かおり さん プロフィール

  •  
かおりさん: メデジン日本語クラブへようこそ!
ハンドル名かおり さん
ブログタイトルメデジン日本語クラブへようこそ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/nihongo-club-medellin/
サイト紹介文南米コロンビアの常春の町・メデジンで日本語教師をしています。
自由文南米コロンビア第二の都市、メデジンに住んでいます。
メデジンは観光地ではありませんが、
「Ciudad de la Eterna Primavera(常春の町)」と言われるように気候も人も暖かく、
気持ちのよい町です。

この町で日本語を学ぶ学生のことや、
私が主催する「メデジン日本語クラブ」の
活動、そしてコロンビアの日常生活のことなどを少しずつお伝えしていければ、と思います。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/10/13 18:11

かおり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 一歩一歩(フアン・カミロ・アグデロ)
  • 2018年3月17日(土)第4回コロンビア全国日本語弁論大会el Concurso Nacional de Oratoria de Lengua Japonesa en Colombia にほんブログ村上級の部・審査員特別賞「一歩一歩」(フアン・カミロ・アグデロ)「ねーねーカミロくん、卒業したら美術を勉強しない?一緒に漫画家になろうよ!」  友達のその言葉で僕の道が見えました。子どもの時から絵を描くことが得意で、僕の一番好きな事でした。両親はいつも画家になればいいと言 [続きを読む]
  • 私にできること(ケリー・オカンポ)
  • 2018年3月17日(土)第4回コロンビア全国日本語弁論大会el Concurso Nacional de Oratoria de Lengua Japonesa en Colombia にほんブログ村中級の部・第一位「私にできること」(ケリー・オカンポ)私はスピーチコンテストが好きです。もちろん参加する時はきんちょうします。「えー、どうしよう、上手にできるかな」それでも私にとってスピーチコンテストは大切な経験です。スピーチをする人は 聞いてくれる人と気持ちを共有(き [続きを読む]
  • 私の町〜アビラの思い出〜(サムエル・ロペス)
  • 2018年3月17日(土)第4回コロンビア全国日本語弁論大会el Concurso Nacional de Oratoria de Lengua Japonesa en Colombia にほんブログ村初級の部・第二位「私の町〜アビラの思い出〜」(サムエル・ロペス)私は子どものころ、ベネズエラのカラカスに住んでいました。カラカスには高い山があります。この山には二つの名前があります。「アビラ」と「ワライラレパノ」とよばれています。「アビラ」はスペイン語の名前で、「ワライ [続きを読む]
  • ☆サンタプロジェクト2017☆
  • Feliz Año Nuevo!!!(フェリス・アニョ・ヌエボ)新年明けましておめでとうございますなかなか更新できませんが、今年もよろしくお願いしますにほんブログ村「Operación Navidad:クリスマス大作戦」第9回目を迎えるサンタプロジェクト、今年の台本は日本クラブのメンバー、メリッサ・モラレス・ガルシアさんによる、オリジナルストーリーです。Narrador: 毎年世界中で人間は知らない、ひみつのコンテストが開かれています。サン [続きを読む]
  • 日本は私に来ました(ケリー・オカンポ)
  • 2017年10月14日(土)第27回カリ日本語スピーチコンテストカテゴリー2(初級の部)にほんブログ村「日本は私に来ました」(ケリー・オカンポ)何で日本語を勉強していますかその質問は本当に面白いと思います。でも答えるのは難しいです。私は小学校の時、クラスでドキュメンタリーを見て、初めて日本語を聞きました。その時、私は考えました。「日本、それは遠い国。それから、文化もちがいます」その時はあまりきょう [続きを読む]
  • 侍とぼく(アンドレス・グアリン)
  • 2017年10月14日(土)第27回カリ日本語スピーチコンテストカテゴリー3(中級の部)第1位モモくん、おめでとう〜!にほんブログ村「さむらいとぼく」日本の文化へのきょうみは子どもの時にはじまりました。その時、学校で世界のれきしのことを勉強していました。このテーマの時にめいじいしんのページをみつけて、さむらいをはっけんしました。ぼくはこの時までさむらいをしりませんでした。そのころ「アーサー王のもの [続きを読む]
  • 言葉はかべじゃありません(カミロ・アグデロ)
  • 2017年10月14日(土)第27回カリ日本語スピーチコンテスト最優秀賞カミロくん、おめでとう〜!にほんブログ村カテゴリー3(中級の部)「言葉はかべじゃありません」(カミロ・アグデロ)みなさんはどんな言語を話しますか。世界にはいくつ言語があると思いますか。なんと世界には六千以上の言語があります。同じことをつたえるのに六千のことばがあるなんて、おもしろいと思いませんか。私は子どもの時、言語を学ぶこと [続きを読む]
  • ☆サンタ・プロジェクト2016・完☆(ストーリー編)
  • Uma tarou:スサノオさま、私もあなたも同じ高天原(たかまがはら)を愛す者。どうして同じ国のもの同士が争わなければならないのですか!Susanoo sama, usted y yo amamos Takamagahara. ¿Por qué dos hijos de este país tienen que pelear entre sí? Momo tarou: 高天原の未来のためにはお前はいないほうがいいんだ。やれ、浦島!¡Por el futuro de Takamagahara, lo mejor sería que tú no existieras.&n [続きを読む]
  • ☆サンタ・プロジェクト2016☆(歌編)
  • Feliz Año Nuevo!!!(フェリス・アニョ・ヌエボ)新年明けましておめでとうございます昨年中はほとんど更新のないこのブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。今年はもう少し頻繁に更新できるようにがんばりたいと思います。 ではでは日本神話クイズ・第二弾、初級編にいってみましょう〜♪アマテラス・ツクヨミ・スサノオ三貴子の父神、イザナギとその妻・イザナミについてです。 【第一問 [続きを読む]
  • ☆サンタ・プロジェクト2016☆(キャラ&日本神話紹介編)
  • 日本神話クイズ(入門編)の時間です。 【第一問】今年のサンタ・プロジェクトの主人公、太陽神・天照大御神(以下アマテラス)は三貴子の長女で、二人の弟がいます。誰と誰でしょう? 【第二問】有名な天岩戸伝説により「日本最初の引きこもり」とも言われるアマテラス。ではアマテラスが洞窟に引きこもった理由とは? 【第三問】力持ちの神様たちが何人かかってもびくともしない岩戸。その岩戸を開け [続きを読む]
  • ☆サンタ・プロジェクト2016☆(国内避難民編)
  • 今年で第8回目を迎える、サンタ・プロジェクト、今年は初めて国内避難民支援のNGOと連携し、「平和」をメインテーマに公演を行いました。 にほんブログ村 "Amaterasu-La luz en un mundo de oscuridad-"『アマテラス〜闇を照らす光〜』 原作:日本神話「天岩戸」 サンドラ・プエルタさんから最初のメールを受け取ったのは4月の始めでした。 サンドラさんは国内避難民のエンパ [続きを読む]
  • メデジンの邦人事件
  • 「せっかくメデジンに来てくれたのに、こんなことになってしまって、本当にごめんなさい。。。。」 亮くんとのお別れの会に集まったコロンビア人の女の子の一人がそう言うと、亮くんのお母さんは「あなたたちにそんな悲しい思いをさせてしまって、こちらこそごめんなさいね。。。」とおっしゃいました。 大切な息子さんを異国の地で失うという悲しみの中にあっての他の人への労わり、そうそうできることではありま [続きを読む]
  • インディヘナ自治区での夏休み(前編)
  • にほんブログ村歓迎の飲み物はチチャだった。ペルーでよく飲まれている紫色のコーン・ジュース、チチャ・モラーダではない。どろっとした黄褐色の飲み物はココナツの器になみなみと注がれていた。口をつけると思ったより冷たい。甘味と少しの酸味、そして発酵したアルコールの後味。普段アルコールはほとんど飲まない私だが、意外なほどおいしかった。チチャを受け取った4人の反応はそれぞれだった。1.エディ(男性)「すごくお [続きを読む]
  • コロンビア〜平和の夜明け〜
  • にほんブログ村"Que este sea el último día de la guerra"(これが戦争の最後の日となるだろう)中南米最大最強の反政府武装組織FARC(コロンビア革命軍)最高司令官のティモチェンコは厳かな口調で宣言すると、停戦協定に署名した。2016年6月23日、50年以上続いたコロンビアの内戦終結に向けて歴史的な一歩が刻まれた。コロンビア政府と左翼ゲリラは半世紀あまりにわたり、激しい戦闘を繰り返し、紛争による死者は22万人に達す [続きを読む]
  • シャーマンの娘〜インディヘナ自治区へ〜
  • にほんブログ村ごく普通の、素朴な田舎の村だった。子ども達が着ている服には都会の子どもと同じキャラクターがついているし、若者はこぎれいな格好で携帯をいじっている。人々が話すスペイン語はメデジンと何も変わらない。山に囲まれた村の中央には教会と小さな広場があり、その横のサッカー場では大人も子どもも一緒になってボールを追っている。人口1700人のインディヘナ自治区、Resguardo Indigena Cristiania(レスグアルド [続きを読む]
  • 過去の記事 …