青葉 さん プロフィール

  •  
青葉さん: ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ハンドル名青葉 さん
ブログタイトルようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/aobateien
サイト紹介文陶芸と観光の町・笠間。知られざる里山と田園の恵み。旬の野の花や心潤う風景の魅力を、毎朝楽しくご報告。
自由文 里山というものは、日本の宝です。
東京から北東へ90キロ、小さな町に息づいている生き物達の恵み。
日々の自然をめぐる風景が、皆様の清涼剤となれば幸いです。
 土日は特別版、写真をメインにお伝えしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供374回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/10/09 16:26

青葉 さんのブログ記事

  • 猛暑の中で花蓮咲く朝でした
  •  おはようございます。拙宅の田んぼで、花蓮さん咲きました。たった今、咲いたばかりですね。その瞬間を狙ってこそ、真の仕事人さんなのですが。ちょっと、上から失礼いたします。幸い、コンデジ持参でしたので。こんな感じで、お手軽マクロ撮影。花の中に入りますと、虫さんに惑わされない、蓮のお花の光明あるのみ。ありがたや、ありがたや。昨夜は近くのお堂でも、蓮華王こと観音様の御祭ありました。観音様は誰かを常に助けま [続きを読む]
  • 大地を踏み締め御神輿は行く
  •  夏祭こと祇園祭の華は、やはり御神輿。わが里の若衆、飯田長栄会のメンバー、元メンバーを中心に。まずは、美味しいお米が実る、飯田川の先の田んぼさんへと向かいました。御神輿というものは、もちろん担ぐことも大切ですが。担ぎながら大地を踏みしめることも大切と、今夏は特に感じました。と申しますのも以前、大相撲が開催されなかった春に起きた、東日本大震災。お相撲さんの神事たる四股の大切、殊に横綱さんの大切が語ら [続きを読む]
  • 猛暑にも負けず夏祭の御神輿
  •  暑かったですが、お陰様で無事でした。恒例により、御輿舎前での神事を執り行い。その後直ちに、大御神輿さんが、里をくまなく巡行いたしました。氏子の皆様には、各所で参集頂いておりますが。御神輿の御力は、やはり大きいものがございます。お陰様で、人間さんは元気が倍増しますが。田んぼさんにも元気が出ます。とにかく今は、元気出せるところから出すことが大事な日本国。飛び入りの幼子女子にも、飛び入りでご奉仕を頂き [続きを読む]
  • 夏祭の朝は田一枚ですが
  • 今日は夏祭ですが、里の御神輿は、人間とともに田んぼさんを元気づけるのもお役目。今年は責任者ですので、初穂はここの一株から。田一枚撮って参じる祭かなということで、これより始動いたします。↓人気ブログランキング↓ポチっと!オン願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 生き物殿堂の田んぼは真夏で
  •  キイトトンボさんに、お会いしました。お久しぶりです。黄色も良いですが、目玉もなかなか。お陰様で、シオカラトンボさんも元気です。さらにまた、上空のツバメさんも。稲葉の剣に守られるその隙間で、儚いトンボさんは生かされておりますが。その剣にも、時々は変な剣あり。こんな感じの変調乱調。蜘蛛さんの仕事場も有り、気を許す暇なし。オモダカさんの花の上にも。儚げながら、精巧なトラップとは。穏やかなその田園も、修 [続きを読む]
  • ヤマユリさんの夏が始まって
  •  ヤマユリさんの夏。昨日、拙宅裏で二輪咲いておりましたが。今朝は、その先に一輪追加。おしべは、まだ閉じております。開くとこんな感じで、赤い粉にご注意。衣服に付着すると面倒です。二輪並ぶと、こんな感じ。香りは強いので、離れていてもしっかり届きます。お陰様で、お顔近づけすぎて、鼻の頭を赤くすることもなく楽しめますが。裏手にも、四輪咲いた株があり。この花のあるところは、イノシシ未踏の地の印。その裏の大群 [続きを読む]
  • アオバズクさんご一家のご縁
  •  ちょっと見えにくいですが、アオバズクさんのご一家。大ケヤキさんの枝で、ひねもす動かず。別アングルから見上げますと、こんな感じです。こっち向いてるのが、多分お母さん。お目めパッチリですが、動き無し。お子様たちもお揃いですが、流石にいで立ちは、フクロウさんのお仲間。猛禽類の一角ながら、風情はゆる禽類。ご近所の里でご健在の、中学の恩師こと某先生のまなざしにも似ているような。話を戻して、少し離れたところ [続きを読む]
  • 西の空が気になる田んぼです
  •  今朝、田んぼさんで見たものは。花蓮の青葉さんに載った、露一つ。一滴の水が、一段と貴重なこの夏。西日本の被災地では、飲料水の供給もままならず。ふと思い出したのは、騎兵だったとなりのおじさんのお話。戦地の馬の足跡の雨水を、すくって飲んだとか。げに命は、水あってこそ。大水害のその後に。命に必須の水が、どうかつながりますようにと。祈る水面に、花蓮さんのがく片が一枚。ふと見れば、こんな感じで。既につぼみが [続きを読む]
  • お隣福田の里で大物一号捕獲
  •  ついに、やりました。眼光鋭いイノシシさんですが、既に檻の中。福田地区有志の箱わなでの捕獲第一号、おめでとうございます。夏場でも獣害駆除の特例で、箱わなを持続しておりましたが。この一頭をきっかけに、広域での捕獲活動にも弾みがつけば幸いです(→関連記事)。画像は昨夜、福田のI氏より送られたものですが、推定80キロ近くありそうな大物。お陰様で、ブログ主も気合いが入りました。久しぶりに今朝は、起き抜けで [続きを読む]
  • 今を生ききる今朝の皆さんは
  •  泡食ったようです。ブログ主の帽子の中で。さきほど、拙宅内の廊下で跳ねており。手持ちの道具で捉え、軒端まで救出。放免の前に、コンデジで記念に数枚。長雨の間に、迷い込んだのでしょう。多分、腹ペコと推察されますが。軒端から、脱兎のごとく奔走しました。今後は、自然さんの中の安全地帯を目指せれば幸い。ついでに、庭の縁をパトロールしました。 さて。大風に打たれたか、柿の木さんの新梢が数本。それでも、ナツハゼ [続きを読む]
  • 静かに明けた東日本の朝です
  •  西日本の豪雨と土砂災害、心よりお見舞い申し上げます。画像は昨日の夕暮れ。拙宅の田んぼから、チュウダイサギさんは西へと飛び去り。雲は動かぬ、わが盆地でしたが。今朝の新聞一面を見て、濁流の写真と被害の大きさに仰天しました。そういえば、寝苦しい夜でした。地震の夢を見たり。結果、今朝は遅く起きた上に新聞読んだりで、さらに遅くなり。表に出た時には、働き蜂さんは既に去り。ラベンダーさんの向こうの茂みで、キリ [続きを読む]
  • 豪雨災害お見舞い申し上げます
  •  甚大な水害有り、心よりお見舞い申し上げます。雨はまだ降っております。拙宅付近では、栗園さんの一部に、倒木の被害がありました。森のお陰様で、原形を留める蜘蛛の巣さんですが。大雨の度に、森の大切と同じように、国土の強靭化を急がねばと思います。財政とは、企業や家計のお財布とは違いますから、そこのところでのより適切な議論が急務でしょう。津々浦々で頑張る田んぼさんも、防災装置のその一つ。そこで働く一人一人 [続きを読む]
  • 生きとし生ける露のドラマで
  •  今朝の五時過ぎに。雨の田んぼにて、チュウダイサギさんを撮る。手前の赤は、撮影場所にあるタイマツソウさんですが。なんちゃって望遠で、なんとか捉えました。するとその時、ブルっとやりました。ワンちゃんたちが、よくやるように。今朝の雨粒さんは、さほどに鬱陶しいようで。さらに、ブルルンを連発。ニワトリさんも、昔はよくやりましたよね。悪童さんに、水掛けられた後などに。あー。すっきりしたけどなー。もいっちょい [続きを読む]
  • 静かな波打ち際で嵐思いつつ
  •  この日は静かな、碁石浜さんでした。波打ち際に降りますと、こんな感じで。引き潮で、波というほどの波も無し。お陰様で、こんなふうに。波打ち際まで、ゆるりと徘徊いたしましたが。こちら、一列に並んだ天然の岩の露頭が気になりました。岬に向かって、ドラゴンさんの背骨の如し。浜の真ん中に、斜めに横たわってますね。超古代の巨大トンボさんの化石でも、これほどは大きくないでしょう。不思議です。やはり、日本国の巌さん [続きを読む]
  • 常陸の海に岩戸百合さん有り
  •  日立市北部の、伊師浜海岸です。画像は一昨日のものです。この日は一日お休みを頂き、久しぶりに潮風で充電。月曜日でしたので、人影はまばらでしたが。その浜辺に立つ、クロマツさん一本。浜辺にしては、伸びやかな姿。得も言われぬ、自然さんの造形に感謝しつつ。花咲く道を辿りましたが。路傍には、スカシユリさん満開。色も鮮やかですが、大輪です。その名の由来は、この隙間にあり、とか。その付け根付近で、ありんこさんの [続きを読む]
  • 日本代表の黒星にもひるまず
  •  ブルーな朝は、セビリアン。花は既に、盛りを過ぎつつありますが。イチモンジセセリさんは、今朝は動かず。まずはブログ主も、日本代表さんの敗戦を受け止めつつ。選手と公私のサポーター各位のご健闘に、感謝いたします。二分間のダイジェスト動画拝見しましたが、日本の二本のゴールは鮮やかでした。一方で、ベルギーさんの二点目のヘディングは、漫画のようでしたが凄すぎる。今回の結果は、両国のサッカー年齢の差のようなも [続きを読む]
  • 慰労会明けてもトンボは熱い
  •  シオデさん涼し。拙宅裏では、ただ今花盛り。人呼んで山菜の女王、あるいは山のアスパラらしいですが。こちらでは大量には生えない土地柄ゆえか、食する機会は少ないですが。その葉の上で、ありんこさんが始動。これからまた、暑い一日が始まりそうです。 さて。お隣のなんちゃって栗園さんは、既に暑いです。別種のアリさんが動いておりました。逆光で拝見する葉脈も、なかなかドラマチックです。暑い中で頑張るアリさんでした [続きを読む]
  • 栗園巡って暑さを迎えました
  •  なんちゃって栗園さんも、今日から七月。お陰様で、無事に育ってます。こんなふうに、雄花さんと雌花さんの痕跡を伴いつつ。まだ幼いながらも、実りの秋を目指す意志は確か。それにつけても、今年の作柄は気になるところですが。クスサン幼虫さんの大発生も、一部にありましたものの。もっぱら放任のなんちゃって栗園さんを見る限りは、なんとかなりそうです。それにしても、梅雨明で暑い。暑いけれども、昨日は大祓のご神事でし [続きを読む]
  • 梅雨明け猛暑に働く皆さんは
  •  今朝は、遅いクマバチさんです。暗黒面ながら、心は優しい働き者。ブログ主も連夜の遅寝のため、今朝は始動を遅らせましたが。暑いですね。梅雨も明けてしまい、朝から蝉しぐれ。ヒグラシさんもニイニイさんも、例年よりも数日早い発生。人間さんだけビール飲んでないで、庭木にも水やりしないとならぬという、まさに夏の陣。同じ一枚のビヨウヤナギさんですが。こんなふうに、ありんこさんも写り込んでおりました。暑くても働き [続きを読む]
  • ひとまず予選突破の朝明けて
  •  日本の夜明け。良い朝です。サッカー日本代表さんが、ワールドカップ決勝トーナメント進出。お陰様で、朝雲さん麗し。恒例により、ブログ主はTV観戦しませんでしたが、今朝は早起きしてしまいました。ネット上でのサッカーファンの皆様による、試合後のコメント応酬など、あれこれチェックいたしましたが。特に、最後の10分のボール回し戦術に関しては、いろいろなご意見があるようです。いろいろ読んで感じますことは、いろ [続きを読む]
  • 短夜明けてオオマツヨイグサ
  •  夕べは、まん丸お月様でした。午後の七時頃、ヒグラシさんを聞きながら。時々雲に隠れたりしながら、電線さんを乗り越えておりました。さて。路傍のオオマツヨイグサさんを、観察しておりましたが。まだ明るいうちは、開かないようですね。しばらく粘りましたが、動かず。夜の花としては、カラスウリさんのほうが開花時刻は早そう。西空には、カナカナの響きあり。今年は、例年よりも数日早い初鳴きですが。夜は短いこの頃です。 [続きを読む]
  • 軒端にてちょいとトンボ観察
  •  まずは、軒端デビューです。戸を開けたら、こんな感じでした。笠間焼の傘立てに置いた、竹ぼうきの柄の切り口にて。コンデジで接写しましたが、ピントは羽根に。あらよっと。今度は、ビヨウヤナギさんの枝先。飛び方が、まだ赤とんぼらしくない。但し。まだまだ、蝶のような儚げな飛翔ながらも。マスクは既に、一人前。ヤマブキさんの枝先に、ひらひらと移動しましたが。面魂は、なかなかです。この後、元の位置に戻りました。こ [続きを読む]
  • ある日の夕暮れ水辺の一幕で
  •  夕暮れのため池に、鴨さん三羽。動きは、ほとんどありません。こんな感じで。畑向かう途中で見かけましたが、帰りにもまた、同じ姿でとどまっており。せっかくですので、撮りました。自然さんには、折々こんなこともあります。とりあえず鳥を撮る、人間さんのゆトリも、また大切。お陰様で、向こうの鎮守さんも良い感じでした。昨日は、夏祭の道路許可など、警察署さんで済ませました。祭の機運も盛り上がる頃には、ツバメさんも [続きを読む]
  • 一矢報いる日本の田んぼにて
  •  今朝は、一眼です。ちなみに昨夜も、イチガンの応援でしたが。動きが早く、とらえ切れず。それでもなんとか、勝ち点1だけは、なんとかゲット。そして。タイマツソウさんにも、平穏が戻りましたが。今回も、ブログ主は業務優先のため、就寝とさせて頂きました。お陰様で、ロシアンセージさんの薄紫が有り難く。ロシアの政治が有り難いかどうかは、微妙なところながら。ともかく今は、蜘蛛さんトラップのヴェールで、静まっており [続きを読む]
  • 天上天下コンデジまなこです
  •  風の無い朝に。キキョウさんのペンタゴン撮る。ちなみに機材は、ペンタのコンデジ二日連続。さて、お花の襟足には昨夜の水滴。後方から、若ペンタも続々ですね。さらにマクロついでに、ゴールを狙いました。こんな感じで、枠内を捉えましたが。虫さんの仕事場は、なかなかゴージャスですね。マクロのお陰様で、虫さんの心に近づけましたが、遠くで羽音あり。急ぎレンズを遠目にすると、こんな感じ。昨日は地域の酒席のため、ブロ [続きを読む]