギさ [続きを読む]
  • 変調乱調それでも歩く里の道
  •  カメラは、楽し。撮ってみたのは、サツキさんの黄葉でしたが。背後のクチナシさんも、いい色出てます。が、向こうの土手の草が今も青いのは、ちょっと気になる年の暮れ。それでもめげずに、撮った柳さんですが。今なお青葉さんあり、命は長し。と、ここで、モードの不適に気づいて、ちょっと調整。命短し、恋せよ乙女。オトメツバキさんでなく、ヤブツバキさんですが。車庫裏で、既に咲いておりました。それも、こんな感じで。一 [続きを読む]
  • 今朝の一言、のはずが二言三言
  •  画像は一週間前、サザンカさんです。さざんかさざんか咲いた道。この道は、いつか来た道水戸の道。県下一斉で、県会議員の選挙ですね。垣根の垣根の曲がり角、茨城県も曲がり角。そんな時代の節目ですが、街宣車は相変わらずで、工夫の無いもの言いは相も変わらず。ブログ主も時にはぼやく選挙かな。一日一歩三日で三歩、三歩進んでこの一票。どこの誰だか知らないけれど、誰かがきっと信を得る。選挙を身近なものに感じられるよ [続きを読む]
  • 夜明け前ですが
  •  暗がりの中で、ニシキギさん撮りました。お次は、休耕田の草紅葉。日頃見慣れた草野原ですが、毎年表情が変わりますね。特にこの年末は節目ですから、一層。それでもなお、お山の形だけは変わらず、誠に有り難い。しかしながら、某メガ次第では変形も有り得ますので要注意。相変わらず夜なべ続きの近況、ひとまず無事のご報告といたします。☆人気ブログランキング☆ついでの一押し↓オン願い申し上げます↓↓。 [続きを読む]
  • 今はなつかしこの石は
  •  画像は、加波山石です。既に閉山となっており、置き場にサンプルが少々あるのみ。しかし、要望もありますので、あきらめる前に山元などを一回りするしてみる努力は必須です。 ただ今、相当に取り込んでおりますので、今朝も近況画像一枚。昨日のクイズの正解もまだですが、追ってご報告致します。一段と冷える予報ですので、皆様お大事にお過ごし下さい。☆人気ブログランキング☆ついでの一押し↓オン願い申し上げます↓↓。 [続きを読む]
  • 新顔デビューですが
  •  今朝は、クイズです。私は、誰でしょう。と、問題出したところで、今朝は時間切れ(画像は、昨夜、友人より送られたものです)。今夜続報できるかどうか微妙ですが、あらためてレポート致します。☆人気ブログランキング☆ついでの一押し↓オン願い申し上げます↓↓。 [続きを読む]
  • 今朝の一言敬白。
  •  昨日の続き、サザンカさんです。このところ業務等で夜なべあり、今朝も短文です。トリ込んでいる師走こそ、鳥さん撮る、というわけでもないですが。サザンカ眺める野鳥さんは、セグロセキレイさんですね。ちなみに、鳥ミングすると、こんな感じです。一枚の画像も、トリミングで印象が一転、何やら、俳句ひねりたくなるような趣。どうか皆様、ユトリをもってこの年末お過ごしになりますように。☆人気ブログランキング☆ついでの [続きを読む]
  • 初冬の足元
  •  足元に、サザンカさんの花びら。これも、この時節の静かな楽しみですが。今朝はここで時間となりましたので、追って追記、再投稿いたします。☆人気ブログランキング☆ついでの一押し↓オン願い申し上げます↓↓。 [続きを読む]
  • 石と働く現場の落葉いろいろ
  •  先週半ばの、都内の紅葉。色とりどりで、照らされておりましたが。栗色がにじんだ黄色は、ブナさんです。都内で元気にしているのは、珍しいケースでしょう。この日は風も無く、小春日満喫。日陰には、それとなく高原の風合いも。その懐は深く、森の母なる別名も、ダテではないようです。ところで、仕事場は聖なるエリアで、ステンドグラス在り。その奥つかたが現場なのですが、一本の常緑樹が見守っておりました。こちら、ホンサ [続きを読む]
  • ちょっとそこまで稲田の石山
  •  昨日は、市内稲田の石切山脈へ。小割りの石がてんこ盛りの中で、資材調査。お陰様で、適材と拝見しました。池の護岸の補修用ですが、寸法がちょうど良いようです。石は堅いですから、原形と原寸を生かして施工することがベスト。笠間は石の地元ですから、重量物ながら運搬有利につき、お庭的にもいろいろな展開が有り得ます。面白いだけでなく、コスパも高いのが有り難い。さらにまた、石は大自然さんの片鱗ですから、深山幽谷の [続きを読む]
  • 帰郷の翌朝またまたイノシシ
  •  おはようございます。今季三頭目の、イノシシゲット。大都会から帰るやいなや、地域の現実に直面する朝ですが。とにかく今は一頭一頭、地道に捕獲することが第一。美味しい常陸秋蕎麦も、この地道な活動あってこそ。それにしても、やはり猛獣です。豚さんとは、気性が違いますね。鼻先の形は同じでも、破壊力はけた違い。 さて。止め射し作業を納めた後、次を目指してリセットしました。底部の網に土をかぶせて、餌のサツマイモ [続きを読む]
  • 三日ぶりに朝撮りしましたが
  •  今朝の、軒端ですが。誰かさんが、大豆干してました。大豆は良いですね。どこから見ても、常に丸いのが良いです。お二人離れて転がっておりますが、それもまた良し人生劇場。転がった先で、感謝で照らされれば、きっとお役に立てる人生。こうべを上げて、人間さんも前進したいものですが。里もいよいよ、紅葉の後半。向こうの栗の葉さんも色づきましたが、夜半に雨があったようです。足元には、名残のホトトギスさんも。霜月もあ [続きを読む]
  • 好日の昼下がりに
  •  今朝は、画像一枚ですが、落ち葉さんうるはし。昨日の昼に、都内で撮りましたが、お天道様有り難し。お天道様のお陰様で生かされる木の葉さんですが、その総仕上げのひと時も、お天道様のお陰様。太陽光線さんあればこそ、全ては輝くお宝となります。ありがたや、ありがたや。では、今日も感謝で働かせて頂きます。☆人気ブログランキング☆ついでの一押し↓オン願い申し上げます↓↓。 [続きを読む]
  • 初冬の早出仕事
  • 早出仕事も、また楽し。今日は石工事ですが、当世は外材優勢です。但し、メインだった某国産がベトナムさんに替り、品質は向上しているようです。特に、規格寸法が厳密なのは、お国柄か。一方、地物の古材も積み込みました。ご要望さえあれば、古くなっても再雇用されるのは、人間さんも同じ。やはり、我が国は、品質本位が基本です。バイクの音がして、新聞屋さんも動き出しました。古材積みましたが、今朝の足袋はおニューです。 [続きを読む]
  • 一面紅葉の春風萬里荘を訪ね
  •  昨日は、所用で、春風萬里荘さんへ。北側の第二駐車場から、敷地内を見下ろしながら、門へと歩きましたが。イロハカエデさんの紅葉うるはし。紅葉に高揚する心で、仰ぐ茅葺屋根さんに、秋風もまた萬里か。ちなみにこちらの茅葺は、わが里にご健在の大長老さんが、引退前に手掛けたと聞きますが。小春日に誘われ、昨日は団体の皆様もお見えでした。賑わうお庭の南端には、心静かなツワブキさんあり。一面の梅林は、今は静か。 さ [続きを読む]
  • 有難く頂く祭りの後の一頭は
  •  夜明け前、鎮守さん裏で西空仰ぎました。お月さまの下は、コナラさんの林。一点、黄葉鮮やかなところは、イヌシデさんか。ヒヨドリさんが数羽鳴いておりますが、地べたからは、ゴリゴリと音がします。その音源は、こちら。イノシシさんゲットです。小ぶりですが、鼻先を激しく動かしながら、猪突の構えですが。猟期始まって十日、幸先よいスタートではあります。それにしても、毛並み良し。人間さんよりも美食、との説もあります [続きを読む]
  • 今朝の彩
  •  拙宅の小菊さんも、そろそろ見納めです。昨日は、失礼致しました。所用で、北国におりました。雪のほそ道、歩いておりましたが。笠間に戻ると、ナンテンさんも一段と鮮やかで、初冬の彩。ここしばらく多用に付き、時々更新が途切れることも予想されますが。心地よい冷気に心身研ぎ澄ませ、感謝で働かせて頂きます。☆人気ブログランキング☆ついでの一押し↓オン願い申し上げます↓↓。 [続きを読む]
  • 晩秋に訪ねる海のふたさんは
  •  陽が詰まりましたね。夕暮れに撮る、オリーブ青葉さんですが。この一株は、拙宅から最も近いオリーブさんかもしれません。ちょっと久しぶりに、お邪魔しました。海のふたさんは、拙宅から最寄りのカフェ(口コミは→コチラ)。しっかり仕込まれたマロンパフェを、しっかりと頂けるお店。店内は、店主さんのお心のままに。上映にご尽力された、映画ポスター有り。その他にも、いろいろな彩り。ちょっと不思議な空気の一隅もあり。 [続きを読む]
  • 地域恒例の研修で栃木足利へ③
  •  足利研修、午後は名園訪問です。ご存知、お花の聖地に到着しました。こちらの名物は藤のお花ですが、その他の季節も、常に花有り。こんな感じで、小春日の名花も。美しき薔薇さんのお陰様で、ミツバチさんも幸せそう。ただ今は、一面がアメジストセージさんのお花畑でした。これがまことの、セージの聖地、なんちゃって。夢見心地で、午後のお散歩ができます。 さて、こちらは睡蓮池ですが。電飾のお花が満開で。パンジーさんの [続きを読む]
  • 地域恒例の研修で栃木足利へ②
  •  足利学校の続き、自撮り紳士の向こうに、竹林在り。その向こうの白壁は、古書収蔵庫です。国宝・重文多数保管してありますが、竹林の環境は、七賢人の御縁でしょうか。今頃は虫干し作業の時節ですが、この日は曇天につき、扉は閉じておりました。 さて、一行は、萱ぶきの大屋根の前へ。平成になって再建された庫裏ですが、防火用の散水パイプもしっかり。但し、カラスのいたずら等、保存にはご苦労があるようです。萱の耐久性の [続きを読む]
  • 地域恒例の研修で栃木足利へ①
  •  昨日は、地域恒例の研修で、栃木県足利市へ。石畳を歩きながら振り返りましたが、傍らの商家さんの石塀が個性的。縞模様の面白い、天然の石と拝見しつつ。研修の目的地、日本遺産の足利学校へと向かいました。そして。こちらの門より入りますが。想定以上の大混雑。入徳門より、押し合いへしあい、突入いたしました。思いがけず、女性多し。歴女の言葉も聞かれる昨今ですが、わが一行も、今回は女性が9割。 さて、さらに奥へと [続きを読む]
  • 小春日の命の原点アラカルト
  •  昼下がりに、イソギクさん撮る。午前中は、ミツバチさんが群れておりましたが。蜜は吸い尽くしたか、その他の皆さんが残るのみ。カメムシさんもおりましたので、接写は割愛。ちょいと離れたところ、ヤツデさん界隈では、まだ羽音あり。ぶんぶんやっておりますので、ちょいと接写。すると、こんな感じで。ミツバチさんではなく、虻さんの背中らしい。いずれにしても、小春日ならではの、虫さんの躍動に目を見張るのみ。日本晴れ、 [続きを読む]