ことねっち@庚申塔散歩 さん プロフィール

  •  
ことねっち@庚申塔散歩さん: ことねっちの花と寺社めぐり
ハンドル名ことねっち@庚申塔散歩 さん
ブログタイトルことねっちの花と寺社めぐり
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kotonetch
サイト紹介文私が描いた漫画の公開・解説、花名所やマンホ蓋・神社仏閣&石仏他の写真を連載中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/10/18 04:14

ことねっち@庚申塔散歩 さんのブログ記事

  • 2015年1月27日、羽生市北2丁目・正光寺周辺を散策
  • 大天白神社(公園)を訪問後、正光寺とその周辺を散策しました。羽生市北2丁目、正光寺正光寺の近くにあった羽生市章入りテトラ模様(毘沙門模様?)の汚水蓋と消火栓蓋。同行した家族が興味がないのかなと思ったら、正光寺に寄り道。墓地手前に聖観音菩薩像があったけど、単体撮影せず。墓地を背にして置かれた六地蔵尊と、仁王像(金剛力士像)がビルドインされた?薬師堂。周りがまぶしいせいか、ガラスの写りこみが…無縁仏の [続きを読む]
  • 2015年4月25日、東武伊勢崎線新越谷駅→旧松原団地駅→西新井大師へ
  • 東武鉄道スカイツリーライン(伊勢崎線)の新越谷駅(埼玉県越谷市)と草加の松原、西新井大師(総持寺)境内の牡丹と藤を見に行ったときの索引記事です。東武伊勢崎線新越谷駅&JR武蔵野線南越谷駅(埼玉県越谷市)松原団地駅(現獨協大学前駅)から草加松原(埼玉県草加市)東武大師線・大師前駅(東京都足立区)西新井大師(総持寺)境内の牡丹と藤(東京都足立区)(前編) (後編)光明殿と石仏(東京都足立区)マンホ蓋類書 [続きを読む]
  • 東武伊勢崎線新越谷駅&JR武蔵野線南越谷駅
  • 西新井大師へ参拝した日、ついでなのでJR武蔵野線南越谷駅と接続している東武伊勢崎線(スカイツリーライン)新越谷駅で降りてみました。もちろん、館林駅から行くと久喜止まりなので、日光線の接続駅である東武動物公園も停車する浅草方面(東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線直通)へ乗り換えました。駅舎の三階部分にホームがあるのが南越谷駅、四階部分で直角に交わっているのが新越谷駅だけど…通行人が映り込まない場所で撮 [続きを読む]
  • 2015年1月27日、羽生市北2丁目・大天白神社
  • この日は、例の神社ブログと『(初期)関東の青面金剛リスト』で気になっていた大天白神社を参拝しました。家族の車を止めてもらい、気になったのは市のマスコットキャラの1つ「むじなもん」が入った住居表示板や、羽生市章入り消火栓(こちらは2014年6月?あたりに助手席から国道122号線歩道にある同じ蓋を強引に撮影したことがある)と二重丸タイプのソフト制水弁を撮影。大天白公園の藤棚入口にある一の鳥居。(藤の見頃は4 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます(2019年)
  • 平成最後の三十一年、明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いします。2013(巳)年から、「十二支(干支)つながりの地名そばの飛び地」シリーズの年賀絵を描き続けていて、7つ目…のはずが、ギリ「猪【いのしし】つながりの地名」である福島県猪苗代町に自治体の飛び地が確認できなかったので、隣の磐梯町にある喜多方市塩川町金橋の飛び地の手描き地図をイラスト上にの載せています。年賀絵の右下(下 [続きを読む]
  • 2016年2月6日、JR山手線日暮里駅と跨線橋
  • 今までの記事↓JR山手線東京駅(丸の内駅舎、千代田区)東京都文京区湯島、湯島天神の梅 文京区湯島・心城院など東京都文京区根津1丁目、根津神社 谷中銀座周辺を散策(台東区)谷中銀座(夕焼けだんだん)から延々歩いて、天王寺そばの紅葉坂を通ってから、JR山手線日暮里駅の跨線橋(下御院殿橋)で新幹線などの列車を眺めました。手前に見えるのは、京成電鉄の日暮里駅。淡い緑のとんがり屋根がJR日暮里駅の入口です。その [続きを読む]
  • 2016年2月6日、谷中銀座周辺を散策(台東区)
  • 今までの記事↓JR山手線東京駅(丸の内駅舎、千代田区)東京都文京区湯島、湯島天神の梅 文京区湯島・心城院など東京都文京区根津1丁目、根津神社根津神社から根津駅に戻らず、団子坂近くで遅い昼食をとり、谷中・日暮里方面へ歩きました。立善寺山門前の大黒天訪問は2月だったので、もちろん菖蒲の花(地域によっては寒ショウブもあるが、ココにはなかったかも)はないので、山門前にある大黒天像を撮りました。「五百年遠忌 [続きを読む]
  • 2016年2月6日、東京都文京区根津1丁目、根津神社
  • 今までの記事↓JR山手線東京駅(丸の内駅舎、千代田区)東京都文京区湯島、湯島天神の梅 東京都文京区湯島・心城院など心城院(湯島聖天)から湯島駅に戻り、東京メトロ千代田線で一駅の根津駅で降りて、根津神社入口信号まで商店街を歩いて行きます。写真下は表参道の鳥居ですが、裏参道の鳥居を西へ進んだ先には、森鴎外の小説『青年』に登場するS坂(新坂、権現坂)がある。表参道の道沿いにうどん屋があったけど、午後2時 [続きを読む]
  • 2015年1月9日、目黒区下目黒の瀧泉寺など
  • 今までの記事↓神田明神(東京都千代田区外神田2丁目)聖橋から御茶ノ水駅を望む↑2018年7月24日放送の「東京サイト」(関東地区・テレビ朝日)で、同地点が「河川のフォトスポット」として紹介され、都電の未乗区間も紹介されていたような…。鬼子母神(豊島区雑司ヶ谷)豊島区巣鴨・猿田彦庚申堂から高岩寺へ目黒区下目黒の行人坂と大円寺を訪問後、首都高の新路線建設で歩道橋が一時的に撤去された(2015年当時)ことが原因で [続きを読む]
  • 2016年1月3日、わたらせ渓谷鐵道水沼駅〜沢入駅間のイルミ
  • みどり市大間々町塩原・貴船神社わたらせ渓谷鐵道水沼駅から製糸所跡を散策(桐生市黒保根町、旧黒保根村)桐生市黒保根町水沼・常鑑寺常鑑寺から水沼駅に戻ってきて、間藤行きの下り列車を待つ間に駅構内と周辺のイルミネーションを撮影。日没後なのに、旧黒保根村章?入りの制水弁を撮影したら、すごいブレてた…汗駐車場はもちろん、駅入口までイルミネーションが飾ってありました。あれ…桐生行きの上り列車と交換だっけか?北 [続きを読む]
  • 埼玉県吉見町御所、西吉見村道路元標
  • 2014年11月に埼玉県吉見町を散策したときに撮影。安楽寺の石段前に旧西吉見村の道路元標があります。写真下半分の赤矢印で示した部分が道路元標です。西吉見村は、昭和29年に合併して『吉見村』(熊谷市へ合併した方の大里郡吉見村とは別物)施行により消滅しています。(のちに町へ昇格、今の吉見町に)地図はこの辺→ https://goo.gl/maps/s3MFH2DSYg82にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ [続きを読む]
  • 2016年2月6日、東京都文京区湯島・心城院など
  • 湯島天神社の東にある天神石坂(男坂)を降りると、心城院が気になったので寄り道しました。天神男坂の脇に復興地蔵尊があるとは、気づかなかった…汗『散歩の達人』2017年8月号に「地蔵様めぐりイラストマップ」というコーナーがあり、その中にその地蔵坐像が紹介されていました。(こちらのブログ記事も参照)天神男坂近くの心城院。解説板の部分だけトリミングと変形をかけましたが、字が読みづらくてごめんなさい…。真冬日だ [続きを読む]
  • 鹿嶋神宮(茨城県鹿嶋市)と犬吠埼灯台(千葉県銚子市)へ(索引)
  • 2018年10月7日に鹿嶋神宮(茨城県鹿嶋市)と犬吠埼灯台(千葉県銚子市)へ訪問したときの索引記事です。千葉県香取市虫幡(旧小見川町エリア)の神里村道路元標(東関東道の潮来インターチェンジ付近が渋滞していた都合で、手前の佐原香取インターチェンジで高速を降りて県道55号線から竜谷バイパスへ左折したときに通過)鹿嶋神宮とご本人登場蓋(茨城県鹿嶋市)犬吠埼灯台(千葉県銚子市)銚子電鉄犬吠駅(千葉県銚子市)行き帰 [続きを読む]
  • 2018年10月7日、銚子電鉄犬吠駅(千葉県銚子市)
  • 鹿嶋神宮と犬吠埼灯台(2つとも後日に記事アップ予定)を訪問したついでに寄り道した銚子電鉄犬吠駅。(いつも通りの記事アップ順だと、いずれか1つが戌年のうちに記事が書けないので、今回は駅の写真のみ前倒しにします)2018年3月に伊豆急行線伊豆稲取駅周辺(静岡県東伊豆町、こちらも近日記事をアップ予定)を散策したとき、町の至る所にあった海抜(標高)の看板を見かけても撮らなかったので、住宅地図と踏切・海抜表示板 [続きを読む]
  • 2016年1月3日、桐生市黒保根町水沼・常鑑寺
  • わたらせ渓谷鐵道水沼駅から製糸所跡を散策後、ついでに常鑑寺も参拝。石段の左には結界石と二十二夜塔。冠に地蔵立像か阿弥陀如来が彫られた如意輪観音像。石段の右側にあるのが地蔵坐像。(写真右下)(こちらのブログ記事も参照)本堂へ向かう石段の途中、墓地入口に三界万(萬)霊塔や庚申塔が並んでいました。写真下段は石段の左側、写真右上は石段の右側。あれ?おかしいですね…「塔」とあるべき部分が「等」と間違えて彫ら [続きを読む]
  • 2016年1月3日、みどり市大間々町塩原・貴船神社
  • 十ウン年振りに大間々町の貴船神社へ初詣に行きました。いつもの私なら、人が写らないアングルやタイミングで鳥居を撮るけど、すごい行列だったので、引きの構図に…汗参道の途中には、しだれ桜とおぼしき樹も。拝殿前には、大きな絵馬があり、当時は申年だったので、リアルな猿でした。今回の神社へ向かう途中に通過した庚申塔…みどり市大間々町塩原、生活改善センターの青面金剛(地図 https://goo.gl/maps/6crLewNwiXo )、穴 [続きを読む]
  • 《再訪問》2014年11月12日、織姫山公園のもみじ谷
  • (前回訪問時の記事)ほぼ3年ぶりに織姫山公園のもみじ谷を散策。なお、栃木県足利市の木は総称した楓【かえで】…モミジと違いが分かりますか?家族の車を駐めてもらい、まず目に入るのが、切れ長の葉のモミジ。コンデジに持ち替えての撮影でしたが、近距離の樹を入れると、どこかしらピンボケ…。意図して入れたわけでないが、市章すら入っていない規格蓋(地味蓋)が足元に。(こちらの記事も参照)マクロ撮影モードでなく、距 [続きを読む]
  • 2016年2月26日、桐生市広沢町・比呂佐和神社
  • 桐生南公園の梅を見に行った帰り、こちらのブログ記事で庚申塔が気になったので、比呂佐和神社へ寄り道しました。参道から鳥居を撮ろうとしたら、例によって桐生市章入りデザイン(ハンドホール)蓋が写っていました。境内に置かれているのは、隣の幼稚園の送迎車のようです。境内には大きな出羽三山(湯殿山)の石碑や稲荷神社。境内の南西には、庚申塔や石仏が並ぶ一角があり…無数の庚申塔の中には、2基の青面金剛像や二十三夜 [続きを読む]
  • 《再訪問》2015年11月7日、宗惣寺(佐野厄除け大師)の菊祭り
  • 《再訪問》2014年11月10日、佐野厄除け大師の菊↑前回の訪問からほぼ一年後、宗惣寺(佐野厄除け大師)の菊祭りに再び訪問しました。我が家の庭にはダルマ菊と鉢に寄せ植えした小菊しかないから、盆栽仕立ての菊は珍しい存在です。我が家にない色の菊だから、マクロモードで撮影。菊苗の販売もあったけど、佐野では買わなかったような…。本堂前には、麗水観音像とさのまる。墓地入口前には、2基の地蔵立像と如意輪観音像。もちろ [続きを読む]
  • 関東近郊の越境蓋(2013年2月〜8月)
  • しばらく時系列の記事ばかりアップしていたので、今回は趣向を変えて年度別ですが、私が撮影した越境蓋やネット上で存在を把握した越境蓋を紹介します。越境蓋…水道工事の際、仮で置かれた蓋がそのまま残ったもの、もしくは工事施工業者へ蓋メーカー様の在庫の都合で本来置かれるものと違う蓋が渡された場合のいずれかの可能性があるマンホール蓋類。(上水道・下水道問わず)↓地図画像中の以下のドット絵で蓋の越境距離を示して [続きを読む]
  • 2013年4月撮影、栃木県鹿沼市他のマンホール蓋類
  • (2012年4月に撮影した小山市の蓋はこちらの記事、13年1月に撮影した太田市の蓋はこちらの記事、3月に撮影した佐野市の蓋はこちらの記事を参照)佐野市のマンホール蓋佐野市小中町・人丸神社〜旗川土手へ桜の花見をしたときに撮影。右上:佐野旧市章入り量水器、左下:旧市章入りテトラ模様の蓋。鹿沼市のマンホール蓋類千手山公園へ桜の花見をしたときに撮影。観光物産館の近くにあったデザイン蓋、市の花サツキをモチーフにし [続きを読む]
  • 2014年9月10日、佐野市寺中町・東光寺の彼岸花など
  • この日は、佐野市商工会議所のカレンダーで桜の名所としてお馴染みの東光寺の彼岸花を見に行きました。一昔前まで、寺中町を「てらなか」と読むと勘違いしていて、旧田沼町出身の親から指摘されるまで、「じちゅう」と読むとは知りませんでした。寺院向かいの公園(亀の子山)は、親の思い出の地?らしく、こちらはふるさと佐野100選に選ばれていました。山門前には、ピンクの芙蓉や彼岸花、萩が咲いていました。山門から続く参道 [続きを読む]
  • このブログについて
  • 趣味でローカルギャグ漫画を制作していることねっちのブログです。(本来は昨年上半期に全話完成させるつもりだった漫画『江津イング三次ウェイ』から抜粋、タイトルからどこの路線が元ネタか推測できるかも?)当初は花名所と漫画制作の記事だけにしようかなと思ったら、ある年度を境に神社仏閣・庚申塔や石仏、マンホール蓋、道路元標と新たな撮影系の趣味を増やしてしまいました。(ものを買って集める趣味と比べたら、趣味にか [続きを読む]
  • 2014年9月18日、宇都宮市大谷町・平和観音など
  • 宇都宮市・大谷観音を訪問後、大谷資料館へ向かう前に平和観音周辺を散策。大谷平和観音大谷公園内にある大谷石の平和観音。まず、公園入口前にあった下水構えの市章入りハニカム模様の蓋を撮影。ブラタモリ・宇都宮編(HNK総合)で、切り出した大谷石を東京へ運ぶ貨物線の映像が映っていたので、「採石場跡」の解説板をトリミング。参照↓#112 宇都宮 〜宇都宮は“江戸”に欠かせない町?〜 タモリのブラブラ足跡マップ ブラタ [続きを読む]