S.よっしー さん プロフィール

  •  
S.よっしーさん: 香港投資家ファミリー HKNSC S.よっしーのブログ
ハンドル名S.よっしー さん
ブログタイトル香港投資家ファミリー HKNSC S.よっしーのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kawakami008/
サイト紹介文香港で大富豪に出会い、無理矢理に香港投資家ファミリーに入ったHKNSC Sよっしーのブログ
自由文コトの発端は、旅先で、香港の大富豪に出会ったことから始まりました。
まるで、小説のような話ですがマジです。それ以来、香港の師匠に学びながら、本場仕込みの海外投資を学んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供730回 / 365日(平均14.0回/週) - 参加 2011/10/12 18:17

S.よっしー さんのブログ記事

  • 仮想通貨はどうなる?
  • この先、仮想通貨はどうなるか?一部の仮想通貨のみ残りることになると思います。それも流通する形でです。法定通貨と共通するものとなり、キャッシュレス時代の主流になります。現在は、まだまだ改善点や法設備が整っていないのです、儲けるなら今のうちとなります。なんやかんやで普及しつつあるので、デジタル化管理時代の象徴と言えるのです。 [続きを読む]
  • 思い出のヴィクトリアレイク セレナホテル
  • 色んなホテルに泊まりましが、その中でも良いホテルを選ぶとしたら、その一つに、ウガンダにあるヴィクトリア・レイクの辺りにあるセレナホテル ヴィクトリアレイクが思い浮かびます。ここは、初めてアフリカに行った時に、2番目に泊まったホテルで、静かで、キレイで、広いホテルです。ひとが少なかったので、ほぼ貸し切り状態でしたが、そんなことより景色の綺麗さには驚きました。その景色は、アフリカのイメージとはかけ離れた [続きを読む]
  • 夏の空
  • お盆ですね。子供の頃は、お盆になると田舎に帰ったり、親戚と会ったりしました。年に一回か二回しか会わない親戚のおじさんやおばさんに、大きくなったね。と言われることもなくなり、少し寂しい気もしますが…。笑夜になると、婆ちゃんや従兄弟たちと近くの公民館の盆踊りに行ったものです。うちの田舎では、盆踊りの日に花火大会があり、ドドーン…パチパチパチ…と花火が上がれば、踊りを止めて、夜空に燃える色とりどりの火の [続きを読む]
  • 再びアフリカへ
  • 近いうちに、再びアフリカへ行くことになりました。今回は1カ国だけですので、スケジュール的に楽ですが、なかなか重要な仕事になりそうなので、それが終われば気を抜けます。スケジュールの関係で、飛行機を調べていますが、20時間から30時間とかかかります。移動だけで結構な時間がかかりますので、なるべくお酒は控えるようにします。そんな事はいいとして、ヴィクトリアレイクの近くは気候も良いところなので、過ごしやすく治 [続きを読む]
  • 日本のカジノ
  • 最近話題のカジノ法案については頻繁に討論されていますが、カジノは全体の5%でしかありません。しかも、入場料が6000円で週に3回までしか入場できないという制限まで付けられると、依存する人が多発するのか?ギャンブル依存なら、もっと身近にギャブルがあるので、カジノ云々の問題ではないように思います。では、どこの会社が運営するのか?そこはわからないですが、多くの会社がアプローチに来ているようです。おかげで、予定 [続きを読む]
  • プノンペン 東部ニューエリア新候補地
  • 先日、プノンペン東部ニューエリアの新たな候補地を視察しました。現地は未だ何もないので、なんとも言えませんが、2014年に初めて東部ニューエリアを見た時も同じ感じでした。開発が進むに連れて、だんだん価格も上がりましので、今回は、ここも数年すれば開発されるのだろうと思うと、楽しみに思えるようになりました。この土地は、既に開発用地として外資系の企業が80%を購入しているので、開発はされるのですが、場所的には、 [続きを読む]
  • どうしてボランティアやチャリティーをするのか?
  • よく、どうしてボランティアやチャリティーをするのですか?と聞かれます。その理由は、出来るからです。僕とパートナーの繋がり、周りの人たちの協力により出来るのですが、ひょっとすると、わざわざやらなくても良いかも知れません。でも、やれるならやった方が良いと思うからです。少しの気持ちで、一人でも多くの子供達に何かを与えられるのなら、その子たちの未来に投資をするのです。その子たちが、未来を築くための小さなキ [続きを読む]
  • プノンペン セカンドイオン2 食品売り場
  • セカンドイオンの食料品売り場では、日本のもの現地のものが売っています。これは一部ですが、魚介の量もなかなか多いですね。缶詰も多かっですね。しかも世界中のものがあります。下の写真は、その場で作るアイスクリームです。ココナッツミルクを凍らせています。この手の素材は沢山ありまして、鳥の丸焼きとか多かったです。いろんな国のスーパーに行くと、そこの暮らしが見えてくるので、なかなか楽しいですね。しかし、プノン [続きを読む]
  • ポートフォリオの作り方
  • 投資は分散と言います。株、不動産、債権など、一つの籠に卵を盛らない。そんな感じですが、それは、そこそこ資金のある人のことであり、そんなに資金がない場合はどうするか?多くの場合、高利回りの商品に入れて、そこから種銭となる原資を作ろうと思います。ただ、高利回りだとリスクも伴うわけですので、有り金をそこに入れてしまうと、それがコケた時失いかねません。去年のように仮想通貨が爆上げして、億り人になった人はい [続きを読む]
  • プノンペンの超高層ビルの建設現場
  • 高層ビルといえば、繁栄の証のような建物です。ドバイのブルジュハリファ、台北101、香港のICC他にもありますが、この数年の間に、プノンペン、ダイヤモンドエリアにも超高層ビルが建設される予定です。少なくとも香港のICCの高さを超えるような高さです。敷地は既に壁で仕切られているので、中は見ることはできませんが、そんなビルか完成すると、信じられないくらい地価が上がるでしょう。その現場の近くら見た風景です。割と早 [続きを読む]
  • チャリティーイベント計画
  • 今回の渡航では、次回のチャリティーイベントの計画について話して来ました。規模としては、前回よりも大きくなりそうです。雨水濾過器は勿論、勉強道具です。そして、今回はそれだけではなく、男の子たちにはサッカーボール、女の子たちにはバドミントンセットを配る予定です。現地の子供たちは、元気に外で遊ぶので、スポーツ用品が良いみたいです。また今回は、参加人数が増えそうなので、これから調整してかないといけません。 [続きを読む]
  • 戦争と平和
  • どうして戦争が起きたのか?どんな人でも家族があり、失いたくないものがあります。戦争はそれを奪います。そうなることはわかっていたと思います。日本でも多くの命が失われました。命は戻らないものでとても儚いものです。国の利益のために、その儚い命が失われていくのです。そこまでしてやらないといけないのか?仕方ない…といっても気持ちは割り切れない人も多いと思います。そんな疑問が残ります。 この時期になると、戦争 [続きを読む]
  • 大切しないといけないこと
  • 自分が大切にしないといけないこと。それは、身近な人たちとの時間です。それが何より大切なものだと思うのです。始まりも終わりも全て繋がりなのです。それくらい大切なことなんです。つまり、人間関係を重んじることができないということは、かなり残念なことです。 命の存在は平等なわけですが、他人より自分の方が上だとか、周りは自分より下だとか、そういった考えは、これまた残念な考えです。なので、余計なことは必要ない [続きを読む]
  • 東洋のパリ再現 ダイヤモンド・アイランド
  • ダイヤモンドアイランドに建設中の凱旋門ですが、とうとう出来上がりつつあります。足場が解体され、その姿が見えて来ました。このエリアは、1平米あたり6000ドルくらいなので、プノンペン中でも最も地価の高いところです。周りの街並みも完成つつありますので、工事の速さを感じますね。カンボジアは地震がないので、日本ほどの耐震性を備えた作りではないのでしょう。なかなか良くできています。 [続きを読む]
  • プノンペンのカフェ
  • 最近のプノンペンは、カフェが増えました。カフェって言ってますが、喫茶店です。つい前まで、スタバみたいなお店が多かったのですが、スタバも当然あります。ドミノピザのレストランも。価格は日本と変わりませんし、コーヒーも美味しいです。カンボジアは、2年前までコーヒーを飲む文化がなかったようですが、ここ2年間で急拡大しました。この背景には、観光客が増えたことや、カフェでデートやオシャレなお出かけというイメージ [続きを読む]
  • プノンペン セカンドイオン
  • プノンペンにある、アジア最大の広さを誇るイオンに行ってみました。とにかく広く、開放的な感じのするところです。商品の価格は日本と変わらず、中には高いものものありました。日曜日だったせいか、家族連れも多く賑わっていました。パーキングに入るにも並びますし、自転車置き場も多くの自転車が停まっています。涼しくてキレイなところですので、市民の憩いの場になってました。 [続きを読む]
  • 変わる世界
  • なかなか内戦の治らなかった南スーダンですが、この度、サルバキール大統領と反政府勢力のリーク・マカーは、5年間の内戦を終結させることを目指して権力分担協定に署名したそうです。これが本当に実行されたなら、大きく変わりますね。 [続きを読む]
  • 知ることが最大の進化
  • 何事も、知ることが自己進化の道に繋がります。そのためには、自ずから知る機会を作り、判断して行く。進化は与えられた知識で成すものではなく、自ずから得た知識による効果なのです。なので、知識を待つよりも、知識を得て行くのです。 [続きを読む]
  • 内戦
  • アフリカは内戦の歴史が多くあります。まだ内戦をしてる国もあります。独立運動の末の内戦だったり、自国を守るための戦争だったりします。そこで一番犠牲になるのが女性や子供です。難民キャンプでは、少年兵の話を聞きました。遠い国の話ですが、その子たちにも親がいて、その親たちも子供が愛おしいでしょうから、考えさせれます。テクノロジーが発達して、戦争がなくなることを願います。 [続きを読む]
  • 疑問
  • 資本主義はゼロサムゲームとか言われます。これに限らず、世の中は競争です。よくわかるのですが、どこか疑問が残ります。ヒトは本当にそう言うことを望んでいるのか?中にはそういう競争に疲れり、意味を見出せない人もいるのではないか?僕的には、そういう世界で生きていると、人間がせせこましくなるようで、どうしても馴染めません。それは、君が甘いからだ。と言われても、どこか納得できません。それって、なんとなく踊らさ [続きを読む]
  • 自分なりの普通が強い
  • 普通ということ自体、かなり曖昧ですが、ヒトには自分なりの普通ってものがあると思います。ヒトはそれを基準に他人と付き合うので、どうしてもズレを感じたりします。中には、自分の普通を基準だと思い込み、押し付けてくる人がいたりしますが、そこに違和感を感じたなら、信じないことです。何故なら、ヒトと違って当然だからです。下手に納得するよりも、やはり自分の普通を貫くことです。その方が楽です。これを価値観というの [続きを読む]
  • のびのび生きる
  • のびのび生きるというと、なんだかのんびりした感じになりますが、そういうものではなく、自分のペースで生きること、自分の才能を見つけ出して、それを生かして生きることは間違いではないどころか、正しかったりします。それを確立するまでに、否定されたり、疑ったりしてしまうこともありますが、そこに引っ掛からないようにしましょう。また、なにかをしておかないといけないとか、頑張っておかないといけないとか、そんな呪縛 [続きを読む]
  • ホテル紀行 W香港
  • 先日、W香港ホテルで待ち合わせしたのですが、とてもお洒落なホテルでした。場所は、カオルーンステーションの上にあり、ロンプション・ジョルダンの前から入ります。ロビーには、ウーバーというバーがありますが、昼間は喫茶店になってます。まぁ、無駄に広いというか…。とても開放的です。 更に、友達がプールに行こうということで、観に行ってみました。76階のルーフトップのプールです。横には、リッツカールトンがそびえ立ち [続きを読む]
  • アフリカと中国
  • 先日、習近平国家主席がアフリカのセネガルを訪問しました。セネガルは、西アフリカにありサハラ砂漠の最西端にある国です。習近平の目的は、一帯一路の計画の一環として、インフラ支援のため1260億ドルを支援するそうです。また、近年、アフリカと中国の貿易は世界一になりました。こうして中国は世界の各国に進出しているのです。 [続きを読む]
  • アフリカのベンチャー・バレー ルワンダの野望
  • ウガンダの下の位置にルワンダという小さな国があります。いま、そこが熱いのです。まず、情報通信系のビジネスが発達し始めています。次に、ドローン関係の産業が成長しつつあります。そして、付加価値を付けた農作物。この三つの柱が成長を支えています。ルワンダというと虐殺などの黒い歴史もありますが、いまは、政治も安定して、治安も良く、こらからの国になってます。今度、ウガンダに行くついでに見てみたいと思います。し [続きを読む]