alexcorgi さん プロフィール

  •  
alexcorgiさん: domani sara' un giorno migliore
ハンドル名alexcorgi さん
ブログタイトルdomani sara' un giorno migliore
ブログURLhttp://alexcorgi.exblog.jp/
サイト紹介文北欧食器やアンティークの食器、欧州サッカーと海外ドラマのことを綴った日常雑記。
自由文北欧の食器やインテリア、ファブリックが好きです。コーギーのアレックスとともに都内の実家に戻って今は母の介護も少し・・。欧州サッカーと海外ドラマで気分転換。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/10/28 12:48

alexcorgi さんのブログ記事

  • またまた高尾山。
  • 連休初日に横瀬二子山にモンベルのツアーで登る予定でしが悪天候のため中止に。「どうしても山に行きたい」気持ちを抑えられず、連休の最終日に高尾山に行ってきました。家を出たのがすでに10時半過ぎ…そんな時間にスタートしても安心して登れる高尾山は本当にありがたい存在です。8月中旬から毎週のように低山ハイキングに行っている私ですが、今回で8週連続。病院裏のコースも4度目です。今... [続きを読む]
  • 神楽坂のイル・ボッリート。
  • 神楽坂のメインストリートから路地を入って少し歩いたところにある「イル・ボッリート」。イタリアの北部、エミリアロマーニャ州の料理を出すイタリアンです。お友達の誕生日のお祝いに行ってきました。私が少しだけ暮らしたボローニャは、エミリアロマーニャの州都。彼の地は肥沃な大地に囲まれ、酪農や農業がとても盛んです。ですので、美味なるものの宝庫として名を馳せています。パルマ産の生ハム... [続きを読む]
  • 秋のハイキングギア。
  • 最近大活躍のふたつ。パタゴニアのフリースベストとグラナイトギアのサコシュ。相変わらず地味路線継承です。パタゴニアのベストは、メンズのXSサイズ。日本では売り切れのサイトが多く、どうしても欲しくて海外の通販サイトで購入。送料を入れても日本で買うより安く購入できました。黒なのでなににでも合いますし、一枚羽織るとあたたかくて便利。山だけでなく普段もチノパンとボーダーTなど... [続きを読む]
  • 金時山へ。
  • 金太郎伝説で有名な金時山は、新宿からバスで登山口まで行けることと、目の前に雄大な富士山を臨めることから人気の山。バスタ新宿を7時5分に出発し、渋滞に巻き込まれたため、乙女峠には予定より30分遅れの9時半に到着。前日の予報では快晴のはずが、あいにくの曇り空…。乙女峠から見える富士山も霞んでいました。乙女峠の登山口から、乙女峠、長尾峠を経て頂上へ向かいます。火山帯の山だけあっ... [続きを読む]
  • 巾着田〜鎌北湖へ。
  • 先日、西武池袋線・高麗にある巾着田に曼珠沙華を見に行ってきました。なんでも500万本もあるそうで、もちろん日本一の規模だそうです。まるで赤い絨毯を敷き詰めたように、辺り一面を覆い尽くすあやしい紅い花たち。美しいというより、どこか妖し気で、まるで異世界の入り口のような不思議な雰囲気を醸し出していました。お彼岸の頃に咲くから彼岸花とも言われる曼珠沙華。彼岸という言葉... [続きを読む]
  • ディバラのいる幸せ、ユーヴェ開幕4連勝。
  • つい先日、自身初のセリエでのトリプレッタを記録したディバラ。10番を着けて覚醒した彼が、サッスオーロ戦でまたしてもトリプレッタを記録。4試合で8得点という驚異のペースでゴールを重ねています。昨日の試合は、シュートもフリーキックもどれも印象的なものばかりで、この人はどこまで上り詰めるのだろうか?と、彼の未来にワクワクさせられます。あふれんばかりの才能と、華麗なプレー、不屈の闘... [続きを読む]
  • 筑波山へ&棒ノ折山備忘録。
  • 連休の初日、台風が来る前に筑波山へ。2時間も寝坊した上に、つくばエキスプレスの遅延のため、つくば駅に着いた時にはすでに9時半を回っていました…。あいにくの曇り空。さらに台風前に登山しようという酔狂な人は少ないのか、比較的空いているシャトルバス。40分ほど揺られて、筑波神社で下車します。お参りをし、御朱印をいただいてからのスタート!今回は地味にきついと言われる、ケーブルカ... [続きを読む]
  • ユーヴェ、開幕3連勝。
  • ユヴェントススタジアム、もといアレアンツスタジアムでのキエーヴォ戦、きっちり勝利して開幕から順調に白星を重ねています。代表ウィーク明け、さらにミッドウィークのバルサ戦の前のため、ジジにかわりシュチェスニーがキーパーに。マルキージオ、キエッロ、ケディラの怪我などもあり、いつもとはかなり違うメンツでのスタートでした。第三キャプテンまで不在だったので、キャプテンはこの方!6連覇... [続きを読む]
  • 高尾山通い。
  • 7月末に1度、さらには今週で3週連続の高尾山。高尾山は、メインの1号路だけでなく様々な道がるとは知っていたものの、実際に登ったのは7月末が初めてでした。実はある登山クラブに体験参加して、雨の高尾山の、それも観光地図には載っていない病院裏から登る道を行きました。雨の中レインウェアを着て来て登るのは初めてのこと、さらには私以外はみなさんベテランの方というかなりヘビーな状況の中、つい... [続きを読む]
  • サントリーVSヤマハ。
  • リーグ戦、開幕3戦目にして昨シーズンの優勝、準優勝チームの対決です。台風一過の澄んだ空、久しぶりに晴れ上がった土曜日の秩父宮はとてもいい雰囲気。昨年のクリスマスイブ、磐田スタジアムでのサンゴリアス勝利の再現を!そんな気持ちで盛り上がります。この試合、同志社大学からサントリー入りしたルーキー・松井千士選手が23番で初のメンバーに。きっと将来はサントリーの営業マンになるのでは?... [続きを読む]
  • 山ギアが増えてます。
  • 乗鞍に行く前に、本格的な登山靴を購入。ショップに行き、足のサイズや形を考慮して選んでもらいました。骨盤の歪みから、膝に負担が掛かっていたそうで…膝の痛み原因がわかって一安心。それを矯正するための中敷もセットしてもらいました。まだ乗鞍と高尾山しか行っていませんが、今の所悩みだった膝の痛みから解放されてます。靴全体が足を程よくホールドしてくれて、前の靴のように中で足が遊ぶこと... [続きを読む]
  • ユーヴェ、2戦目も勝利!&オールブラックス!
  • 2戦目は、ジェノアとのアウェイ戦。開始早々オウンゴールで1点を失い、さらには今週もまたしてもビデオ判定でPKを献上。今回は得点を許したユーヴェです。開始6分余りで2-0のリードを許すなんて久しぶりのことのような。ジェノアのスタジアムは、もう勝利したかのようなお祭り騒ぎです。が、このクラスの相手にそのまま敗れるようでは…と思っていたら、まずはディバラで1点。こういう先行された試... [続きを読む]
  • 真夏の高尾山。
  • 毎日毎日、飽きもせずに雨が降る不穏な8月。 週末も悪天候のことが多く、山登りはご無沙汰気味。お盆の千畳敷も結局登山はできずじまいだったですし…。先週の土曜日、起きたらくもりだったのでどうしても山に行きたくて近場の高尾山へ。暑い時期なので、6号路・琵琶滝コースをセレクトしました。川の傍らを登り、滝の横を抜けていく道です。川を渡ってくる風が少しひんやりとしてこの季節には... [続きを読む]
  • セリエA 2017-2018シーズン開幕。
  • セリエAの新シーズンが開けました。ユーヴェは毎年のように主力が抜けての開幕を余儀なくされ、今年こそは主力そのままで+αという状態を期待していたのですが…。ボヌッチがミランに行くという想像もしなかった展開に、正直ショックを通り越して呆然としました。守備の要だったボヌッチ、子供のころから熱狂的なユヴェンティーノだったボヌッチ。出場停止の時、熱狂的なファンの集まるクルバに行って一緒に... [続きを読む]
  • 2017 トップリーグ開幕。
  • 私にとって3度目のラグビーシーズンが始まりました。S席を取ったら、一列目の選手席の通路を挟んだ隣。横を見ると…。こんな感じで控えの方達が!第1試合は、リコー×NTTコム。黒いジャージのリコーが意外に善戦。隣の選手たちが繰り広げる応援と、溢れてしまう素直な感想にリコーへの好感度アップ!鍛え抜かれた体軀は、シンプルなポロシャツ姿でもかっこいいこと…。コムのナキが1人気... [続きを読む]
  • 千畳敷へ。
  • お盆休みを利用して長野県・駒ヶ根市の千畳敷カールへ。1日目はカール周辺を散策。あいにくの曇り空でしたが、やはり何度来ても感動する雄大な景色。前回の紅葉時の趣とは違う緑濃い景色も生命力溢れて素敵でした。散策路はサンダルやウォーキングシューズの方も多くいらっしゃるのですが、そんな人にも後れを取る重装備の私。本当にお恥ずかしい限りでした。 カールには200種類もの花が咲きているのだとか。... [続きを読む]
  • エコバッグ。
  • 久しぶりにエコバッグを購入。とても薄くて軽い、でもとてもしっかりした作りの扱いやすい優秀君です。畳んだ時もコンパクトだから、カバンの中に入れてもおくにも便利です。相変わらずのストライプ・ボーダー好きとして、こちらを。小さな方は長距離移動のバスなどで、細々とした必要なものを入れて座席のフックに掛けておいたりするのにも使ってます。取り出しやすくてよいです。大きい方は... [続きを読む]
  • 乗鞍岳へ。
  • 標高3026mの乗鞍岳・剣が峰に登ってきました。初の3000m越え、初の百名山…なんていうと仰々しく聞こえますが「誰でも登れる3000m越えのアルプス」として名高いところです。なにしろ標高2700メートルまでバスが連れて行ってくれますから…。とは言え、3000メートル越えの山を登るなんて、なんちゃってハイカーの私からしたら記念... [続きを読む]
  • 棒ノ折山でゴルジュを楽しむ。
  • 西武線飯能駅からバスで1時間弱、さわらびの湯で下車して棒ノ折山を目指しました。棒ノ折山は奥武蔵と奥多摩の境にある山。ガイドブックやウェブでよく紹介される、ゴルジュと呼ばれる景色が有名なところです。ゴルジュとは…狭く切り立った岩壁に挟まれた谷。日本ではノドや廊下などと呼ばれる。喉を意味するフランス語。ちなみに、前に参加したモンベルツアーのガイドさんによると、日本で使う登山用語は... [続きを読む]
  • 夏のハイキングギア。
  • 登山ウエアというとチェックのシャツ?確かにショップに行くとその手のものが締める割合が多いです。一応購入してみたものの、着ていてどこか落ち着かない、借り物のような居心地の悪さがある…。いうことで、好みのものを探したら、いつのまにかいつも通りのボーダーをはじめネイビー一辺倒になってます。周りのカラフルな山ガールさんたちに比べて、ものすごく地味な山おばさんですが、落ち着きます。帽子は... [続きを読む]
  • ラグビー代表戦。
  • 世界3位のアイルランドとの試合を見てきました。試合前、起立して国歌斉唱。君が代には思い入れはまったくありませんが、なぜか昂ぶり熱くなる気持ち。W杯だと歌いながらなく選手もいるのが、なんとなくわかる、これからはじまる試合への溢れる気持ち…。が、結果は35-13での敗戦でした。集中した守備で、よくこの点差で抑えたという気持ちもありますが、圧倒的に強い相手に対して最後にミスをして... [続きを読む]
  • フェアトレードの小物たち。
  • 友人が働くシャンティは、アジアの子供たちへの教育支援などを行うNGO。そのシャンティが運営する「クラフトエイド」は、1985年にタイ東北部のラオス難民キャンプ内で作られた手工芸品を日本で紹介したことから始まったそう。タイ、カンボジア、ラオス、アフガニスタンの女性生産者たちが、それぞれの伝統技術を活かして手作りした製品が揃っています。今回は写真の二つを購入しました。ミニ・ポシ... [続きを読む]
  • 新緑の上高地 後編。
  • 明神館の前を通り、次なる目的地徳沢へ。少し山の中へはいるのかと思っていたら、静かで穏やかな森の中を、木漏れ日を浴びながら進む行程でした。それもそのはず、上高地は大正池から横尾まで前後10km、幅最大約1kmの堆積平野なのだそう。起伏が無いから川は穏やかに流れ、森が広がっているのですね。平らな土地だから、陽の光が均等に当たって明るい雰囲気もあります。もののけ姫の森のような苔むす... [続きを読む]
  • 新緑の上高地 前編。
  • つい3日ほど前に母の愛した尾瀬を訪れたばかりですが、今度は私の一番好きな上高地に。天気予報とにらめっこして、土曜の夜の深夜バスに乗ることに。通勤電車では爆睡できるのに、長距離の飛行機では一切眠れない…そんな私の無謀な選択…。案の定ほとんど眠れぬまま5時に大正池に到着しました。夜明けまもない大正池は静寂に包まれ,まるで色のない世界のよう。それでもワクワクは抑えられず、足取り... [続きを読む]
  • はるかな尾瀬♪
  • 母が大好きだった尾瀬。なんども誘われたけれど、機会を逃し続けて結局一緒に行けなかった場所に行ってきました。東京からだと新幹線やバスを乗り継がなくてはいけないので、今回はクラブツーリズムのツアーに参加。新宿を7時に出発し、一路鳩待峠を目指します。本州最大の湿原──そんな知識しかない私…。尾瀬ヶ原へは出発地点の鳩待峠から1時間以上歩くことをバスの中で知りました。それも下りなの... [続きを読む]