totoki さん プロフィール

  •  
totokiさん: 十時花園でコンサート・ピザ窯・自然菜園劇場
ハンドル名totoki さん
ブログタイトル十時花園でコンサート・ピザ窯・自然菜園劇場
ブログURLhttp://totokigarden.com/blog/
サイト紹介文豊後大野市千歳町にある十時花園の日常劇場。あぜみちコンサート、ピザ窯、園芸教室。自然と会話するブログ
自由文最近、ビニールハウスを改良して、ピザ窯を作りました。ウチでは、花や苗を育てています。年に数回、あぜみちコンサートや園芸教室を開催しています。大分の皆さんへ!遊びに来てくださ〜い!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/10/13 15:54

totoki さんのブログ記事

  • 自然に生きる根は見飽きない
  • 自ら見に行かなければ、その姿には出逢えないのかもしれません。花々の姿も色々です。お店、ホームセンター、お花屋さん、苗屋さんを見歩いてみてください。生き生きと生きる姿特段、何も考える必要はありません。「見る」というよりもな〜んにも考えずに、パッとみてみて、元気を感じられるか..「感じてみる」黄色のビオラですこの根元、白色の部分。わかりますかね..根の姿です。よく視るとこうです。清々しく生きていますどうし [続きを読む]
  • 生き物にあるのか、命のペース配分
  • 暖かさが、連日続き、寒さがやって来ていますノースポールです生き物、植物に備えはない連日暖かさ続きました。10度の差が出るほどです。植物、生き物たちにとってみれば、「春が来たか..」と素直に感じその日を「一生懸命に生きる」わけです。つまり、その日その日が全力で、「あとこれくらい」あるから..と命のペース配分はありません。ビオラです今、その季節、その時季、その時が、いつも一番その一瞬、一瞬瞬間を生き続ける自 [続きを読む]
  • 冬の霜対策と生活する
  • この寒い時季に、霜はつきもの「大敵〜」と思って、妙に対立しても仕方がありませんそれなりに生活する寒ければ、着る。それなりの工夫をする。植物たちに関わらず、野菜を外に..置いてたりするのではい、それなりに、するわけです。どうして?かわいそうこれだけ寒いわけですから、霜から傷なり、腐りへと通じるわけです。少しでも..長く冬は、冬なりにあまり難しい工夫になくとも、普段に思い感じることを生きものに接してあげて [続きを読む]
  • 生き生きと生きるパンジーの源泉
  • 新たな一年、2018年みなさま、本年もよろしくお願いいたします。寒さは、一段と厳しくなってきています。そんな時にこそ..とパンジーよく、耳にする「大きいですね」色身、濃さ、葉、艶、大きさ生き生きと生きているかは生き生きと感じられるかその根源は、いつもと変わらず、その日常の足元にある「土の力」です根にとっての居心地この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:現代農業の営業さんいらっしゃい嬉しい福岡のお客 [続きを読む]
  • イキイキと真新しく
  • 今年の年明けに、コンサートをする予見は、あるようでないような..いつでもここにあったように在ります。何かしらのタイミング…。笑どうしてそんなに美しい..はじめてみた「こと」変わらない「こと」腐葉土自然は、賑やか、彩り豊かに..今年も来年も彩り、豊かに..いきいきと感謝この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:大分県豊後大野市千歳の雪化粧豊後大野市千歳で4月からピザ窯作り自然に囲まれながらカラオケ腐葉土 [続きを読む]
  • 久々のあぜみちコンサート
  • あぜみち(まちおこし)コンサート第16回を無事に終えることができました。ご参加いただいた方々、みなさま大変ありがとうございました。いい時間を過ごすことができました。みんなで、一緒に準備フリマとコンサートと石の上で焼く芋温かいお客さん..ありがたい珍ストーリー歌い手さん..気合入って..弦が..笑す〜っと、マイクフォロー。さすが、ファミリーなんとこのギター、音を合わせてくれるそうです..すごいな〜歌は、続き盛り上 [続きを読む]
  • 第16回あぜみち(まちおこし)コンサート
  • 何年ぶりでしょうか?あぜみちコンサート「まちおこし編」が開催されることになりました!なんと、第15回あぜみちコンサートは、2012年でした。おお..テーマは、まちおこし気がついたら町にあるお店が無くなっていました..静けさが増してはいないだろうか..と、どこか切ない土でもなんでも変わらないのですが、「できることを..」「できるときに、できる範囲を..」その先は、その先でないとわかりません。笑わかっていることは、「 [続きを読む]
  • 地元の農家さんと一緒に
  • 豊後大野市千歳町にお店を構えて数日地元の農家さん、地元あってこそ..できるところから想像や気持ちは、どこかに先ばやに走りがち..すると時は、自然と過ぎ行きますその後は、寂しいものです。その昔のこの道@千歳町には、道なりに生活通りにありました。月日は、過ぎ行き、名残りがポツポツと..農家さんらと語らう中で、できうることを対話の中で育みます。負荷は、打ち消される地元に住む人々と..そうありたいと..願うその先は [続きを読む]
  • 豊後大野市千歳町の散歩道
  • 連日の好天気ありがたいことです。ハウスへの道のり。左手には、茜川。右手には、スカイハウスこの先を行くと、すぐ左手には、千歳中学校があります。千歳中学校と茜川沿いに生えるススキスカイハウスからの眺めです360度自然と一部千歳町..笑散策、運動、気分転換にちょうど良いです。右側の写真は、無人販売の店舗に続く道です。笑おかげさまで、無人の野菜販売は順調にあります。少しでも土地が生き生きと共にいきていけるよう [続きを読む]
  • 自然とひと呼吸入れて視る
  • 今日は、風がありますね。無人販売はおかげさまで、賑わっております。地元の生産につながることを願います。風の通り道どこからともなくいい匂い..「どこからだろう..」と自然と辿っている匂いの通り道風は、どこでおこるの?っと..語らうと視えてくる立ち位置風は、起こせることに触れられますその風には、居心地は育まれているのか..北風のように、びゅうびゅうと音がたつと着込んでしまいます。ぽかぽかの陽気に、コーヒーの匂 [続きを読む]
  • ハウス内に盛る多肉植物の森
  • 今日は、良いお天気に..多肉浴あれよ、あれよと..ハウス一体が、多肉植物の森へと..どこまで行く..笑「この名前は..?」えっと、わかりません。笑「これは..?」..さっぱりそんなこんなとハウスに盛り盛りと多肉植物の祭典..どこへ行く、どうなる、どうしましょう。笑まっ、好きな方へハウスは、一瞬に動かせないので、いつでも、いらっしゃいませ。この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:多肉植物を黒土に植えてみる木々 [続きを読む]
  • 大根の無人野菜販売
  • 大根3本100円..この規模(量)が、一日で無くなってしまいます。地産地消今手元にある食物が、地産で地消だったら..生活や生産循環は、それなりに生産する人々(生産者)循環にいい風が吹き始めるような気がしています。小さな意識から、はじまる小さな一歩から、できることをできる限りに..すると知らないことと数多く出逢います。「餅は、餅屋」自然と収まるところに…その行き先は、あるようでなく、在り様。笑「関わり方:一人 [続きを読む]
  • 無人野菜販売と地元農家さん
  • 久々連日の快晴清々しいものですね。無人野菜販売を始めてから数日が経過しました。ありがたいことに、連日のほぼ完売継ぎ足しの連日です。どれぐらい売れるのかきれいにスッキリ販売テーブルの上からなくなります。地元農家さんと連携「ん?」「これみんな?..唖然。感覚がすごい」いかせるものは、切磋琢磨に生かそう。そのために背伸びしすぎることはなく、自然体であることありがたいこと。何かできることはないかと..自然と至 [続きを読む]
  • 増設した無人の袋詰め野菜テーブル
  • あれよ、あれよと、完売少しでも、いきるものはいかそう。お野菜だけでなく、人も、質も、やり取りも..笑欲張り?..でも、そうあってほしい。そうあることで、生まれてくる本来の姿に個々の居心地も育まれていくように思います。袋詰め野菜大根です。地元の方々のご協力あってこそありがとうございます。「大根の袋詰め..」まっ、響きがいいので。詰められる量は自然とそのぐらいになります。笑玄関口に横並び..大根は、あっという [続きを読む]
  • ブランコとスカイハウス
  • 台風が過ぎ、雨も過ぎていきました!ありがたいことです。スカイハウスの横に、ブランコ、ひとつあるといい..ハウス内でもどこでもそうですが、「あったらあったで、いい」そんな創造に出逢えると居心地もいいようです。笑ブランコは、こんな感じです。いつでもどうぞ。笑雨の日の後は、滑るので要注意。安全第一に!この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:スカイハウスで夏や四季と遊び方スカイハウスに踊り場と臨時水道 [続きを読む]
  • 自然に生きるものへ
  • 台風が来てます。連日の雨.. 過ぎた後には秋晴れに、出逢えますように。笑できるところから..いつもの通りできることは、身の回りを見回すところから半日、お店を出してみると最近顔を見なかった人と出逢えたりします。町に、通りがあり、千歳郵便局があり、農協さんがあります。生活の一部が、点々と1本の道通りに並んでいます。この通りには、お店が点々と存在していましたが、ポツポツと…ました。生活がどこかしらに離れてい [続きを読む]
  • 共同体を募る第一歩 里芋の袋詰め
  • ご一緒に、どうですか?町から、お店が消えました..このままで良いのか..何か、できることは、ないのか。やってみるか..個々に、できること。「餅は、餅屋」きっと、あるはず…千歳町、豊後大野市..等々の場所は、この時代には関係ありません「その氣」さえあれば..こんな感じでも、一歩は、一歩。清々しいものです。無人販売と1商品の里芋午後から表に、置いてみました。笑里芋の袋詰め..「はい、いらっしゃい!」自然と半日で10 [続きを読む]
  • 2017年夏実る葡萄
  • 玄関口に、葡萄を植えていました。みるみると実り..日々実証実験初体験色々とやってみています。甘さ、色合い..どうしたら..こうしてみると..こうなる..なるほどっと、日々変わる姿に..いつ食べられるかな..笑そんなに..甘くはない(なにごとも..笑) [続きを読む]
  • 姫島村と豊後大野市千歳小学校のピザ交流会
  • 2017年7月24日(月)に、ジオパークに認定された姫島村の小学校5,6年生と豊後大野市千歳小学校の5,6年生の交流会に、ピザ釜を体験しました。いらっしゃい、人数が、人数だけに、寒冷紗を設けて、場所を確保..良い機会に楽しんでいただけると幸いです。この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:ピクニック気分で同級生とピザ窯体験一家でゆっくりゆったりピザ体験隣町の犬飼からピザ体験自然と工夫が効率を生むピザ窯気楽に仲間 [続きを読む]
  • 育まれる姿に映るもの
  • 空が徐々に、梅雨空から夏空へと…「育ちは、どうか」毎年に、送り出す苗たち..天候の移り変わりは、どこか自然の営みから、ヒト中心にあるようにも映ります営みそこに文字があるわけでもなく、あるものは、姿良いも悪いもない、光景光に見えているのか、曇りに見えているのか..見え方に、映るものがみえてきます。葉先に射す紫草ポッと射すもの..どう見出すか感じ得られるか「実がつなかい」「花が咲かない..」意味は、あります。 [続きを読む]
  • 2017年の千日紅
  • 暑さが、厳しくなってきていますハウスは…想像するだけで千日紅ですスルスルするっと、背が伸び、ポンと咲く千日紅それぞれに、花があります色々とあるいきかた暑さ、寒さ…そこにある環境は、すべてを活かす生き方にある自然「暑いも寒いも」ただ感じて、いきることことばは、ありません。笑一花、ひと花にある姿は、彩りに満ちた生き様期間は、千日?笑千日とはいかないにせよ、有限..生命は、有限にあり、有限をいきる姿は、色 [続きを読む]
  • 実るミニキュウリの苗
  • ミニキュウリの初収穫です。今日は、一本だけだったので、何もつけずそのまま食べました。美味でした。まだ、小さいのが沢山スタンバイしています。ここに植えています。ピクルス、漬け物などに、程よいようですこの記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:キュウリの苗ポット栽培で成長中キュウリの森からキュウリ苗へいいと思う野菜の苗ビオラ キャベツ ブロッコリーとキュウリ水やり10年が生み出すもの良い苗を見極めるコツ( [続きを読む]
  • 地に根づくいきもの
  • 紫草です恵みの雨が、ちらほらと..しばし、大地を潤して頂いて地にある世界地が重なり層という地層は、場所場所にもよりますが時代に賑やかな層をもったり、もたなかったり様々にあります。相手は、自然だけに、読み取ることぐらいで予測は、なかなか。根やいきものにとっての居心地居心地がいいときもあれば、そうでないときもある強く触れるか、弱く触れるか、触れないか..それぞれ即座に返答を得られると良いのですが、なかなか [続きを読む]
  • スッと生き立つナスの苗
  • ナスの苗ですスラリと背筋にこちらは、キュウリの苗フルーツトマトの苗いきる力支柱はありません苗の生き方そのもの自然体、自然に背筋..実は、つくことはつきますが9cmポットです。根の動きも自然とその範疇になるので育ちもそれなりになります。地に根を、のびのびと育めるとそれなりにまたどっしりと成長できるかもしれません。笑苗ひとつもそれぞれ、生きてみなければ、わかりません。この記事を読んだ方は、こちらも読んでい [続きを読む]
  • ブドウで玄関アーチ
  • 玄関の入口にブドウを植えていました。おっ、これは..実がついてるこれからが、楽しみビニールハウスの骨組みをつたって、地道に成長しています。ちゃんと、成長するものですね。感謝この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:寒い日専用の作業場所力まずハウスを建てる準備ビニールハウスにお客様ハウスのビニールはり夜風に屋台マーケットハウスDIYが増殖中 [続きを読む]