irodorieye さん プロフィール

  •  
irodorieyeさん: evergreen 畑に行く新潟の野菜ソムリエ
ハンドル名irodorieye さん
ブログタイトルevergreen 畑に行く新潟の野菜ソムリエ
ブログURLhttp://irodorieye.blog69.fc2.com/
サイト紹介文畑に行く新潟の野菜ソムリエブログ。長岡野菜、伝統野菜、有機野菜などの情報や野菜ソムリエの料理レシピ。
自由文新潟の一次産業プロデューサー。
農家レストランの企画、運営。
農産物直売所のお惣菜プロデュース業や、農家×デザインプロジェクト。
新潟の農業と野菜を学ぶ塾も企画しております。
講演、小学校授業、料理教室などなど。農産物や加工品のコンサル業も。

<a href="http://irodorieye.blog69.fc2.com/blog-entry-144.html";>活動内容はこちら</a>
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/10/14 02:48

irodorieye さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 直売所の高齢化問題
  • 現在、数件の農産物直売所の定期指導を承っているのだが、どの農産物直売所でも共通課題として挙げられるのが直売所の高齢化である。農産物直売所が小さなブームとなり最盛期を迎えたのが2010年頃。そこから10年近くが経過しようとしている。もともと農産物直売所の顧客の年齢層は非常に高く、今までは普通に買い物にいけた顧客が買い物に行くことが難しくなってきている。出荷者の年齢も深刻な問題だ。主力となる出荷者の年齢は6 [続きを読む]
  • メールアドレス変更のお知らせ
  • お客様 各位メールアドレス変更のご案内平素より、格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。さて、誠に急ではございますがセキュリティの問題が確認されたため、以下の通りメールアドレス が変更となりました。緊急の変更のため変更後のご連絡になり大変申し訳ございません。誠に恐縮ではありますが、今後御用の際は以下のアドレスへ 送信いただくとともにアドレス帳のご変更をお願いたします。取り急ぎメールアドレス変 [続きを読む]
  • 地域ブランド産品の開発
  • 新潟県新発田市加治川商工会さんからの依頼で地域産品の開発をコンサルティングしております。新潟県の下越地区北部に位置する加治川地区は毎年4月上旬から中旬に、川沿いに2000本の桜が咲き誇り、壮大な桜並木を観る事ができる桜の名所。加治川沿いにはかつて6000本の桜並木があり「長堤十里、日本一」とうたわれるたほどでした。昭和41年、42年の大きな水害で河川改修の為に、桜並木は失われましたが現在では復元されつつありま [続きを読む]
  • JA川崎さんで農産物直売所の講演をしてきました。
  • JAセレサ川崎さんからの依頼で農産物直売所の講演をしてきました。JA川崎は40代〜60代が中心で、共販などはなくJA等の共同直売所や個人直売、スーパー等への個人卸などが中心となっており、生産作物も少量多品目。個人直売所が多くあり、講演を通じて直売所の魅力を高め、市民にPRできる直売所作りのためのヒントを持って帰っていただきたいとの依頼でした。 ここ数年の農産物直売所における商品販売価格の下落は著しく、その [続きを読む]
  • おはぎの開発
  • ここ数ヶ月お手伝いしてきました新潟県三条市下田地区で笹団子づくりに励む「ふーど工房ゆうこ」さんの新商品が発売となりました。糖度50度とあんことしては低い甘さを逆にウリにした、こしあんのおはぎです。男性の方や甘いものが苦手な方へのお茶請けにぜひ。ふーど工房ゆうこ電話 0256-46-0358 s-fu-do8koubou7@bd.wakwak.comhttps://www.facebook.com/yuko.sasadanngo/ [続きを読む]
  • 農産物直売所の交流機能
  • 南魚沼市地域振興局様のご依頼で農産物直売所の繁盛のポイントについて講演してきました。今回のポイントは農産物直売所での交流について。農産物直売所では消費者との交流がスーパーなどの競合店との差別化のポイントになると考えられております。しかし、その交流機能はどのような目的意識をもって行われ、交流機能は最大限の役目を果たしているでしょうか?私は交流というのは農家とお客様である消費者との農産物、食に対する価 [続きを読む]
  • 過去の記事 …