alexcorgi さん プロフィール

  •  
alexcorgiさん: domani sara' un giorno migliore
ハンドル名alexcorgi さん
ブログタイトルdomani sara' un giorno migliore
ブログURLhttps://alexcorgi.exblog.jp/
サイト紹介文北欧食器やアンティークの食器、欧州サッカーと海外ドラマのことを綴った日常雑記。
自由文北欧の食器やインテリア、ファブリックが好きです。コーギーのアレックスとともに都内の実家に戻って今は母の介護も少し・・。欧州サッカーと海外ドラマで気分転換。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/10/28 12:48

alexcorgi さんのブログ記事

  • 晩秋の日光半月山。
  • 正面に、均整のとれた堂々たる姿を見せる男体山。眼下には青い水を湛えた中禅寺湖。手前に見えるのは錦に輝く八丁出島。青い空を背景にしたこの景色が見たくて、早起きして日光へ。いろは坂を登り、中禅寺温泉で半月山行きのバスに乗り換え終点で下車します。駐車場からは日光の山々が見えます。山々が重なりながら稜線を描く様はいつ見ても雄大で素敵。駐車場横の道を青い空に向かって登って行くのは気... [続きを読む]
  • オールブラックス×ワラビーズ。
  • 行ってきました、横浜。体感しました、オールブラックス。ニュージーランド×オーストラリアという、ラグビー界の両巨頭の対戦が日本で見られるなんて!とても贅沢なことです。今回は運が良ければハカを正面から見られる、ということではじめてゴール裏の席を入手。まぁ、泊りがけの山にばかり行っていたので高い席は自粛せざるを得なかったのもありますが‥。運良く正面からハカを見られました。... [続きを読む]
  • 秋晴れの上高地 最終日。
  • 最終日は朝から秋晴れ。さらに前日山の上の方には雪が降り、穂高連峰はうっすら雪化粧をしていました。朝、早く起きて梓川の河原へ行き、明神岳が見える特等席で、赤く染まる山を堪能。朝食の後程なく宿を出ました。この日は久し振りに大正池からの穂高を見るプラン。徳沢からだと普通に歩いて3時間の道のりです。明神岳はこの日も人を寄せ付けない岩肌を見せていました。明神橋を渡って本日も明神... [続きを読む]
  • 秋雨の上高地 2日目。
  • 夜中の雨もすっかり上がった朝。澄んで冷え切った大気が辺りを覆っていました。吐く息は白く、ニット帽に手袋、フリースの上にダウンという真冬の装備でも寒いくらい。それもそのはず夜半には氷点下まで下がったそうで、水たまりは凍っていました。そして、見上げれば明神岳に朝日が当たり、これがモルゲンロート?ローズ色に染まる岩肌が雄々しくも美しく、その堂々たる姿に自然ってすごいなぁ、とた... [続きを読む]
  • 秋の上高地 初日。
  • 数えてみたら10度目の上高地ですが、秋に訪れたの初めてです。金曜日にお休みが取れ、日曜日の晴天予報に惹かれ、2泊3日の旅にしてみました。今年最後の泊まり山旅です。新宿から7時15分発のバスに乗り、12時過ぎに上高地バスターミナルに着。上高地食堂でランチをいただき、本日の宿、徳沢園に到着を報告。食堂から見える穂高連峰の雄大な迫力に、早くも心踊ります。この土地はいつきても深い感動... [続きを読む]
  • 白駒池、初めての山小屋泊まり。
  • 連休を利用して北八ヶ岳の白駒池へ行ってきました。台風25号の影響で風が強いものの、晴天。そんな予報の下、あずさに乗り茅野を目指しました。が、上りのあずさが踏切で車両に接触したため、山梨市駅で立ち往生…。列車は1時間半ほど遅れ、予定していた茅野秋発白駒池行きのバスに乗れず、到着は4時間遅れに。相変わらず八ヶ岳周辺のバスの便は本数が少なくて不便です。途中横谷峡谷で乙女滝を見たりし... [続きを読む]
  • 入笠山で360度の眺望を楽しむ。
  • 南アルプスの端にありながら、仲間には入れてもらえない入笠山に行ってきました。中央線の富士見駅から1日1往復のシャトルバスで富士見リゾートへ。冬はスキー場なだけあって、抜け感のある景色が広がっていました。日曜日でしたが比較的空いていて、ゴンドラは一人乗り。目の前に八ヶ岳が堂々とした姿を見せてくれるここは八ヶ岳の特等席のよう。南と北の連なりがはっきりとわかり感動的。1800... [続きを読む]
  • 大菩薩で爽やかな1日を過ごす。
  • 晴れ予報だったので、久し振りに大菩薩へ行ってきました。東京から日帰りで行けて、雄大な景色が楽しめる。おまけに初心者に優しい。大好きです、大菩薩。甲斐大和駅を8時10分に出る始発のバスを目指します。7時38分に駅に着くと、やはりバスが待っていて、すぐに乗車!今回も30分早く出発です。終点の上日川峠までは50分あまり。深緑の山をのぼり、途中見える富士山にワクワク!峠に着くと、... [続きを読む]
  • 千畳敷〜木曽駒ケ岳 極上の夏休み。
  • ホテル千畳敷に泊まり、山とはなと星を楽しむ夏の休日。先週に引き続き「誰でも登れる百名山」シリーズとして、木曽駒ケ岳に行ってきました。まずは、標高2612メートルにあるホテルにチェックイン。今が盛りのお花畑のガイドツアーに参加して、花々の名前などを教えてもらいました。今回の収穫、写真の3センチくらいの白い可憐な花を咲かせるチングルマがバラ科の樹木だったということ!マッチ棒... [続きを読む]
  • 夏の休日━━霧ヶ峰、車山編。
  • この旅の目的は、昨年から始めた「誰でも行ける百名山」プロジェクトの「霧ヶ峰」制覇!100踏破する実力も根性もないので、気軽に行けるところに行って記念のピンバッチを購入するゆるいプロジェクトです。霧ヶ峰の最高峰・車山には30分くらいで登れます。ですので、八島湿原までを周遊するコースで行こうと計画。上諏訪初9時50分の始発(?)バスでいざ車山肩へ!連休のため道が混み混みで予定より3... [続きを読む]
  • 夏の休日━━縞枯山編。
  • 連休を利用して八ヶ岳周辺へ行ってきました。初日は北八ヶ岳ロープウェイを利用して坪庭まで行き、縞枯山→展望台→茶臼山の周回コース。青いとんがり屋根の縞枯山荘を越えて、登山開始。こんな感じのゴツゴツ石の直登が延々と続きます。坪庭からの標高差は200メートルくらいですが、その全てがこんな登りでした。おまけに人がいない!昼なお暗い苔むす森は静かすぎて不安になるほど。前を行く二人... [続きを読む]
  • クロアチア決勝へ。
  • 闘う漢、我らがマンジュキッチのいるクロアチア。3試合連続の延長戦を制して勝利!初の決勝進出です。モドリッチ、ラキティッチのリーガコンビが注目ですが、本日はペリシッチとマンジュキッチのセリエコンビ大活躍です。何なんでしょうクロアチアのこの一体感、気迫、集中力。愛さずにいられない感じです。ユーヴェのキャッチフレーズ、FINO ALLA FINE。最後の最後までを意味する... [続きを読む]
  • クリスティアーノ・ロナウドがやって来た。
  • まさかこんな日が来ようとは…。世界のクリスティアーノ・ロナウドさんがビアンコネーロの仲間になりました。ずっとずっとお財布の紐が固くて、そのせいでとり逃した選手は数知れず。「選手が望めば世界的価値のある選手でさえ売る」、とどちらかといえば獲得より売却の方で注目されて来た我がユーヴェ。過去に当時世界最高の選手であったジダンをあっさりレアルに売り払い、そのお金でブッフォン、ネドヴ... [続きを読む]
  • クロアチア、ベスト4へ。
  • クロアチア×ロシア。ベスト16の戦いを延長の末のPKにより勝利した両国、ベスト8の戦いの決着もPKでした。先制され追いつき、延長に入って突き放し、追いつかれ.PKで勝利したクロアチアです。ベスト4は、フランス、ベルギー、クロアチア、イングランドになりました。さながらユーロです。我らがマンジュキッチのいるクロアチアの初優勝を期待しているのですが、何しろ疲れてます、彼ら。... [続きを読む]
  • まさに死闘。ロシアとクロアチアがベスト8へ。
  • 本日の2試合は、両試合ともPK決着。1試合目はスペイン×開催国ロシア。最弱の開催国と言われたロシアは、グループリーグ初戦でサウジに圧勝してみせ、その不名誉な枕詞を払拭。大方の予想を裏切って決勝トーナメントへ進みました。弱者がスペインのような強く攻撃的なチームに当たるときの定石、守って守ってカウンターを実践するロシア。でも時折鋭いカウンターも見せ、ただの弱者ではないことを主張します。圧倒的なホ... [続きを読む]
  • ここからが楽しいW杯。
  • ベスト16、ノックアウトラウンドの戦いが始まり、いよいよ本番を迎えた感のあるW杯。初戦はフランス🇫🇷×アルゼンチンという好カード。メッシメッシ、とかなりアルゼンチン寄りの報道に食傷気味なのと、マテュイディやポグバ、さらにはデシャンというユーヴェ関係者がいるのでフランスを応援してました。アルゼンチンのディバラとイグアインはまたもやベンチですし…。... [続きを読む]
  • 夏の高尾山。
  • 6月だというのに、空も雲もくっきりはっきり、夏です。それもそのはず、梅雨明けしてますから。東京で6月に梅雨が明けたのは観測史上初めてのこととか。夏の景色は、日差しのせいか陰影がこい感じです。3週間ぶりに高尾山へ。本日は稲荷山コースを登ってみました。相変わらず混んでいる高尾山山頂を避けて、さらにもみじ平も巻いて一丁平を目指します。青い空と積乱雲と…ザ・夏休みって... [続きを読む]
  • クロアチア勝利🇭🇷。
  • クロアチア×アルゼンチンという好カード。初戦勝利のクロアチアと、アイルランドに引き分けたアルゼンチン。20年ぶりのグループリーグ突破をかけたクロアチアに対し、勝たないと後がない危機感いっぱいのメッシ擁するアルゼンチンという、いやが応にも盛り上がる対戦です。まさに一進一退の緊張感に満ちた濃密な前半。上手い人たちが走るし守る、純粋に見ていて楽しいないようでしたマンジュキッチ... [続きを読む]
  • 2018ワールドカップ開幕。
  • イタリア代表・アッズーリのいないW杯は、私にとって初めてのこと。イマイチ乗れません。で、一応ユーヴェの選手がいるチームを応援したりしています。忘れている人がいるかもしれませんが、この11人?クロアチア:マンジュキッチ、ピアツァアルゼンチン:イグアイン、ディバラドイツ:ケディラポーランド:シュチェスニースイス:リヒトシュタイナーフランス:マテュイディブラジル:ド... [続きを読む]
  • ただいま、高尾山。
  • 1月中旬に骨折をしてから、約5カ月ぶりの高尾山です。昨年の9月からほぼ4カ月、毎週のように山に登っていた私。一人でも行けて、コースが選べる高尾山には大変お世話になりました。毎週登っていると、ある時を境にものすごく楽に登れるようになり、このまま鍛錬して、夏にはアルプスへ!なんて夢を描いていましたが、それも骨折でゼロどころかマイナスに…。先日の高尾山は慣れ親しんだ病院裏の... [続きを読む]
  • 晴天の上高地へ。
  • 骨折で動けなかった頃、「治ったら上高地へ」という目標を立てて、少しでも前向きになろうと努力していました。昨年行った8回目の上高地がそれくらい素敵で、是非同じ新緑の季節の晴天の日に再訪する、と心に誓っていた思い、そんな願いを先週果たしてきました。今回も22時25分に新宿を出発する深夜バス「さわやか信州号」を利用。3列シートのグリーンカーを選んだので、シートも広く快適です。... [続きを読む]
  • ユーヴェ7連覇&ありがとう、ジジ。
  • ユヴェントス、前人未到のリーグ7連覇、コッパ4連覇達成です。7連覇の最初の年、2012年にカップを掲げたのはユーヴェ退団が決まっていた永遠のカピターノ、デル・ピエロでした。そして、2年目からはキャプテンを引き継いだジジが、スクデットのセレモニーの中で最後に名前を呼ばれ、誇らしげにカップを掲げていました。そのジジのユーヴェでの最終シーズンです。<o:... [続きを読む]
  • 奥日光は芽吹きの季節。
  • 伯母から東武鉄道の株主優待券をもらったので、それを使って日光に。3年半ぶりの日光、どこへ行こうかと迷ったのですが、リハビリハイクも兼ねて、竜頭の滝→戦場ヶ原→湯滝→東照宮という以前と同じコースを取ることに。9時過ぎに東武日光駅に到着し、湯元温泉までのバスフリーパスを購入。駅前の金谷ホテルベーカリーでアンパンなども購入して、いざ竜頭の滝へ。標高は、先日行った三峰神社より200メート... [続きを読む]
  • 眩い緑の秋川渓谷。
  • 連休後半にお友達と秋川渓谷へ。都心から1時間余りでこんなに緑が溢れる渓谷に出会えるとは!生まれたたての柔らかな緑が輝く様は、山全体が春の喜びに満ちているようでこちらまでウキウキ。川遊びには少し気温が低かったですが、リフレッシュするには充分。緑を含んだ乾いた5月の風が心地よかったです。時が経つと濃さを増す緑も、今の時期だけは旬の輝きを見せてくれます。そのピュアな様... [続きを読む]
  • 復活、鐘撞堂山へ。
  • 山というよりは丘ですが、戻ってきてしまいました。昨年の同じ日、4月30日に一人で来た鐘撞堂山です。標高は300メートルあまりですが、一人で登る勇気はなく、山のお友達と二人でリハビリ復活登山!山用の筋肉はもちろん、日常生活での筋肉も落ちてしまった身。それでも歩けました、一応。眩い緑に励まされて、頂上へ。足も痛くないし、息は上がるものの、不安もなく過ごせて一安心。低... [続きを読む]