林誠司 さん プロフィール

  •  
林誠司さん: 林誠司俳句オデッセイ
ハンドル名林誠司 さん
ブログタイトル林誠司俳句オデッセイ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku
サイト紹介文自作や古今東西の俳句を紹介。旅行記や奈良散策、東海道徒歩踏破にも挑戦中!
自由文第25回俳人協会新人賞受賞。
句集に『ブリッジ』『退屈王』。
月刊俳句総合誌「俳句界」編集長をやっています。

「毎日一句」では自作とエッセイを掲載。
そのほか、古今東西の名句を紹介、少し熱めの俳句論を執筆しています。

また、旅こそが詩歌の根本と信じ、奈良を歩いたり、東海道を徒歩で踏破することにチャレンジ(現在、愛知の赤坂宿)しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2011/10/23 01:28

林誠司 さんのブログ記事

  • 「おくのほそ道」をいろいろ考える(番外編)〜杜甫「春望」について
  • (岩手県平泉)【原文】さても、義臣すぐつてこの城にこもり、功名一時の叢(くさむら)となる。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と、笠うち敷きて、時の移るまで涙を落としはべりぬ。    夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡【意訳】さて、義経が選りすぐりの臣とともに、この城に立てこもり、数々の偉業もはかなく消え、今はただ一面、叢となっている。「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と唐の詩人・杜甫 [続きを読む]
  • 「おくのほそ道」番外編〜『江戸商人のおくのほそ道』
  • 句会の方に薦められ、『江戸商人のおくのほそ道 芭蕉の生き方』(江森正敏・著 エモリ出版)を今、読んでいる。私は最近、「おくのほそ道」を別の角度で考えることに楽しみを覚えている。例えば、芭蕉はなぜ東北へ旅したのか。という問いに対して、「文学的」に言えば、・蕉風俳諧を東北へ普及する為・みちのくの歌枕を訪ねる為・西行や源義経など、偉大な先人たちの足跡を訪ねる為などが挙げられるだろう。もちろん、そうである [続きを読む]
  • 今日は横須賀で寝ます!
  • 春風の端に置きたる砂だんご        誠司昨日は夜中まで仕事。朝、起きて、昼過ぎまで仕事。そのあと、一週間ぶりに横須賀の自宅に戻った。電車に乗ってなにげなく、スマホを出したが、横須賀で大規模停電!!とある。なに〜〜〜???さらに調べてみると、京急線も遅延しているという。「遅延」というか、停電でも電車って走るのか??実際、走っていた。横須賀に入ると、停電も終わっていた。一つ駅先の「津久井浜駅」で [続きを読む]
  • 素晴らしい人々に囲まれている喜び
  • 風船消ゆ雲に招かれたるごとく 誠司今日は荻窪の青丹会。句会の冒頭、退職したこと、新しく会社を設立したこと、青丹会には何も変更はない、ということを説明した。すでに知っている方も多かったが、初めて知って驚く方もいた。…というより、みなが一番驚いていたのは、私が「西荻窪」に事務所を借り、みなさんと「ご近所さん」になったことだった(笑)。句会のあと、お昼へ行くと、みなが、西荻窪の老舗やおいしい店 [続きを読む]
  • 宝井其角〜越後屋の一句と俳句の新しさについて
  • 越後屋に衣さく音や更衣      宝井其角(えちごやに きぬさくおとや ころもがえ)越後屋は今の「三越」のこと。延宝元年(1673)、江戸日本橋の越後屋は、店前現銀売り現銀掛値無し切り売り値札販売など、画期的商法を打ち出し、今の三越の繁栄の基盤を作った。特に「値札販売」、つまり、商品に値札をつけて販売する、という方法は、越後屋が世界で初めて始めた。そして「切り売り」…、反物を「一反」ではなく、客の [続きを読む]
  • 俳句における「ルビ」(ふりがな)のこと
  • 夜桜のうらに宇宙を置きにけり 誠司ある俳人と一緒に、ある人の俳句作品を見ていたが、その俳人が、こんな「ルビ」(ふりがな)ばっかりの俳句、読む気にならない…。と投げやりに言った。俳句における「ルビ」の問題は難しい。この業界に入って20年以上になり、結構な句集、雑誌を校正してきた。しかし、いまだに読めない文字がある。また、あれ、この字なんて読むんだっけ?と、忘れてしまうことがある。例えば、 [続きを読む]
  • A先生からF先生
  • 転職の汗のワイシャツ脱いでをり        誠司(句集『退屈王』より)今日は13時に「A先生」と西荻窪でお会いした。私がフリーになったので、「ある組織」の機関誌編集の手伝いをしてくれないか、という話を聞くためである。仕事はえり好みせず、いただけるものはなんでもやろうという気持だったが、聞けば聞くほど、組織や人間関係が複雑で、聞いているうちに恐ろしくなり、結局「保留」ということになった。ただ、A先生 [続きを読む]
  • たんぽぽ  中村汀女
  • たんぽぽや日はいつまでも大空に     中村汀女(なかむら・ていじょ)中村汀女(明治33年〜昭和63年)は女流俳人で唯一の文化功労者受章者。戦後、女性の俳句進出に大きな貢献を成した。私はリアルタイムで生きていたわけではないが、いかにも「良妻賢母」な汀女の佇まいと、穏やかで豊かな抒情性に満ちた俳句は、多くの女性に、俳句進出の勇気を与えたことだろう。悪口ではないが、例えば、咳の子のなぞなぞ遊びきりもな [続きを読む]
  • 夏目漱石と正岡子規の関係
  • なあるほどこれは大きな涅槃像 夏目漱石季語は「涅槃会」(ねはんえ)の傍題「涅槃像」である。陰暦2月15日は釈迦入滅の日で、釈迦が沙羅双樹の下で入滅した時、周囲に弟子をはじめ、鬼神、鳥獣虫魚までもが、慟哭した。その様子を描いたのが「涅槃図」である。多くの寺では涅槃会の頃に、堂内で拝観することができる。京都の東福寺の涅槃図が巨大で有名だが、この句は、どこの涅槃図であろう。おそらく、〇〇寺の涅槃 [続きを読む]
  • 忙しい一日でした。
  • 花は葉となりけり風も別の音 誠司つばくらやそそくさ通るコリア街今日は、午前中にゲラ校正。11時に家を出て東新宿へ行き、俳人の先生に営業ご挨拶。夕方はデザイナーと打合せ。夜、一本、営業の電話をして、23時まで校正の続きをしていた。なんだろう…、会社の時より忙しい。会社で働いている時は、時間が進めば、お金になってゆく実感があった。まだ、馴れていないせいか、今はそういう実感が全然ない。何も契約 [続きを読む]
  • 「饗焔」60周年祝賀会、「あすか」55周年祝賀会
  • 晩学のあしあとのよう花筏 山崎 聰いまもなおほのあかくあり春の夢水音のふくらんでくる曼珠沙華 野木桃花花八手ぽんぽんぽんと晴れ渡る昨日、今日と祝賀会へ。東京・如水会館の「饗焔」創刊60周年、神奈川・新横浜国際ホテルの「あすか」創刊55周年記念祝賀会である。「俳句界」編集長として出席した。これが最後のご奉公で、記事を会社に送れば終了である。(忙しいので後日作成するが…)ここ数週間、ホン [続きを読む]
  • 季語のことを考えて頭が混乱した。
  • 昨日、季語に関することを書いた。存在していない季語は、季語になるかならないか?https://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku/37841434.htmlどうでもいいことだが、今日、ゲラの校正をしていたら、アリクイがなんとかかんとか…。という句があった。見てみると、他に季語がない。えっ、これって、ひょっとして、「アリクイ」が季語なの?と思った。念のため、歳時記で「アリクイ」を調べてみたら、当然ながらない。すると「アリクイ」 [続きを読む]
  • 存在していない季語は、季語になるかならないか?
  • 例えば、句会で、逢ひにゆく京友禅の白牡丹という句があったとする。その時、この「白牡丹」は季語になりますか?とよく質問される。この句は、白牡丹を描いた京友禅の着物を着て、あなたに逢いに行きます。という意味である。ただ、「(白)牡丹」は季語(夏)だが、この句の「牡丹」は実際に咲いている牡丹ではなく、着物の柄なのである。そういう時に、季語になるか? と聞いているわけである。私は、なります。と答える。細かく言 [続きを読む]
  • 花水木 石田波郷(いしだ・はきょう)
  • 鳩を見てをれば妻来て花水木 石田波郷(いしだ・はきょう)桜が散り始めるころ、花水木も咲き出した。私の中では、花水木はゴールデンウイークの頃に咲く花というイメージがあるので、桜同様、今年の花水木も早いようである。ご承知の方も多いと思うが、季語に、水木の花があるが、われわれが町中で見ているものとは別種のものである。歳時記を見ると、高さ15メートルくらいになるミズキ科の落葉高木で山野に自生。5〜6月 [続きを読む]
  • 蘆の芽、蘆の角  巖谷小波(いわや・さざなみ)
  • 蘆の芽に砥水流すや船大工     巖谷小波(いわや・さざなみ)(あしのめに とみずながすや ふなだいく)この春、やたらと「蘆の芽」を意識して眺めるようになった。「蘆の芽」は「蘆の角」(あしのつの)とも言う。春先に、角状の鋭い芽を出すので、そのように言う。まだ、全然、読み終わっていないのだが、『古事記』を読んでいる。(もちろん、現代語訳だが…。)『古事記』によると、まず最初に、高天原に、実態のない三 [続きを読む]
  • 休日です。
  • 春の鳶おのが光をふりこぼす       誠司 (句集『退屈王』より)退職後初の休日。…が、なぜか咳がとまらない。熱はない。そういえば、昨年の年末年始、咳がとまらず、しかたなく医者に行ったら「(軽い)肺炎」と診断されたっけ。なんと…「肺炎」だそうです。https://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku/37340513.htmlまあ、そうはいっても、せっかくの休日なので「海辺の湯 久里浜」まで歩いてでかけた。驚いた。海辺はほと [続きを読む]
  • 漁師さんの網タオルのこと
  • 明日は会社退職後、初の休日である。この土日、数人の方から、退職後初の休日をゆっくり過ごしてください。というラインやメールをいただいたが、とんでもないことだ。そんな余裕はない。昨日も今日も仕事をしていた。作成した資料を宅急便で送り、横須賀の自宅へと戻ってきた。仕事は山積みだが、明日は休日とし、明後日は池袋のみらい館大明で俳句講座をする。会社同様、俳句講座も今後増やしてゆこうと思う。さて、話題は変わる [続きを読む]
  • 火山灰はなぜ「よな」、溶岩はなぜ「ラバ」というのか?
  • (鹿児島県 桜島)島大根引くや背に降る熱き火山灰     淵脇 護(ふちわき・まもる)(しまだいこん ひくや せにふる あつきよな)「しまだいこん」ではなく「しまだいこ」と読むかもしれない。淵脇さんは「河」の代表作家であり、地元・鹿児島の結社誌「河鹿」主宰でもある。今の俳壇には珍しい「雄心」を詠う作家で、その雄心をもって故郷・鹿児島の風土と対峙されている。第32回角川俳句賞、第5回文學の森大賞受賞作 [続きを読む]
  • 原和子「鹿火屋」会長のお通夜で、神奈川県二宮へ
  • 裏山に金粉散らし春の月 原 和子今日は夕方から神奈川県二宮へ。神奈川の人でも「二宮」はどこなのか、知らない人も多いだろう。東京から行くと、JR東海道線で、横浜、藤沢を過ぎ、平塚、大磯の次が二宮だ。小田原の少し手前である。「鹿火屋」会長・原和子先生のお通夜である。原先生には、このブログでもよくご登場いただいた。原石鼎忌https://blogs.yahoo.co.jp/seijihaiku/34849830.html鎌倉ぼんぼり祭https://blogs [続きを読む]
  • 今日で出勤、最後です。
  • 昨晩は熱が出たようだ。何度も目が覚め、何度も体の汗を拭き、朝、少し楽になった。今日は会社出勤最終日。福岡本社の寺田専務や他の方からねぎらいの言葉をいただいた。「俳句界」のデザイナー、宿南さんには電話でごあいさつをした。印刷製本をお願いしている中央精版さんは三人で来ていただき、ごあいさつをいただいた。昼は書籍部長の青木さんから高級とんかつをごちそうになった。最終日といっても、今日は18時半から市ヶ谷で [続きを読む]
  • 明日で退社、新しく会社を始めます!
  • 大海の磯もとどろに 寄する波われてくだけてさけて散るかも 源 実朝(おおうみの いそもとどろに よするなみ われてくだけて さけてちるかも)だいぶ広まってきたようなので書くが、明日で「俳句界」編集長を辞め、会社を退職する。理由は長くなるのでやめておこう。とはいっても、土日出勤の代休分、あるいは有給があり、正式な退職日はもう少しあとになる。実際、土曜日は、ある俳句の先生の通夜へ神奈川へ行き、14日(土)、15日 [続きを読む]
  • 今年最後の花見でしょうか。
  • 支へ木を水にさしたる桜かな         誠司四方みな日のさす水や蘆の角今日は吉祥寺へ行き、仲間と井之頭公園へ花見に出かけた。きっと今年、最後の花見になるだろう。桜はかなり散っていたが、その分、花吹雪をたくさん浴びた。実に美しかった。池にはボートがあふれ、カモやかいつぶり…、木々には鶯が鳴いていた。吉祥寺は本当にひさしぶりで、相変わらず、駅前の混雑ぶり、ごみごみした道をバスを狭そうに通っているの [続きを読む]
  • 訪問者数が増えている謎と、芭蕉に関するワード
  • 四方より花吹き入れて鳰の波 松尾芭蕉一ヶ月ほど前、ブログの訪問者数は200人くらいだったが、一週間ほど前から急に300人以上に増えた。うれしいことだが、何が原因かはよくわかっていない。ヤフーブログをされている方ならご存じだが、「アクセス解析」という欄があり、どんな「ワード」で検索し、このブログにやって来たか、知ることができる。だいたいは、林誠司俳句オデッセイだが、中には、久保田万太郎 [続きを読む]
  • 奈良県奈良市〜西行の和歌「ききもせず…」を思う
  • (奈良県奈良市 奈良県庁屋上からの風景)ききもせずたばしねやまのさくら花よしのほかにかかるべしとは                                西行法師『山家集』(ききもせず たばしねやまの さくらばな よしののほかに かかるべしとは)今日は奈良で、有山八洲彦「朱雀」名誉主宰のグラビア写真を撮影し、さっき帰宅した。カメラマンとは13時に待ち合わせだったので、それまでひさびさに奈良市 [続きを読む]
  • 天の原ふりさけみれば・・・  奈良の満月
  • 天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも   阿倍仲麻呂(あまのはら ふりさけみれば かすがなる  みかさのやまに いでしつきかも)異国の地から天を仰き、はるか遠くを眺めれば、見事な月が昇っている。あの月は、あの、奈良の春日野の三笠山に昇っていた、あのなつかしい月と同じ月なのだなあ。奈良に着きました。さきほどまで、有山八洲彦「朱雀」名誉主宰と食事をしていました。先生は94歳、びっくりする [続きを読む]