尾崎 慎 さん プロフィール

  •  
尾崎 慎さん: 尾崎慎の彫刻ライフ
ハンドル名尾崎 慎 さん
ブログタイトル尾崎慎の彫刻ライフ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tyoukokupaiku
サイト紹介文彫刻の道に入って38年。尽きる事の無い制作意欲と日常は全身彫刻家。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/10/10 23:10

尾崎 慎 さんのブログ記事

  • なよろ国際雪像彫刻大会エントリー通過!
  • 来年2月6日から2月10日迄のなよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップへのエントリー。11月2日が締め切りで、結果を待つ間、やきもきしていました。その間、東京行きなどバタバタしていたので、気も紛れて居たのですが、帰って来てから待つ間は落ち着く事も出来ないものです。毎年の様にエントリーするのですが、最近では海外からのエントリーも増えて、日本人枠もかなり絞られて来ている様です。一昨日、審査があったようで、 [続きを読む]
  • 多摩美芸祭。
  • 先日も少し触れたのですが、創作メダルコンクールの授賞式の前に行ってきたのが多摩美芸祭。前日に夜行バスで東京に向かい、多摩美時代大変お世話になったサッカー部のババジ先輩と八重洲口で待ち合わせ、多摩美に向かいました。およそ30年ぶりの再会で車中は昔の話で花が咲きます。思い出される昔話は尽きる事なく、あっという間に多摩美に到着。私達が通っていた頃の面影は殆ど無く、とても広く綺麗に整備されたキャンパス。唯一 [続きを読む]
  • 創作メダル彫刻展授賞式
  • 先日5日の日曜日、東京都美術館のギャラリーB会場で創作メダル彫刻展の授賞式が有りました。会場には久しぶりにお会いする松田光司氏、この日本芸術メダル協会の理事の方々そして今回受賞された方々が来ていらっしゃいました。展示会場には、今回出品された作品、会員の方々の作品、このメダル協会の収集家の方が世界各国から集められた作品や、造幣局の物まで数多くの作品が展示され見応えある作品の数々。そしてメダルが製造され [続きを読む]
  • 東京。
  • 今日は創作メダルコンクールの授賞式ですが、このタイミングで丁度多摩美の芸術祭が重なり、此れは行くしか無いと思いサッカー部の先輩を誘って行って来ました。芸術祭の最終日という事で、サッカー部OB が集結し、35年ぶりの再会。やっぱり昔の仲間は良いもんです。多摩美のキャンパスもすっかり変わり、紅葉した木々ととてもマッチ。懐かしい話に花が咲きます。彫刻塔に行くと、今は教授となっている先輩にも会え暫く話も出来ま [続きを読む]
  • 今年もエントリー。
  • 今朝は今年一番の冷え込み。冬がやって来ます。冬と言えば、そう雪像彫刻大会です。今年もなよろ国際雪像彫刻大会にエントリー。この中身に入ったデッサン、書類が全て左右します。我々彫刻家仲間は宮崎彫刻グループとして雪像彫刻大会に出場する様になり、現在fbのメッセンジャーでは9名で日本雪像彫刻TEAM JAPAN として集結しています。今後はホームページも立ち上げ過去の作品から活動状況迄アップ出来るようにして行きたいと思 [続きを読む]
  • 創作メダル彫刻展
  • 昨年この創作メダル彫刻展の事を知り、出そうと思っていたのですが、出しそびれ、と言うより納得の行く作品が出来なかったので出さなかった。という流れで今年こそは出そうと思っていた彫刻展。初めて出させて頂き、コンテンポラリーアートメダル賞を受賞させて頂きました。明後日から東京都美術館のBギャラリーで始まります展覧会のポスター。今回私が出品した作品はこのポスターの左下の作品です。大理石で作った作品ですが、今 [続きを読む]
  • さざれ石
  • 先日大脇神社に奉納した御手洗の獅子。妙にしっくりと収まり安心しました。そんな神社のお社横に祀られているさざれ石。そこにはさざれ石の由来が書かれています。日本の国歌は何となく暗いイメージで余り好きでは無かったのですが、此れを読み、さざれ石を例えにして作られた国歌に対して想いが変わりました。国民がさざれ石の様に積み重なり大きくなり苔のむす迄心を一つにして行きましょう。という様な意味だと思うと、この国歌 [続きを読む]
  • 創作メダル彫刻展にて受賞!
  • 日本芸術メダル協会の主催する創作メダル彫刻展にこっそり出展していました。先月の下旬に公募展の締め切りが有り、もう半月が過ぎようとしていましたので、半分諦めていたところへの突然の電話。「尾崎さんの作品が今回コンテンポラリーアート賞を受賞した事をお伝えします…。」うわぁ〜これは殆ど期待もせず諦めかけていたところへの吉報。久々のこうしたコンクールでの受賞で本当に嬉しいお知らせでした。今回の作品は初の試み [続きを読む]
  • 大脇神社御手洗場竣工式
  • 大脇神社は、梯子獅子で全国的にも有名な神社です。其処の御手洗場が老朽化で建て直す事と成り、水の取り出し口を作る様応接借り、その竣工式が今朝行われました。この計画は4年程前から話が持ち上がったそうで、お話しを頂いた時から何度となくデッサンを描き直し漸く決定し着工しました。こうした形を製作することは無く、初挑戦でした。実際に獅子舞で使う獅子を見せて頂き何枚も写真を撮らせて頂きいつもより制作時間も時間を [続きを読む]
  • 猫 彫刻
  • 先日から作り始めました猫。今回は大理石です。この猫もコロンとした感じで作り、この後シュンとした感じのを作っていたのですが、此方も大理石で作り始めたものの、石がボロボロで細工が出来ず断念。気持を取り直し、犬を作り始めました。何れにしてもよく観察をしなければ良いものが出来ません。今回の猫も少し小さめなので、細かい所がよく見えない。ん〜歳には勝てませんね〜。もう少し大き目の物を作って行こうと思います。 [続きを読む]
  • 石彫猫
  • 先日から取り掛かった石彫の猫。久しぶりに具象的な物を作ると難しさと面白さで時間の経つのがとても短く感じます。実際に実物を見て作っているわけでは無いので、形が曖昧なまま進めているところも有ります。昔は猫を家でも飼っていましたが、其れも遠い記憶の中。姉の所に居た猫も少し前亡くなりましたので、みじかに猫が居ません。やっぱりもっとよく観察しなければいけませんね。反省をしつつ、誰か猫を飼っている方の所に行っ [続きを読む]
  • 久々の更新。
  • 最近ご依頼を受けた猫の彫刻。そのエスキースを粘土で作ってみました。此れは僅か11cm程しか有りませんが、此れを今度は石で作る予定です。石で制作すると何処まで細かく彫り込めるのか、細部まで作り込むのにも限界が有りますが、色々と工夫をして何処まで作り込めるのかやってみたいと思います。暫くこんな仕事が続くかもしれませんが、これはこれでやりこむとのめり込むものです。又石の物が出来上がったらアップしたいと思いま [続きを読む]
  • 茶臼山高原。
  • この季節テレビのニュースで見る茶臼山高原の芝桜。未だ行った事が無かったので一度は行ってみたいと思っていました。情報によると未だ五分咲きとの事。来週辺りが満開だろうと予想していますが、其れなりの情報も入りましたし、このタイミングで行くことにしました。おそらく、時間帯によってはかなりの渋滞になるだろうと思い、朝6時半に出発。自宅からは約2時間強の道のり。途中コンビニとか寄り到着したのは9時10分。既に少し [続きを読む]
  • 茶摘み体験。
  • ゴールデンウイークといえば、何時も開田高原に行くのが常ですが、今年は子供の部活やら何やらで中々タイミングが合わず、行けずじまい。そんな中束の間の休日で、茶摘み体験をしてきました。家内の実家が西尾という事もあり、毎年この時期義母が茶摘みのお手伝いをしています。少し人手が足りないので、子供たちに手伝いを。との事で電話が入り、それに便乗し私も茶摘み初体験です。西尾の小中学校では茶摘みが毎年恒例で行われて [続きを読む]
  • 藤祭り
  • 藤の花は今が見頃。という事で、今日は電車を使って行って来たのは津島の藤祭りです。電車でこうした行楽に行くのは本当に珍しく、もう何年前に行ったのかも記憶にないくらいです。津島の藤祭りは行った事も無く、先ず出店の多さに驚き、お祭りの大きさに圧倒されました。ステージが設けられ、ミニコンサートやカラオケ大会などもあり、地元の特産品なども売られ賑わっていました。丁度お昼時に着いたので、先ずは腹ごしらえ。広島 [続きを読む]
  • 56歳。
  • 今日誕生日を迎えた。56歳と成り、55歳とは又違った感覚でいる。此処までやって来た感覚と、未だこんなところで留まっているという感覚。生きる事の中心に彫刻という大きな柱を立て、その周りに様々な枝葉が付き、時に大きな花を咲かせ、時に大きな枝がへし折れ、、其れでもこの柱は倒さず此処まで来れたのは、周りでは支えてくれた多くの方達のお陰だと思っている。年を重ねるごと一年の大きさや重さを感じるのは、信じられない程 [続きを読む]
  • 3位入賞!雪像彫刻大会終了。
  • 今年の雪像彫刻大会も、昨日審査が有り、結果は3位と成りました。今回のデザインも私が担当で、4回全て入賞と成り、優勝こそ逃したものの、確かな手応えを感じました。今年の大会スケジュールはとても詰め込んだ感じで、とにかく仕事場とホテルの往復をしているだけという感じで、余裕が持てず、他の海外から来た選手達にはかなりキツかったと思います。最終日の夜は仕事を引き上げたのが12時を回っていて、早朝6時から最後の仕上 [続きを読む]
  • なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ開催。
  • 昨日から始まりましたなよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ。会場に来ていたのは、12チームで、アメリカタホの大会で一緒だったドイツチームのローター氏、そしてスイスのポントレジーナの大会で一緒だった、もう一つのドイツチームのフランチェスカさんとの嬉しい再会。こうして世界を駆け巡っていると嬉しい再会が有ります。今回1日早く入り、何時も名寄で大変お世話に成っている長谷川さんと朱鞠内湖という湖に氷上ワカサギ釣 [続きを読む]
  • 北海道に出発。
  • 明日から始まりますなよろ国際雪像彫刻大会2017。昨日はじっくり荷作りをして中部国際空港セントレアへ。ちょっと早めに到着して、搭乗手続きも一番で済ませ、待っていると、強風の為欠航する便が続出する中不安を抱え現在搭乗口前で待っています。今のところそれと行った情報も無く、このまま無事に出発出来れば良いのですが。さて今回の大会は私達が中々勝てないドイツチームが2チームも出て来ます。彼らとはもう顔見知りで2年ぶ [続きを読む]
  • 広報掲載。
  • 地元豊明の広報。来年1月号の最後のページは、市の文化協会で活動している方々のコーナー「美・空間」です。このコーナーは元々私がこうしたコーナーを設けて欲しいと市に行って行き、そこから文化協会の会議に出席して正式に立ち上がった物です。 市の文化協会の方々の活動というものは、中々表に出ず、燻っている事が多い中、こうしたコーナーで少しでも市民の方々に知って頂き、尚且つ普段目立たずに地道に活動している方々にも [続きを読む]
  • なよろ国際雪像彫刻大会出場決定‼?
  • エントリーしていましたなよろ国際雪像彫刻大会の出場が決定しました。海外から11チーム、国内から5チーム、後は学生さん。学生枠は決まっていて、海外はその中の6チーム、国内は2チーム選考されました。デッサンを提出し、其処で審査されその結果通過する事が出来ました。現在名寄市がこの資金を負担し、十分な渡航費が出ない中このエントリーが有りますが、海外の大会はスポンサーが付き、資金的サポートはしっかりしています。 [続きを読む]
  • 雪像彫刻の季節。
  • この季節になりますと、そろそろ雪像彫刻大会のエントリーとなります。先日、なよろ国際雪像彫刻大会のエントリーを済ませ、現在結果待ちです。カナダからのお誘いも有ったのですが、今年は我が家に受験生が居るので、ちょっと流石に2か所の参加は難しいと判断し、カナダは断念。チームジャパンも登録メンバーが増えて、今回は他のメンバーに参加願いました。今回なよろ一本に絞り、もしこれで落選したらこのシーズンの参加は無く [続きを読む]
  • 個展を終えて。
  • 今回の個展も本当に多くの方が来て下さり、皆様には本当に感謝しております。個展としては、決して成功とは言えない結果と成りました。今、この難しい社会状況の中、企画展をして貰える事は、とても困難であり、画廊側としてもその期間作家にその空間を託すわけです。良い立地条件で有ればあるほど、そのリスクを負いながら開催するのは本当に大変な事です。勿論其れは作家も同じ事で、その個展に向けてじっくり時間を掛けて作り、 [続きを読む]
  • 個展最終日。
  • 今日で個展も最終日と成りました。昨日も色々な方々とお話しが出来、充実した1日でした。最終日の今日、どんな出会いが待っているのか楽しみです。波音 [続きを読む]