なおたま さん プロフィール

  •  
なおたまさん: 離婚を回避して愛情あふれる家庭を
ハンドル名なおたま さん
ブログタイトル離婚を回避して愛情あふれる家庭を
ブログURLhttps://ameblo.jp/naotama21/
サイト紹介文離婚を回避して愛情あふれる家庭、幸せな家庭を3ヶ月で取り戻すためのサイトです。
自由文離婚が30%といわれる時代です。
夫婦関係とはお互いが自分をすべてをさらけ出すという特別な人間関係です。
だからこそ離婚の危機を乗り越えて修復すれば、最高の幸せが掴めるのです。これから逃げて再婚をのぞんでも、本当の幸せはつかめないのです。しかし、はっきり言いますが
この問題を解決しようとしているあなたは
すでに幸せになる権利があり、それを手に
入れることができる人なのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/10/25 02:13

なおたま さんのブログ記事

  • この時期になると思い出すあるノーベル賞受者の妻
  • 私はアメリカのインディアナに住んでいますがこの時期になると決まって思い出すのが根岸博士です。 この方は2010年、ちょうどこの季節にノーベル賞を受賞された方です。 インディアナは彼の受賞で、沸きに沸いていました。 ちょうど受賞直後に、私が以前、働いていた店にご夫婦が来店しました。 ノーベルのメダルをもたせていただきましたがずっしりとして、威厳がありました。 実際にはノーベル賞を受賞するような研究を続けてい [続きを読む]
  • 「なぜか嫁の縁がない」家系に隠された本当の原因
  • 昔から「女が辛抱すれば家が発展する」と言われてきました。 夫の女癖の悪さや不貞などを、心から許すという大きな犠牲の精神があると過去のマイナスが精算されていくのです。 しかし、これには妻の大きな愛情と器がなければ成り立たないことです。 しかし、ここを乗り越えて許した過去の歩みがあると、子孫はその恩恵を受けてしっかりとした家庭を築くことが可能になります。 そもそも、この世で一番、恐ろしい恨みは他人ではな [続きを読む]
  • 夫婦の成り立ちを学ぶ重要性について
  • 考えてみればあの政治家もあの有名な俳優もあの心理カウンセラーもみんな離婚している・・・。現実に結婚ほど難しいものはありません。それは万民共通の課題です。 これは「その1」です。 続きがありますが、メルマガ登録された方に限り、次の動画が閲覧できます。 夫婦メルマガ登録する 「知らないと損する夫婦学」が学べるセミナー開催中!このロゴを してくださいね。           メルマガ応援ありがとう^ [続きを読む]
  • 夫婦の修復で結果が出ない理由はこれだ!
  • 夫婦関係で悩んでいるうち、あっちがダメならまたこちらとジプシーのようにカウンセラーをはしごをするケースも見受けられます。 もしかしたら自分とカウンセラーの相性に原因があるのかもしれないと、考える人もいることでしょう。 もちろん相性もあります。 はしごしている人やなかなか結果の出ない人には特徴があります。 ●夫に対しての怒りや、夫の親族に対する確執問題がある●他力本願的なタイプ●カウンセリングを受けた [続きを読む]
  • 日頃からやさしい「溜め込み夫」【夫婦修復のヒント】
  • 男性の心理がわからないことでますます深みにはまっていく夫婦問題があとを絶ちません。 もし、あなたのご主人が、とてもおとなしくて追求すると、だんまりを通すタイプだったら要注意です。たった一度の大喧嘩で、完全に破綻して再起不能になるケースがとても多いのです。 まず「100%の男性はプライドの塊」「女性以上に繊細な心を持っている」これを知ってかからないと「?」マークばかりが先立ってしまいます。妻から、あれこ [続きを読む]
  • 夫婦問題が起こったとき、与えられるメリットとは?【夫婦修復のヒント】
  • 人生の優先順位というものを、日頃、我々は考えることはしません。 人生で一番価値のあるものとは何でしょうか そんなことを自分に問いただしながら生きている。 そんな人はあまりいないでしょう。 日々の生活に追われてあっという間に一年二年と過ぎていきます。 ところが病気になったり予期せぬことが起こると人は、はっと我に帰るのです。 今まで当たり前だと思っていたことが突然のようにうまくいかなったとき誰もが考えるこ [続きを読む]
  • 自分は無意識に何を引き寄せている?【夫婦修復のヒント】
  • 夫婦修復に挑戦しようとしているあなた。 実はあなたがどういう人生観を持って生きているか? 今後、どういう展開になるかはここにかかってきます。 人生はその人がどんなことを信じているのか? これは一番、大切な部分ですのでよく聞いてくださいね。 まずは、親を見てどう感じてきたのか?これはもう三つ子の魂ですね。 自分は親の信念とか価値観を無意識に刷り込まれているのかもしれないのです。 まさに洗脳とも言えるレベル [続きを読む]
  • 終戦記念日に思う【夫婦修復のヒント】
  • 8月15日は終戦記念日でしたね。 私は終戦間もない、まだ貧しかった時代に生まれました。 当時、私の父も戦地に行き、終戦後、無事生きて帰り、私が生まれたのです。 現在、私は未来志向で夫婦を考えるセミナーを開催しています。 なぜ未来志向なのか? 何が今、急務であり、意味を持つのか? 戦争が終わり、平和な時代がやってきました。 しかし、平和に伴って、私達の家族関係は進化したでしょうか? むしろ離婚が増加し、親族同 [続きを読む]
  • 愛され妻になりたいなら、友愛を勝ち取れ!【夫婦修復のヒント】
  • よく言われるところの「愛され妻になる」 これはどういうことでしょうか?愛され妻とは、昔の恋愛的感情を取り戻せる魅力ある女性に変身することでしょうか?これは何もないところから鳩を出すようなものです。そうではありません。夫婦にトリックは全く通じないからです。夫婦愛、つまり友愛という新しいステージに挑戦することです。夫婦愛は継続的な幸せを保証する愛です。 みなさん、経験して理解されていることと思いますが・ [続きを読む]
  • ピーターパン・シンドロームの夫【夫婦修復のヒント】
  • 男性は往々にして、今の自分は本来の自分じゃない。もっとすごいことができるはずだ。とひそかに自分の妄想に浸っている。 こんなことが多いのです。 次第に周りの現実と折り合うことができなくなって周囲との摩擦が生じるのです。 この原因は、どこにあるのでしょうか? 大抵は、生い立ちにあると言われています。 親が過去、子供に過度に期待したり、干渉した。あるいは母親が夫と不仲であることで子供依存になっている、あるい [続きを読む]
  • 夫婦で悩むことは恥ずかしいことでも何でもない【夫婦修復のヒント】
  • 最近は人間の絆が薄くなったような気がします。 夫婦が壊れると、相手から賠償してもらおう。と割り切って発想する人が本当に多いのです。 元々他人だから、縁を切ってしまえばいい。と簡単に判断する人もいます。 そんな中で夫婦関係で苦しんでいる人はどんな人でしょうか? 絆を大事にしたい、と思っている人です。 ものすごく真面目、真摯な心を持っている誠実な人がほとんどです。 そもそも問題のない家族なんてほとんどいませ [続きを読む]
  • 夫婦は鏡【夫婦修復のヒント】
  • 人生の一番の足かせは他人との人間関係ではなく一番、身近な身内との関係です。 人生最大の苦しみも夫婦や親子間での憎しみ合いとも言えますね。 その証拠に殺人事件の6割が親族同士で起こっています。 愛と憎悪が表裏一体なので、痛みも大きいのです。 浮気をしたから・・・信頼を裏切ったから・・・いつも嘘をつくから・・・幸せにするって言ったのに・・・ずっと支配され続けてきた・・・ だから自分は絶対に相手を許さない・ [続きを読む]
  • 子ども教育の前に夫婦教育【夫婦修復のヒント】
  • 結婚後、夫婦が難しくなる要因に親子関係がもっとも大きいと言えます。 結婚前は親子問題の課題は露呈されません。 職場での人間関係もいたって正常・・・ しかしながら夫婦になったとたん、過去の親との関係、さらには自分の両親の夫婦関係が再現されるように現れるのです。 子どもにとっては両親の愛情関係が土壌であり心の栄養素です。 夫婦が相互に信頼関係と尊敬がある場合子どもは教育せずとも、しっかりと自立し安定します [続きを読む]
  • 自分が取り掛かれることを最優先しよう!【夫婦修復のヒント】
  • ニュースやネット情報を見る度にますます今後は先が見えにくい時代に突入している気がします。日本もアメリカもヨーロッパもかつてのような安定した時代は過去のものとなりました。戦争が終わったらそのまま平和な時代がすぐ来ると誰もが信じていました。しかし、現実はそうとは限りません。人間の心が成長していない限り自殺やテロ、家庭破綻は続くのです。厳しい時代であればあるほど家族の安定が求められるのです。家族の絆がし [続きを読む]
  • 無知からは何も生まれない【夫婦修復のヒント】
  • こんにちは! 私の住む、ここインディアナも今の季節はあちこちでたくさんのホタルが見られます。 私は無類の昆虫好きなので毎晩のように、裏の庭のホタルを観察します。 昔、オハイオにいた時、ホタルが大発生したのを間近で見たことがあります。 草薮に大集合したホタルはあたかも、ミルキーウェイのように見事なものです。 ところでホタルはなぜ光るのか?それは光るという行為は求愛行動のための習性だからです。 つまり我が家 [続きを読む]
  • 何より必要なのは結婚のための教育【夫婦円満になるために】
  • 結婚はある意味で大冒険の始まりです。 たったひとりの人と半世紀に渡って人生の荒波を越えていくのですからまさに賭けであり、冒険とも言えますね。交際中には、相手の魅力を感じながらロマンチックな時間を過ごします。しかし現実はそう甘くはありません。 結婚式の後にはバラが咲くのではありません。最大に咲ききったバラが、ひとひらひとひら、散ってしまうこともあります。 ところで恋愛結婚と見合い結婚の離婚率の差はどれ [続きを読む]
  • 喧嘩する夫婦ほど最後まで添い遂げる【夫婦修復のヒント】
  • 離婚の原因はその人の性格によるものか? これまでずっと研究してきた結果性格がいい悪いは離婚の直接的な原因ではないことがわかっています。 年がら年中、大喧嘩しながらも、年をとるごとに相手をさらに理解して、離れられない夫婦になる人たちもおります。 その理由をお話します。 人には承認欲求というものがあります。金銭欲や生きたい。認められたいという欲求が基本的欲求です。その中で最大の欲求は「認められたい」です。 [続きを読む]
  • 愛は宇宙と生命の根源
  • 「愛する人と、永遠に共にいたい。」これがごく当たり前に私たちに備わった真実の心ですね。永遠の愛を求め、それに価値を感じるのが人間です。世界中の人が永遠の愛をテーマにした物語や映画、小説を好みます。カメレオンのような移り気な愛に深い感動を覚える人はいません。人間には「永遠の愛を志向する本能」がそなわっているのです。夫婦が愛し会って子供が生まれます。「愛が先か、生命が先か」を問うならば、愛が先です。生 [続きを読む]
  • あなたは無意識に親のマネをしている【夫婦修復のヒント】
  • フロイトの解いた快楽原則という言葉を知っていますか?「快楽原則」?ちょっと聞き慣れない言葉ですね。すべての人間は快楽を求め苦痛を避けるという人間共通の感情です。人間の行動には必ず理由付けがあるのです。私が過去、いろんな失敗をしながら相手が誤解すると「そんなつもりはなかった!」という言い訳を自分にしてきました。相手に理解してもらいたいという思いが果てしなく大きいのです。でも、そんな寛大な人はそうそう [続きを読む]
  • 夫婦は成長なくしては維持できない【夫婦修復のヒント】
  • 家族というシステムは宇宙が作った「幸せの生産工場」のようなものです。 しっかりと考えてみてください。 たったひとりの異性と永遠の愛を誓って未来ずっと一緒に生きる。 結婚とは誰にとってもロマンチックでハッピーなイメージではないでしょうか? 私達、女性にとっては、あこがれの対象にほかなりません。 しかしながら、年がら年中、平穏で過ごせるカップルはごく稀です。 現実には、この生産システムが機能不全になる時期は [続きを読む]
  • 3大イベントで人生は決定づけられる【夫婦修復のヒント】
  • 人生には、どうにかして避けられるものとそうでないものがあります。 それは ①生まれること②結婚すること(どんな異性との出会いをするか)③死ぬこと です。 普段はあまりこんなことは考えなくても生活はできます。 しかしこの3つの要素はその人の人生を決定付けます。 まずは、生まれることについてですが自分の意思で生まれる人はいませんね。 自分の国籍、性別、親子関係、容姿や体質、時代背景にいたるまでこれらは本人の [続きを読む]
  • 結婚は人間が作った風習ではない【夫婦修復のヒント】
  • 周りを見渡せば、この宇宙の本質はなぜかすべてがペアシステムになっています。 たとえば、人間は男性と女性、動物はオスとメス、物質の世界にいたっても、原子が陽陰の関係、プラス、マイナスの相互関係で成り立っています。 どうも結婚というのは、たんなる、人間の風習から生まれたものではなさそうですね。 宇宙には設計図があり、前もってプログラムされている、そう捉えるのが妥当です。 男性と女性の役割にしても、男性は体 [続きを読む]