池田ピンポンクラブ さん プロフィール

  •  
池田ピンポンクラブさん: 上達の秘訣・教えます。
ハンドル名池田ピンポンクラブ さん
ブログタイトル上達の秘訣・教えます。
ブログURLhttps://ameblo.jp/ikeda-pinpon/
サイト紹介文身体の軸感覚を磨き二軸動作で重心バランスを保つ卓球を目指しています。
自由文大阪市東住吉区で整体&卓球教室をしています。
池田ピンポンクラブの特徴は身体の動き(筋肉の働き)
(神経と筋肉のつながり)をメインに練習しています。
どうすれば速い動作ができるか?力を入れず強打を打つには・・・などなど常にチャレンジしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/10/25 16:03

池田ピンポンクラブ さんのブログ記事

  • 基礎が出来て来たら・・
  • 初心者の方の練習ある程度ワンコース練習ができた時点でランダム練習を取り入れていきましょう初めのうちはボールについて行くのが精一杯!! その状態ですごく体勢を崩してしまうボールを入れるだけになってしまう場合はランダム練習を止めて切り替え練習・」フットワーク練習を再度やり直しましょうしっかりした動きでランダム練習ができないとせっかくつかんだきその動きが崩れ一から作り上げないといけないことになりますラン [続きを読む]
  • 初心者の下回転打ち
  • 大人になってから卓球を始めた方、大勢いらしゃいます。皆さん共通して難しいと感じるのは下回転を打つのが苦手という事ではないでしょうか。いつも自分がされている練習を一度振り返った場合下回転を打つ練習はどれぐらいしていますかフォアー打ちから始まりバックハンドの練習ツッツキの練習下回転をドライブ する練習はかなり少ないのではないでしょうか まずは多球練習でたくさんボールを打ちましょう。下回転を打つということ [続きを読む]
  • ボールの飛ばし方をイメージしましょう
  • 皆さんもトップ選手のようにすごいボールを打ちたいと思いませんか?ボールの速さ強さなどの威力魅力的ですね!!しかし、ボールの弧線の意識も大切です。ボールに回転をかける感覚を養うのです。そうすることでボールのコントロールが ついてきます。自分のボールはどういうふうに弧線を描いて飛んで行っているのかこれを頭の中でもう少しイメージがついてくるとインパクトの瞬間に ボールタッチの感覚が変わってきますよ。ただ、 [続きを読む]
  • 初心者の練習
  • 初心者が行うフォアハンド練習多球練習で行いましょう!返球するコースとしては半分に入っていればOKです。球だしする人はゆっくりとしたボールでゆっくりとしたピッチで送りましょうね。また、最初から初級者同士でボールを打つとラリーが全く続きませんし、ボールを入れようとし過ぎてフォームがバラバラになってしまいます。それでは、一つも上達しません多球練習でフォームが安定しミスが少なくなってから一球練習をした方が良 [続きを読む]
  • 卓球選手の姿勢ですね!!
  • スポーツ選手の肩や肘の不調の原因まずは姿勢ですそして歩き方足の型・足の裏がどのように自分を支えているかその時足関節がどのようになっているかです。肩や肘に違和感があるという選手は股関節や足首に違和感があることが多いです。足の裏の土台がしっかりしていないと最大限に関節を使うことができませんね。 やはり、身体全体のバランスが大切になってきますよ [続きを読む]
  • 全日本卓球選手権 TV
  • こんにちは。大阪市東住吉区の卓球教室池田ピンポンクラブです。いよいよ、全日本選手権が始まりますね。TVでも中継されますので是非観てください。ただ、単に観戦するのも良いですがせっかくでしたら一流選手の戦術も見てみましょう。サーブ・レシーブやどのコースを攻めているのか相手のパターンをどうやって封じているのか 動き、ボールの威力は勝手に見えます。なので、何か1つでも良いので意識して観てください。また、違っ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます!!
  • 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。池田ピンポンは4日から練習をはじめました。5日にはこの3月で高校を卒業する男子4名が練習に参加してくれました。 こう・こうた・ひろき・ゆうすけ保護者の方も懐かしいです。 一人は専門学校に進みますが3人は大学でも卓球を続けます。まだまだ、楽しみです [続きを読む]
  • 最後の練習でした。
  • 30日明日は大晦日!!池田ピンポンクラブの練習も今日が最後でした。千葉の高校に行っている息子も帰省していて練習に参加しています。息子も池田ピンポンの中学3年生も来年は次のステージへ 今やっておかなくてはいけない事!!それは動く身体にしておくこと故障しない動作を習得しておくこと卓球の技術そのものよりも身体であると思っています。 動きが悪い関節・筋肉ではベストの動作は出来ません。 その動作を可能にする身 [続きを読む]
  • 初心者の方の戦術
  • 試合での戦術はコース・スピード・回転量・タイミングいろんなことが関わってきます。その中で初心者が一番考えて欲しいのはコースです!!「どこを狙うと自分が有利な展開になるか」ということを 覚えましょう。例えばサーブを出す時にどのコースに出せば 自分の3球目が打ちやすくなるのか長いサーブ・短いサーブどちらの方が 得点しやすいのかレシーブではどのコースの方が相手は弱いのかどのコースに打った方が4球目の処理が [続きを読む]
  • 試合後に行う練習は・・
  • 卓球はスポーツとしてシーズン・シーズンオフがはっきりとはないスポーツですね!!試合も年間を通してありますね。 さて、試合の時です。試合は対戦相手と行いますね(当たりまえですが)しかし、試合の時の戦術戦術 がなかなか考えられない人は技術の苦手な部分に注目し過ぎてませんかツッツキミスが多いスマッシュが入らないストレートに打てないなど反省点に目が行きがちです。 そして、その反省練習を一生懸命しますね!!こ [続きを読む]
  • 初心者のラリーのコツ 2
  • 先日、初心者の方のラリーを上手に続けるコツについて書きました。今日もその続きです。高さのついてです。ボールは弧線を描くように打ちましょう。ネットの ギリギリを狙うと少し狙いが来るとミスにつながります。なので初心者の場合はネットミスをしないようにボールを山なりに飛ばしましょう。 そしてオーバーミスを防ぐためにも卓球台の真ん中あたりを狙って打ってみてください!!まずは自分の思い通りにボールの軌道をコント [続きを読む]
  • 初心者の方のラリーのこつ
  • 最近の日本のトップ選手の活躍はすごいですね!!10年前には考えられなかった事です。この活躍で卓球を始めた方も多くいらっしゃると思います。でも、初心者の方はなかなかラリーが続かないものです.しっかり返そうとして打つ時に力が入りすぎたりしませんか最初から早くて強いボールで続けようとしたり、強く打っていてはラリーガがなかなか続きませんね!! ラリー 続けるコツは力を抜いて優しく打球するゆっくりと山ボールで [続きを読む]
  • アスリートの練習
  • バスケットボールバレーボールソフトボールサッカー水泳そして卓球色々なスポーツで頑張って練習しているアスリートはたくさんいます怪我をしやすいアスリートは大きく分けて2つに分けることができます1・自分の体が耐えられる以上の負荷をかけて 長時間同じ動作を行うことによる怪我2・体が柔らかい(関節が不安定) それは急性疾患であることが多いです。このどちらのケースも自分の体とその可能性をきちんと理解してないこ [続きを読む]
  • 大阪 長居公園で4時間マラソンをしました。
  • 昨日9時より長居公園で4時間耐久マラソンを行いました。お天気は晴れ!!走り始めは少し肌寒い感じでしたが身体が走るとともに熱くなり汗が・・・もう初めて何年目でしょう5回目でしょうか。例年は6時間走ってましたが今年は4時間にしました。*初めから最後までトップで頑張った2人 *今年も参加のお二人です。 *2人仲良く一緒に走っていました。*最後まで走り抜いた3人です。 [続きを読む]
  • サーブ練習をしましょう
  • 試合での第1球目はサーブです。まず自分の エースサーブを持ちましょうそして、そのサーブが成功するために対抗するサーブも同時に覚えましょう。エースサーブについても自分の戦術をよく考えて3球目にはどういうボールを返してもらいたいのかということを考えて出す事が大切ですね。どのサーブが一番、自分にとって有効なのかをサーブは得点するためのものですが試合中に相手を崩す為のものでもありますよ。大切な第1球目です [続きを読む]
  • 大掃除をしました。
  • 日曜日に卓球場の大掃除をしました。毎年は12月か年明けでも、毎年すごく寒い色々考慮して11月に行いました。慣れている子供たちが多いのでスムーズに進み3時間弱で終わりました。だんだん、今年も終盤に!!1日1日を大切にして12月の試合に結果が出るように頑張ります。 [続きを読む]
  • 初心者の練習
  • 卓球を始めてまずは基礎練習!!そして、ある程度出来てくれば、実践で使う技術を練習しましょう。 まずは、ロングサーブからの3球目攻撃!! この戦術で確率がかなり上がってくれば下回転サーブをドライブで返球上回転のラリー戦っていうのを練習していきましょう。 試合では下回転サーブからの展開が多くなると思います。特に初級・中級者ではそういうことが多くなるでしょう!!なので 2球目の下回転のドライブは攻撃の要にな [続きを読む]
  • 「落点」を考えて打ちましょう
  • 練習の始めにフォア打ち バック打ちをやる方が多いと思います 。その時 落点は意識していますか ただ単に相手の打ちやすい所に打っていませんか。相手の打ちやすい位置に打つことが体に染み付いてしまうと試合の時でも同じ落点に落とすようになります 相手のコーナーの深いところを狙いしっかりとしたボールを打つことを常日頃から心がけましょう ボールが続くことも大切ですが落点の意識を持つことはもっと大切です同じボールの [続きを読む]
  • 空振りを繰り返す人
  • 質問で多いのは、「なぜか空振りをしてしまう」です。 卓球のボールはとても軽いものです.少しラケット動いただけでも上下右左の回転はかかってしまいます相手が 意図せず打ったボールであっても相手の動き/ラケットの動く方向によって自然とカーブ・シュートの回転が出るものです。その動きを理解せず に飛んでくるボールのコースだけを 意識してるとタイミングが全く合わないという状態になります。ラケットにボールが当たらない [続きを読む]
  • ラケットを楽器のように思うと・・・
  • 最近思うのはラケットを持つ手!!強く握らない緩く持ちすぎないなかなか、感覚的に難しいです。 ラケットに振れている手!!その中でも「指」の動き方 これは感覚の問題ですので伝えるのは大変な事です。なので、ラケットを楽器だとして意識したらどうでしょうか?ラケットとボールは当たると音がします。同じ回転のボールを打っていてもインパクトの音はちがいますね。呼吸、姿勢、タイミング、ゆび全てを合わせていい音が出る。 [続きを読む]
  • 試合でのラリー回数は??
  • 今日は大阪レディースの個人リーグ!!池田ピンポンクラブの生徒さんも出られたようで、先ほど結果のラインが届きました。 試合の時、長いラリーは何回ありますか?(カットマンや攻守型は別です)卓球の練習で多いのはラリー練習ですねしかし、実際の試合でラリーは思ったほど続いていないのです 。 どういうことかと言うと、自分がサーブをするのが1球目相手がレシーブをして 2球目これが1回目のラリーで30%ぐらいは終わり [続きを読む]
  • 卓球人に多い身体の癖
  • 昨日の台風!!大阪も大変でした。私が指導している卓球教室子供のたちの遠征試合!!中止になりました子供たちは楽しみにしていたのですが・・残念です。 夕方ごろから、阪神間の電車も運休!!皆様、お疲れの事でしょうね。さて、姿勢乱れないようにしましょう。 卓球選手には大変多い身体の状態。チェック方法は鎖骨の角度を見れば正しい姿勢が悪い姿勢がわかりますよ。猫背の人の鎖骨角度鏡で見た場合自分の鎖骨が V字のように [続きを読む]
  • 足裏をまずは柔らかくしてから始めましょう
  • 昨日、「正しく立つ」について書きました。今日は続きです。足の裏には多くのセンサーがあります。なので、練習前に足裏・足首を柔らかい状態にしてからフットワークなどの技術練習を行う方が効率よく練習が行えます。足の裏は体を制御する機能の要になっているものです。重心が安定しなければ軸をしっかり保つことはできません。軸はほんの少しの変化によって崩れるのです。自分ではまっすぐに立っていると思っていても実際には [続きを読む]