きりり さん プロフィール

  •  
きりりさん: きりりのきまぐれ日記2
ハンドル名きりり さん
ブログタイトルきりりのきまぐれ日記2
ブログURLhttp://sea.ap.teacup.com/kiriri/
サイト紹介文人々との交流を書きながら、コーラスやシャンソンなどの音楽活動にも触れています。
自由文人々との出会いと感動
シャンソンを歌いながら・・ステージ活動をしています。
コーラスの指導をしながら音楽を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2011/10/28 18:00

きりり さんのブログ記事

  • お呼ばれ
  • [画像]家から40分くらいの距離の大きなお宅にお呼ばれしました。庭には花がたくさん咲いていてきれいに手入れもしてありました。部屋には暖炉があって屋根には形のいい煙突が立っています。お話しながら彼女の生き方を素晴らしいと思いました。35年間をスイスで過ごされて、縁としては何もなかった宮崎にスイス人の夫さんと越してこられて定着されています。子供さんは2人の息子さんも娘さんもスイスにおられるというグローバ [続きを読む]
  • 踏切
  • [画像]短歌日記2018-12-610首面白き人々我が家にうち集う寒さ和らぐ冬のいちにち  歌を歌いに来られる方々が実に個性豊かです。今日はニュージーランドのお土産まで届きました。一本の電話のあれば「はい!」と言う夕方からの面子のひとり踏切で警笛を聴くどっちかな左と右を交互に見たり  都会ではありませんから矢印表示はありません。高架線過ぎる電車を見た時は朝一番の嬉しき予感  火曜日ポレポレに行く朝、本駅発3 [続きを読む]
  • 第4回みんなの音楽会
  • 短歌日記2018-12-314首オカリナの夢誘う音(ね)は清澄で演歌の舟歌胸に響けりオーボエのニューシネマパラダイスに酔いしれる大好きな大好きな映画であれば妖精の吹く音なるやパンフルート暫し音色に聞き入りていたりいつ見ても笑顔の彼の弾くギターなんだかなんだか好きだよその音手作りの料理はどれもドイツ風畑で穫れたジャガイモサラダ  既製品は何一つ使わず薬味も手製で猪汁によく合いました。パンも手作りです。手作り [続きを読む]
  • カフェビッテ第4回みんなの音楽会
  • [画像]カフェビッテ恒例の第4回みんなの音楽会が今日ありました。店にくるお客さんにマスターが声をかけたらだれ一人断らないという音楽会です。今年も多彩でした。ギターとオカリナふた組ギターの弾き語りピアノの弾き語り篠笛のソロオーボエのソロギターグループの演奏ギターとシャンソンのフランス語の語りパンフルートとピアノ自作のギターの弾き語り開演前に写真を撮りました。しっかり今日の演奏もビデオに記録されて全員写 [続きを読む]
  • 文集
  • [画像]西都童謡を歌う会の恒例の文集が出来ました。もう21号にもなるそうで月日の経つ速さを思います。元気で歌ったシニア大会各地での思い出や地域に根差したロビーコンサートやその他にもたくさんの行事を乗り越えてきました。歌うことが命だといわれる言葉を聞いて素晴らしいことだと感じ入りました。いつまでもいつまでもこの歌う幸せが百年続きますように。2018-12-112首カレンダー最後の一枚とはなりにけりあとひと月を [続きを読む]
  • 枯れすすき
  • [画像]2018-11-3014首うわぁぁ!髪振り乱す山姥かススキはただに風に揺るるに枯れすすき見て思いたりこの世ひとならぬ麗人の狎れの果てかと  昔の話にそんなのがありましたね。枯れすすき風は揺らして舞えという舞って見知らぬ郷に生きよと冬ざれの野に吹く風の友なるやススキは揺れて微笑んでいる[メガネ][フォルダ][名札][カギ][遊園地][アリ][トウモロコシ][月][月][雷][雷][時々曇り][時々曇り][曇り][曇り][晴れ][晴れ]新 [続きを読む]
  • 短歌鑑賞講座
  • [画像]取り始めた初日の新聞。飛び込んできたのは「短歌講座」しかも、講師は伊藤一彦氏。20年以上も前になるが、月一発行のある新聞で氏の記事が連載されていた。その文章に心惹かれるものがあって胸の中に留め置く人物の一人だった。開講からはひと月遅れだが受講の申し込みをした。昨夜はその初めての講座に行くことができた。[6時][6時][8時][8時][12時][12時][花束][花束][的中][的中][天使][天使][お姫さま][お姫さま][お [続きを読む]
  • 植木市
  • [画像]2018-11-2710首夕暮れの早さと競争するような散歩の途中にバラを買いたり境内を歩けば秋の枯葉たちカサコソと音を立てて纏わる愛しみて育てたであろう植木たち市場の立つ町で買われて行きぬ一本の細き木なれどリンゴの実たわわにつけて買う人を待つユーミンの歌に歌われし沈丁花親しみ湧いてひと鉢求むふたりして三人分の定食を平らげておりわれら大食  女性です。ふぉっふぉっふぉ踏切で電車を待てば走りくるグレーの電 [続きを読む]
  • 電車のある店で
  • [画像]行きつけの店は鉄道マニアの集まる店でもある。店の歴史をビルトインされた本物の電車(3分の1に切断されたもの)がすべて見ている。物心ついたころから店に来ていた人がもうおじさんになってこの店を訪れる。その間には結婚もあり子供の誕生がありそしてもろもろもある。誰もがしかしマニアだという振る舞いはしない。マスターとの間に分かり合えるものがあればそれでいいのかもしれない。そんなおひとりが四国の土産を持 [続きを読む]
  • 西都市井0周年記念コンサート
  • [画像]2018-11-24西都市制60周年記念コンサート5首独り聴くリハの音楽ヴァイオリン硬き心を解きほぐしたり  ミールの演奏、さすがにさすがに際立って聞こえました。本番が時間的に聞けないので広い会場でのリハをたった一人で聞きました。高鍋在住の稲田ご夫婦で構成するピアノとバイオリンの演奏でした。目的をもって積み上げる練習の成果が見えたような気がする  発声・発音そして音程更には歌への思い・・みんなで美しさ [続きを読む]
  • 健人くん
  • [画像]健人くんです。間もなく首も座るころです。ぱっちり眼を開いて天井の灯りを見ています。この小さな命の行く末幸多かれと祈ります。[あかちゃん][あかちゃん]2018-11-21 8首皆の手に抱かれてかすかに幼子は笑み浮かべたり人が好きらし小さな手固く握りて幼子は愛で可愛がる人の中にいる父に似るそして母似の健人くん元気に育てと誰もが思うしっかりと見つめる先に天井の照明ライトが輝いている  夜の西都市民会館のステー [続きを読む]
  • フェイスブック
  • [画像]大昔から日曜は嫌いだった・・というよりつまらなかった。友達にも逢えないしなんとも身の処しようがないくらいだった。今でもそうだ。働いてはいないから時間はたっぷりあるのはいいが、何も予定が入っていないと何をしていいかわからなくなる。ある人曰はくマグロですね。ああ、そうかもしれない。マグロは広い海を常に泳ぎ回っているという。だが、働き者でもない。めんどくさいことは適当にやりすごす性分は昔からのもの [続きを読む]
  • 数珠珊瑚
  • [画像]2018-11-1610首数珠サンゴ直径二ミリの赤い実が膳のあしらいに飾られて店しっかりと覚えたはずが数珠サンゴSNSでもう一度訊く夕方から雨と報ずるテレビから今日の予定の時系列を追う昼膳を囲み久々会う人と五時間ばかりの時が過ぎたり夜中には片づけをすること多しまだまだ捨てる心が揺らぐ要らないといえば確かにそうなれど持ち続けること半世紀余り要る要らぬたったそれだけのことなるに抽斗にまた納めていたりもの捨 [続きを読む]
  • ツワブキの花
  • [画像]2018-11-148首ツワブキは今年も黄色い花を付け脇通る我の風に揺れたり  狭い通路に咲いています。私の風圧で小さく揺れます。肌寒い秋の夜更けの帰り道バックミラーに知人を覗く  2台連ねていつも帰ります。今日は私の先導でした。夕暮れ時ネオン輝く国道は冬至近づく自然の摂理  なんと言い表しましょうか。今までは見えなかったネオンの輝きが横一線の光になって10号線で輝く時期となりました。定時に走ると気づく [続きを読む]
  • 西都市民会館にて
  • [画像]11月23日の西都市政60周年行事の一環として開催されるステージ部門に西都童謡を歌う会も出演することになっています。その練習を市民会館ステージで昨夜は行いました。メンバー全員そろって仕上げの歌いこみを繰り返します。体調が微妙な方も何人かおられますが、立ちっぱなしの2時間さぞやお疲れだったことでしょう。歌の中には村祭りを歌った曲もありますので、まるで祭りのただ中にいるように気合も入ります。そこ [続きを読む]
  • ユーミン
  • [画像]秋の夕暮れです。この風景にあなたは何を思いますか?深まる秋徐々に光が減って残光だけの薄明かり自然の大きな現象です。今住んでいるところからはこんな光景は見えません。少し郊外に出かけます。さようなら、今日!そして明日もこうありたいなって・・・。2018-11-118首痛ましい事故の話を聞くときにすぐ裏腹の幸と不幸よ  行きつけの店での話です。ある仲のいいお二人はドライブから帰宅されたといいます。運転は奥さ [続きを読む]
  • ハズキルーペ
  • [画像]今流行りの「ハズキルーペ」を買いました。大きく見えて楽です。ピアノを弾くにもよく見えて助かっています。軽く丈夫なので安心して使っています。もう一つは歌詞カードのつくり方をやっと見つけました。見て歌うわけではありませんが、ちょい見の時に普通のボールペンで書いても見えづらいのです。2.0という太めのボールペンがあったのでそれを使ってみても芳しくありません。百均でカラーの筆ペンを見つけました。書い [続きを読む]
  • 秋 秋 秋
  • [画像]今日の短歌2018-11-713首秋花の咲く庭に出て水を撒く小さなバラが控えめに咲く芽を挿せば根付く喜びミニ薔薇の蕾は日に日に育ちゆきたり雲一つなき秋空に感嘆す頭上に蜘蛛の巣が揺れている八重桜今年のうちに咲き終わる来春の花は咲くのだろうか  狂い咲きの桜が多く見られたと聞きます。例にもれず我が家の楊貴妃も・・・。胸痛むわが心根も何気なく過ごせばいつか薄らいでいる  いえいえ、全くぅ!薄らぐくらいの痛 [続きを読む]
  • チャリティー打ち上げ
  • [画像]チャリティーコンサートの打ち上げがありました。このメンバーどこまで楽しいんだろう!5時から飲み始めて5時間余・・まぁ、よく飲んで食べて喋って弾いて歌って・・。メンバー・手料理の数々・お酒とワインとビール・そしてきずなを強める言いたい放題・即興の演奏のかずかず・・。前の日に某所で午前様もいいとこでしたが、今夜のお酒も随分いけましたぁ![5時][5時][5時][11時][11時][バス停][バス停][自由の女神][自由 [続きを読む]
  • 佐土原文化祭
  • [画像]秋晴れ爽やかな11月3日、あじさいコーラスの方々と佐土原町の文化祭に出演しました。曲目は女声3部合唱 薔薇色の人生 など3曲。次なる催しは12月1日夕方佐土原交流センターの点灯式に参加します。見に聞きにどうぞおいでくださいませ。 [続きを読む]
  • チャリティーコンサート終了
  • [画像]第4回チャリティーコンサートが終了しました。いろいろありましたが、この舞台を以って良しとします。その第1お客様の雰囲気が良かったこと。ありがとうございましたぁ!お一人お一人ともっとお話がしたかったのですが来ていただいたことに感謝です。その第2出演者同士仲良くなれたこと。初めて顔を合わせる人もいたのですが、親しくなれてお話が弾んだこと。その第3昔のドレスが新鮮に着ることができたこと。昔と言って [続きを読む]
  • 秋桜と電車
  • [画像]秋真っただ中ですね。空がこの上なく澄んで気持ちのいい日が続いています。「秋桜の写真が撮りたいんだけど…。」店の客であるある男性がぽつりと言います。「え!そじゃったら西都原が今いいよ!」単純なおばさんの私はすかさずそう答えます。「ん?はぁ、そうですね」すっきりしない顔で答えます。この話の、このシチュエイション・・??ようやくわかりました。彼は、秋桜を入れて列車の写真を撮りたかったのです。このシ [続きを読む]
  • 和の食器
  • [画像]年に5〜6回のお誕生会があります。それ+時によって花火を見る会やクリスマス会等々・・で、もう長年続いています。つい先日和食の店でお誕生会がありました。その日の主人公には花束が贈られます。今回のも素敵はお洒落な花束でした。メンバー6人です。[風船][風船][風船][プレゼント][プレゼント]2018-10-298首和食器のその美しさに魅入りたり蓋とらぬうちに香る松茸和食器のその美しさに魅入りたり蓋とれば中に旬の松 [続きを読む]
  • 花アロエ
  • [画像]2018-10-288首矢の如く時は過ぎゆくメモ帳のその日の間に日数はなし花アロエネギのようだと人の言う秋の庭先の花いちもんめリハーサル満足いかぬ吾が歌よ少し自分に甘かったのかな  いえいえ、これはその場の勝負。何が起こるかどうなるか・・。和食器の漆の椀の蓋にある幾何学模様の技に魅入りぬ  年に数回の女子会で美味しいものをいただきました。祭り日の余韻残りて裏通り親子連れなど歓声をあげる  神武様初日で [続きを読む]
  • 西都原
  • [画像]2018-10-2511首影法師夕日に伸びて西都原コスモスの花は一番見ごろ青空とコスモスの花と古墳群西に傾く夕日と影と沈みゆく夕日に魅入り佇めば西都の茶屋が我をいざなう楽しいとか楽しくないとかの範疇をはみ出しており家族三人沈みゆく太陽を戻すことなどはできないだろうかと時々思う  どんなに権威のある人だとしてもそれはできないのです。それでも朝になればきっとまた東の空に昇るのです。六月に会った素敵なあの人 [続きを読む]