LOHASな感じ さん プロフィール

  •  
LOHASな感じさん: LOHASな感じ
ハンドル名LOHASな感じ さん
ブログタイトルLOHASな感じ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/-lohas-
サイト紹介文日頃、仕事やプライベートで感じた事をLOHASな感覚で書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2011/10/18 18:14

LOHASな感じ さんのブログ記事

  • ナシゴレンとコーヒー
  • 以前ナシゴレンを話題としたブログを投稿したが、画像を入手したので改めて投稿。このスパイシーな感じは、カイエンペッパーか?エスニックな感じで食欲をそそる。ここのカフェ、ナシゴレン、ケジャリー、ジャンバラヤなど何を食しても美味しいのだ。ランチはもちろんコーヒーが付きます。小生、お勧めのお店なのです。 [続きを読む]
  • オリオン座と大三角
  • 一昨日、南方の夜空にオリオン座を見かけた。いつの間にか、こんな季節になってしまっていた。そう言えば、大三角があったなぁと思ったが、その大三角が思い出せない。確かオリオン座に関連していたはずだ。ネットで調べてみたら、オリオン座のペテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンだった。今日改めて夜空を見上げたら、残念ながら曇り空で星が出ていない。でもこうしてしみじみと空を見上げると、雑多な日々 [続きを読む]
  • フジコ フェミングの音楽
  • 1999年にNHKで放映された[あるピア二ストの奇跡]を、先日NHK アーカイブスとして再放送していた。何度か再放送されているようで、始めてフジコを知った時の事を思い出していた。フジコ フェミングの生き様、苦難の人生、情熱的で印象深い演奏…。あの頃は小生も好奇心旺盛で、音楽にしても書籍にしても、何か感じ取りたいと常日頃から思っていた。そこで県立図書館や市立図書館に足しげく通っては、様々なCDや様々な分野の書籍を借 [続きを読む]
  • 光輝く:逆川緑地(sakasagawa)
  • 日曜AM7:00久々にデジカメを持って逆川の土手沿いを散策した。いつの間にか秋も深まり、周辺の木々も今までとは違う様相を呈していた。笠原水源を取り巻く木々の葉もこの通り。小川沿いには、ささやかに花が咲く。朝露に濡れ光輝く光景が印象的だ。 [続きを読む]
  • 都内のホテルにて
  • 今週は、都内のホテルで取引先の面々と。既に出来上がっていたが、三次会へと突入。確かに美味いと一瞬は感じたが、疲労困憊で、惰性で飲んでいる感じ。でも、相手の話は真剣に受け止める。ラストオーダーの時間を過ぎてやっとの思いで、ホテルの部屋に戻った。安堵したのも束の間、何とスタッフがここでもやっているではないか…。 [続きを読む]
  • セザンヌとリンゴ
  • 3日遅れでカレンダーをめくった。今年も遂に最後のページに来てしまった。何か早いなぁと感じつつ、カレンダーの挿絵を見る。見た瞬間セザンヌと分かるような静物画だった。独特の輪郭が印象的で、リンゴや梨の配置が絶妙だ。今年もあと少し…。 [続きを読む]
  • 日々摂生:今は読書なり
  • 体調も完全回復というわけでも無いので、日々摂生に努めていると言ったところか。溜まりに溜まっていた書籍も、おかげで片付き始めている。今は文庫本数冊とノンフィクション引き裂かれた大地を同時進行中。有川浩の文庫本を始めて読んでいるが、正直読み始めは、うーん?と言う感じだった。しかし、中盤から後半にかけて中々の展開を見せる。引き裂かれた台地は、中東を舞台とし今年7月頃発刊されたものだ。感想は後ほど。 [続きを読む]
  • 鶏とキノコのスパゲティ
  • 行きつけのカフェでランチをと思い、いつも通りに二階の片隅に席を取った。一昨日前からの喉の痛みは、何とか回復傾向にあったが、ここであのスパイスの効いたナシゴレンはさすがに避けたい。その他のランチメニューは、カレーとスパゲティだった。喉のことを考え必然的にスパゲティになったのだが、今までランチでスパゲティを食べた記憶が無いのだ。ただ、その手の店でランチを取った事もあるはずなので、ランチにパスタを食べた [続きを読む]
  • 悪寒とRed Bull…。
  • 昼にそばを食べていた頃から、何となく調子が悪いと感じていた。必要な事務処理をある程度こなした後、これは水分が足りないのだと思い、体に効きそうなRedbullを飲んでみた。飲んでいる瞬間、それは突然やってきた。異常な寒けを感じる。まずい…。これがインフルエンザだったら史上最悪の事態だ。もしそうだったら、3年連続、社内でのトップバッターを更新する事になってしまう。うーん、それだけは避けたいところだ。運良く頭痛 [続きを読む]
  • イラン制裁と原油高
  • イラン制裁が何故ガソリン価格に影響を及ぼすのか?今日はこんな事から話をしてみよう。イラン制裁は、イラン国内の経済を鈍化させる事にある。そうする事で、イランは核開発などに回っていた資金を思うように使えなくなる。そのまま核開発を続けると国内世論にも影響するだろう。イランはご存知の通り産油国だ。海外輸出で外貨を獲得している。そこを断つと言うわけだ。そうすると、世界の原油需給バランスが崩れ、原油が逼迫した [続きを読む]
  • ガソリン価格の高騰は?
  • 今日のTVニュースで、ガソリン価格が160円を超えたと報じていた。3年数ヶ月ぶりの事らしい。何故ガソリン価格がこんなにまで変動するのか?ガソリン価格は、国際情勢と国内の両面から捉えると分かりやすい。ガソリンを輸入に頼らなければならない日本は、当然ながら産油国の原油価格に影響される。原油価格の指標は、中東ドバイ、米国のWTI、北海のブレンドなどが世界の市況に影響を及ぼしている。特に日本は、中東依存度が高いの [続きを読む]
  • 日本文化の継承
  • 何故か今日は詩吟朗詠会場に。勿論、小生詩吟のような高尚な趣味は持ち合わせていない。ひょんな事から行く事になってしまった。いや、行かせて頂く事になったと、表現する方がここでは正しい。詩吟は、独特の節回しで詞を詠う事は知っていたが、師範級の方が朗詠するのを鑑賞するのは初めての事だつた。好奇心旺盛な小生でもさすがに抵抗感があったと言うのが本音だった。会場で鑑賞し始めると、何となく日本文化の良さを感じ取る [続きを読む]
  • 北浦情景 10月
  • 10月も2週目となるのに32℃の外気温。この季節にしては信じられない暑さだ。PM4:00それでも北浦に注ぐ太陽の照り返しは、幾分和らいできたようだ。周囲を見渡すと蓮根畑にシラサギの姿が…。 [続きを読む]
  • ナシゴレン:アジアンテイスト
  • ナシゴレン?久しぶりに訪れたカフェのランチメニューが変わっていた。その他のメニューにパスタがあったので、ナシゴレンはピラフ系のものだとおおよその見当はついた。しかし、初めて聞く料理だ。二階の片隅に席を取ると、しばらくして店のスタッフが注文を取りに来た。ナシゴレンについて尋ねると、ピリ辛系のピラフとの事だった。インドネシア料理のアジアンテイストで、目玉焼きが添えられているとも付け加えた。どのくらいの [続きを読む]
  • 栗といえば…
  • 先日、笠間の栗を頂いた。さっそく栗ご飯にして食してみた。栗の程よい甘みと食感が、炊き込みご飯と共に伝わってくる。まさに秋味。そう言えば、栗で思い出した。笠間(旧岩間町)にある栗の家はどうしたのだろうと、ネットで調べてみた。何度か店の前を通ったが、常に店が閉まっていたのだ。あれだけの味が出せる店はそうはないだろうと思っていたが、検索していったらどうやら店主が数年前に亡くなられたようだ。ネットでの検索な [続きを読む]
  • セザンヌ:ポーラコレクション
  • ポーラコレクションが開催されている茨城県近代美術館。先日のブログ投稿でも紹介したピエールボナールに続き、印象に残ったのがセザンヌの風景画だった。独自のタッチがセザンヌそのものだが、何故か引き込まれてしまう。絵の持つ安定感、安堵感そう言ったものが感じられた…。通常、美術館内での撮影は禁止されているが、一部のゾーンは許可されていたので撮影したものです。 [続きを読む]
  • ピエールボナール:色の魔術士
  • ポーラ美術館コレクションが茨城県近代美術館で開催されていたので訪れて見た。昨日の日経にピエールボナールと南仏に関する記事があったが、ここでピエールボナールの作品に出会えるとは思っていなかった。ピエールボナールを意識してか、特に(浴槽 ブルーのハーモニー)が印象的だった。色の魔術士と言われるような作品もあったが、こちらが気になった。構図の素晴らしさ、色使い、とても素晴らしい。 [続きを読む]
  • T.ウッズ 優勝の舞台
  • ゴルフ中継を見ていてこれだけ感動した事は無い。タイガーウッズの5年ぶりの優勝。様々な事を乗り越え復活。どれだけ悩み続けたことか。想像を絶するたゆみない努力があった事は間違いない。最終18番ホールの大勢のギャラリー、誰もが待ち続けていた。目頭が熱くなった。感動の渦の中で、自分を振り返る。何事も努力あるのみ…。 [続きを読む]
  • 鯛ごはん
  • 久々に鯛ごはんを作ってみた。鯛のあらは先日市内の某百貨店で買い求めたものを冷凍しておき、昨夜から冷蔵庫内で解凍させておいた。鯛のあらまでウロコが落とされているのは、さすが百貨店の魚売り場だけある。念のため霜降りにし、ウロコをとりはじめたが、殆ど見当たらなかった。あらに塩を振り10分程おいてからグリルで軽く焼く。土鍋には米3合と水560cc、昆布、それと醤油、酒をそれぞれ大さじ2杯程入れ、数時間置いたものを [続きを読む]
  • G線上のアリア
  • 早めに帰宅し夕食を済ませ、部屋の電気を消しジャズを聴き始めたが、そのような気分でも無い。手元の癒し系のCDを探した。屋久島の清流音、パシフィックムーンの雪…。結局クラシックCDに入れ替えた。チェロとピアノの構成で、G線上のアリアが初めに流れてきた。安堵感が漂いとても心地よい。この一週間は特に疲れを感じた。様々な出来事があり歯車が噛み合わず、無理に回そうとすると歯車同士も壊れてしまいそうな事態にさえなる [続きを読む]
  • 本とカフェ
  • 時間がある時にランチに立寄る県北のカフェ。何度かブログで投稿しているブックカフェだ。ランチタイムが終了する間際、カフェのドアを開けそのまま二階の定位置に席を取った。2階の客は自分一人だけだったので、店内の写真を撮った。なんとなく雰囲気が伝わるだろうか。特段洒落た感じでもなく、椅子やテーブルもごく普通のものだ。ただ、室内外の色使いや壁ポスターなどがさりげなくこのカフェの特徴を演出している。スマホのシ [続きを読む]
  • オクラの花
  • 先日実家に立ち寄ったら、プランター植えのオクラに花が咲いているのに気がついた。思わずスマホでシャッターを切る。可憐な花とオクラ。オクラは普段良く食してはいるが、花までは想像つかない。英語でもオクラはOkra(オクラ)と言うそうだ…。 [続きを読む]