yukincoron さん プロフィール

  •  
yukincoronさん: ユキンコロンコロン日記
ハンドル名yukincoron さん
ブログタイトルユキンコロンコロン日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yukinkoronkoron
サイト紹介文北海道の自然が大好きです。 日々の暮らしの中にある些細なことを 楽しみながら生活しています。
自由文北海道の自然が大好きです。
移ろいゆくのは自然なことだけど
数百年後も美しい自然が残されることを願い
日々の些細なことを大切に
楽しみながら生活しています。
?

傍から見たら 辛気臭いようですが
時代が置き去りにしたものを
ひとつひとつ拾って歩くのが好き。
私には歩くくらいのはやさが
生き易く心地よい。
ご縁のある方 よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/10/24 20:52

yukincoron さんのブログ記事

  • しっぽアリ。
  • しっぽアリのコーギ。きつねに見えなくもない。アリとナシが馬と一緒に放牧されて長閑な風景でした。 [続きを読む]
  • 同じ山。
  • いつも見える景色。今日も見えるのは同じ山。だけど、ほんの少しだけ見る角度が変わるだけで違う山に見える。今日は少し霞んでヒマラヤの山のように見えました。見る相手が美しく見える角度に自分の方の立ち位置を変えてみるようにする。すると、自分の周りの全てが輝き出す。誰でも今日から使える魔法。ありがとう。 [続きを読む]
  • おすそわけ。
  • 6月です。空の青、山の白、畑は緑が眩しくとても爽やかな季節になりました。晴れた朝は早くからハルゼミが鳴き初夏の風が頬を撫でます。朝早く湧き水を汲みに行きました。その帰り道山の姿が美しかったので写真を撮ろうと車を停めてドアを開けたら鳥の羽が。朝からラッキー!と思いましたのでみなさまにもラッキーのおすそわけを。今日もまたステキな一日になりますよう♪ありがとう。 [続きを読む]
  • 小満。
  • 小満。しょうまん=草木茂り天地に満ち始める。暦通りに緑が濃くなって来ました。新緑から深い緑色になり初夏の風が吹いています。お休みしていた家庭菜園を今年は少し再開。あ、無農薬無肥料栽培のお手伝いモミン登場。ありがとう。 [続きを読む]
  • 青い花一面にさきました。種を蒔いてから10年ほど。片隅に蒔いた種芽を出して花を咲かせ種がこぼれて一面に広がった。想像した世界が目の前に広がる。勿忘草が教えてくれたこと…未来を想像して種を蒔くことの大切さ。楽しみ。喜び。ありがとう。 [続きを読む]
  • 立夏。
  • 2018年5月5日〜5月20日は暦(24節気)の上で立夏(りっか)=夏の始まりです。寒い寒いと言っていたのはついこのあいだ。。。もう暑いと言っている自分に唖然とする今日この頃です。5月16日に エゾハルゼミの声を聴きました。北海道に初夏を告げる声のひとつです。気がつけば 庭の青い花がエゾエンゴサクから勿忘草に変わっていました。そして今日ことしの「カッコウ初鳴き」を聴きました♪無事にまた季節が巡って来たんだと安堵 [続きを読む]
  • 今年の桜。
  • 並木の桜が満開です。ここでは桜の木の下で宴会お花見をする人はいません。なぜならばここは熊の通り道。私たちの生活道路ではありますが同時に野性動物たちの生活の場でもあります。鹿、熊、キツネ、たぬき、エゾリス、ねずみなどいろいろな生き物が道を渡る姿を日々見かけます。もしかして振り向けば熊。車窓から楽しみましょう。 [続きを読む]
  • 白い馬。
  • ここは白い馬が居る私のお気に入りの温泉です。古き良きちいさな温泉。湯船は男女共に一つずつ。シャワーなぞありません。トイレは汲み取り式。しかしです、ただ古いだけなら特筆に値しません。ここはとても掃除が行き届きともかくもシンプルイズベストな空気に満ちているのです。前述した浴室の壁もトイレの床も昔ながらのタイル張りですがその目地まで美しく磨かれています。建物内部には売店もなく入り口脇に飲料の自販機がひと [続きを読む]
  • ココに春が。
  • 春をみつけに巨木の公園へ。エゾエンゴサクは春の使者。静けさに包まれて。冬中ひしめいていた水鳥たちの姿は無く。対岸の梢から懐かしいさえずりが森に響き渡る。これも春。見えますか?水の中に棲む命の姿が。静かな静かな春の夕暮れ。ありがとう。 [続きを読む]
  • 春土用。
  • 本日2018年4月17日から5月4日の期間は春土用です。日差しも日毎に力強くなっているのを感じます。土用については何度も記述してきましたが改めて。土用とは春夏秋冬の四季それぞれの変わり目に訪れる第5の季節です。現在では『土用』と聞くと「うなぎ」「丑」と反射的に連想してしまいますが夏のものというイメージもつきものです。しかし、本来は四季それぞれの間にあって一年に4つの土用が存在しています。それは日数にして約18 [続きを読む]
  • 足元に春。
  • 春が来た!はるがきた!と言いながらまだ雪も降ったり積もったりする北国です。あの家の人たちはココに春が来ていることに気づいているだろうか。毎年のことで当たり前で珍しくもなく。日々の活動に忙しくそれどころではないかも知れない。でも春は出逢うと嬉しい。また一年がここから始まる気がするから。今年の春もまた当たり前のように雪の下からうたをうたうように芽を出す春にありがとう!2018年4月17日 [続きを読む]
  • 冬の抜け殻。
  • あら失礼、うちのワンコがちらりとはいりました。彼は食べられるクルミの実を必死で捜索中。この大きな木の根元にはクルミの殻が沢山。これらは秋にエゾリスがせっせと土に埋めて冬の間の食料として貯蔵したもの。雪が深くなって食べる物が無くなってくると雪の中クルミをせっせと掘り返して食べて過ごすのです。エゾリスが埋めておいて取り出し忘れたクルミはやがて芽を出します。そうやって森が育つのだそうです。食べることが次 [続きを読む]
  • 大豆もやし。
  • もやしの絵を描きました。モデルのもやしを買いに行きはたと気付きました。最近のもやしにはひげ根と豆がついていない!ということに。もやし日頃食べてはいたのですが、お店で買うときは値段しか見ていませんでしたね。原料の種類や姿形のことなんて全く意に介していない状態。今にしてみれば。反省。このもやしの絵根っこから描き始めるんですが調理する時にひげ根を取りましょう。なんて家庭科の調理実習でも習ったような。見た [続きを読む]