tanakatakashicom さん プロフィール

  •  
tanakatakashicomさん: 田中貴.com
ハンドル名tanakatakashicom さん
ブログタイトル田中貴.com
ブログURLhttp://tanakatakashi.com
サイト紹介文中学受験のノウハウについてお話します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/10/28 09:51

tanakatakashicom さんのブログ記事

  • 通塾日数が増えた理由
  • =============================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ=============================================================ここ数年、預かり型という塾が増えていきました。お父さん、お母さんも忙しいし、家で子どもの勉強の面倒を見るのが大変だ、というので、塾が基本的に預かる。平日はほぼ毎日塾に行くし、土日も塾に行く。本来授業に参加して勉強した後、復習をしなければなかなか習っ [続きを読む]
  • この時期の模擬試験の結果をどう考えるか(2)
  • =============================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ=============================================================今回は国語です。国語の模擬試験は基本的には1 物語文の読解2 説明文の読解3 漢字の知識4 言葉の知識に分かれるでしょう。3、4ができていないというのは、まあ、これは後でいくらでも解決できることなので、どういう点数であろうがあまり関係がありません。 [続きを読む]
  • この時期の模擬試験の結果をどう考えるか(1)
  • =============================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ=============================================================4月から6年生の模擬試験が始まりました。結果が出てきて、いろいろ考えられているところがあるかと思うのですが、偏差値はやはり大事な指標であろうかと思います。つまり、全体の中で各教科がどうなのか、ということ。これは集団によってもいろいろ結果が分かれるとは [続きを読む]
  • 志望校のホームページを確認しましょう
  • =============================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ=============================================================間もなくゴールデンウィークですが、この前後に文化祭をやる学校があります。文化祭はその学校の雰囲気を知る良い機会ですが、つい秋ではないかと思いがちです。したがって志望校のホームページで必ず時期を確認してください。文化祭は、やはりできる限り出かけて行っ [続きを読む]
  • 学校説明会でのポイント
  • =============================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ=============================================================これから各校で学校説明会が行われます。校長先生の話に始まって、学校の指導方針、教科指導の方法、クラブ活動、校外活動、また受験校については進学指導など、いろいろな話があるかと思うのですが、一番大事なのは校長先生の話だと思っています。最近は現場の先生の [続きを読む]
  • ばねに関する問題
  • 2018年 洗足学園第2回の問題です。 もとの長さが10cmの2種類のばねA、Bと太さが一様な長さ15smの棒Cを用意しました。図1は、ばねA、Bにつるしたおもりの重さと、ばねの伸びの関係を表しています。ただし、ばねの重さは無視できるものとします。答えは、小数第3位以下があるときは、四捨五入して4、数第2位まで答えなさい。(1) 図2のようにばねA、Bをつないで60gのおもりをつるしたとき、2本のばねの長さを足すと何cmになりま [続きを読む]
  • 第321回 絶対に合格する要素
  • =============================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ=============================================================■ 子どもたちにはいろいろな素質があります。明るい、積極的だ、まじめだ、などなど。しかし、絶対に合格する子の要素として最も大事なものは「ていねいさ」です。■ 例えば100点満点のテストがあって、全部に手をつけたが3割間違えて70点をとった子と7割だけ答 [続きを読む]
  • 過去問は6年生の1学期から
  • ================================================================慶應の算数、特別授業のお知らせ================================================================先日、検索サイトで「中学受験 過去問いつから」で検索をしてみたところが、いやあ、すごかった。まあ、本当にたくさんの記事が検索されました。いろいろ考えがあるし、お父さん、お母さんもいつから始めさせるか、悩むからこういう結果になるのだろうと思うの [続きを読む]
  • 気合いが入っている子はどんどん伸びる
  • これまで、いろいろな状況があったものの、6年生のこの段階に入って、絶対に入りたい学校が出てきた男の子がいます。最初はあまり中学受験を本格的考えていなかったので、勉強は大幅に遅れいるものの、ここにきて本当に気合いが入ってきた。地頭が悪いわけではないので、短時間で勉強は進んでいるが、なにせ本人の気合いが入っているから、本当に成績が上がってくる。もちろんまだ合格ラインまでは遠いものの、それでもこのまま行 [続きを読む]
  • 反抗する理由
  • 最近、ちっとも親の言うことを聞かない、という子が増えているかもしれません。親の言うことを聞かない、というのは、ある意味成長している証拠であって、自分のしたいこと、したくないことがはっきりある、ということなのです。小さいころは自分ひとりで何事をやるのも不安がある。だからお父さん、お母さんのいうことを聞いているわけですが、段々自信がついてくると、自分のやりたいことがでてくる。あるいはやりたくないことが [続きを読む]
  • 塾についていけない場合
  • 今年の春から新たに塾に通い始め、約2ヶ月半が経過しました。4年生にしろ、5年生にしろ、順調に進んでいれば特に問題はありませんが、すでにこの段階で「よくわかっていない」とか「成績が悪い」ということもあるでしょう。本来はこの時期、一度担任の先生と面談をして、様子を聞いたり、具体的な学習方法を確認したりすると良いのです。もちろん、上手くいっているときはあまり気にしないのも大事。それなりに本人ががんばって勉 [続きを読む]
  • 今できる範囲が適正な学習量
  • 「1週間にこなす問題はどのくらいが適当なのでしょうか?」という質問をよく受けます。実際には子どもによって違うので、これだけのことをやればいいということはありません。例えば算数についてその週のテーマがひとつあるとしましょう。当然、そのテーマについてまず基本問題があって、それを応用した練習問題がテキストにはあるでしょう。ある生徒にとってはまず基本を学ぶことが大変であったとします。とすれば1週間で練習問 [続きを読む]
  • 化石に関する問題
  • 2018年女子学院の問題です。生命は、約40億年前に誕生したと考えられており、その歴史を通じてめざましい多様化をとげた。環境の変化に応じて、様々な生物が出現しては、絶滅していった。過去に生きていた生物の骨や殻などは「化石」となり、海や湖の底で泥や砂が積み重なった( A )から産出することがある。化石からは、過去に生きていた生物について様々なことがわかる。(1)文章中の( A )にあてはまる言葉を答えなさい [続きを読む]
  • 第一志望校の問題をやってみると
  • 子どもたちが少しずつ、過去問を始めています。始めるといっても、まだ国語が中心ですが、算数も少しずつ手がつき始めています。で、感想を聞いてみると「結構解ける」というのが一番多い。解ける、というだけであって、正解しているという訳ではないのですが、今やっている問題から遠くかけ離れているのではないかと思っていたようです。しかしフリーダムの問題は過去問が多く利用されているので、今までやってきた問題とそう実は [続きを読む]
  • 第320回 通塾回数を増やすなら
  • ■ 大手塾の中には、もう6年生のこの時期週5日塾に通わなければいけないところがあるそうです。■ じゃあ、秋になったらどうなるのか、きっともっと時間数が増えるのだろうと思うのですが、なぜこんなに通塾時間が増えているのかと言えば、家庭学習がうまくいかないという声に応えたということのようです。■ 今は両親が働いていることが多いし、家に帰ってから子どもたちの勉強の様子を見るのも大変だし、一方、子どもたちも [続きを読む]
  • 答え合わせをしっかりやる
  • WEB学習システムは子どもたちでも答えを入力して、答え合わせをすることができます。しかし、やはり先生が答え合わせをした方が良い、と思ってスタディールームではオンラインともに先生が答え合わせをするようになりました。で、そうなると、子どもたちの理解度が当然のことながら深くなる。子どもたちは何となく○がついているとそれで安心してしまうところがあるわけですが、たまたまできた、ということもあるわけです。志望校 [続きを読む]
  • 過去問をいつ始めるか
  • 塾によって過去問の指導時期はいろいろ違いがあります。また考え方もいろいろでしょう。ある塾では過去問を最後の最後までさせない。「同じ問題は出ませんから」ということのようですが、集合授業の場合なるべくみんなに同じ事をさせることが集合授業を活かす方法ではあるので、そういうやり方になっている場合も多いでしょう。ただ、やはり学校別傾向が明確にあり、しかもすべての範囲を網羅するという勉強が今の中学受験では途方 [続きを読む]
  • 過去問から優先順位を決める
  • 中学入試は各校が入試問題をつくる独自入試です。それぞれの学校には入学させたい人物像があり、また入学後に取り組ませる学習内容になるべく合う生徒を入学させたいと考えていますから、当然のことながら出題傾向というのが明確にあります。例えばレポートを多く提出させる学校は、文章を書くのに苦痛を感じる子は採りたくない。レポートを書くというだけで憂鬱になられても困るから、したがって国語や理科、社会で記述問題を出し [続きを読む]
  • 塾の送り迎えは過保護ではない
  • 1学期の塾が始まったところが多いでしょう。当然のことながら、塾の時間は遅いので、送り迎えのことを考えないといけない。最寄りの駅から近ければいいですが、やはり駅ぐらいまでは迎えに行きたいと思われるでしょう。塾の行き帰りぐらい自分でやらせれば、と思われるかもしれませんが、やはり心配なところはある。特に夜遅くなると何かあってはいけないから、やはり迎えに行かれると良いと思います。ただ、本人が迎えに来るな、 [続きを読む]
  • 水の三態に関する問題
  • 2018年豊島岡の問題です。次の文章を読んで,以下の問いに答えなさい。ただし.数値を答える場合は四捨五入して整数で答えること。 氷を加熱していくと液体の水に変わります。逆に液体の水を冷やしていくとやはり氷に変わります。 また,液体のアルコールを冷やしていくと,水と同様に固体になりますが,固体になる温度は異なります。 液体のときと固体のときの体積はそれぞれ温度により変化せず,液体から固体または固体から液 [続きを読む]
  • 新学期のペースをつくる
  • 春休みもそろそろ終わり、新学期が始まるでしょう。4月は最終週がゴールデンウィークになるので、通常の週は2週間しかありません。その間にまずは新学期のペースを作っていきましょう。大事なことは各学年とも何をどう勉強するのか、しっかり絞って計画を立てることです。新学年になれば、学校にいる時間も長くなるし、やらなければいけないことも増えます。6年生は最上級生になるので、クラブ活動や委員会活動も活発になるところ [続きを読む]
  • 第319回 第一志望の過去問の勉強を始める
  • ■ 3月中旬ぐらいから順次今年の過去問が発売されています。早めにまず第一志望の過去問を用意してください。■ もしなければ、昨年の過去問でも大丈夫です。そして少しずつ始めて行きましょう。そんな時間がない、と思われるかもしれませんが、それは優先順位が違います。せっかくカリキュラムが早く終わっているなら、もう過去問は解ける状況にあるわけですから、どんどん進めた方が良いのです。■ 最初、過去問は時間を計っ [続きを読む]
  • 志望校の選び方−3−
  • さて、ここまで考えてくると志望校はかなり絞られてくるのではないかと思います。これらの学校について、今度は子どもたちに行ってもらいましょう。機会としては文化祭が一番、良い機会になるのではないかと思います。秋は模擬試験などもあって、あまりゆっくりできないかもしれませんが、なるべくじっくりと体験してもらいましょう。その中で、子どもたちなりに感じるところはあるかと思います。例えばサッカーの好きな子が、文化 [続きを読む]
  • 志望校の選び方−2−
  • 入学した後最低6年間通学しなければなりません。したがって自宅からの通学時間はもちろん、考慮にいれなければなりません。クラブ活動のことを考えると、朝練もあるので通学時間は1時間以内にしておく必要があります。1時間を越えると、中1、中2のころはかなり体力的に消耗することになります。ですから自宅から1時間以内という目安で学校をリストアップします。受験校か付属校か、管理型か放任型か、そして通学時間を1時間以内 [続きを読む]
  • 志望校の選び方ー1ー
  • 新学年が始まって、そろそろ説明会や文化祭などのイベントも始まってきました。これから志望校の選び方についてお話をしていきたいと思います。まず最初に受験校を選ぶか、付属校を選ぶかという選択があります。受験校は大学受験をする学校、付属校はそのまま系列の大学に進学する学校のことですが、これはそれぞれにメリット、デメリットがあります。大学受験は確かに大変ですが、自分の志望する大学を自由に受けられるという点は [続きを読む]