rui さん プロフィール

  •  
ruiさん: 北の大地で思いのままに
ハンドル名rui さん
ブログタイトル北の大地で思いのままに
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/rui412
サイト紹介文北海道(主に旭川周辺)の美しい自然や風景をお届け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/10/12 10:54

rui さんのブログ記事

  • ユキ☆キラ
  • ついついカメラを向けたくなるキラキラした雪今日は大雪で、なかなか終わらない除雪にうんざりしてしまいましたが、どっかで雪が降らないと、綺麗な雪景色には出会えないなぁと思いました。大雪になると心が折れてしまうこともありますが、趣味を楽しむためには必要なことだという割り切りも必要ですね。。。(笑) [続きを読む]
  • 冬のBiei Blue
  • Biei Blueと言えば、「青い池」や「ブルーリバー(美瑛川)」を思い浮かべるかと思いますが、冬の快晴の丘に広がるブルーの世界も見逃せないです。木々の影が作り出すブルー、心惹かれる冬の美しさの一つです。 [続きを読む]
  • 最高過ぎる冬晴れ♪
  • 久々の晴天、快晴!!こんなに天気のいい美瑛に行けたのはいつ以来だろう??刷毛で描いたような雲がいい感じです。冬はイルミネーションやライトアップも綺麗だけど、自然の美しさに勝るものはないと冬晴れの空を見て強く感じました。 [続きを読む]
  • ほんの一瞬かも・・・初冬のパッチワーク
  • 美瑛の丘にて、今シーズン初の冬景色の撮影。雪景色を期待して行きましたが、まだうっすらとしか雪がありませんでした。秋まき小麦の緑と収穫を終えた畑にうっすらと積もった雪、冬の始まりにしか見られない、ほんの一瞬のパッチワークの丘です。あっという間に、次の日には真っ白な雪景色に変わる可能性が高いのですから・・・。思いもよらずに貴重な光景に出会えるのが写真の面白さでもあります。カメラを始めて10年、まだ [続きを読む]
  • 北大構内の紅葉
  • 北大構内は、イチョウだけでなく、他の紅葉も綺麗。(11月2日撮影)大学の生協、学食もあるので、今日のランチはここで・・・と思いましたが、なんと、平日の11時半から13時までは、北大の学生、職員専用の時間帯で、ちょうどその時間帯にお腹が空いてきたのですが、焼き立てパンと牛乳で済ませました。パンは焼き立てなので美味しかったです。観光地にはなっているけれど、ここは、学生が学ぶキャンパス、学 [続きを読む]
  • 秋の銀河庭園 その3
  • (10月11日撮影)天気はあまりパッとしなかったけれど、行って良かったと思えるガーデンでした。メルヘンチックな雰囲気と素朴さも持ち合わせた素敵な空間だなぁと思い、心惹かれました。秋でこんなに満足したのだから、春や夏も期待してしまいます。ちょっと遠いけど、また、来たいと強く思いました。ということで、今回の入場券に差額をプラスして年パスに切り替えてしまいました。今度来た時は、園内のレスト [続きを読む]
  • 秋の銀河庭園 その1
  • もう3週間近く前になりますが、紅葉を見に恵庭渓谷、支笏湖(まだ少し早かった)を回り、ホテルへ戻るにはまだ早いと思い、立ち寄ってみた恵庭のえこりん村にある「銀河庭園」。入園したのは、閉園1時間前の15時ごろ。園内は広そうですが、この時期は花も少ないだろうし、1時間で余裕で回れるだろうと思っていました。ところが、思った以上に綺麗に咲いているお花が多く、もっと時間があれば・・・と思いました。 [続きを読む]
  • 晩秋の匂い
  • 広葉樹の紅葉はピークを過ぎ、カラマツが少しずつ色づき始めていました。美瑛の丘の紅葉もいよいよクライマックスです。この時期の丘は、紅葉でメルヘンチックな感じもしますが、収穫シーズンも一段落し、観光客も少なくなってきて、ちょっと淋しさというのか、センチメンタルな気分にもなったりします。そろそろ初雪の便りが聞かれそうです。 [続きを読む]
  • 丘に咲く向日葵
  • (10月15日撮影)その数週間前に開花前の向日葵畑を何ヵ所か見つけたけれど、めぼしをつけていたほとんどの場所は既に鋤き込まれていました・・・(涙)向日葵畑に遭遇するタイミングが難しいですね。。。ここの向日葵畑も鋤き込まれているかもしれません。 [続きを読む]
  • 恵庭渓谷の紅葉〜三段の滝〜
  • 今年は紅葉シーズンにまとまった休みがあれば、紅葉巡りの旅をと考えていました。今回は千歳に宿泊し、恵庭渓谷などの紅葉巡り、プラス周辺の観光もしてきました。恵庭渓谷には、三つある滝があります。その中の一つ「三段の滝」から。ここには駐車場がないので、ラルマナイの滝駐車場に停めて歩いて行きました。橋の上から撮った滝橋の下に降りることが出来るので、降りてみました。橋の下からの方が迫力があると思います [続きを読む]